FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

「九龍城砦」

かつて香港に「九龍城砦」と呼ばれる十階から十四、五階建ての約500棟にものぼるビルの集合体があった。
大小のビルは建物を建てる際に杭打ちをしないから、外壁をくっつき合い寄り合うことでバランスを保っていた。しかも廊下同士が空中でつながっているために、立体迷路を形づくっていた。1970年代後半には、最盛期五万人が約100×200メートルの敷地の中に暮らしていたという。
九龍城砦

歴史的には、そこはアヘン戦争後の清・英両政府の間に結ばれた南京条約によって香港島が英国に割譲されると、清朝は1847年、戦略拠点として対岸のこの地を本格的に城砦化した。
その後、イギリスの植民地だった香港の中で「九龍城砦」は中国の飛び地ながら清国の管轄権が及ぶとされて、名実ともに中国・英国両政府も手をつけられない治外法権の空間が生まれた。
1949年中華人民共和国が成立すると、香港には多くの難民が流入した。
以後そこは、税金、法律等々の行政権が及ばない「無法地帯」として「悪の巣窟」「伝説のスラム街」「東洋の魔窟」などの異名を持つようになった。そこはまた1990年代前半に取り壊されるまで、職場と住まいと地域が渾然一体となっての、子供が産まれ、育ち、家族が増えていく人々のリアルなまでの生活の場所でもあった。

なぜか妙にそんな高密度に凝縮された特異なコミュニティに惹かれる自分がいる。
夜眠れない時など、そこの一室に住む自分自身をさまざまに空想しては楽しんでいる。
だから何時かその地を訪れてみたいとひそかに願望していた。
それが今回なんと実現した!

今は「九龍寨城(きゅうりゅうさいじょう)公園」に生まれ変わり、一角に「九龍城砦」の暮らしぶりを紹介する展覧館や模型が設けられていた。
九龍寨城公園
九龍寨城模型


スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(11)

個人と集団との関係

1960年代末の全共闘運動が高揚期にさしかかっていた頃、都内のある公民館で吉本隆明さんの講演会があり、その後の質疑応答で当時自分にとって一番切実に感じられていた課題を直接吉本さんにぶつけてみたことがあった。

自分 権力というものがあって、それに抵抗していく場合、それ以前にまず、自分自身の内面において、現実上の上昇志向とか出世欲とか金銭欲とかの気持ちを棄てることが第一に問われるのではないか。
吉本 そうではないだろう。それは内面律の問題として僕自身の中に、君自身の中に固有にあるもので、それだけのことだ。
そういうことを極限化すれば、必ず宗教的な幻想を生み出し自己矛盾を生むはずだ。
自分 そうでしょうか。つまり行動へ向かう動機は何でもいいということですか。
吉本 君は権力闘争の過程で実際に陰惨なことをくり返している人を、全く別人種のように考えているが、そんなことはない。一人の個人として会えば、きっと大変礼儀正しく理性的な感じを受けるにちがいない。
なぜなら、どんな組織でも集団でも、その集団がある一つの目的意識、それも厳しい原理としてもっていればいるほど、その中の個人というのは知識や理性を超えて思いがけなくちがった面を引き出されてしまうからだ。
自分 たしかに世間では鬼のようにいわれる冷血漢でも、家庭では良き夫であったり、やさしい父として心中に涙することもありますが……。
それでは、一個人が非常に自由に振る舞っても、全然他の人に迷惑をかけない集団(社会)は不可能だということですか。
吉本 人間は他の人を自分として感ずることができる、そうした人間の社会的存在の理想から、新しい人間社会は始まるだろうとは考えられる。
しかしそこへ一挙に行けるというのは短絡的だ。むしろ、個人と集団は逆な関係に何時もあるということを自覚することが先ではないかと思う。
そうすれば最低、現実上の関係から促されて形成された内面律でもって、他人を侵す行動をチェックできるのではないか。
俺はブルジョワ的でありたいと、それに対して、お前間違っているなんて言う必要がない、自分はそうしなけりゃいいんで。
自分 そうでしょうか。やっぱり、どんな過度期においても個人を制約・規律・規範ナシで、全社会のためにもなる個人の生き方、あり方があると思うし、必ず生み出せると確信するが……。

