FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

「と」に立つ実践哲叢(10)

専業と分業(上)
似て非なるものの区別

かくして昭和36(1961)年、ヤマギシズム実顕地構想やそうした実顕地という場でこそ活かされる実顕地(社会式)養鶏法が発表される。「新しいぶどう酒は新しい皮袋に」という例えにも通じるだろうか。
そしてヤマギシズム実顕地とは「完全専門分業社会実顕地」のことで、この養鶏法の特色も次のように表現された。

「普通の養鶏法は一家族でもやれないこともないようだが、この『実顕地養鶏』は、多数のそれぞれの特徴のある専門の人達で組み立てる完全分業一体で初めて、その素晴しい成果が上げられるものである。
農業養鶏でも、一つの組織がないと本当には成り立たないが、この『実顕地養鶏』は、大勢が寄って心一つにして、それぞれが専門の配置につく一体経営で、専門細分化してやらなければ出来ない養鶏法で、これによってこそ誰も真似られない成績が上がり、しかもそれにふさわしい養鶏法である」

相共に各々のそれぞれ違う持ち味を、専門の持ち場に活かして、完全分業の精髄・精華を顕現しようというのである。
「その汽車にはその鉄路を。
少数の人では鉄道経営は成り立たない。多数の人が渾然一体となってやるところに、初めて汽車は大変な偉力を発揮することが出来る」とも例えられた。

さて、ここで自分らがしっかりと真っ先に向き合いたいのは「完全専門分業社会実顕地」のことだ。「専業」ではない「分業」についてのことだ。
先の「『実顕地を造るためのもの』と『実顕地を造ってからのもの』との次元の〈転換〉を混同する」テーマと同じように、ここでも「専業」ではない「分業」であるとの似て非なるものの区別から出発していくのだ。
分業が成り立つためにはどうあったら良いかが、いちばんの研鑽のしどころになる。

ある日の研鑚会で、ヤマギシズム社会構成員の資格として、もっと偏った欠陥人間の育成が挙げられた。エッ!、すると世の中専門バカと揶揄される威張る人ばかりになると思っていたから吃驚した。いや歯車が凹凸で噛み合うように、必要に迫られて他の人の力に頼ったり、借りなければならないから、自ずとそこから謙虚さも醸しだされてくるのだという!?
そして「出来ないことの良さ、出来なかったためにうまくいったところ」などを研鑽した。するとそういえば……と、ほとほと困り果てていた時の「差し延べられた手」が鮮やかに思い出されてきて、なぜか熱くなってくるのだった。そうか、「自力をつける」とは他に頼りきれない部分のことをいうのだと思い知らされた。 

たんに仕事の委務範囲として分担してやることでも、その他大勢とみなして人を平均的に配置していくことでもない。区別すべきは「専業の人」と「分業の人」の色分けだ。

スポンサーサイト

PageTop

映画『FOUJITA』(小栗康平監督)を観る

七八年前の『おくりびと』以来久しぶりに映画館まで足を運んで小栗康平監督の映画『FOUJITA』(フジタ)を観た。
FOUJITA

この作品に、涙とか感動とか笑いとか、そういった日頃の息苦しさからのカタルシスを求めるならば、きっと幻滅を味あう。むしろ事の顛末の背景やつながりの「意味」を徹底的に抜くことで、却って画家・藤田嗣治(フジタ)が生きた1920年代のフランス・パリや40年代の日本での疎開の日々の映像美が浮き立つようにつくられている。

そうしたフジタが生きた二つの時代に絞り込んでくっきりと並置することで、小栗監督は「日本が受け入れた近代とは何だったのか」を問う。というか、デビュー作『泥の河』以来一貫して問いつづけ映像化をすすめてきた「近代日本の歪み」についての小栗さんなりの「答え」として、自分は受け取った。
そういう意味合いでの、「ああ、そういうことなのか」といったカタルシスが得られた。

