FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(17)

「ヤマギシズム七不思議」

その当時から自分勝手に「ヤマギシズム七不思議」と名づける気になることばの一節を呪文のように唱えていた。
それらはヤマギシズム理念の提案者、山岸巳代蔵の著書や発言にあるもので、強く心を惹きつけられながらも今ひとつ腑に落ちないでいることばだ。
ある意味謎のようなことばでもあり、自分自身を今日まで釘付けにしている不思議なことばだ。
その真意を一日も早く解り合いたい欲求が、実のところ自分自身の生きる源にもなっているかのようだ。
例えば、前後の文脈を切り離して並べてみると次のようなことばになるだろうか。

○「万象悉(ことごと)く流れ、移り行く」
○「死は生だ」
○「繋がりを知る精神」
○「真実は立て替え」
○「死の瞬間を、一生を通じての最大の極楽境にします」
○「男は男として生き、女は女に適した生き方こそ、幸福な人生です」
○「私はあなた、あなたは私」
○「無停頓の律動」
○「本物を本当にのせておかないと、本物にならない」
○その他

ことわざに現実的な意味や価値のない絵空事のことを「絵に描いた餅」という。また言うばかりで実行の伴わないことを「口頭禅」ともいう。
「云う人はあっても、行なう人は稀で、云う人が如何に多くても、行なえる人が多くならねば、画餅・口頭禅に終ります」
だとしたら、画餅・口頭禅に終らない「行なう人」とは誰のことか? 
自分らがやりたいのは、理念と自分との間に橋を架けることだ。
一つの理念を紋切り型に唱えているだけでは、すぐにメッキがはがれ、自己欺瞞に陥る。これこそ自分らがかつて2000年前後に内外からのバッシングにさらされた際に刻み込んだ教訓だ。

では理念と自分との間にどんな橋を架けるのか?
今までの自分と理念との間では自己欺瞞に陥るだけだ。しかし自分らがやりたいのは、理念と自分との間に橋を架けることだ。
「これが問題の条件である。ここがロドスだ、ここで跳べ!」(『資本論』)

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(16)

自分がヤマギシズムになる!?

またそんな頃、自分の琴線に触れるような名状しがたい温かいものに時に癒やされつつ、当時自分の心をとらえて離さない一つの想念があった。
それは今までのヤマギシ会の運動は消え去ったとう喪失感と共に、これからは何をどのように考えても勝手だという思いの中でふと浮かんだ「自分がヤマギシズムになる」という無謀な考えだった。
むろん「そんな馬鹿な」と即座に打ち消すのだが、なぜか何度もしつこく湧いてくる想念だった。
先が全く描けない失意の底にあって、「無所有」とか「無我執」とか「一体」といううかがい知ることのできない理念と今のみじめな自分とが融け合うなんて絶対にあり得ないことだった。

でも確か千石さんは、イエスを真似するというか生活することで実感されていくものがあると言っていたなあ。「イエスの生活を真似する」って、どんなことなんだろう?
ふと、以前研鑽した「実顕地用養鶏法研鑽会資料」の一節が浮かんできた。

「その人の言う通りやろうとすることはその人になることでその人の心になることで方法のみを真似するわけではない。
一体になろうとするもので一体とは無我執である。
その通りやれるかやれないかはわからないけれど、信じないで言う人の気持ちになってやってみようとするもので、そこに考える人とやる人の一体の成果が即ち本養鶏法が顕現される。
間違いなく完璧だからその成果を期待してやるものでなく、趣旨やあり方や仕組みに賛成して養鶏する目的や経営安定度の可能性にかけるもので間違いなからんとして間違い多い過渡期も責め合いなく一体で励み向上さしていくものである。
それはヤマギシズム社会のあり方であり、そこに住む人の心情でもある」