再構成してみると、以上のような問答になるだろうか。
とまれ一介の学生の問いかけを適当に軽く逸らすわけでもなく、真っ向から迫ってくるその迫力に圧倒される思いだった。
吉本さんが言われたのは、あらゆる現状を良くしようとする運動体や正しさにおいて誰もが認めるような理念を掲げて具体的に関わろうとする際に、本来社会や制度の問題に属する事柄も混同し間違って、自分の内面に「倫理」感情として受けとめてしまうが故に、他を責め裁く自己矛盾に必然陥ってしまう課題についてだった。
それから一年ぐらいして自分はヤマギシ会に参画するのだが、もう半世紀近くこの課題からはなれられないでいる。

PageTop

わが一体の家族考(10)

落とし穴にはまり込む

先述したように、今のうちに対照区を造ってそのあとを引受けようとしているこの種の運動に携わるものの宿命だろうか、予想だにしなかった落とし穴にはまってしまいがちなのだ。
どんな落とし穴なのか?

例えば先の「共同と一体の異い」研鑽を通して発見にも似た驚きの世界観から、真の人間性とそれに即した社会のあり方の縮図が描かれてくる。
そして自ずと現実の個々人主義の醜悪社会を超えようとする意欲が湧いてくる。
そこから実顕地づくりの第一歩が始まる。
すると同時にそこから「共同」でなく「一体」理念に合うとされる「立ち振る舞い」を良いとする価値観が発生してくる。当然だ!
なぜならそれこそが「一般社会に囲まれたユートピア=実顕地(理想社会づくり)」が成り立つ根拠と考えられるからである。
しかしその根拠の成り立つ
「自分たちは良いことをやっているんだ」
「自分たちは少しでも良い社会をつくりたいと心から願っているのだ」
と固く固執することで、そうした理念実態に即応しようとする熱い意欲が湧いてくる場所はなぜか一転していわゆる自分の内なる観念を信じる「盲信」が発生してくる場所にも転化するのだ?

自らをその場に置いてみると、他を責め裁き導こうとする自己欺瞞的な重苦しい体験がよみがえってくる。
「いったい彼(彼女)は全人幸福という革命運動の場を何と心得ているのか?」
「あそこの奥さんは何時もパーマかけている。美容院にいく金どこから入るのだろう?」
「あそこは何時も砂糖をもらいに来る。そんなにたくさん何するのかいな?」
「あの人は夕方五時にはもう風呂に入っている。仕事をサボっているようだ」
普通の一般家庭だったら、ありふれた隣近所の井戸端話ですむところが、同じ目標で集まった思想集団であるから始末が悪い。
まあボチボチと悠長に構えては居られない「ねばならない」「そうすべき」「そうあるべき」という切迫感にかられる。どうしても余分な力が入ってしまうのだ。そしてその果てに……。

この時自分らはどんな落とし穴にはまり込んでいるのだろうか?
現実社会を少しでもより良くしたいと願うがゆえに、革命的な理念を立てることで自ずとはまり込む落とし穴がある!?
だとしたらその落とし穴を今少し覗いてみようではないか。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(14)

『サイロ・エフェクト』の衝撃

先日新聞の広告欄で、英国の経済紙の記者・ジリアン・テッド著『サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠』(文藝春秋刊)を知った。サイロって、北海道の酪農地帯に点在するタワー型の穀物サイロのこと? エフェクトは効果とか結果という意味。これって、本稿で今連載中の「専業の人より分業の人へ」の内容と重なるなぁとピンときた。
一読して、まさに自分らのことだと思いあたることばかり!?

