FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

イズム実顕地づくり考(64)

ここでの「修練的なもの」の特徴を、フーコーはセネカのルキリウスに宛てた『道徳書簡集』から幾つか挙げて説明している。
例えば『道徳書簡集』第十八の貧乏さの訓練がある。

「静穏なときこそ、困難な状況に立ち向かえるように準備をしなければならない」
「粗末なベッド、そでなし衣服、悪質で硬いパン……これで三日か四日のあいだ耐えてみよう。ときにはもう少しふやすのも良いだろう。遊びではなく試練なのだ」
「過酷な運命の不意打ちに負けないように、貧しさと親しくなるようにしよう。貧しさは苦痛ではないと悟ると、いっそう大きな心の安らかさを感じることができるはずだ。そしてこれがほんとうの豊かさなのだ」(塚谷肇訳)

面白いなあ。自分らの皆で順繰りに参加しあって、ふだん当たり前にしていることも見直したり互いの心境を高めあったりする各種長期研鑽会等も、セネカのいうやがての備えに重なるようだ。
自らすすんでヤマギシズム用語でいう「ボロと水でタダ働き」の場に身を置き、そこで堅い床に寝ても楽しい夢を結べるような体験をもつことで、やがての事態に動揺しなくてもよいようにと、今から手をうっておくのだ……。

山岸会養鶏法になぞらえれば、たとえばヒヨコに乾燥屑米を無制限不断給餌するのも、消化器は第一回に送りこまれた飼料に対して適応構造になるからで、二年先の別れの日を予想して今日手をうって置くことで老鶏を売った総決算の日に現れるものが、いや「感じる」ものがあるからで……。

もちろん節制生活をすることが目的でなく、備えとして役に立つからである。
またこんなことも言っている。
「激しい運動をして、すっかり空腹になり、その後で豪華な食事が並べられたテーブルの前で、食事を眺め、奴隷にこの食事を与え、自分はごくつましい食事をしてみる」

確か自分らの「振り出し寮」構想にも同じようなプログラムが組まれていたなぁ。
「入れと言われたら門に立ち、上がれと言われたら庭に立つ」心境のことだと言われても、チンプンカンプンだった。

こうした一連の具体的な自己を試練にかけるという方法・実践を通して、寒夜に滝に打たれる荒修行というよりも、自己陶冶とか自己涵養とか心境調正・自己コントロールの自由自在さを味わってきたのだとふり返る。

フーコー流に言うならば、次のようになる。
「このような試練の開かれたゲームを通して、自分自身を見きわめること、どこまで自分が進んでいるかという到達点を見定めること、そして根本的には自分が何であるかを知ることが目指されているのです」

スポンサーサイト

PageTop

イズム実顕地づくり考(63)

ちなみに自分らの「ヤマギシズム研鑽学校」は次のように案内されている。

「趣旨
真の人間となり、世界の公人として、自分の持ち味を検べ、試し、自分を含めた全人幸福のために活かして、みんなと仲良く、健康、正常、豊満で、楽しく生きる人となって、生涯を「研鑽生活」で暮らすことを趣旨とする。

科目
次の三科を以て構成する。
 予 科    公人完成科
 本 科    適性試験科
 専 科    適者専門就場科
◎専科―適者専門就場科は
本科―適性試験科の認定を経た者を、各人の持ち味を最も活かす場に配属して、完全専門分業の機構の一員として、全人類の繁栄に役立つ人となる科程である。自分の持ち味の場に就くと非常に楽で、しかも効率が上がる。
負担や任務を感じないで、適材が適所に就くということは、自分のすることを趣味として、楽しみとして生きられるものである。
勤めという感じでなく、それ自体がおもしろくやるから業績が上がり、なおさらまたおもしろいとなるものである。生活が芸術であり、歌であり、踊りである。

入学およびその後
1 入学資格は学歴、年令、職業、国籍等の制限なく、所定の手続を経て申し込んだ者は、研鑽学校の認定によって、随時入学することが出来る。
2 研鑽科目の決定は、定期または随時に資格検査を行い、研鑽学校の認定による。
例えば、本科より専科へ行くとは限らず、予科へ行く場合もあるし、専科の途中でも、適性試験や、公人であるかどうかを認定するために、本科や予科へ随時あるいは定期的に戻って検べるものである。
3 在学期間は、各科目ともに研鑽学校の認定に従い、人によって一定しない。
4 退学は原則として自由である。
5 学校の認定によって、在学取消しの場合もあるが、普通は終生卒業はなく、研鑽学生として、自分の持ち場に就いて、趣旨に沿って「研鑽生活」で暮らしていくものである。
6 入学待機のため、または退学者あるいは在学を取消された者が、再起するための憩いの場としては、ヤマギシズム振出寮がある。ここは振出しより奮起して出発するための施設である」