そうなのだ。「その人の心になること」なのだ!?
じゃあ、その人の心って何?、自分ではない他人の心になぜなれるのか?、と次々と疑問が深まるばかりなのだけれども、一方でなぜか難問を解いていく糸口が見出されていくような予感もした。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(15)

間違っているかもしれない

しかも本書『サイロ・エフェクト』の真骨頂は、サイロに陥らないための教訓を垂れるだけで終わらないところにある。
先に「私自身がこれまでの人生で経験してきた、さまざまな『サイロ破壊の旅』の産物」と語るように、かつて筆者自身がタジキスタンの小さな村に三年暮らし、そこで常識観念がひっくり返る世界を味わっているからだ。
それはフランスの人類学者兼社会学者であるピエール・ブルデューの研究成果を援用して「人類学はサイロをあぶり出す」という一章を割いているところにみられる。
こんな挿話が本書にも紹介されている。

農家の息子として生まれ育ち久しぶりに故郷のクリスマスのダンスホールで、学者になりたての頃ブルデューが見た光景があった。
ホールに集まった人たちは、どういうわけか自分たちを二つの陣営、踊る者と踊らない者に分類していた。なぜそんな区別が生じるのか、その手がかりをブルデューは数日前に、かつての級友から聞いていた。踊らない者を「結婚できないやつら」と呼んでいた。強制力のあるルールも踊りの輪に飛び込むことを禁じる法律もないのに、なぜさっさと踊りの輪に加わらなかったのか、また女性達は男性の半分を無視していることに気づかなかったのか。

そもそも人はなぜ、環境から受け継いだ分類法をそのまま受け入れるのか。村のダンスホールの踊らない者に象徴される「社会的沈黙」によって隠されていた部分に光が当てられていく。そして人は必ずしも自らが受け継いだメンタルマップに囚われる必要がないというのが、ブルデューの知的探究心の出発点でもあった。
自分が日々、無意識のうちに身のまわりの世界をどのように区切っているのか、思いをめぐらしてみる。これこそ「インサイダー兼アウトサイダー」の「自分の考えが間違っているかもしれない」とする視点なのだ。

そういえば自分らも「インサイダー兼アウトサイダー」の全体的視点に立つ独自の価値観に基づくヤマギシ文化を刻んできて半世紀を超える。しかしここ十年は、まさに「サイロ破壊の日々」である。たんに「囚われない」「キメつけない」といった主観を捨てての一言で済まされないものに日々直面するからだ。
サイロ・エフェクトは既成の価値観を固定して疑わない社会の人々はもちろん、理想社会を志向する自分らも等しく陥る罠ではないのか!? 衝撃だった。

そもそも「ヤマギシズム実顕地」とは、垣根や壁や囲いなど隔てるもののない理念に基づいて編み出された完全専門分業での生活様式の一つである。その意味では、サイロの引き起こす「愚行」あるいは視野の狭まりを防ぐ手立てはすでに用意されていて、解決済みの案件なのだ!
それが何時しか「これが良いこと・正しいからやる」ことに反転していく!? だったらやらない方がマシ。何で、何でそこでまたひっくり返さなければならないのだろうか。

PageTop

わが一体の家族考(15)

千石イエスのコトバ

そのようなある日、かつて1980年に世間から中傷と非難を浴びた、いわゆるイエスの方舟事件の当事者、千石イエスこと千石剛賢さんの発言に自分の心が鷲づかみにされた。
千石イエス

若き日、千石さんに聖書の指導をしてくれていた「聖書研究会」の主宰者がある時投げ出すように言うた言葉があった。
「あなた方はね、生きてないんじゃがね、死んどるんじゃがね」
「先生、それはむちゃくちゃや。死んどるんじゃがねって、そんなに気安く言われたら困る。わし、まだ仏さんになっとらへんがな、さっき飯食ってきたとこや」
と納得がいかないので食い下がった。
結局この言葉に引っかかって、どこぞで詳しい説明あるのかいな、と聖書に入り、
「その人の言うとおりや、俺、やっぱり死んでんだ」と五十年近くその一つだけでやってきたという。

