自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(36)

「愛情研鑽会」以降の展開

だがしかし、さきの『全集資料編Ⅰ』所収の「愛情研鑽会」を以てしても、愛情問題が解決の方向に向かったわけではなかった。
その後の経緯を簡単に要約してみる。

翌1959(昭和34)年1月には、山岸と柔和子が四日市の頼子のアパートに行き、そこでひと悶着があった。山岸が先に帰った後、柔和子が頼子に対して、「私とあなたと奥さんを交替しましょう」ともちかけたことがきっかけだった。翌日、春日の中林宅へ帰った柔和子がその話をし出すと、山岸が柔和子に無理難題をふっかけてきた。大声でどなったり、大変な血相で迫ってくる山岸の姿を見て、完全に気が狂っていると思った柔和子は、沸騰しているヤカンの湯を、オーバーのまま寝ている山岸の顔にかけたのである。
顔が真っ白に焼けただれた山岸は、すぐに病院へと運ばれた。幸いにして火傷は左耳の鼓膜が破れたぐらいですんだ。3月に入って、山岸は療養のため柘植のみどり莊へ移り、四日市から呼び寄せた頼子が看護に当った。

この後、山岸は、4月に山岸会に対して「急進拡大運動」を提案、春日山に山岸会機構の機能をすべて移し始める。
前年8月に現在のヤマギシズム春日山実顕地のある三重県阿山郡伊賀町で始まった通称「百万羽」の春日農場では老人・子供を含め三百人近い参画者が自活態勢に入りつつあった。
ねらいは、その春日農場へ当時京都・山崎にあった山岸会本部事務局を移し、農場内に特講会場も設けて、一丸となって急進的に特講拡大を呼びかけようというものであった。そうした急進拡大こそ真目的だとする高揚した空気が春日山全体を包んでいった。
6月には、山岸は柔和子と共に春日山に移り、「急革体制」に備えたが、そんな矢先の7月10日、山岸会は一週間の講習受講者を軟禁した疑いで上野署の捜索を受け、幹部らとみなされた七人が逮捕された。
山岸会事件

こうした世にいう山岸会事件の真っただ中にあった山岸巳代蔵は、13日午前卵の出荷車(オート三輪トラック)の荷台に乗って春日山を離れた。そして24日午後には捜査中の三重県警は、事件の背後関係を解明するために姿を消した山岸を全国に指名手配したのだった。
その後、あちこちを転々と移り、出頭の機会をうかがうことになるのだが、この年の12月、山岸は側近の人に頼子宛の手紙を託している。以後、頼子と山岸との連絡は途絶えることになった。
また12月の中頃からは、滞在先の山岸の元へ時々柔和子が訪ねてくるようになる。
その間も二人の間での愛情問答は何度となく繰り返された。それについては、現在テープで残されている「徹夜研鑽会」(1960年3月)記録などを通して知ることができる。

1960(昭和35)年4月、柔和子の段取りの元、山岸は大阪松坂屋デパートへ柔和子や弁護士と共に赴き、逮捕という形をとって出頭した(10月に起訴猶予の判決が出る)。
そして、逮捕後取調べが一段落した後、三重県津市の「三眺荘」という一軒家を借り、柔和子や婆やや側近の奥村通哉らと住み、
三眺荘で山岸と柔和子他

少数のメンバーで山岸巳代蔵が思い描く世界観をじっくりと聴く「理念研」の定期的な開催や理想社会の実態づくりを目指す「実顕地造成」という仕事に取り組むことになる。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(35)

生きる喜び・生きる力

ここで少し背景にある山岸巳代蔵の女性関係の一例をあげてみる。
『山岸巳代蔵全集』資料編Ⅲ所収の「山岸巳代蔵年譜」によれば、

「第一回特講終了後、妻・志津子は娘の映と東北方面へ拡大へ出かけたその留守、大森敏恵は山岸宅で身辺の世話をした」
「第四回特講(京都、三鈷寺)で出会った井上頼子と同伴で向島の実感へ戻った時、志津子夫人が頼子を家へ入れることを頑強に拒んだので、鳥羽の中林正三宅の離れに滞在」
「しばらくして、三重、四日市市の会員井上与男宅で井上頼子と住むようになる」(妻・志津子とは別居)
「第三九回特講(京都、三鈷寺)で福里柔和子に出会う」

と記されて、翌1958(昭和三三)年3月末には

「柔和子との婚約発表」

とあり、4月15日には「百万羽科学工業養鶏」構想の発表、17日には「第一回愛情徹底研鑚会」が開かれている。
その春四日市の短大に進学した柔和子の娘、美和子も「学校を休め」と山岸巳代蔵に言われて4月17日からの研鑚会に参加したという。
こうした山岸巳代蔵の女性関係で会を離れた人も多くあった。たんなる女好きの遊冶郎(ゆうやろう)にすぎなかったのだろうか。
参画者の間からも、
「愛情問題が『百万羽』の進展に非常に影響している。これがために、みな不安な気持ちになっている」との声が上がっているのに対して、山岸巳代蔵は、
「これは生きるか死ぬかの問題であり、幸福への根本問題だ」と応えている。