ここでの「ヤマギシズム振出寮」の性格がおもしろい。

「今度は振出寮では、現象面ではもっと乏しいとこからいったらよいと思うの。
芋蔓が美味しい、水が、空気が美味しい。ムシロの上が最も安眠のしとねになる。着る物でもそんなとこからやっていったらよいと思う。いろいろ方法はあるから。一日絶食すると大抵の物が美味しくなる。食の仕合せはそういうとこにある。孔子が言ったのおもしろい。『疏食を飯い、肘を枕にしても、楽しみその中にあり』と」(山岸巳代蔵)

自分らの合い言葉「ボロと水でタダ働きの出来る士は来たれ」に呼応するものだ。
その時は嫌々ぶつぶつと不満を隠しもってやっていた(やらされていた?)様々な経験が、みな一つに繋がってきてほのぼのとした内的な体験的イメージとして蘇ってくるようなのだ。

PageTop

イズム実顕地づくり考(62)

フーコーが二千年前のセネカの生きざまに見たものとは何だったのか。しかもそのことを、理解の範囲にとどまらず実践の場を通してこそ自己にもたらされるものとはいったい何だろうか。

自分らが「イズム実顕地づくり」と称して日々為そうとしていることと乱暴にも大詰めの三月十七日と最後の二十四日の講義録を、自分勝手な好奇心の赴くまま照合してみたい衝動にかられるのだ。
その一端はすでに『贈り合いの経済―私のなかのヤマギシ会』所収の“「怒り」と「研鑽」”の項目で触れているが、くり返し記していこう。
あの山岸巳代蔵の

「ここへ来る途中で花束を下げた中年の婦人とその娘らしい若い女の二人連れに出会ったが……人間は生まれて死ぬまで何をするのだろう。墓石になりにきたのだろうか……やがて地球上は墓石で埋まるだろう」

との特講開講式での発言と
晩年のフーコーの発言

「人間の人生は一個の芸術作品になりえないでしょうか。なぜひとつのランプとか一軒の家が芸術の対象であって、私たちの人生がそうでないのでしょうか」

とが一つに重なってしまうからだ。
いや、何にもましてこの自分自身の琴線に痛切に触れるものがあるからである。

かつて養鶏飼育係一年生の頃、テーマ
「一体養鶏へ自己を調正する」
に出会った。
なぜか「○○へ△△を調正する」というあるリズム感をともなったこのフレーズがとても心地よく感じられた。くり返しつぶやいていると自分が浄化されていくようなイメージがふくらんでくるのだった。もちろん意味はサッパリ解せないのだけれども、不思議と心落ち着くものがあったのだ。
たぶん講義録での「修練的なもの」を、自分は「調正する」という概念に重ねているはずだ。

PageTop

イズム実顕地づくり考(61)

じつは晩年の山岸巳代蔵にも
「ぼくは全人幸福への熱願とそれへの凡ての面での理論究明と進歩的合真理方法の考案や普及に急にして、自分自らヤマギシズムの人間性に到達することが疎かであった」

とふり返る発言がある。
イズムの人間性と全人幸福とが離れたものでなく、一つに結びつく個人即社会の〈場〉があるというのだ。フーコー流にいえば、自己への配慮に徹することが即ち社会への配慮ということに繋がるということになるのだろうか。

この辺りを、講義も佳境に入った三月十七日と最後の二十四日の講義から見てみよう。
フーコーが古代ローマのストア主義に発見するのは、真実の言説の自己固有化の実践である。真理を学ぶことでなく、消化吸収することなのだという箇所である。
つまり自己への配慮の主体は、真実の認識の主体ではなく、正しい行動の主体であるのだと。それは自己への配慮において発見される「主体」の出現を意味するはずなのだと。
しかもそれは「修練的なもの」を通して自分自身のある種の変容即ち自己陶冶を目指すことを意味する。
そうしてそれまでのプラトン主義的な認識の実践を中心としない、セネカなどのストア派でいう「修練的なもの」の特徴が次のように分類されて検討される。

1 節制
2 省察
3 死の省察の訓練
4 未来の最悪の予期の訓練
5 良心の吟味

これらはどんな修練なのだろうか?
フーコーが最後に辿りついた場所が、近代の主体からは見捨てられ古代の主体に生きている、自分の自我を変容させる所謂「自己革命」を必要とする所以の生き方だったところに身近な親しみを感じる。

なぜなら自分らも、ヤマギシズム実顕地に即応して住める「革命された人間」を造成する場として、「ヤマギシズム研鑽学校」をヤマギシズム社会機構のなかに仕組んでいるのだった。

PageTop

イズム実顕地づくり考(60)