例えば聖書に「汝の隣人を汝自身の如く愛すべし」とある。
だからその言葉だけを聞いてやりすごさないで、しっかり真意をつかもうとするなら生活の端々にまでそれをやらなあかんと、トイレも風呂も一つでいいとするような自分というのをぶっ壊すための生活様式を通して「他人のない生活」を仲間達とやってきたという。
なんだか自分らの過ぎし日の実顕地生活と重ねながら、次のような文言にも目がひらかれた。

「人間という存在の現実は男と女です」
「真の家族の原点は、男が女を一体として愛するという愛の行為にある」
「夫と妻の素晴らしさは、一体の人格を発見するところにある」
「男の伝えることを受けとめる人格が女。男は女を愛し、女はその愛を受けとめる」
「男にとって女は自分」
「他者の中に自己を見る」
「自分だけ幸せになろうとすると、絶対になれない仕掛けがしてある」
「信ずる、信じない、ゴチャゴチャ言ってないで、まずイエスの生活を真似するんです。そうすれば、古き自分というものがどんどんなくなっていきます」
「現実があって、それを人間が思い込むようになったんじゃないんです。思い込んでしもたばっかりにね、現実化してしもた」
「ほんとに実感せねばだめだ」
「楽して、ええめにあうこっちゃ」
「こういう生活を経験させられると、立て前的な人間関係、幻想的な親と子の関係、兄弟姉妹の関係、そういう家庭というか家族の交わりというか、そういうものが完全に二の次になっちゃうんですね」
「イエスを信じるということは、当然、これは観念的に受けとめるということではないはずです。イエスを当然、自己の存在の実感として受け入れないかんことになるんです。ということは、イエスを真似するというか生活せねばならないはずです。当然、行為がいるんです」

そうか、そうかもしれないなあと、我がことのように千石さんのものやわらかい関西弁のコトバが飛び込んできた。
今何に焦点を絞って考えたらよいかのヒントを得た思いがして、目の前が明るくなった。

PageTop

わが一体の家族考(14)

普遍に繋がる道筋へ

ふと気づくと、いつも自分はその光景の中にいた。
そこはあたかも例えば『白痴』(ドストエフスキー)での無垢の心の持ち主であるムイシュキン公爵に不意に現れでるなじみの場所であり、「そのまま千年だって過ごすことが」できる原風景ともいうべきものであった。

「時おり彼は、どこかへ行ってしまいたい、ここからすっかり姿を消してしまいたいという気持ちに駆られた。ただ自分の思いだけを抱いて一人きりになり、誰にも自分の居場所を知られたくないような場所に行けるなら、たとえそれが物寂しい、砂漠のような場所でも大歓迎という気持だった。(略)
時おり、彼の脳裏に山々の姿が浮かび、そしてその山中の、まさになじみのある地点のことが浮かんだ。それは彼がいつも好んで思い出す地点であり、まだスイスに住んでいた頃、好んでそこまで散歩に行っては、その地点から眼下の村を、下のほうにわずかにほの見える真っ白な滝の白糸を、白い雲を、打ち捨てられた古い城を、眺めたものであった。ああ、いま彼があの場所にいて、そしてひとつのことだけを考えていられたら、どんなにかいいことだろう。そう、一生そのことばかりを考え続けて、そのまま千年だって過ごすことができただろう!」(望月哲男 訳)

まるで自分の心境がそのまま映し出されているかのようでビックリした。
ある普遍に繋がる道筋へのかすかな明かりを見いだしたかった。いろんな書を読みながら、自分を奮い立たせる一節に遭遇しては快哉を叫んだ。
マイナーであまりにも個人的・主観的な実感や人生体験の一コマにすぎないものかも知れない。それをただの通りすがりの体験にしないで、他の人々にも響いていくような次元にまで煮詰めていきたかった。
そうした行きつ戻りつの試みの日々が続いた。

