自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

10 そう感じられる場を

「私は私としての理想を描き、理想は必ず実現し得る信念の下に、その理想実現に生きがいを感じて、明け暮れる日夜は楽しみの連続です。家が傾こうが、債鬼に迫られようが、病気に取り付かれても、将来誤った観方をする人達から、白州に引き出されようとも、先ずこのよろこびは消えないで、終生打ち続く事でしょう」(山岸巳代蔵)

さきに「心の琴線に触れるもの」との対話をくり返していると、いつしかそういう「もの」がどんどん膨らんでくるのだ、と記した。
それって理想、真善美の世界実現に繋がる要素の一つ、理想顕現の場であり生活の場としての「基盤」が見えはじめてきたとでもいえないだろうか。

理想を描き、その実現に賭けること自体が「楽しみの連続」で「よろこび」だという。
つまり理想そのものが自分の心の琴線に触れる「実感そのもの」なのだ!

かつて数学者・岡潔は、理想の本体は
①人が追い求めてやまないもの
②知らないはずなのに知っているような気がするもの
③懐かしい気のするもの
として、その強い実在感をあげた。
さきのお母さんのふところに還るような「私の原風景」にも重なるようだ。 

「北海道たび合宿に行って、『ヤマギシでよかった』と言った子がいたそうです。
『そういう声が聞きたくて企画したし、そう感じられる場をもっと用意したい』『子どもが、友達に自慢できる村にしたい』みたいなことを出す人がいました。同感です!」(『実顕地研鑽会記録集』より)

なるほど「そう感じられる場」づくりか。
そういえば最近の「村ネット」が面白い。ジャガイモ、蜜柑、リンゴ、お米等々稔りの秋に合わせるように、実顕地間交流での体験発表が続いている。加えて韓国、タイ、オーストラリアへと諸国への送り出しも盛んだ。

ここでも、成人してからも、経験なり実績が上がっていく程溜まってくる、この垢ともいうべき固定観念のトリコから解放されて、無心の子供心に還るような場が用意されつつあるのだ。

あの鮭の母川回帰に、これからの紅葉の季節に私達は心の琴線を揺るがすように、何かに惹きつけられるような心からの動きとして普段の日々を見ていきたい。

スポンサーサイト

PageTop

9 研鑽会の醍醐味、特質

「『人間、腹立つのが当り前』と思ってる間は、怒りすら取れなんだ。本当に真なるものが見える立場から見たら、『絶対に腹立たん立場に立てる』というところからきての究明で、怒りは取れるし、我のあった人が我が取れて楽になれる。そういう目標に立って究明せんと」(山岸巳代蔵)

山岸会の体験は私の人生の出発点であったという宗教学者・島田裕巳さんは、何冊かの自著で一週間の『特講』とりわけ「怒り研鑚」会の醍醐味の一端に触れている。

「私はしだいに、答えることばを失っていった。(略)会場の空気は重苦しいものに変わり、沈黙が続くことが多くなった。(略)
私は自分がなぜこんな目にあわなければならないのか理解に苦しんでいた。(略)しかし脱出のための糸口は、なかなか見えてこなかったのである。(略)
ところが参加者のなかに、自力で脱出口を見い出した人間がいた。(略)
彼女の発言を聞いて、体の奥からなにか暖かいものがこみ上げてくるようにさえ感じられたのである。私は解放感を味わっていた」(『イニシエーションとしての宗教学』)

「あって当り前」の自分の作った一線が外れた一瞬を見過ごさないで捉えられている。すると「なにか暖かいもの」がおのずとこみ上げてくるのだ。
そういう目標に立っての究明、即ち「と」に立つところからの理解を、というわかり方。

研鑚は研究・学問と異う。研鑽会は研究会・講習会と異う。
自分の作った「あって当り前」の一線を持たないで、真なるものを究明し、それに即応(立つ)しようとして、そこからの現象を皆で創り上げるという、この一点で。
そこから湧いて来るものがある。
その心底の底ついた事実にもっと想いをはせたい。


PageTop

8 心に感じる世界

「これは一体の一つのもので生まれたもので、酸素・炭素・水素とで、或いは水素と酸素で水が出来るようなもので、私がなんぼ理念を言っても、その理念に立ってやらんと実現できない。一体のものはそこから出来てくるもの。どっちを重しとも、軽しともせん、不可欠のもの。そういう一体となって、いよいよ具現方式によってやっていこうという案で、そういう理念に立ってやっていくものでないと、本当のものでない。理念も実も一つのものやからね」(山岸巳代蔵)

目に見える世界は、全部目に見えない世界の現れだ。
この世の中には見えない感じない世界があり、それがもとになって心に感じる世界があり、心に感じる世界がもとになって目に見える現象界がある。