今の社会的欠陥の最大なる共通原因がうきぼりにされていく。世界中の個人や組織が直面しているこの難問解決に、この間自分らが取り組んできた実践例をもって即座に打つべき手を提案できることに気づかされる。

現代社会が高度情報化で単一のシステムとして結びつきを強める一方、高度に複雑に細分化、孤立化した社会に対応するためには、一人ひとりが精神的・肉体的に自分に向いた自力を他に依存しないでつけていかざるを得ない。すると誰でもそこだけちぐはぐに発達した専門力が自ずとついてくる。

養鶏に例えるならば、何十年も養鶏に専念していると、そこから影響されるもので体力・知力・実績もついてきて、しかもなぜか自信もついて威張りたくなる。自他共に認める「養鶏の人間」誕生である。いつしか養鶏の立場や実績からモノを考え判断するようになる。養鶏は人生の目的でなく手段だ。人間生活全体のほんの一部にすぎない。それなのに養鶏のみが目的となる縦割りされた小さな狭いサイロの生き方に染まってしまう。
その結果新しい変化に対応できない逆説が「サイロ・エフェクト」なのだ。

どのエピソードもみな身につまされる。
各部門の独立採算と責任制を強調するあまり、先ずその部門が成り立つことを優先して考えねばならず、その結果部門間の交流や協力が絶たれ、今やアップルのiPodが一世を風靡した「ウォークマン」に入れ替わった「ソニーのたこつぼ」の事例。
あの保守的な石橋を叩いて渡るスイスの巨大銀行USBが、2008年のサブプライム危機でゴミ屑同然となったサブプライムローンをごっそり抱えて破綻寸前に追い込まれた事例。リスク担当者も細分化されていてグループ間の交流もなく、情報交換もなかった。しかも肝心のリスクの高低の分類システムがまるで逆さまだった!

もはや会社全体の立場から又他部門の関連の立場から、ものを見る観方・考え方が通用しなくなっていた。
経営トップも経済学者たちも間違えた。専門家ですら、いやむしろ専門家ほど自らをとりまく世界を堅牢なサイロによって秩序づけるあまり、みな同じサイロの中にいた!

筆者は「本書は私自身がこれまでの人生で経験してきた、さまざまな『サイロ破壊の旅』の産物」だという。言い得て妙だ。筆者自身の生き方として、こうしたサイロの弊害や呪縛から逃れる具体案を探る姿勢に、他人事ではない親しみを感じた。     (続く)

PageTop

わが一体の家族考(9)

共同と一体の異い

実顕地発足以来今日まで綿々と続けられている研鑽に、「共同と一体の異い」研鑽がある。
ここでいう共同とは、作業手段としての協業体や、経営合理化目標の協同経営、生活手段としての協同生活など、自己の経営や生活を良くするための共同利用や協力などをいう。
そして研鑽が深まるにつれ自ずと、「共同」と「一体」とはハッキリ異うという発見にも似た驚きが自分らの世界観を一変させる!
どうも「共同」とは、従来からの常識観念の延長に生活の知恵とでもいうか、御都合主義でわれよからんことが基本に「そうならなかったら」との条件がどこまでもついてくる世界だ。
これでは必ずその中での利害関係で、あるいは人間関係で崩壊すること必至である。心のこもらない力の協力では協力にならず、成り立つはずがない。

自由・平等は、人間社会を組織する原則として間違いないとするものだ。
しかし従来の「共同」観からでは、個々別々の自由というか勝手なふるまいが重なり・侵し合うところでの矛盾が生じる似而非(えせ)自由や或る人々に得られ、他の人に同じ機会を得られない優劣といった差別が生じる不平等をどうしても解消できない。
お隣の豪邸を誰もオカシイと感じない。自由競争の当然の報いだと信じて疑わない。

ここに社会に生きる人間の生き方として、本当を追求する哲学をベースにした自分らの描く「実顕地生活」という理想社会づくりの存在意義が見いだせるだろうか。
かといって、誰もが同じ大きさの家に住み、同じ衣服をまとい、同じ物を同じ量食べて、同じ作業をし、又は同一の考え方を押し付けたりする悪平等を押しつけられる社会ではたまったもんじゃない。
だとしたら、何が「無味乾燥・器物の世界に等しく、潤いのない造花の社会」を超える基本となるのだろうか?
「共同と一体の異い」研鑽が今日も続けられているゆえんだ。
なんとなれば自分ら実顕地構成員自身に、形のみ作っても考え方や心のあり方が正されない限り、単なる共同体と何ら異なるところがないテーマとして迫ってくるからだ。

