自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

33 見ずして行うなかれ!

そこで「見ずして行うなかれ、行わずして云うことなかれ」の中へと入っていこう。
この一節は1953(昭和二八)年「山岸養鶏会」が発足した年の暮れ、名古屋の養鶏専門誌『家禽界』の記者が京都地方の孵卵業者の得意先回り中に風変わりな養鶏の話から、その不思議な男、山岸さんに三日三晩旅館で書き上げてもらった『山岸式養鶏法』の巻末に記されたものだ。

「風袋が多くなり過ぎました〝見ずして行うなかれ! 行わずして云うことなかれ!〟の数語に尽きるものを。では又 (1953.12.)」

だからここでの「見る」とは、その後1955(昭和三〇)年7月に刊行された『山岸会養鶏法 増補改訂版』の中の以下の一節に対応するはずだ。

「この養鶏法は、人類一体を真のあり方とし、全人幸福親愛社会の実現を目指すもので、ヤマギシズム社会観に立って見ると、容易に理解し、その線に副ってこそ成功するのです。(略)
個々人主義を肯定して観察し、または行っても絶対に判らなく、批判も結果も誤ります」

ここでの「ヤマギシズム社会観に立って見る」の「見る」のことだと思う。この「見る」は、「個々人主義を肯定」する観方とは全く次元を異にするはずだ。

この間たとえば「あるとない」の間の「と」に着目して、「と」からの出発・「と」に立つ生き方・そこに立って見ると・ 「と」に立つ精神・繋がりを知る精神・「と」という場所等々の表現で、ヤマギシズムでいう「一体」についての考察を広げてきた。もちろんその真意は、「形に現れるものを見てでなく、形に現れないものを観てやるものでありたいね」といった発言に込められた世界の実顕にある。
それゆえ今頃になって次のような一節が納得されてくるのだ。

「ヤマギシズムの〈実践哲学〉では、最終目的の実現は。実は出発点にかかっております。出発点と目的とは直線コースでなければ成立しないのです。
目的のためには手段を選ばないとか、山頂への道は幾通りもあるという考え方には、賛成できないのです。どんな作り方をしても、米さえ採れたらよいではないかといいますが、なるほど米は採れても、作り方によって米の内容・質が違うのです。結果よりも過程を重んじるのも、高度の結果を期待するからで、その道を通る以外には到達できないという一本コースなのです。
目的に到達するのが難かしいのでなく、その目的への出発点に立つことが容易でないのです。この出発点に立ち一歩踏み出すことを、ヤマギシズム用語で"ゴールインスタート"と解し、また〈革命〉ともいうのです」(『前涉行程論Ⅰ』)

だとするならば、次に「一歩踏み出す」とは何なのかが問われてくる。何を「やる」ことが「一歩踏み出す」ことにあたるのだろうか? そもそも実践って何だろう?

さきの個々人主義からの我利行為を「やって」みせるよりも、無為徒食、天井を見詰めて寝ている方がマシな場合もあるからである。

スポンサーサイト

PageTop

32 こころが踊る場所

「山岸式養鶏会も、そうした目的達成のための一環として、それを具現化する役割をなすもので、養鶏そのものは、全体経済面の一小部分に過ぎず、社会構成の上からも、一般から見て関心は薄いのですが、こうした省みられない一隅からでも、社会全体を動かす始動力となることが出来るのです」(山岸巳代蔵)

たとえば「AとB」があるとして、Aの立場やBの立場に立ってそれぞれの利害を主張し合うのが今の社会の構図だ。そこでそうした立場を通さずに、謂わば未だ手つかずだった「と」という場所に立つことで見えてくるものがあった。そのことを記述するのが私たちの一貫するテーマだ。

先日も本ブログ「青木新門さんとの出逢い」で、じぶん勝手に

「ところがある時から、死者の顔のほとんどが安らかな顔をしている事実に気づいた。よくできた仏像とそっくりだ。『これって一体何なのだろうか』
そんなことをくり返しくり返し考えていると、ふと生と死や善と悪を超えたところ、双方とも見えるそんなところがあるのではなかろうか。釈迦や親鸞も、そんなところから言葉を発しているのではないか! そんな気づきも生まれてきて心躍った」

