FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(21)

何でも二つある!

ある日の研鑚会は、理想社会を組織する原則としての「自由・平等」での平等についての「希望があるから全部そうするでなく、資格が問題」のテーマに続いて次のようなテーマで研鑽した。

「食べたいから食べるのと、食べなくともよいが食べるのと、何でも二つある」(『山岸巳代蔵全集6』所収)

エッ!?、食べたいから食べるのでしょう、と驚愕した。いったい「食べなくともよいが食べる」ってどんな世界? “武士は食わねど高楊枝”のやせ我慢の世界? それとも「清貧」の世界?
食べる資格あるかなーと問われるテーマなのだという!?

世の多くの人は皆、「食べたいから食べる」世界の一つしか知らない。そうか、それで一つしか知らない人はしんどい思いをくり返すのだなぁと、何でも二つあることを知ることの大きさを諭された。
反対か賛成か、EU離脱か残留か、有罪か無罪かといった二律背反や二項対立・対抗から統一に向かう二つでない「二つある」についてのことだ。

それにしても「何でも二つある」って、面白い味わい深い表現だなぁとつくづく思う。
そういえば、ヤマギシでいう「二つの幸福での幸福感と真の幸福」も「思い考えと事実の異い」も「失敗型と成功型」も「共同と一体の異い」も「宗教と研鑽」も「暗く見る観方と事実その中で強い自分を見いだす二つの逆の考え方」も「理念からくる観念と理に反してもよいとする観念」も「頭で考えるとこころで感じる」も皆二つあるなぁと思いあたることばかりだ。
なかでも「二つの事実」の体験は自分自身の考え方・生き方を決定づけるものだ。
こういうことだ。

1980年代ヤマギシの有精卵の増産要請が一気に高まり、暑さや産み疲れや病気に負けない頑健な消化器の鶏体造りをねらって大量の青草やモミガラや焼酎粕のような食品副産物・廃物の活用もかねた給与を始めたことがあった。
ある日の鶏や豚や牛の飼料専門研鑽会で「ヤマギシズムでは餌代が安いほど鶏が健康に育つ」と聞いたのだ。
その時は、原因と結果を逆さまにしたような表現にオカシミを感じつつ、何はともあれ、軽率にそうか安ければよいのかと、ある時単価の安い粗飼料を一度に多く給餌してみたのだ。
すると案の定、鶏を痩せさせて皆の顰蹙(ひんしゅく)をかった。
まさに「粗飼料を与えて鶏の飼養出来ない技術者は、経済環境適性試験にパス出来ないでしょう」とか「粗飼料を用いるにはそれに合う飼養法によらねばなりません」との一節がそのまま自分に突き刺さってきて打ちのめされた。
いったい自分の何が間違っていたのか?

確かによくよく観れば、例えばモミガラ一つとっても、こんな栄養もなく消化しにくい硝子繊維の固まりが餌になるとはとても思えない。
もみがら

事実食べ残しの餌を捨てる餌箱掃除で忙しくなり、しかも下痢便の鶏が続出したりでモミガラは厄介者にしか見えなかった。反面またウイスキーを製造する際の液体粕とモミガラを組み合わせて給与してやると、なぜか鶏が喜んで食べつくす事実もあった。
モミガラは食べ残す、食べないという事実に対して、よく食べる、食べ残さない、という事実もある。
このモミガラを食べさすという小さな一事に、二つの事実がある? それって、どういうこと? とても不思議なことに思えた。人生上超難問題に取り憑かれた気分がつづいた。

ともあれこうした「何でも二つある」というか「二つの事実」を知る研鑽機会や実体験が通奏低音となって、この間脳裏によぎった
「琴線に触れるような体験の先に自分らの『ヤマギシズム』が立ちあらわれてくる」
「自分がヤマギシズムになる」
「理念と自分との間に橋を架ける」
など荒唐無稽にみえたテーマに向き合えてこれたのである。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(20)

心の琴線に触れる

たしか「心の琴線」という言葉を最初に意識したのは、1985年4月26日付の「西日本新聞」のコラムであった。そこに毎年5月3日に開催されていたヤマギシの春まつりが紹介されていた。
散財まつり