PageTop

わが一体の家族考(13)

『ある愛の詩』

先に紹介した宗教学者の島田裕巳さんのコラム記事にあるように、2000年前後自分らは内外からのバッシングにさらされた。

「ところが、急激な拡大はひずみも生む。ヤマギシ会の共同体のなかで、子どもに対する体罰が行われているなどとして日弁連などによる調査が行われ、その事実が明らかになることで、ヤマギシ会は社会から激しいバッシングを受けることとなった。それは、オウム真理教の地下鉄サリン事件が起こってから、それほど経っていない段階でのことで、ヤマギシ会はオウム真理教と同様に危険なカルトであると見なされたことも大きかった。
国税局による税務調査で申告漏れが指摘されたり、脱会者が次々と告発本を出したことも大きく影響した。それによって、ヤマギシ会は大打撃を受け、生産している食品が売れなくなるという事態に直面した」

これはまさしく吉本さんが以前から懸念されていた事態でもあった。
「おやっ、これはいかんぜ。ヤマギシ会は社会に対して閉じている。もっと開かないと……」

茫然自失とした状態が続いた。この先のイズム運動が全く描けなくなってほとほと困った。しかも誰に相談しようにも、見回したら誰もいないような状況に気づいて唖然とした。
そうした不安な気持ちが続く中で、ふと気づいたらいつもよみがえるひとつの光景があった。
それはヤマギシ会に参画して直後の出来事で、数年後に手記としても書きとめていた光景だった。

「朝寝坊の得意なぼくは、時として朝一番の水やりやエサ見を怠った。そんな時は必ず奥さんが代ってやってくれていた。
そして遅れてやってきたぼくの顔を見て恥しそうに、『フフフッ』と微笑むだけだ。ちっとも非難がましいことは言ってくれない。
これはかなりぼくの胸にひびいたことの一つだ。休憩時のおやつ作りの時もそうだ。どうしてあんなに素早く用意できるのか、ぼくたち若い飼育係にとっては毎日驚異のマトであった。自分が作って自分で食べるよりも、みんなが『おいしい、おいしい』と言って食べるのを眺めているさまが、その場での奥さんにとっては最も似つかわしかった。
山岸会とはアナキズムの流れを汲むものではないか、などと当時つまらぬことばかり考え、そうした複合観念に悩まされていたぼくの心に、Yさん夫妻のそうした笑顔や立居振舞はものすごく新鮮なものとして飛び込んできた」(『ある愛の詩』1977年1月)

自分は厳しい現実から逃げようとしているのだろうか? いや、そうではあるまい。
そこに触れた時の、何かほのぼのとした温かいものに癒やされ、ある温かい感情が流れ、何だか元気が湧いてくる中にこそ何か大切なものが秘められているように感じられたからだ。
だとしたら、こうした琴線に触れるような体験の先に自分らの「ヤマギシズム」が立ちあらわれてくるならばどんなにか素晴らしいことだろうか、とあまりに虫がよすぎることを空想し始めた。

PageTop

わが一体の家族考(12)

吉本隆明さんの本気

昨年7月、哲学者の鶴見俊輔(1922―2015)さんが亡くなられたが、ある雑誌(『すばる』2015年10月号)で社会学者の見田宗介さんが次のように語っておられた。

「鶴見俊輔と吉本隆明(引用者注:1924―2012)というのは、戦後日本のもっとも独創的な骨格の大きい二人の思想家であったと思っています。しかし、吉本隆明は『殺す』思想家であって、鶴見俊輔は『生かす』思想家であるという具合に、二人は非常に対照的です」