幸いにもその後、11月末から12月のはじめと12月9日、三重県菰野町の見性寺で当事者の井上頼子や福里柔和子も参加しての愛情研鑚会の記録の一部がテープ録音されている。(『山岸巳代蔵全集』資料編Ⅰ所収)
そこで山岸巳代蔵の真情を求めて自分なりの関心に引き寄せた個所の幾つかをまずは拾ってみることにする。

「この忙しい『百万羽』,或いは『新聞社』がどうなるか、死活の断崖に立ちながらやね、彷徨しておるこの姿見ながら、何をしておるかと言われるか分からんですけどもね、やはりこの問題解決しなかったら、私はね、生きた仕事出来ないと思うんです」

「結婚観のね、定義から、これはやっていかんならんと思いますわ。
私はよく言いますがね、特講なんかへ出ても、よーく言いますがね、今のねえ、結婚した夫婦だと思っておるものはね、メチャクチャのがほとんどだと、こう言えると思うんですよ」

「第一回特講の時にねえ、松山の大森敏恵っていうのでねえ、あれで私はまあ生かされたっていうような気持がしたんですね、ね。あの時ね、もう既にまあ、コト切れる状態で家出掛けたんですがね、」

「それは、どうすることも出来ないと思う。或る場合には起り、濃厚になり、また場合によると薄れ、なくなっていく。それは自由でいいと思う。また自由以外にないと思う。自由に任した、任したものでいいと思う。任すより他ないと思う。『別れる』とか、『結婚する』とか、こういうものは、一つの言葉、またそういう観念。だが、そういうものに縛られる何ものもないと思う。本当に何ものにも縛られない自由。それでいいと思う」

「自然界の営みによって、ちょうど、拠り所のない月や星や地球が、どこにも紐帯を持たない、足場を持たない中に、間違いなしに律動しておる状態、(……)人間同士の結婚に於いても、そういうものがあると思う」

「頼子と二人っきりだった当時を思うと、省みるとね、頼子によってね、この生きる力やね、生かされていたと思うの。やっぱり米とか空気とか水とかいろいろのものでこう、人間生かされているわね。周囲の愛情とか(……)そして楽しい状態で生きてきた時間が多かった、(……)もう頼子を知ってからっていうものはね、もう他には要らないの」

「そんなんでね、私は頼子によってよ、そういう若い働きがあるので、その働きを生かすものが柔和子やったと、ね、実、具現化していくものね、実現していくものは柔和子やと思う」

「こういうふうに、そうしようと思わないのになってきたものの中にやね、ここまできたっていうことやね」
流れ雲

「もう成り行き任せやね。ちょうど自分のね、考えや力が入らないの、そこにね。ちょうどね、この流れ雲のような状態ね。湧いて、流れて、そしてまた消えていくっていうかね。私がどうしようってものがなくなるのよ」

PageTop

わが一体の家族考(34)

真目的への最短コース

そもそも「愛情研」でどんなことが研鑽されたのだろうかと、当時の「快適新聞」の紙面を追っていたら次のような一文が目にとまった。

「私先だって愛研を受けてきました。受講の資格は十分でないこと承知してはいましたが、はき違えた一体観や自由観から来た、放縦の男女の問題を見聞きしては、愛の名によって行われる美と汚れへの疑問に考え疲れ、イズムそのものの働きにさえふと不安を感じる念さえ起こり、愛の本質の把握への願いが『愛情徹底研』の魅力に取り憑かれて、どうしても見送ることができませず、地方会の承認を頂き、参加した次第です。
それはもう『素晴らしい』の一言。何と自然な美しい人間性に満ちた男女のあり方、驚きにも似た感動そのものでした。
快楽や偽装の愛に悩み疲れた人々に、いえ全世界の人々に知らせたいと思います。けれど少しの常識やキメがあっては、まったく考えられない厳しさであり、観念ではない、日々の現実の中で、実感として湧き上がってくるものでなくてはなりませんので、親愛の本質への追究に懸命で、ふと窓外に目をやっていつの間にか白んできた空に驚いたことも一度ではありませんでした。
私たちが今まで愛情だと信じ、大切にしていたものは果たして真実のものなのでしょうか、本当に調べなくてはなりません。
愛情――それは相手をまず理解することから始まるのではないでしょうか。理解しようとする心に「我」があっては相手の心を素直に見きわめ受け入れることはできません。
自分の思い通りにならないと、裏切られたと腹を立て苦しみました。でも、限られた自己の中へ相手を引き入れることがはたして愛と言えるでしょうか。キメがあるところから正しい愛が生まれ育つ道理はありません。
いかに、〝好きだ〟〝愛している〟といっても、それが盲愛であり、独占であるなら、真実のものとは遠いと思います。
愛もやはり、知恵を伴うものでなくては正しい働きはできますまい。与えるものも、与えられるものも幸福になる愛――それこそ本当の愛情の姿ではないでしょうか。
限りない不条理に満ちた現実の中でも、真の愛情に目覚めることによって、真実に生き抜かれ、この人生を温かで豊かなものとしてゆくことができる確信を、はっきりもつことができました。
もっとも自然な全きものは、知恵ある愛の働きなのではないでしょうか。それこそヤマギシイズムの源泉だと思います。この運動こそ私の人間としての生きがいだとの確信と感動に、おなかの底から意欲が湧いてまいります。今までの苦しみも悩みもすべては自分の作った小さいキメの枠の中で、あっちへ突き当たり、こっちへ突き当たりしていただけのものでした。
そのキメを外して、外へ外へと自己を広げていったら、何とのびのびと楽しいことでしょう。毎日が快適そのものです。すべてのものが活かされ合っているこの世の中につまらないものは何一つありません。
生命あるものすべてに限りない愛情を感じられるような気がします。今やっと得た一体の中の一人だとの実感を心から喜んでいます」
(1958年8月10日発行 見出しは「愛情」筆者名は小笹文子) 