と青木さんの心中をおもんぱかるような文言を記したことがある。ふと、映画「おくりびと」の中での、事務員さんが主人公にいうセリフと重なったからだ。

「納棺ってね、昔は家族でやっていたものなの。それが葬儀屋さんにまわされるようになって、そこからまた、うちみたいな会社が出来たの。言ってみれば、超隙間産業……」

そうなのだ。誰からも省みられない一隅、いわば超隙間、むしろ周囲から忌み嫌われるような領域、そんな未だ手つかずの「と」という場所にこそ、「生と死や善と悪を超えたところ、双方とも見えるそんなところ」が、じつは心躍るような世界が、あったのだ!といった発見の歓び。

「金の要らない仲良い楽しい村」づくり。
「私は一卵よく世界を転覆し得ると大言しています」等々。

今迄の社会通念から観ると、誇大妄想狂の食言屋の物言いに過ぎない。アホじゃなかろうか? もうでたらめもいいところ。

しかしはたから見たらあんな不自由で窮屈そうな暮らしと思える中に、案外ホントの自由があったりするのだから。そんなふうに考えると、ふと心が救われるような……。

AでもなければBでもない、「と」という場所がある。そこは真面目にやってみる以外にない「もの」からできている。
「見ずして行うなかれ、行わずして云うことなかれ」

PageTop

島田裕巳さんに托すもの

先日、宗教学者・島田裕巳さんのブログ
「そのあと、ヤマギシ会のメンバーがきて、編集者と顔合わせをする。ヤマギシ会の隠れたリーダー、杉本利治氏の思想を紹介する本を考えている」(2月17日)と記されていたが、私の方から幾らかの背景をつけ足してみたい。

というのは私にはふだん事ある事に頁をめくってみる三冊の書がある。通称青本(『ヤマギシズム社会の実態』) と赤本(『山岸会養鶏法』)と私の方で勝手に緑本と呼んでいる小冊子である。

そして密かにこの三冊を読み解くことで、これからの世界政治・経済・社会・人生問題及びその他凡てに相共通し、応用して万事を解決する具体的な提案をいつでも出すことができるのだと確信している。

しかもこの「研鑚資料1976年編」と題された小冊子は、主にそれまでの私と杉本さんとの往復書簡を「前涉行程論」「適正規模実顕地構想」と題してまとめたものが収録されている。そしてこの小冊子を作成したのが、当時の島田さん本人なのだ!

1970年代に参画した私たちは、杉本さんを通したヤマギシズムに関する言説から鮮烈な印象を受けた。私にとっては今なお続いているが……。それはいったい何だったのか? かつそれは現在もなお検討に値するものだろうか?

じつは本ブログでの、連載〈「と」に立つ実践哲叢〉もそうした問いからの試みの一つである。

島田さんの時代の空気を読む感性は、ひょっとしたら「杉本利治氏の思想」に今を切りひらく可能性をとらえているのかもしれない。

その時その場で最高に活かされ、それ自体が歓びで、足跡を消して消え去っていくものがある。だからこそなおのこと、そのものをしっかりと心に刻んでおきたい欲求がつのるのだ。

PageTop

青木新門さんとの出遇い

二三日前からニュースの天気予報は、2月9日(月)にこの冬最強の寒波が到来し、日本海側での大雪を警戒する。じつは心待ちにしていた映画「おくりびと」誕生のきっかけになった『納棺夫日記』の作者、青木新門さんの講演が新潟県南魚沼市浦佐の地域交流伝承館「夢草堂」にて開催される日なのだ。

浦佐といったら有数の豪雪地帯だ。よりにもよって当日なのだ! 講演日があと一日前後していたら良かったものを、といった弱音な気持ちがわいてくる。しかも、三重から出発して途中で富山に寄って当の青木さんを乗せて講演が始まる夕方六時までには辿り着かねばならないのだ。不安だなあ。

幸い、何年か前に雄物川など雪国の実顕地の屋根の雪下ろしなどに行けるようにと購入した雪道に強い10人乗りのトヨタハイエースの四駆にスタッドレスタイヤを装備した車があった。(結局この車の偉力に助けられたのだが)

案の定北陸道は吹雪の中での走行になるが、想定時間内で富山インターを降りる。青木さんはJR富山駅北口のホテルで待っているという。しかしその立派なホテルを目印に一周するが見つからない。思い切ってホテルのエントランスへ車を横付けすると、中から長靴姿の青木さんが出てこられた。そうだった、このホテルも青木さんが今も関わる会社の事業の一つだったのだ。