今の社会は逆方向へ猛進しているから、いつか、行詰まりは必至だ。その極限手前で自壊するから、今のうちに対照区を造ってそのあとを引受けようとしているのだが……。
ここでの対象区とは、現状を踏まえての部分的な改良にとどまらない、新しい社会形態を意味する。しかもそれは未知のものである!
理想社会づくりとは、人づくり、生活の物づくり、運営のための機構づくりをいう。しかも今すぐには役立たないような水田にも適さない場所、今の社会には役立たんような「変わり者」によって始まる。未利用資源開発からの前進無固定の文字通りの創造生活というわけだ。
自分には気づかれないもの、経験外の、知識外のものがある。他をアテにしないで、そこから見いだされた知恵から始まっていく。
今はっきりこれだといえない何かがある。そこに向かっていく。はっきりとわからないが明るい。こんな頼りない感じかなあ。

PageTop

わが一体の家族考(8)

理想のイメージの中身

ちなみに自分らの 「一般社会に囲まれたユートピア=実顕地(理想社会づくり)」は次のように描かれるだろうか。
実顕地は、その地域の中での小社会を形成して、ヤマギシズムの方向に任意、運営される。
今の社会と遊離するように思う人もあるかもしれないが、そこに囲いが生じるならば、それはイズムの実顕地ではない。
事業面は現法下での法人組織とし、現法制に即しながらヤマギシズム生活を営み、税金を含む社会義務にはそれぞれ協力し、親戚、近所つき合いや、官公庁、その他いずれとの交際や義務行為も心から行う。
現社会の恩恵を受けて生きている関連をよく知って協調しながら、理想社会に発展させていこうとするものだ。
要は「相手が間違っていても、正しく生きるということは自分にできることだ」として、それぞれの持ち場持ち場で自分を活かすことを楽しむ。
誰も傷つき侵されない。その人、その時の段階で無理なく、みんな深まって理想社会につながっていく。

とても口先の当たりがよく描かれている?

「今の社会と囲いがない? だとしたら、自分や自分らだけがよくなろうとする個々人主義の醜悪社会の延長にすぎないではないか? というか知らず知らずして今の社会に染まってしまうだけだ」
「そうなのだ。形のみつくっても考え方が正されない限り、たんなる共同生活体と何ら異なるところがないよ」
「いや、今の時代のレベルに合わして、一般に融け込んでいった方がかえって早い。研鑽と言わずに研究と言い、山岸会の名も使わない方がいい。
いつもいつも非常識で行き過ぎたり、踏み外して、人に迷惑ばっかりかける。自分らだけいい気になって、のぼせあがっていると、かえって世間の人は寄りつかなくなるからネ」
「趣旨はいいが、現実はなかなかそうはいきませんからネ」
こんなやり取りがくり返し続けられる。

ヤマギシズム実顕地は、現状そのままの状態で出発し、その後状勢の展開につれて、合理化し、内容を充実して、だんだんとイズムの実顕地らしい実顕地へ移行進化していくものだ。
とするならば、実顕地らしい実顕地へ移行進化していくいちばんの要素は何なのか?

そこそこの自由気ままに振る舞える一般社会の中で、なぜ理想を追い求めるような独自の道を進もうとするのか? 実顕地造成が始まった1960年代から今日まで綿々と続いている問いだ。
時流・大勢に逆らって、なぜ困難で徒労に終わるかも知れない試みに立ち向かうのだろうか。

自分らの 「一般社会に囲まれたユートピア=実顕地(理想社会づくり)」の理想形態のイメージの中身が問われてくるのだ。要はそこそこ気ままに振る舞える一般社会より魅力的でかつ人間ならではの欲望を満たす社会実態でなければならない。
「理念」と「現実」があって、そこでの自分らの実顕地づくりという「実践」はどのように位置づけられるものだろうか。

PageTop

わが一体の家族考(7)