例えばこういうことである。
1920年代のパリ、セーヌのほとりのカフェでの、フジタと日本の画学生との美術談義の場面。画学生のひとりが、何年か前にパリにいた詩人・彫刻家の高村光太郎の詩「雨にうたるるカテドラル」を朗読する。この詩は、留学中の高村光太郎がノートルダム大聖堂の前に佇んで、西洋文明の巨大さと自分自身の矮小さ・みじめさとの確執をうたったものだ。
白色人種と黄色人種、西欧と日本、先進国と後進国、憧憬と反発(劣等感)といったまさにそのあいだでうまく適応できずに苦しむ「近代社会の歪み」そのものを象徴するものだ。
しかしフジタは素知らぬ顔で聞き流し、むしろ離れたテーブルにいる二人のパリジェンヌをじっと見つめている。不審に思ったパリジェンヌの一人が近づくと、ポケットから彼女の顔を素描した紙を差し出して喜ばせる。
そしてあっけにとられた画学生たちに、如何にして西欧人女性の美しい生きた白い肌を表現するために、ルーブル美術館中をまわって手を動かし続けた自己陶冶の実践を語るのだ。
そして面相筆による日本画的な線描を生かした独自の技法による、独特の透きとおるような画風を確立して、エコール・ド・パリの寵児としてもてはやされる。
五人の裸婦

一方日本に帰った1940年代。戦意高揚のための絵画を集めた「国民総力決戦美術展」で自らが描いた「アッツ島玉砕」に人々は手を合わせ、画を拝んでいる姿にフジタは敬礼し、頭を下げる。
その画は、一転して茶褐色の暗い色調で西洋絵画の伝統的な歴史画の手法で描かれたものだという。
アッツ島玉砕

そうだったのか! フジタは「AとB」といった別々の立場での相互関係から生まれる「近代化の歪み」というものを、その時代の場所に即しつつ絵画表現を通して、この間の自分らの文脈に則していうなら『「と」に立つ実践』によって乗り越えかつ生き抜いたのだ!

私事になるが、もう25年ぐらい前パリで道に迷い突然ボンヌフ橋のたもとに出た時、セーヌ川越しにノートルダム大聖堂を遠望する光景が鮮明に飛び込んできたことがある。その中世の城のような稠密なつくりに圧倒された。そこに普遍性のようなものを感じ取ったのだろうか。勘違いしていたなあ。

その辺りを小栗さんも語る。
「しかし近代を無前提に受け入れろという呪縛は、欧州の行き詰まりと共に解けつつある」
「我々は言葉中心に生きているようで、実は事物と一緒に生きている。人と事物がある感情の中で出合う。それを発見したい」(日経新聞2015.10.31)

西欧近代の特徴でもある、人間寄りの「どこまでも突っ張ることで自分で自分を護り主張する」考え方も衰亡しつつある今、そうした観方・考え方もいったん放してみると、あらためて人は自然から産まれたもので、自然から離れて生きることはできず、自然に背いて栄えることもできない真実の姿が立ち上がってくる。山岸会の趣旨に「自然と人為の調和をはかり」とあるが、その「調和をはかり」の実践が切実に求められるゆえんである。

また今回この映画をぜひ観て欲しいとすすめてくれた、光の「深さ」を表現した照明担当の津嘉山さんに感謝したい。

PageTop

イズム実顕地づくり考(51)

先の「近代日本の歪みの問題」への小栗さんの問いかけ(イズム実顕地づくり考48)を、今少し追ってみる。
小栗さんはまた、島尾敏雄について次のようにも記している。

島尾文学の、低い姿勢に引きつけられていたのかもしれない。島尾さんの「私」は、どの作品においても強くないし、主語が突出することもない。述語に書き手の思いが綴られるばかりだ。それを私は、自らの気持ちの見つめと、読んでいた。あるいはもっと身勝手に、自分の自信のなさを、作中の弱い「私」に重ねてもいただろう。(『時間をほどく』)

多分ここで小栗さんは、「主語が突出する」ところに、どこまでも自己主張することで個を確立してきた西洋近代の考え方とその限界を見ているのだ。
だとしたら、「述語に書き手の思いが綴られるばかり」の場所とはいったいどんな場所なんだろうか? その場所の発見にこそ、そこから立ち上がってくるもうひとりの自分に託していきたいものがあるのだ、と。
ふと、『知的革命私案(一)』の次のような一節が浮かんできた。