ここでの心に感じる世界とは、「心の琴線に触れる」実感のことではないだろうか。

「私の眼前に広がるこの瑞々しく美しくも豊かな世界が、主観と客観を隔てる意識のスクリーンに投影された像のようなもの、現実世界の不完全なコピーなどであるはずがない。
私は事実そのものと直接ふれあいながら現実世界のただ中で生きている。
事実の世界=客観、思いの世界=主観。
世界を二つに切り分けた時から、私の心は事実に直接ふれる道を閉ざされていた」(『実顕地研鑽会記録集』より)

自分の思い・考えで「事実の世界」と「思いの世界」を二つに切り分けようとするから閉ざされるのだ。

主観と客観での「と」に立つことではじめて、事実そのものと直接ふれあいながら現実世界のただ中で生きている「自分」を見出すのだ。
「理念に立ってやっていくもの」とは、「心の琴線に触れるもの」がもとになって、それが「繋がりそのものの自己」の実感となり、そこからの実動行為が目に見える現象界として現れ出るといった後先。

PageTop

7 〝ない〟ものが見える

「 獣性より真の人間性へ(一)
万象悉く流れ、移りゆく。
一年前の春の一日、当向日町の一隅に触れ合う報謝の魂が火となって、全国到る地域に点ぜられました。期せずして相寄る心の集いはあまりにも早く、鶏鳴によって平和日本の黎明を告ぐるに至りました。今や地軸を動かす事態が発生しつつあるのであります」(山岸巳代蔵)

山岸会が発足(1953年3月)して一年後に発行された山岸式養鶏会会報創刊号に掲載された一文は、「万象悉く流れ、移りゆく」という一節から始まる。
なぜ山岸さんは冒頭に、あえて栄枯盛衰のはかなさやむなしさを表現したのだろうかとずっと疑問視してきた。

それが「窮すれば通ず」というか、イズム運動の先が全く描けなくなってみじめな境地に追いこまれたまさにその時、「万象悉く流れ、移りゆく」そのものがありのまま映ってきたことがある。
人間の考えや判断と真理・真実・真相・事実・実態との異いを研鑚して、目から鱗が落ちるような気がしたのである。

真理と人間の考え

その異いの絶対的な距たりを思い知る。
しかしここでも「と」に立つことで、必然真理に即応した正しい考え方・実であろうとする人間の崇高本能をかきたててやまないものにも気づかされた。
それはそれまでの自分を超えた「自分」を、「と」に見たからである。
「と」に立つとは、そうした距たりを一挙に飛び超えようとする「理念」を立てるという実動行為をかきたてるのだ。

(真理と人間の考え)と現象

真理に即応しようとする考え方があるのとないのとでは、きっと現れる現象は異う。

PageTop

6 こういうものがある


だがしかし自分がその時自分の琴線に触れたというこの感じは、その時その場でのたんなる思いつきにすぎないかもしれない。その感じの世界が時空を超え、誰の心にもある「心に感じる世界」にまで到達できるかどうかはおぼつかない限りだ。

それにしても自分だけの温もった心地よい、さきのムイシュキン公爵の秘密の場所にも通底する「心の琴線に触れるもの」との対話をくり返していると、いつしかそういう「もの」がどんどん膨らんでくるのだ。

それはどういうものなのだろうか?
そうくり返し尋ねることで、なぜか不思議とそこで癒やされている自分の中の「自分」を見たのだ。
そこでの「自分」って、いったいどんな自分?
そこには驚きがあり、そんな「自分」を見つめていて飽きない。

「物がなくなって、まだ私というものがある。外を見んと、こいつ(自分)を考えてみると、まだ私というものがある。私の考えも、肉体も、生命も、放したらどういうことになるか。よく考えてみると、何か持っているということね。そうすると、分からんの。放し切った中に、『こういうものがある』でいいと思うの。どうやろ」(山岸巳代蔵)

「こういうものがある」という事実に気がついたのだ。
そうした事実その中で癒やされている自分の中の「自分」を見たのだ。もう、からだをまるごと事実その中にゆだねるだけだ。
パッと目の前が開けた感がした。


PageTop

5 〝ない〟からの絶対線

「ものの観方がそうするもの。自分がどこにいて見るか、ということを考えたい。こうして人間があり、『理想社会を築きたい』とか、『物がなかったら』の線を自分に持っていて、それに達しないものは足りないと思うもの。『あって当り前』の線が一本入るのと思う。そこに一線置くと、するとそれに及ばんのは、足りない、乏しく見えるのよ。自分の作った線から見るから。
反対に、〝ない〟というのをコモトにして見ると、生命でも、身体でも、借金でも、〝ある〟のよ。ないから見たら、あるわね。
まだある。こんなにある。豊かに見えるものよ。自分で見る一線の問題よ」(山岸巳代蔵)