「散財まつり」――春の風や花びらといっしょに、楽しい便りが郵便箱へ入ってくる。外国からの絵はがきや、仲間の詩集や、映画の案内状や、なかにヤマギシズム春まつりの案内がひときわ目をひいた。ことしのテーマは「散財」とある。三重県新堂駅周辺で大規模に開かれる春まつりでの店はすべてタダ、金もうけ、商売を忘れて参加されたいとうたっている。
「散財」とは奇抜なアピールだが、考えてみれば私たちはため込むことが生きがいのように働き続けてきた。お金ばかりか、土地、家、衣類、宝石、家具、本、これでもかこれでもかと取り込んで放さない。個人だけでなく、家族も、会社も、国家も血まなこで蓄え続けていく。
それを裏返せば、将来への不安や、人間社会への不信が少なからず根底にあることに気づく。
アピールは「ため込み、囲い合う生き方は自分以外のだれをも敵とし、周囲と対立する考え方から生じてくる。苦しみや不幸の芽は、すべてそこから伸び広がる」とする。だから「散財」することで、ため、囲う生き方を、放つ生き方に転換し、放つことの豊かさを味わおうと意気けん高である。
きっと、この大らかな「散財まつり」は人の心の琴線を揺するに違いない。ヤマギシズムへの賛否は別にして、個人も国家もこの提案に耳を傾けてよかろう。(T)

懐かしいなあ。毎年まつりの一ヶ月ぐらい前から会場設営などに没頭したことがよみがえってくる。
しかもこの10年は「心の琴線に触れる」とか「琴線に触れるものがある。それはどういうものか?」を問いつづけている。
自分のなかにこの辺りがより明確になると、世界は一変するのではないかという何か心当たりがあるからだ。
先日もネット『言葉のあしあと』で次のような一節に出会った。

『琴線』
「心の琴線に触れるメロディ」という表現をよく聞く。
この「琴線」、文字通り琴の糸、弦楽器の弦のことであるが、
「心の琴線」とは一体どういう意味だろうか?
「琴線」は"heartstrings"の訳であり、古代解剖学で心臓を包み支える腱(神経)と考えられたもの。
古くは「心弦」「心糸」と訳されていた。
人の心には、琴の糸のように共鳴するメカニズムが備わっていて、その糸に触れると感情を動かされると考えられていたことから、心の奥底にある、微妙で感じやすい心情を「琴線」というようになった。
また、「心の琴線に触れる」というのは、各自の心中にある弦楽器の弦・琴の糸に触れることから転じて、読者や聴き手に大きな感動や共鳴を与えるという意味で使われる。
「心の琴線」は目に見えるものではありません。
けれど「心の琴線」を感じたことはあるのではないでしょうか。
その瞬間、胸が苦しくなる、涙があふれる、言葉に詰まる…
何とも言葉で表せない感情でいっぱいになります。
それが「心の琴線に触れる」瞬間なのではないでしょうか。

なぜか自分の思いをそのまま代弁してくれているようで、嬉しくなった。
なかでも『「琴線」は"heartstrings"の訳であり、古代解剖学で心臓を包み支える腱(神経)と考えられたもの』との一節は、
さきのサケの「生の営みを全うしたそれはそれは穏やかな心境」と人の場合の『「前進一路・無停頓の律動(リズム)」に由来する「こころ」に突き動かされての滲み出る情感のようなもの』とが、同質のものであることを実証しているかのようだ!?
五感からの知覚や一般常識観念などで意識する喜怒哀楽の心とは別に、もう一つのサケなど自然全人一体に繋がる「こころ」とも呼べるものが実在するのではないか。
みずからのささやかな琴線に触れる体験に、さまざまな知見からひたすら接近を試みている日々である。

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(16)

脱皮をくり返すための生活

ことわざに朝決めた事を夕方には変えてしまう、不安定で当てにならないことを「朝令暮改」という。だから以前研鑽資料で「朝変暮改」の一節に出会ってビックリした。

「わたくしの過ごしてきた五十年余を振り返ってみる時、その観方、考え方が一貫して変わらないものも多いが、これとていつ変わるかもわからなく、また一面、見損いや、間違いや、未熟・不合理な観方をしていたこともずいぶん多い。
朝変暮改というよりなお甚だしく、今先考えたこと、云ったことでも、すぐアトで思い直し、考え方が変わり、自分の見解を自分で打ち破るようなことを繰り返しています」(正解ヤマギシズム刊行に当たりて)