「今までに言い尽され、教えられて陳腐なことですが、ややもすると、自分のみの近道を行なおうとする間違いが、混雑の根本的原因です。
これは、一見最も楽な、確かな方法のように思い違いをしやすいもので、殆どの紛争は、ここから発しています。
なる程、今の世の中ではこんな考え方の人が多く、そんな人は、一人で何倍かの幅を取り、その限界を知らないために、幾らでも拡大しようとします。こうした行為は、少数の人でも、多数の人に影響しますのに、周囲からこんな人に寄って来られて、遠慮していたなれば、自分の立場が無くなりますから、止むなく自分で自分を護り主張するのは、誰もの考え方でしょう。周囲がやって来るからで、自分としては、突っ張りたくないが、突っ張ることは間違いと知りつつも遂い、生きて行けないから突っ張ることになるのだと云うのです。
ここに三つの方法がある。
その一つは、その限界を定めて、お互いにその線を越えないこと。
今一つは、他を侵すことの浅ましさ、愚かさを気付くこと。
他の一つの方法は、有り余って保有していることの、無駄であり、荷厄介になる程、広く豊富にすることです。
私はこの三案を併用すべしとしますが、そのうちで一番重点を置き、他の二案を欠いても、この一法だけは外すことは出来ないと思う案は第二案で、即ち幅る辱しさ(太字―引用者)に気付いて、他に譲り度くなる、独占に耐えられない人間になり合うことだと決定しています」

ここでの「幅る辱しさ」に思いをめぐらすのだ。
何度もくり返すが、この間の文脈に沿えば、

「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく」(知的革命私案一)

とある、「人は」「人と人によって生れ」かつ「人と人との繋がり」によらねば、の一節に込められた含意が、人類発展史のアジア的心情に包まれた一隅に生を受けた自分ら日本人が、西洋近代を受け入れ関わってきた時に味わってきたためらい・とまどい・矛盾・歪みの感覚にも重なってくるようなのだ。いや、もはや行き詰まりの近代に直面しているのだが……。

たしかに「幅る辱しさ」といっても、人見知りが激しいなど個人の資質に帰するところもあるのだが、社会環境的な「人と人との繋がり」の場所によっても大きく影響される一面も見逃せない。
現在今なお未解決の切実な課題は、幅る辱しさに気付くところから、どのような「人と人との繋がり」が真の人間に合うかどうかが問われているのだ。

PageTop

イズム実顕地づくり考(50)

以前私の社会倫理「自己より発し、自己に返る(還る)」について、次のような具体例で研鑽したことがある。

蔬菜部のAさんは、大きくなった学園の畑のナスを見てよ、早く採ったらよいと思いました。ナスが収穫適期なので早く採って下さい、と学園にファックスしました。翌日見るとまだ採ってありません。またすぐファックスを入れ、次の日も採ってなかったので、もし採れなかったら連絡下さい、とまで言ったが連絡なく、もう仕方ないと思い、自分が収穫しました。しかしナスはもう成熟しすぎて割れていました。そのときAさんは、「学園が採らなかったから割れてしまった」と思いました。

さてここで「割れたナスは自分が採らなかったからそうなったのではないか?」と問われたのだ。

エッ? ナスを担当している学園じゃないの?! 学園のメンバーが採るべきナスじゃないの? ナスが割れてしまった責任は学園の側にあるんじゃないの? 

「でも、気づいたのは私ではないか。連絡しても採ってないナスを見た私が、採らなかったのではないか? 早くナスを採りたいという私の思いがあるにもかかわらず、ここは学園の担当している畑、だから学園が採るべきだという常識観念が入ってしまったから、ナスが割れてしまったのでは……」

何だか狐につままれたような気分がした。

「何かことが起こった時、『知らなかった』『気づかなかった』と普段何気なくいうが、それは理由でなく、自分から見た時それは原因ではないだろうか?」
「知らなくてやれていない、知らないから出来なかった、思い至らなかったのではないか? 自己より発していなかったから、還ることがなかったのではないか」

そういえば人に何かを委して、それがやれてなかったときに、自分がやらなかっただけなのに、半ば当然のように他人のせいにしているなぁ。

「世界中に起きる全てのことは、自己より発し、自己に還って来るという観方、地球上の全てのことは、自分から発しているという観方はどうだろうか?」 

そんなぁ、無茶苦茶や。

「いや、全てが自分に関係すること、他人事は何一つないのだ。全ては自分のやること、またはやったことなのだ。他を責めるということもない。事が成っていかないときも、自分がそうしていること。そのようにさせている自分に気づいて、後は自分がやるだけの世界が拡がるだけじゃないの?」

恐るべし、私の社会倫理「自己より発し、自己に返る(還る)」。

PageTop

イズム実顕地づくり考(49)

五六年前になるだろうか、正月蒲団の中でうとうとしながらテレビからの音声を聞き流していた。それが5分間のミニ番組「にっぽん巡礼―心に響く100の場所」が流れた時、「あれっ、自分と同じこと言っている!」とビックリして目が覚めた。
番組は、女優の羽田美智子さんが荒々しい波が打ち寄せる茨城県大洗海岸に立つ大洗磯前神社を訪れての語りで構成されていた。
大洗磯前神社