フーコーがコレージュ・ド・フランス年報に記した最後の「講義要旨」は、「主体の解釈学」に当てられている。
そこからフーコー最後の関心事が覗える。それは

○自己への配慮は、実践と結びついた概念であり
○生の形式そのものであり、ひとは一生涯自分自身のために、自分自身の対象であるべきで
○このことから自己への回帰という考え方が生じ
○つまり、自己を享受する。自己自身から楽しみを得る。自己自身のうちにあらゆる快楽を見いだすという運動を意味し
○そこから自ずと自己を変えるという自己の陶冶(才能・性質などを練って作り上げる)という試練が必要不可欠になってくる
○それは真実の言説はいつでも使えるようになれる備えを意味し、たんなる記憶でなく、おのずから聞こえてくる内面の声として、それが自分自身の一部となるまで精神に定着させ、密着させる実践そのものである。
○そうした自分のものにするための方法として、つまり真理と主体を結合させることを目的とする様々な技法(聴く態度等々)の実践をみずからに課すのだという。
○しかもこうした自己の実践がその目指す自己へと届くためには他者の存在が不可欠である。自己の実践は社会的実践と結び合うようになったのだ。自己の自己への関係の構成が、自己の〈他者〉への関係に接続されたのだ!

どういうこと?
ふとヤマギシズム研鑽学校の案内文が思い浮かぶ。
「空転するコトバの世界から 体得、実践へ
有境の私から無境の公人へ―真理即応の研鑚生活人再生産の場、終世〈卒業〉のない学校である」

ここでの「有境の私から無境の公人へ」と考えてみて、或いはやってみる、やってみて、或いは考えてみるばかりの「終世〈卒業〉のない学校」というフレーズに今もすっかり魅了されている。 

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(11)

専業と分業(中)
 簡単なことができない?

自分らは鶏舎建設などを一体作業と呼んで、そのどこが一体なんだろうかとたえず話題にしてきた。大勢でやるからかな?、と思えた時もあるがそれは一斉作業だという。スコップで穴を掘る者、柱を運ぶ者、釘を打つ者、各自各自の持ち場に専心没頭しつつ黙々とあるいは声かけ合って創りたいものがある。それこそ理想社会づくりという一幅の絵だ。
そうした一人ひとりが適材適所にかみ合い、当てはめ当てはまり、組み立てるピースなる一片に徹したジグゾーパズルの展開に胸おどらせてきた。
誰もが当惑する全体と個の二律背反も、個々人主義の個を総合して繋ぐというやり方から生じるのであって、そのひとつ手前の本来一つのものとして繋がっている事実から出発するならば、あとは繋がりの結び目に立つ「自個」や「もの」をより良い方向へと伸ばしていくだけで、すべてがより良い方向へと向いていく循環関連性の具現だった。
しかし心すべきは、その出発点に立つことが容易でないのだ。こんな単純な論理でも実践に移した場合、日常の中ではあべこべになってしまいがちだ。どういうこと?

こんな嘘のような話を聞いたことがある。
あの3.11東日本大震災での出来事。被災者が保証金を得るためにハンコを押さねばならない。そこでの役所の人との問答。
「ハンコを出して下さい」「ハンコは津波で流されました」「ハンコがないと保証金出せません」
そのおじいさんが本物であるかどうかを、ハンコで判断しているように見えるが、そうではない。ハンコを押してくれたならば、その書類は間違いのない書類ということで、その役人の作業の真っ当さを保証されるだけだ。役人には分かっている、この人は嘘をついていないと。
「おじいさんハンコ買ってきて下さい」「いや、ハンコ買うお金ない」
今度は役人が苦しみ始める。出したいんだけど、ハンコがないので出せない。

あの未曾有の惨事であるはずがない話だ。でもまあ「お役所仕事」なら仕方ないか。
ところがしばらくしてハッとした。これって、自分らの周囲で日常的に起きている事だ!
簡単なことで、自分が腹くくって、拇印でも何でもいいから押してあげて保証金を出したら良いだけの話。これができない。まさに自分らもできないでいる!?
保証金が被災者を助けるという本来の目的とそのための手続きとがすり替わってしまう逆転現象。(「と」に立つ実践哲叢(7)参照) 
「完全専門分業社会実顕地」づくりが、いつしか「分業の人」ではなく「専業の人」(=専門バカ)を生み出す場合がある。
その時その場で最高に活かされ、それ自体が歓びであるような自分の位置=「やること」があるはず。
なのにそれをやると、勝手なことをやったと責められるのを恐れ不安がる自分がいる!?  
そんな明暗二道への岐路にある課題だ。

PageTop

イズム実顕地づくり考(59)