先にも記した「まさに『サイロ破壊の日々』」であってこそ当たり前なのかも知れない。
実顕地とは、垣根や壁や囲いなど隔てるもののない理念に基づいて編み出された完全専門分業での生活様式の一つである。それはまた自分ら経験なり実績が上がっていく程たまってくる、この垢ともいうべき固定観念のトリコになっている自分からの脱皮をくり返すための生活様式にも見えてくる。
そのままにしておけば、人間生活は常に保守的傾向になりやすい。古今既成の人間社会集団につきものの支配欲・征服欲・各種権力などの発生もこの辺りに原因がありそうだ。

例えば数年前に、それまでの別棟に分けられていた村人用の「生活窓口」と「法人窓口」を止めて、窓口を一箇所にしてみたことがある。
窓口一箇所で実顕地に住む人の要望を受けて、窓口の側で用途別に仕分ける業務を受けもったのである。するとお役所のようなたらい回しがなくなった!
もちろんそれまでの窓口が別棟に分けられていたのには、それなりの深いワケがあった。

この間の実顕地づくりをふり返ってみても初期の頃は何もかもゴッチャ混ぜの日々で、作業服と長靴での食事も当たり前。ようやく一段落した頃に皆で取り組んだテーマの一つに、
「整理分類は研鑚生活の一つ」があった。
分類という視点から探っていこうというのだ。
分けて考えることによって、それまで他の観念などを混線・混入して複雑に考えすぎてよく観えなかったものが、はっきり観えてきた! 目からうろこだった。
自分の考え方や親と子、男と女の分類から始まり、実際的にも分けていくことで暮らし全般の純粋化をもはかろうとしたのだ。
ところがそこから「お役所のようなたらい回し」現象が生まれてきた!?

知らず知らずに分けてある立場からの「立場の人間」になってしまうのか、つい威張りたくなる!?
とりわけ窓口業務は、お金も扱い、情報が集約されたり、いろんな事情も見える位置にある。
病院に例えれば、患者はいつもお医者さんよりは弱い立場だ。そこを患者の側から、
つまり自分が窓口を使って実顕地づくりをすすめる一環として、「窓口業務」をひっくり返して元に戻してみたのであった。

PageTop

『もう親を捨てるしかない』 島田裕巳著

島田さんの新著『もう親を捨てるしかない 介護・葬式・遺産は、要らない』(幻冬舎新書)が衝撃的なタイトルとともに週刊誌などで話題になっている。
もう親を捨てるしかない

冒頭に、昨年末の「利根川心中」と名づけられた事件が紹介されている。
47歳の娘(三女)さんが両親を乗せた軽自動車を運転し、車ごと利根川に突っ込み、心中をはかっり、娘さんだけが生き残った。
娘さんは容疑を認め、「認知症の母の介護で疲れた。貯金も年金もなくなった。病気になり、働けなくなった父から『一緒に死のう』と言われ、一家心中しようとした」と供述した。

なんともやりきれない悲惨な出来事である。暗澹たる気持にもなってくる。
「親孝行が親殺しに結びついたことになる」と島田さんは言う。
では、どうすればよかったのか? 
「親を捨てればよかったのである」と。
そして子供が親を捨てるのなら、“捨てられる側の”親は、どうすべきなのか。
「とっとと死ぬしかない」と島田さんは言い放つ。

急速に高齢化社会に突入した今の世の中での、誰もが直面する親子間の介護については、「親を捨てることしか解決策はないのではないか」と島田さんはキッパリと言うのだ。
こうした島田さんの問題提起に対して、アマゾンに寄せられるカスタマーレビューが興味深い。幾つか紹介してみる。

