FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

2015年の歳の瀬に

今日も実顕地の各職場に養護の子らが時間になるとやってきて、きまった作業を一定時間やって帰っていく。
彼らのあまり自分の考えを入れない「それならそれで」、とあたかも必然であるかのように受けとめる盲従的な姿になぜか触発される。そこには何が起きても困らない、いつまでも子どものような気楽さがただよい、つい引き込まれそうになる。
以前次のような感想をもったことがある。

「毎日一定時間一定方向に餌やりをやっていて、ふと鶏舎の金網こしに誰かがうずくまっている。どうしたのだろうと見ると、養護の子が鶏舎と鶏舎の間の草取りをしているのだ。この寒空にと心配になるが、本人はいっこうに平気なふうでむしろ根っ子ごとうまく草を引き抜いた時など手前に掲げたりして楽しんでいる様子にも見える。つられて古歌にある『この秋は雨か嵐かは知らねども今日のつとめに田草取るなり』といった心境がふとよみがえる。
そういえばヤマギシ養鶏法の飼育係としてふさわしい人として
・むつかしく考えない人
・人づきあいの嫌いな人
・鶏づきあいの好きな人
・自分の考えをあまり入れない人
・子供のような社会体験のない人
などがあげられていて、べつに鶏の世話係を希望しているわけでもないのに、なぜか直感的に愚鈍にみえて侮りがたい人間像として迫ってくるものがある」

「この村に住み始めた頃村のお爺ちゃんお婆ちゃんがいつも一心に草取りしていた姿が、なぜか今頃になって思い出されてくる。あれからもう三十年、あてずっぽうでもよいからその境地をおしはかってみたい欲求が日増しにつのってくる。
時々道で出会うと、『ご苦労さん』と挨拶された。当時はお役御免になった村の年寄りには草むしりぐらいしかすることがないのだろうと高をくくるような見方でいたから、なぜ挨拶されるのかその真意に気づくはずもなかった。
一役果たし村の各種係役を放しきった村の年寄りの目には、かつてあったかもしれない様々な観念意識も消えて、草取りなどしながら、その実自分が安定した社会をつくっているのだとたしかに実感する我が世界が果てしなく広がっていたのだ、と」(『贈り合いの経済―私のなかのヤマギシ会』所収)

かくして養護の子らや村の年寄りを見る見方が次々と反転して、じつは見守られていたのはこの自分の方だったのだ!、との気づきに驚愕するのだ。

ここに幸あり光り溢れる場あり。存在すること自体が価値であるといったものに日々自分らは出会っている。

スポンサーサイト

PageTop