車は北陸道から関越道へと入る。道路事情は一変する。走行車線と追い越し車線は踏み固められた雪で見分けられない。前方視界は真っ白。案内板は積み上げられた除雪の壁でほとんど隠れている。時折追い越し車線を大型トラックがばく進していく。信じられないけれど、前へ進むしかない。

それでも開演時間に間に合ったのは、奇跡としか言いようがない。

講演の内容はみな著書に書かれてある話なのだが、語りそのものが一つの哲学思想にまで結実していく様に感動した。

たとえば、葬式の現場で納棺夫として毎日死者に接してきた。そんな日々からおのずと「死とは何か、往生とはどういうことなのか」といった疑問が生まれてきた。そこで死について書かれたいろんな書を読んでみる。しかし腑に落ちるところまではいかない。実感としてわからない。
ところがある時から、死者の顔のほとんどが安らかな顔をしている事実に気づいた。よくできた仏像とそっくりだ。「これって一体何なのだろうか」
そんなことをくり返しくり返し考えていると、ふと生と死や善と悪を超えたところ、双方とも見えるそんなところがあるのではなかろうか。釈迦や親鸞も、そんなところから言葉を発しているのではないか! そんな気づきも生まれてきて心躍った。
ある時宮沢賢治の「眼にて云ふ」という詩に出遇った。
「あなたの方からみたらずゐぶんさんたんたるけしきでせうが
わたくしから見えるのは
やっぱりきれいな青ぞらと
すきとほった風ばかりです」
なんだ、そうゆうことだったのかと思った。腑に落ちた瞬間だった。
親鸞が断言する「仏は不可思議光如来なり、如来は光なり」が、そのまま飛び込んできた。親鸞もまた「ひかり」との出遇いを体験し、「ひかり」を垣間見たのだ! 
その体験こそ、まさにじぶん自身の体験でもあった! 相反すると見なされてきた生と死が一つになる世界であり、「永遠に生きる」いのちの輝きとしか言いようのないものだ。
こうした語りを、今度の東日本大震災の後、被災者の前でする機会があった。みなさん、亡くなった人たちに「寒かっただろう」「痛かっただろう」との思いが胸につかえておいでだった。だから「きっと青空を見ておられたのですよ。そして『いままで、ありがとう』と言いながら逝かれたと信じています」と伝えた。そしたら、一番前にいたおばあちゃんが「やっと、こころが救われました」と話しかけられてこられた。
うれしかった。

ともあれ、いろんな必然が重なり合い豪雪という試練も受けて実現した一生の思い出になりそうな一泊二日の青木さんとの出遇いだった。

PageTop

31 自分自身が面白い

「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく、今の社会的欠陥の最大なる原因は、国と国・官と民・業者と業者・団体と団体・人と人とが離れ、相反目している事にあり、政治・経済機構も大改革されますが、その何れにも相互関連があり、この条件を必ず重大要素として組織し、総親和社会への精神革命を必要とする所以です」(山岸巳代蔵)

1992年秋の「ヤマギシズム展示博覧会」での出来事だ。自分はテーマ館の担当だった。ところが約一ヶ月前からの準備の中で最初に自分が立てた企画案にNGが出た。何で? テーマの焦点が全くズレていたのだ。そこで関係者で再度寄って、上記に掲げた一節を研鑚しながら、『ヤマギシズム社会の実態』の書は実態の書であって、書でなくて実態そのもの。この実態の書を、実顕地そのものにしていくことが実顕地の深まりなんだといったことを確認し合ったことがある。

今にして思えば自分自身大きくズレていたが故の、何と素晴らしい僥倖にめぐり逢えたことだろう! その後何度もやっかいな局面に立たされた時、きまってこの一節を一字一句研鑚して心に焼き付けた世界が鮮やかに甦ってきたことか。

なかでもいわゆる2000年前後のイズム運動史の局面で、社会(組織)の中に家族(親子・夫婦)をどう位置づけるかの切実な問題に直面したことがある。自分らほとんどは、ここで二者択一を迫られているかのように受けとめ、自ずと躓いた。