○しかし、肝心の「親捨て」の方法が書かれていない。これは問題である。
○結局、合法的に世間体も良く親を「捨て」られるのは、経済的にかなり余裕のある家庭の高齢者が高級老人ホームに入居できるだけ、という、当たり前のオチなのでしょうか。
○この本の内容ではまだまだ親を「断捨離」できる境地にはたどり着けないと思います。
○あくまで自分は富裕層として安全地帯に身を置いての発言である。
捨てる方法を著者にご教授願いたいというレビューがあるが、蓋し名言。
○結局親捨て法は、楢山参り(姥捨)のように介護施設へ連れて行くことのようでしか解釈できない本音のみを述べただけで向き合うための術、具象的提示が残念ながら致命的に欠ける内容。
○素直に共感しました。惜しむらくはじゃあどうやって親を捨てるのか、と言う具体論が殆ど無い事ですが…。
○島田さんの主張するように、親、家、墓、故郷、等をすべて捨て去れば、同時に日本人としての特質、良心?も捨ててしまうのではないかと思うのです。
○当然のことながら、子から見た具体策となると、なかなか困難な問題であり、著者も、それらの解決を読者にゆだねている。
○今まさに「できるものなら親を捨てたい!」と思い悩んでいる方が藁にもすがる思いで本書を読んだら、おそらく拍子抜けされることと思います。

ここに共通するのは皆切実に、もっと具体的な方法を求めているところにある!
きっと島田さんは苦笑いしているのではないか? 週刊誌での島田さんの発言からもそれは覗える。

「『本当は介護しなくてもよい』『しなければならない絶対的な理由はない』と気づくだけでも、かなり精神的な負担から解放されるはずです」

正直なところここまでしか言えない。方法を聞いてからの人でなく……。
だって理想的な家族のかたちは、一技術や方法の末にあるものではないからである。
どういうこと?
やはりそれより先に「場づくり」が肝心なのだ。
例えば本書にも触れられている国が提言している介護の将来像
「住まい・医療・介護・生活支援が一体的に提供される地域包括システムの実現」もその一つであろう。
しかしそうした今誰もが切実に求めるシステムに命がかよいホントに活用されるには、どうしても質的な「飛躍と転換」が自分ら一人ひとりの基本になってくるのだ!?
それでこそ「我が田へ水を導き入れて増収しようとする人を、百里先の水源地工事に誘おうという」(山岸巳代蔵)皆と共にやる具体的な方法を実行できる人にまずなることでもあるからだ。

PageTop

わが一体の家族考(19)

無停頓の律動(リズム)

さきの「万象悉く流れ、移り行く」の一節を今少し吟味してみる。
ずっと、時間の流れとともに「今、ここ」は現象として次々と流れ消え去っていくものだと思いなしていた。
これって、先述の千石イエスのコトバ
「あなた方はね、生きてないんじゃがね、死んどるんじゃがね」(わが一体の家族考15)
の言わんとするところと重なってくる。
「今、ここ」を生きていないのだから……。
以前皆で「老いることは幸せ」というテーマで研鑽したことがある。何で年老いて先にあるものがだんだん古くなっていくのに幸せと呼べるのだろう? 今一つ釈然としない。
それが一転して、万象に滔々と流れているものがあり、それが現象として刻一刻その姿を変えながら色鮮やかに映し出されているのが「今、ここ」なんだと感受されてくる。
「今、ここ」に万象をつらぬく「こころ」を観た思いがしたのである。

「私は私達の周囲を眺め、これはまた耳かきで飯を盛る行いを随分、飽かずに、飽きながらも、毎日・毎月・毎年・時々刻々の分秒を、営々として、生命の燃焼に費し続けていることに気付きます。
私は今日まで、一九〇一年八月からの五〇年余の日々を、蚕が桑の葉を食むが如くに、悲喜交々のうちに何と多くを食い込んできたことよ。果してこれで繭が造れたか、心を休め得る立派さを重ねつつありや。否未だ蚕食の貪をなお多く求めて、野垂れ死にの日に、腐身の寸斤にても重からんことを希うや。
振り返って感ずるものは、その計画性の一小部面のみにも、蚕虫に愧ずるものがあります。彼等は、すくなくとも、彼等の多くは、節をハッキリ行っている。得たものを積み、規則正しく脱皮を、そして吸収成長の期と、整理と、後の世への生命の繁栄を、画然と区分けしています。そして絹とその他のものを残しますが、人間は何時の間に何を為したか、何時まで何を何しているのか、分からないうちにハートが休みます」(獣性より真の人間性へ2)

森羅万象は、その時その場で最高に活かされ、それ自体が歓びで、足跡を消して消え去っていくようだ。
しかしよくよく見ると、そうした流れ消え去っていくなかにくり返される「節をハッキリ行って」いく「前進一路・無停頓の律動(リズム)」こそが、現実(=事実)そのものの世界であることが知られてくる!