識者の中でも、鶴見俊輔、吉本隆明、そして見田宗介さんはもっともヤマギシ会の運動に深い関わりがある人だ。
たしかに鶴見俊輔さんからは、ヤマギシ会運動の可能性や良い面ばかりを一貫して引き出して貰った。反面吉本隆明さんは晩年に至るまで面白いほどボロッカスだった。
どちらも自分らには有り難かった。
あ-、「生かす」も「殺す」も一つからの一面のことなんだなあと、二人の言動から深く感得されたからだ。

吉本さんの舌鋒は鋭くいつだって、一切の手抜きがなく大真面目だった。例えば―

その「一体」というところでかんがえていちばん問題なのは、男女の結びつきの次元というのが共同体の次元と同一化してしまうことです。そこがものすごくきついんじゃないでしょうか。
かりにそういう男女がいるとすると、かれらは絶えず共同体の水準におかれようとする力を「一体」という観念から受けているから、男女のあいだに、ささやきとか、声にしなくてもわかるとか、そういう意味の微妙さがなくなっちゃうんじゃないでしょうか。ふたりでいるんだけれども、絶えず脅かされているといいますか、全部公開されているみたいな、そういう心理状態に絶えずさらされていることになる。
もし人間の性愛のなかに、色とか、味とか、匂いとかの比喩でいうべき問題があるとすれば、それが全部、無味・無臭・無色というふうになってしまうような気がするんです。ほんとにそうなることはたぶんありえないから、絶えず解体にさらされるか、または、もし男女の結びつきがひじょうに親密になってくれば、共同体から出ちゃうという衝動をいつでも感じざるをえないみたいな、なにかそういうところでいちばん矛盾にさらされるような気がするんです。(吉本隆明『対幻想 n個の性をめぐって』1985.1春秋社)

ヤマギシ会が「無所有一体」を掲げ、私有財産はないほうがいいみたいなことをいいたいのは、ヤマギシ会が宗教的だからです。(中略)
でも、この資本主義社会の中で、「無所有一体」のユートピアを築こうとすると、資本主義社会と接触する境界線で必ず矛盾が生じます。一つは経済問題です。(中略)
それと、もう一つ、解決できない問題は教育問題です。(中略)
子供たちの中には、「外の社会の大学にいってみたい」という異端児が必ずいるはずです。それなのに、「そんなことをいう子供はいない」といい切るというのは、大人達が自分たちのイデオロギーを子供たちに押しつけているということです。こうしたことを、どう調整していくのか。(中略)
これは、原理的、理論的に明らかです。つまり、わざわざ体験しなくても、最初からわかることなのです。(『超「20世紀論』下巻 2000.9株式会社アスキー)

「自由かつ平等な社会」を実現しようという試みの中で、世界史的規模の失敗例をあげるならば、僕の可視的範囲の中では、それはロシア革命であるということになります。
もっと小さい範囲での試みとしてはヤマギシ会などもありますが、こうした試みは失敗例に事欠きませんね。そして、なぜ失敗したかを検討・分析する中に、どうしたら「自由かつ平等な社会」が実現できるかというカギが隠されています。だからこそ、ユートピア社会を実現しようとしたこれまでの実践例は検討に値する、分析に値する、ということになるんです。(『超「戦争論』下巻 2002.11株式会社アスキー・コミュニケーションズ)

率直にいって現在の疑似ユートピア(引用者注:山岸会的な管理制度)を超える方法は皆無ではないかという絶望感に襲われる。しかしこの絶望感、言い換えれば科学のもつ中立性こそは、また大きな利点であることが見出される。
それは絶望の希望ともいうべきものだ。たった一つの希望とは、繰り返しになるが次のような原則だ。
「すべての管理システムをもっている国家、社会、部分社会は管理される者の利害、健康、自由を最優先すること。これに反する管理システムは破棄されるか、または修正されること」(『中学生のための社会科』2005.3市井文学)

目が覚める思いがした。そして自分らも真剣に真面目に「ヤマギシズム」をやってみることで、吉本さんの思想を超えていきたい思いに駆り立てられた。

PageTop