つまり「人は、人と人によって生れ」の世界の延長線上に省みることなく「人と人との繋がり」の世界を倫理的・我執的に捉えることで必然の自己矛盾に引き裂かれたのだ。親子で兄弟姉妹で夫婦で恋人同士で表面的な相反目・対立し合う事態を招いた。逆なのだ! 「人と人との繋がり」の事実に立って、「人は、人と人によって生れ」の世界を何はともあれ抱擁(つつ)み込んでやるべきだったのだ。いったん分けて、そして相互関係を一体に結びつけた形態に改組するといった「精神革命を必要とする所以」のものなのだから。

一般社会常識的に社会(組織)よりも家族(親子・夫婦)を優先することでなく、社会(組織)と家族(親子・夫婦)は本当は何で結びついているのか、といった人類の至高性に直面していたのだ。

人と人との社会連繋の、切ることの出来ない真理性に立つということが、じつは人間の真の恋愛・結婚に繋がり成り立つところまでいってはじめて、総親和社会が立ち現れてくるといった、かつてない未知で未経験の実践的・本質テーマにぶつかっていたのだ。それは次のように表現される世界とも重なる。

「わが一体の家族、なつかしの兄弟姉妹よ、わが父・母・妻・子よ」(第一回特別講習研鑚を共にした参加者に贈られたメッセージから)

こうした永遠性と社会連繋が一つの世界像をまずは見届けるだけで何かワクワクしてくるものが湧いてこないだろうか。

「まあ、尻ついていってやるより、西海の藻屑となるか分からんが、コロンブスの人跡未踏の開拓ぐらいで、ちょっと面白いから人生の生き甲斐としてやるといった具合で……」(1961年4月2日ヤマギシズム社会式養鶏法について―名古屋での座談会から)

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(2)

稲と鶏(中)
 「心の世界」に繋がる農業養鶏

 また三回にわたって付けられた文章の題名「稲と鶏」には、毎回冒頭に稲と鶏それぞれの特性を対比するような一文が載せられていて興味深い。以下に並べてみる。
「稲の稔りは土中にかくれた根にあり」
「鶏の産卵は腹中の消化器にあり、肉眼に見えぬ染色体にあります」

「今までは稲と鶏をイジめてきました」
「イジめるために手をかけて、忙しいとこぼしていたのです」

「種播きの最良の日は一日」
「入雛の絶好の日は一日」

 一番目は、稔りや産卵の元は「かくれた」根や「肉眼に見えぬ」染色体にあるとして、目前の一次的打算やうわべや形のみでない、見えないものへの繋がりに注意を促す。
 二番目は、人間は、稲、鶏の好まないことは止めて、彼らの繁栄を計り、人間の欲するものを得て人間が繁栄する協力世界に共生する真理を忘れてはならぬ。それで人間のみが巾を取らずに、人も鶏も稲もよい生存を続けるために、それぞれの空間を必要とする。そのためには日光、空気、温度など、大切な生存条件として繋がって共に活かし合っている事実を忘れないことだという。
 三番目は、一般に技術ほどよりも関心の薄い適期観念について触れる。各自の鶏舎、農作業、作付け、時季的適否等の関連と、雛の購入先の都合等をよく考慮し、その人、その経営により、すべての関連条件によって最良の日を見るべきだという。

 こうしたそれまで何の繋がりもないと他人事のようにしていたことが、その実大元のところで切っても切れない一環として繋がっている事実に組織立った「農業養鶏」で、山岸さんは何をやりたかったのだろうか。

 たとえば『養鶏書』に「私は、明日に生きたいと念願する人間ですが、雛もまた二年先の別れの日を予想して、今日手を打っておくのです」とある。餌でも水に浸したり、煮沸餌、練餌等で消化器を弱めないこと、緑餌も柔らかいもののみとせず、各種の生草を多給したい。消化のよい状態にして給餌するとより早く太るが、一時的の現象を見てその鶏一生の働きを忘れてはならないという。

 こうして稲と鶏の密接不離の関係を具現化するにあたっては、自家産自家施肥鶏糞のはたす役割を引き出して「稲は土で作れ、土は鶏糞で造れ」を立証したり、また雛に水に浸けない堅いままの屑米を食べさして水を飲みに走らせたり、雑草多食に馴れさしたりして、自然の整正作用を引き出し「草で卵を産む鶏」を立証してみせるのだ。

 それは稲と鶏の未だ手つかずだった「と」という場所に立ち、そこで見出された一体の結び付きを一貫して行うことで齎されるものにあった。それこそ鶏を通じて人間社会が良くなるという「心の世界」の歓びだった。

PageTop