こうしたフーコーの、
自己自身を対象とする知、しかもその自己の本来のあり方を尋ね求める「自己知」としての「汝自身を知れ」と、
自分の身体や他者、その他、外的な世界やそこに存在する様々な事物と関わりをもち関係を取り結ぶ自己に寄り添い、関係性においてその「自己」に配慮する「自己への配慮」
との根本的な異いから出発した講義は、たんなる内面性への沈潜ではない自己回帰の運動としての「自己への配慮」へと緻密に展開されていく。

しかも注目すべきは、古代ローマのストア派哲学者でローマ皇帝ネロの家庭教師としても知られたイエス・キリストとほぼ同年のセネカ(紀元前1年頃~紀元後65年)
セネカ

など後期ストア派(セネカやエピクテトスやマルクス・アウレリウス)を重視する文献からの分析・吟味に、講義録の大部が割かれているのが興味深い。

現在セネカの作品は、容易に岩波文庫などで読むことができる。なかでも『怒りについて 他一篇』(岩波文庫)を読んでいると、あの一週間の「特講」を彷彿とさせる。二千年も前から、人間の感情の動きはちっとも変わっていないことにビックリする。こんなことから改めて一週間のヤマギシズム「特講」の偉力を知らされる。

フーコーも講義録のなかで、「怒りとは何でしょう」と問い、
「つまり怒りとは我を忘れることであり、自分を統御できなくなることです」
「怒りというものが上のものが下のものに対しておこなう権力の濫用である」
と位置づけて、暗に自己への配慮の重要性をほのめかしている。

ここでフーコーが情熱的に語ろうとしているものは、たんなる古代哲学の紹介ではなかった。
それは講義とは別に、フーコーが記した「講義要旨」の末尾に引用されたセネカのルキリウスに宛てた『道徳書簡集』第二六の引用文で閉じられているところからも覗える。

「僕がどれほどの進歩を遂げたか、その決定を僕は死に任せることにしましょう。(……)その日には僕は見栄も外聞も捨てて自分について判断することになるでしょう――つまり僕は勇気のあることを口先だけで言っているのか、それとも実際にそれを感じているのか」

フーコーはこの書を心の支えとして晩年の日々を過ごした。そこまでフーコーに大転換(方向転換)を迫った「自己への配慮」に秘められてあるものとは何なんだろうか?

PageTop

新年にあたって

「僕らはもう一週間も輪になって座っていた。ときおり天井から吊してある白い垂れ幕が真夏の午後特有の涼風に逆らわず大きく形を崩し、そのたび輪の誰かが口を開けると、僕らは一斉に声のする方へ顔を向けるのだった。しかしそれも、輪の中心に控えている男にあっさり『もう少しや、よーく考えて見たら』という声で軽くいなされると、先ほどの誰かの発言も色合いを失いまた元の沈黙が訪れるのだった。(……)
とにかく僕らはもう一週間も男が時々くり出すテーマを切れ目なく考えてきた。それは長い間に洗練されたと思える単純で短い言葉だった。それもきまって思ってもよらない意表を突くものだから、その言葉を発した男の口と顔をまじまじと見つめざるを得なかった。しかしその後はただ男のキセルからの紫煙だけがゆらめいていた」

十八歳の頃に「特講」を受講して少し時が経ってから、あの一週間の体験はいったい何だったのだろうかと、確かめたくてノートに書きちらしたものだ。
以来半世紀「もう少しや、よーく考えて見たら」という問いかけが心に焼き付いている。その後もいろんな形で現れてくる問題についても、自分の心からの実感にかなうところまで行きつ戻りつ再三再四考え続けてきた。人に対して問うのではなく、自分に対してくり返し問うてきた。
するときまってそんな自問自答のくり返しが「底つく」と、あの「特講」体験と同じく一気に視界が開けて、それまでの自分が押し隠していた傲慢さまでが明らかになってくるのだ! 思わず「やったぁ」と心踊る瞬間だ。

反面今の社会には、本音で考えなくてもよい、単純な、損得・善悪・0と1の二分的思考や「目には目を」の反射的行為がしっかり根付いている。まさに「平和のために戦争し、神に祈って爆弾を恵む」(「知的革命私案」山岸巳代蔵)といった内在する矛盾・社会我で混乱している。また急速に「高齢社会」に入った自分らの暮らしの周囲では、介護疲れによる心中事件や殺人事件が連日報じられる切実な問題として迫ってきた。

ではこうした「パリ同時多発テロ」や「介護家族の悲劇と苦悩」などの諸問題を、自分らはどのように受け止め、どのように対処しようとしているのだろうか。

やはりあの「底ついて」通じ合うところから出発したい。自分が自分に対してものを問うやり方で、どんなことでも自分が心からそうしているという「生き方」の確立からはじめたいと思う。自分を考え、自分を改め、自分を深める。自分が変われば世界が変わる。自分の心からの行いが世界の心に響くもの。

PageTop