例えば―
「はじめて触れた海で、家族の笑い声とか…童心に還るというんじゃないけど、ふっーと力が抜けて、なんか休まる場所ですね」
「対人関係に不安を感じた。人が怖かった」
「引いては満ちて、引いては満ちて、それを見ているだけで、自分の中の柔軟性が戻ってきて、なんか波が心を洗ってくれる」
「鳥居の足下にも、波がかかったり、穏やかな波が来ようが、激しい波が来ようが、頑として動かない、この揺るぎない感じをずっと見ていると、自分は自分だと、あっ、こういうことなんだと、気づかされるんですね」

その頃いつも、うまく言葉にならないところで同じような思念を何度もくり返していたからか、羽田美智子さんの「自分は自分だと」という発言から瞬時に「自分が自分に出会う」テーマの大事さを納得したからだ。
その頃の自分は、そうした「自分が自分に出会う」手ごたえのような感受だけが、唯一自分をリアルに確かめられるような心境にあった。

この間の文脈に沿えば、必死に「事実その中で生きていく強い自分」を見出す体験について思いめぐらしていた時期と重なるだろうか。「事実その中」に溶け込んでいるそんな自分を見出しては、〈やった〉とひとりで叫んでは充たされていた。
そこは羽田美智子さんのいう「はじめて触れた海で、家族の笑い声とか…童心に還るというんじゃないけど、ふっーと力が抜けて、なんか休まる場所」にも重なる部分があるように感じられたのだ。

早速再放送の日時をチェックしてビデオに再録したことはいうまでもない。以後研鑽資料として使っている。
するとある時誰かが「私の場合は、“どうせ”がつくのよねぇ」と発言して皆で大笑いしたことがある。「どうせ自分は自分だと」諦めがちな自分らの実状をうまく言い当てられたからだろうか。けだし至言である。

羽田美智子さんは大洗の海岸で、自分が納得する自分に出会う。そこはどんな場所なのか? しかも、そこで見い出された自分らしさと繋がる自分とは?

PageTop

イズム実顕地づくり考(48)

小栗康平監督の十年ぶりとなる最新作映画『FOUJITA』が近々公開されると聞いた。フランスを中心に活躍した日本人画家・藤田嗣治の半生を描いたものだという。早速ネットを検索してみたら、制作スタッフの照明担当に旧知の津嘉山さんの名が記されてあった。ヘェーあの小栗さんと一緒に仕事したんだ、と自分のことのようにうれしくなった。

というのも、じつは自分にはとても大事にしているビデオテープがある。それが作家・島尾敏雄の原作『死の棘』を映像化した小栗康平監督の『死の棘』だ。
死の棘

どこにも抜け道のない夫婦の凄絶な危機をどこまでもくり返し描いたこの重苦しい映画は、海外では高い評価を得ながらも多分商業ベース的にはのらなかったに違いない。
しかしこの作品には、自分とは、夫婦とは、家族の本当の姿とは、と本当の本当を求め求めていく純粋なものが込められているように感じられて、自分の今を励まし支える羅針盤にもなっている。

小栗さんは、島尾敏雄を高校生の時から自分の支えとして読んできたという。
「自分が感じていることを一つひとつ整理していくことが、とりもなおさず自分を見つけていくことであり、それは気になる人を思うこととなんら変わらない、そんなふうにもいえるような、ひどく幼い発見があっただろうことを、私はいま思い出せる」『言葉を呑む』
ここでの「ひどく幼い発見」の箇所は、別の稿では、
「それは、ものを考えたり、感じたりすることそのものの中に、異性、異なる性の存在がしのびいっているという発見だった。好きな女の子ができ自分の心の中で何かが動く、そのことだけはよくわかった」(『近い家族・遠い家族』)
とも表現されている。まったく同感である。

そして小栗さんはそこに流れる「恥じらいというひそやかな感覚」とか「人間としての基本的な感覚」(『近い家族・遠い家族』)の欠如の回復を、二人の心の葛藤など無関心の故郷の原風景をときおりパートカラーのようにはめ込むことで図ろうとする。そこはかとなく広がっている自然の底に息づく美しさ・豊かさ・温かさを映像化に託して描いている。
またこの作品を際立たせる一連の家族の修羅場は、そうした「本当の本当を求め求めていく純粋なもの」を真面目に曲げないで貫き通そうとするなれば、その部分は必ず今の互いに離れ、相反目している社会では「歪み」や「心の葛藤」としてしか現れざるを得ない「世はまさに逆手なり」(知的革命私案一)を暗示しているようなのだ。