あの「サケの母川回帰」。
故郷の浅瀬の清い川で生まれたサケは、アラスカ湾の方まで回遊して「吸収成長の期」を過ごし、再び自分の生まれた故郷の川に帰って卵を産み、精子を恍惚と放精して「後の世への生命の繁栄」をたくす。そしてその瞬間から、死が始まり48時間ぐらいで白骨になってしまう。
サケの一生

「見事な生きざま、死にざまだなあ」。おのれの生の営みを全うしたそれはそれは穏やかな心境を観る思いがする。

いや、人間だって同じはず。
例えば子育て一つみても、忙しくとも、労れても、自分の生命を削ってでも育てるのは、契約や義務等でやれるような上ついたものでないからであろう。
そんな姿からサケの場合は「生の営みを全うしたそれはそれは穏やかな心境」が浮かび上がってくるように、人間ならではの「前進一路・無停頓の律動(リズム)」に由来する「こころ」に突き動かされての滲み出る情感のようなものが浮かび上がってくるようだ。

PageTop

わが一体の家族考(18)

「万象悉く流れ、移り行く」

それにしても彷彿と浮かぶあの恥ずかしそうな笑顔から一瞬のうちによみがえり、こみ上げてくる心の琴線に触れるものの正体は、いったい何なんだろうか?
そんなくり返しくり返し自ずと湧いてくる温かなものの心触りの感触を確かめていると、これだけはゆずれないといった確信めいたものがふくらんできた。

それは、もし心の琴線に触れ何かほのぼのとした温かいものに癒やされ、いいようのない感情がこみ上げてくる中で「ヤマギシズム」が立ちあらわれて来なかったら、自分は「ヤマギシズム」を見捨てる、といったのっぴきならぬ一つの考えだった。

するとそんなある日、さきの例えば「ヤマギシズム七不思議」の一つ
○「万象悉く流れ、移り行く」
に込められた“流れ”に例えられるものが、身近な自分の実感をともなって、一つの共鳴・共感する生命を感じさせるものとして目に映ってきたのだ! しかもそれが万象悉くに満ち溢れている!
流れているものの実態にじかに触れた感がしたのである!

それまではかの『平家物語』が説くように
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」
という一節から、諸行無常のうら寂しさ、はかなく消え去り流れ去っていく、ものの哀れを詠嘆しているとばかり思い込んでいた。

それがナント真逆に、温かい計り知れない豊かなものが滔々と流れる「今、ここ」として感受されてきたのだ。
そんな固定観念、観念のトリコから解放された歓びを以前次のように記したことがある。

しかし年表などに見られるように、鶏舎や簡易宿舎などが建設されて「さあ、これからだ」という矢先の山岸会事件、山岸巳代蔵の死、手元不如意、なかでも先の見通しが描けないことの不安な気持ちなど、謂わば理想と現実との矛盾に直面する日々のそれははじまりでもありました。
ある意味では、悪条件に耐え得る人生のあり方を身をもって体得してきたといえるかもしれません。
また一面、ヤマギシならではの提案と調正、部屋替え、半年に一度の自動解任、交流、子供楽園村や祭りなどを通して毎日の暮らしそのものから、お菓子や酒瓶を真ん中に置いて皆が喜んで子供に食べさして嬉しい、年寄りに飲まして嬉しいまるでおとぎの国のような状態を醸しだしてきました。
山岸会が発足してすぐの山岸巳代蔵の著作『獣性より真の人間性へ』は「万象悉く流れ、移り行く」という一節からはじまります。
これは栄枯盛衰のはかなさやむなしさを表現したものでしょうか。
いや、それは逆で自然界の風物はもちろん人間の身心、思い考え方もまたじつは前進一路・無停頓の律動に乗って変華・進華する自然全人一体の姿を言いあてた表現ではなかろうかと推察するものです。(『春日山50年の歩み』 平成二十(2008)年秋)

○琴線に触れるものがある
○今、ここの豊かさ
○誰の心にもある真実
○「その人の心になる」の心……
といったキーワードと自らの実感とが重なり合い呼応し合いしだいに醸成されていくものがあった。

PageTop