FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

イズム実顕地づくり考(18)

こうした「放してこそ豊か」の実践力に於いてこそ、人間が真に生きられる「場所」の実在が指し示されるのである。

それはこれまで見てきたように―
○知恵も、考えも、能力も、体力も、すべての物も、一切私しない「広場」に開放して活かし合っていく場所像だ。
○酒瓶を「広場」の中央に置いて、みんなが喜んで飲む人で飲んで喜べるようにやってみようというのだ。
○自分自分や自分らのグループの「囲い」を開いて世界中を豊満にし、お互いに持たないで自由に使い合う仕組みだ。
○全国的に柿が豊作なれば、誰も隣の柿に目を付けない。播いた種が稔って、開いた口中へ落ちる、〝自己より発し、自己に返る〟仕組みで設計される場所像である。

なんども思い巡らし、想いをはせて明瞭なイメージがつくりあげられていく。あたかも芝居の登場人物を、客席から観る態度で眺め楽しみながら、「放してこそ豊か」なる理念に即応する方向での立証まで成し遂げるのだ。先に述べた
「ならない先のもの」の場所とは、こうした適材適所という仕組みで成り立っているにちがいない。そこはまたすべてを委任する委し委される仲というか保ち合いで成り立っているかのようだ。そうであるからこそ、「範囲」とか「限界」とか「調正」という理念概念が真に生きる場所である。(イズム実顕地づくり考9)

イズム生活調正機関の設定がそれである。
参集者一人一人の生活のすべてを、生活調正機関なる任意の組織を構成してそこへ、身も物財も命も全委任する仕組みなのだ。
「参画」という概念に命が吹きこまれた瞬間だった。

「ヤマギシズム生活希望者のすべてをこのイズムの生活に活かして用い合うために、それの調整・按配をする。出産・育児・学習・技能体得・適業配置・結婚・栄養・厚生等の生活のすべてを私意尊重─公意行のあり方で調整し、みんなと共にある安定した、合理的な、健康な生き方を個々に全人が得られ、本当の生活が出来る仕組みへの調整をする。
即ち私の考えを含むすべてを調正機関の私意尊重─公意行の調整に委し、みんなと共に、ゆりかごの前から墓場の後まで、死後の子孫まで安心して、仲よく、楽しく暮らしていく仕組みである。
そこでいったんその機関に総てを委ねた以上は、食べること、着ること、寝ることも、職業・慰安・結婚・育児等衣食住、生活いっさい、自分一人で心配しなくとも、病気になっても、老いて働けなくなっても、安楽に一生を幸福に生活できるし、死後の憂いや気づかいもない、こんなものを一体生活と呼んではどうだろうか。
有価証券や不動産などの物財は、現行法規の下では処分行使を調正機関に委しきり、何ら返還を要求しない。全部委せきった人は生活のすべては調正機関により、みんなと共に、みんなの知惠・財物・力によって永久に保護される。
初歩的なものであるが、だんだん整備されつつあり、機構も、運営方法も、すべてが研鑽方式で行われ、思い思いに適材適所で持ち場を持ち、生涯快適幸福な人生を送り、死後の子孫もますます繁栄していく仕組み」

であるとされる。
「イズム生活調正機関」に「参画」することによって顕れた「実顕地」という舞台で、芝居の一登場人物として一生かけての永い芝居を踊り続けるのだ。
そこはまた先(イズム実顕地づくり考9)でのネズミも活かされる場所のことでもある。

スポンサーサイト

PageTop