さきの〝ない〟ものが〝ある〟を自分なりの実感でつかんで、しかも実感信仰に陥らない道筋をたどっていきたのだ。

自分よりの好みやセンスがあり、それを肯定も否定もしないで、自分の鶴嘴(実感)に頼りながら一体の鉱脈を掘り当てるのだ。

従来の対象を限定して、一つの部分だけ掘り下げる部分科学に捉われないで、進んで止まぬ綜合哲学的に心理学的分野まで入れて検べていくのだ。

それがさきの自分だけの秘密の場所から、琴線に触れるという「共感・実感」を通して、世界中の人の心に繋がっていく「一体の鉱脈」に至る道筋である。

心理学的分野、即ち「心の琴線に触れるもの」を絶対線と見なして、ものの観方に織り込んでいくところがミソなのだ。

PageTop

4 放し切った中に〝ある〟もの

「物がなくなって、まだ私というものがある。外を見んと、こいつ(自分)を考えてみると、まだ私というものがある。私の考えも、肉体も、生命も、放したらどういうことになるか。よく考えてみると、何か持っているということね。そうすると、分からんの。放し切った中に、『こういうものがある』でいいと思うの。どうやろ。

なくなっても、もともと。〝ない〟ものが〝ある〟。〝ない〟のが、〝ある〟やわね。もともとなかったのが、〝ある〟やわね。だが、それは〝ない〟やわね。春日山でも、もともとなかったのが、〝ある〟やわね。だが、あれは、〝ない〟やわね。〝ある〟ということは〝ない〟。〝ない〟ということは〝ある〟。みんな〝ない〟からいくとね……。(略)

まあ、ないのが本当で、なくなるのが本当で、そういうものだから、何もないとこから、ものを観るの。もともと雲はないの。だがもくもくと出来る。だが、ある間は……。このくらいのことで人間生きていないと、うっとうしいてかなわんやろと思うの」(山岸巳代蔵)

〝ない〟ものが〝ある〟という?
ここを自分なりの実感でつかもうとしなかったら、その先が開いていかないのだ。
ここが急所・分かれ目なのだ。
だがしかしここに現状肯定を象徴する「客観的」「科学的」立場の錦の御旗を掲げる大きな壁が立ちはだかる。自分なりの実感なんて、「観念・固執・きめつけ・主観」の最たるもの。当てにならない。実感信仰、宗教にすぎないと。

それゆえほとんどの人は〝ある〟しか知らない。というか体験的にも〝ある〟としてのみ感じられる世界に住んでいる。

「主観性」と「客観性」を超えた了解性にまでたどりつくのだ。「と」からの出発に賭けるゆえんである。

PageTop

3 「と」という場所

「それは彼がいつも好んで思い出す地点であり、まだスイスに住んでいた頃、好んでそこまで散歩に行っては、その地点から眼下の村を、下のほうにわずかにほの見える真っ白な滝の白糸を、白い雲を、打ち捨てられた古い城を、眺めたものであった。ああ、いま彼があの場所にいて、そしてひとつのことだけを考えていられたら、どんなにかいいことだろう。そう、一生そのことばかりを考え続けて、そのまま千年だって過ごすことができただろう!」(『白痴』ドストエフスキー)

ここがムイシュキン公爵の秘密の場所だ。「ただ自分の思いだけを抱いて一人きりになり、誰にも自分の居場所を知られないような場所」なのだ。自分だけにしか通じないそんな原風景とも呼べるものがある。

「幼い頃、大きな魚をさばいている母の様子を見るのが大好きでその母をいつまでも見ていたくて、もう少しもう少しと母の側から離れられなかった私とピタッと重なって見えた時に、私が見ていたのは私の中の私を見ていたの? と思えました。何か不思議な感じがしました」(『実顕地研鑽会記録集』より)

「それが私の、『類』の記憶の目覚めだった」(森崎和江『いのちの素顔』)