ふり返って自分らにも身に覚えがある。
ヤマギシズム運動の高揚期、「実顕地は一体の大きな家族である」として従来の家族観を実際的にも見直してみたことがあった。その結果、純粋な理念と現状段階とのはざまで「家族をやりたい!」、といった悲鳴にも似た衝動にかられたことがある。
こういうことだろうか。先回次のように記した。

「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく」(知的革命私案一)
とあるが、ここでの「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば」のくだりこそ、じつは自分らにとってももっとも混同しがちな「解りかねる」難関の箇所なのだ。

個人の主観性や家族(男女)の場所は、実顕地という場所の中で本来どのように位置づけられてくるのかといった課題である。個人の主観性や家族(男女)が主に「人と人によって生れ」の次元で育まれるとするならば、その個人の主観性や家族(男女)が除外されることなく「人と人との繋がり」の次元へどのように入っていけばよいのだろうか? いや、はたして入っていくことなのだろうか? そこが最大の難問なのだ。

つまりそこを理念研鑽としても曖昧にしたまま、ただ漫然と個々人主義の時代の流れの中で「他よりも優れたい、儲けたい」だけの醜い個が浮き立つ人間社会を助長するだけにとどまるか、
さりとてそうした現実社会を少しでも良くしようと純粋に考えて、「実顕地は一体の大きな家族である」とする理念を現実に映し行おうとして家族(男女)の次元と実顕地の次元を一気に結びつけようとしたら、必然「息苦しさ」といった矛盾にさらされるのである。

西洋近代を無前提に受け入れて一気に高度成長を成し遂げた現代社会と、その過程で捨て去ってしまった人間の基本的な感情との「近代日本の歪みの問題」への小栗さんの問いかけは今も解決していないように、ヤマギシズムという理念思想を生きるという命題も、研鑽・実践、実践・研鑽の日々連続である。

PageTop

イズム実顕地づくり考(47)

そもそもこの間語られてきた「私」とは、「自己」とは、何なのか? 別段ここで哲学談義をするつもりはないのだけれども、普段の暮らしの中での切実な実践的な問いとして引き受けざるを得ないのだ。

例えば何よりも先ず自分を守り優先する考え方と一対になって構成された今の社会では、国と国・官と民・業者と業者・団体と団体・人と人とが離れ、相反目していることで生ずる利害関係問題の調整・管理方法がたえずいつも取り沙汰されている。

そこでヤマギシズム実顕地造成への必要条件の一つに、
「如何なる場面に直面しても崩れない三組以上の推進メンバーが存すること」
とあるように、一体生活という社会の中で、そこで見いだされた仲良しの理や人や周囲環境に如何に調和しつつ、その中で自己を最大限発揮する生き方が出来ることにいちばんのネライが置かれている。

「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく」(知的革命私案一)

とあるが、ここでの「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば」のくだりこそ、じつは自分らにとってももっとも混同しがちな「解りかねる」難関の箇所なのだ。
というのも、「三組以上」の社会に生きる「私」とは、「自己」とは、何なのかぐらい、普段の暮らしの中で探り当てる必要に迫られている問いはないのであるのだから。

この間の「倫理」観も、「人と人によって生れ」の次元と「人と人との繋がり」の次元との関連がはっきりと区別されていないと、「自己一人限りとの考えは間違い」だと一種の精神修養や善悪の意味ぐらいに受け取られがちである。
どうしてもここで、今まで通りの道からの次元の「転換」、即ち「人と人によって生れ」の次元と「人と人との繋がり」の次元をいったん分けてみるという研鑽を必要とするゆえんなのだ。

先の山岸会の趣旨「自然と人為の調和をはかる」のところで、人間としての立場からでなく大自然の姿の中から観た「自然全人一体」次元の世界に触れたように、ここでも「人と人によって生れ」の次元からでなく「人と人との繋がり」の次元に立って、「私」とは「自己」とは何なのかを、浮かびあがらせてみようというのだ。
今までの社会での「自己」は、自分という己があって、自己主張するなど、個体としての私以上の所有的・我執的自己がそこに含まれている。ここでは「個」体としての「自」分、「自個」のことを「自己」として捉えてみようというのだ。

PageTop