わかりづらい箇所

ここで先述の、わが一体の家族考(3)での一節、
「こうした『愛和館』の暮らしを1980年代初めからやり始めたのだが、2000年代初頭に『週に一度ぐらいは各家庭でも食事ができるように、愛和館休館日を設けたい』といった提案が運営研鑚会で研鑽されたことがあった。
その当時、親がもっと子育てに係わった方が良いのではないかといった気運や『血縁での家族をもっとやりこみたい』という気持ちが台頭していた時期でもあった。(その背景については後述する) 」についてふれてみる。

このあたりの背景については、宗教学者の島田裕巳さんのコラム記事から一部を引用してみる。

ヤマギシ会は、日本で最大のコミューン、共同体であり、理想社会の実現をその組織の目的としてきた。創立は1953年のことで、ちょうど今年で60年になる。
私は、大学時代にヤマギシ会に関心をもち、宗教学のゼミでの調査をきっかけに、近づき、その運動に共鳴して、メンバーになったことがあった。今から40年近く前のことである。ヤマギシ会の共同体で生活していた期間は7カ月と短かったものの、その後も、ヤマギシ会を出てきた人間たちが中心になった、共同体つくりの運動に参加し、そのあいだはヤマギシ会ともかかわりをもった。
当時のヤマギシ会には、学生運動に参加した経験をもつ若い人間が多かった。ヤマギシ会は、1959年に「ヤマギシ会事件」を起こし、世間の注目を集めたが、それによって危険な団体とも見なされ、一時、運動は停滞した。ところが、学生運動崩れが多数参加することで、60年代の終わりから70年代のはじめにかけて、ユニークな運動体として注目を集めたのだった。
とくに、日本がバブル経済に突入した80年代半ばから、農業産業としてヤマギシ会は大きく発展し、その勢いはバブルが弾けても衰えなかった。もっとも拡大した1998年の時点では、全国に39箇所の「実顕地」と呼ばれる共同体をもち、メンバーの数は4400人にも達した。毎年5月には、生産した食品をただで来場者に食べさせる「春まつり(名称は年によって散財まつり、タダのまつりなどに変わった)」を行い、そこには10万人もの人が訪れた。
日本でも、農業の協同化の必要性が説かれ、それによって経済効率を高めていくことが不可欠だと言われてきたが、なかなかそれが実現しなかった。ヤマギシ会は、「無所有一体」という理念を掲げ、私的所有を否定して、メンバーに給与を与えない仕組みを作り上げることで、その課題に一つの答えを与えた。拡大の続いていた時代には、社会的に多くの注目を集め、マスメディアでもさかんに取り上げられた。
ところが、急激な拡大はひずみも生む。ヤマギシ会の共同体のなかで、子どもに対する体罰が行われているなどとして日弁連などによる調査が行われ、その事実が明らかになることで、ヤマギシ会は社会から激しいバッシングを受けることとなった。それは、オウム真理教の地下鉄サリン事件が起こってから、それほど経っていない段階でのことで、ヤマギシ会はオウム真理教と同様に危険なカルトであると見なされたことも大きかった。
国税局による税務調査で申告漏れが指摘されたり、脱会者が次々と告発本を出したことも大きく影響した。それによって、ヤマギシ会は大打撃を受け、生産している食品が売れなくなるという事態に直面した。こうしたヤマギシ会の盛衰について、私は『無欲のすすめ』(角川oneテーマ21)という本に書いたこともある。 (ヤマギシ会はまだやっていた 2013年2月17日アゴラ言論)

島田さんも指摘されるように、
「ヤマギシ会はユニークな運動体であり、時には危険な団体ともカルトであるとも見なされる。しかもその内実は口先でとどまらず『無所有一体』という理念を掲げ、私的所有を否定して、メンバーに給与を与えない仕組みを実際に作り上げている生活や生産の場でもある」

多分ここのところが、外から見ても内から見ても不透明なわかりづらい箇所なのだ。
「一般社会に囲まれたユートピア(理想社会づくり)」は本来どのような姿であるのが本質的なのだろうか? 

PageTop