そんな場所へもっともっと深く入っていくのだ。そしてそんな場で生きている強い自分を見出すところまでいくのだ。そこでの実感的な感触というか手触り感に思いをはせる。

「一人ひとり異う私たちの中にある、同質の『もの』に共感するという実感」(『実顕地研鑽会記録集』より)にゆきあたるまで……。

PageTop

『虞美人草』(夏目漱石)読了

大学の哲学科を出てぶらぶらしている甲野さんには、腹違いの妹藤尾がいる。親友の外交官を目指す宗近君にも糸子という妹がいる。藤尾は父親の口約束では宗近君の許嫁になっている。その宗近君の友人に、大学卒業の時恩賜の銀時計を貰った秀才の小野さんがいる。その小野さんにも長年お世話になった恩師の娘小夜子との結婚が既定の事実とされている。
ところが小野さんは、古風で物静かな小夜子よりも傲慢で虚栄心の強い美人の藤尾の方を好いている。藤尾もまた、外交官試験に落ちてばかりしている宗近君よりも博士論文を書いている詩人の小野さんを結婚相手に見立てている。
こうした藤尾という女性を中心にした男女の話は、後半甲野さんが家も財産もすべて藤尾に譲って自分は無一物で家を出ると、小野さんを藤尾の養子にしたい継母に宣言した頃から一気にクライマックスを迎える。

宗近君が甲野さんを説得するシーン。
家を出るなら、うちへ来い。妹の糸子のために来てくれ。妹は学問も才気もないが君の値打ちをいちばん知り抜いている。
「宗近君は骨張った甲野さんの肩を椅子の上で揺り動かした」

映画『おくりびと』で音信不通だった父の死の連絡を受けた主人公が、事務員さんからの二回目の「行ってあげて」に心動かされて父のもとに向かうシーンが重なる。

続いて宗近君が小野さんを諭すくだり。
ここだよ、小野さん、真面目になるのは。真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ。真面目というのは、つまり実行の二文字に帰着するのだ。小夜子さんを連れて藤尾さんの前で関係を絶ってみせるがいい。

ふと山岸巳代蔵の発言が浮かんでくる。
「金の要らない楽しい村では、衣食住すべてはタダである。
この村にある米も衣服も、必要に応じて、必要なものが、欲しいだけ、タダで使える。魚も果物も自由に店先から取って、欲しいだけ食べられる。テキでもフライでも鰻丼もむろんのこと、酒は飲み放題、高級茶菓子も意のまま。住むのに都合の良い家、住みたい家へ、どの家ででも起居できる。
元来誰のものでもない、誰が使ってもよいのである。みなタダで自由に使うことが出来る。
当り前のことである。
誰一人として、権利・義務を言って眉をしかめたり、目に角立てる人はいない。泥棒扱い、呼ばわりする人もない。労働を強制し、時間で束縛する法規もなく、監視する人もない。
寝たい時に眠り、起きたい時に起きる。したい時に出来ることを、楽しく遊んで明け暮らす、本当の人生にふさわしい村であり、やがて世界中がそうなる。
もしこういう暮しがしたい人があるなれば、真面目にやってみられることだと思う」

そうか、真面目というのは、つまり実行の二文字に帰着するのだ。

PageTop

2 そこに立って見ると

以前次のようにも記した。
「3.11の震災後、私たちの心に『絆』という言葉が棲みついてしまった。未曾有の窮地に立たされてはじめて、それは自ずと誰の心からも浮かびあがってきた人情の通い合う頼みの綱とでも呼べるものだった。(略)
しかし、そのための『絆』がない。今の社会的欠陥の最大なる原因は、国と国・官と民・業者と業者・団体と団体・人と人とが離れ、相反目している事にあるのだから、結び直したいと思うのだが、そのための『絆』が私たちの手中にないのだ」

自然と人為を、全人類間を一つに結びつける紐帯を見出す必要に迫られている。
「その繋りさえ分かれば」

「と」に立つ精神。「繋がりを知る精神」がそれである。そこに立って見ると、即ち自分自身が繋がりそのものになると、容易に理解し、全てが解けていく。
「見ずして行うなかれ、行わずして云うことなかれ」

PageTop

1 「と」からの出発に際して

 
今度の著書のあとがきに、「『と』に立つ生き方、『と』からの出発に人間社会の未来を託していきたい」と記した。

ここでの「と」とは、『知的革命 私案(一)』の一節「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく」にみる繋がりの、切ることの出来ない「と」のことである。しかも「と」に立つとは「その関連を知るなれば」とあるように、知ることと実践とが結びつく「繋がりそのものの自己」に出会うことでもある。

その辺りをかつて「今までの社会での『自己』は、自分という己があって、自己主張するなど、個体としての私以上のものがそこにあるようだ。ここでは『個』体としての『自』分、『自個』という捉え方はどうか」とも表現してみた。

自分=自己+自個(繋がりそのものの自己)=二つの心として現れる
それゆえ自個の自己への関わり方が、自己への配慮即ち「真剣な絶え間のない気遣いをもって動揺する心を包んでやらねばならぬ」(セネカ)となるのだ。  

PageTop