この一文にも記されている「放縦の男女の問題」とは、おそらく山岸巳代蔵の女性関係を指してのことだろうか。
この時期山岸巳代蔵の「女好き」「多情者」ときには「無節操」といった非難めいた噂が、会活動の進展にともなって噴き出していた。
また会の組織自体も、「百万羽」構想の出現によって大きく動揺していた。意欲的な各支部の中心になって活動していた人物が「百万羽」へと参画していき、各支部は一種の虚脱状態に陥っていた。悪評、疑惑、衰退・崩壊説が飛び交った。
あまりにも先を急ぎすぎたのだろうか?

いや、今やイズム運動は大きく脱皮しようとしていた。謂わばそれまでの一体の考え方での養鶏から一つの生活共同体(一体生活)の中で行う一体養鶏へといった次元の〈転換〉をはかろうとしていたのだ! 
何か確かな理論があって、知って、それを実行するというよりは、今の動きを新しい運動の息吹を見ていこう、感じていこう、やっていこうといった熱意の高まりだった。
百万羽設立総会

当時「百万羽」へ参画したあるメンバーの発言は今も自分の中で響いている。
「やはり一番の魅力は心一つの人たちと共に考え共に行う一体生活を、一ヶ所に寄って各々専門分業の一員としてやっていく、そんな生活がどんなにか素晴らしいことだろうかと夢ふくらんだ」
というのだ。

PageTop

わが一体の家族考(33)

真実の愛の実践?!

ヤマギシズムが世に出たのは、養鶏を通してであった。山岸巳代蔵の思想に理解同調した少数の養鶏家によって山岸式養鶏普及会が結成され、会としての運動は始められた。その当時は、月に一度の徹夜研鑚会などを通して参加者にこの思想の理解を図っていた。しかしこれではどうしても思想の一端の理解にしか過ぎず、従ってどうしても活動が養鶏中心に進められていかざるを得なかった。
しかし「山岸会・山岸式養鶏会会報」三号に「ヤマギシズム社会の実態」が発表されて、山岸会の概略が明らかになるに及び、これを本当に理解するには、どうしても一定期間共に生活しながら徹底的に研鑽してゆかなければならないことがわかり、1956(昭和31)年1月、第一回特別講習研鑽会が開かれた。
これから山岸会の、社会変革の運動団体としての性格が明瞭になり、会員の対象も養鶏家からあらゆる職業の人達に拡がってゆくようになった。
二回三回と特講回数が重ねられ、同調者の数は増加し、しだいに純粋な社会変革運動団体としての性格を名実共に有するようになった。関西一円の各地方に村或は町単位にそれぞれ十名二十名と会員が出来てゆくうちにこれら会員の結集によって、支部結成が始められた。京都・大阪・和歌山・兵庫・岡山と支部結成の波は拡大され、徳島、香川から四国にも及んだ。
続いてそうした組織性を帯びた活動から、ヤマギシズムの一体の考え方での養鶏、「一体養鶏」を自分らの地域でやろうとの気運が盛りあがってきた。
当時和歌山県の金屋町下六川地区では、みかん作業を数家族で作業を一つにした「一体作業」の動きが「一体経営」のモデルとして大きな注目を浴び、各地に広がった。
一方1958(昭和33)年には、そうした情勢の高まりの中で「百万羽養鶏構想」の発表があり、多くの会員が家財産を売り払い、家族を連れて百万羽へと参集し、ヤマギシズム運動が本格的な実践運動に発展する大きな転機となった。現在の三重県伊賀市の春日山実顕地の前身である。
こうした刻一刻とめまぐるしく移り変わる運動展開の中に、イズム運動の未来に繫がる重要な基盤づくりの布石が打たれていた。
そのことは1957年に入り従来の「農工産業新聞」(山岸式養鶏会当時より継続)とは別に、純粋に社会活動体として発行された「快適新聞」紙上から、理想実現への意気込みの一端を今あらためて読みとることができる。
快適新聞

例えば1958(昭和33)年5月15日発行の会の研鑽部からのお知らせ記事広告に

「ヤマギシズム(社会愛主義)社会の革命実践はまず愛の徹底研鑽から」との見出しを掲げて、
今年に入って各地で一体経営実践の段階に入ると共に、百万羽科学工業養鶏実現への飛躍的な運動展開の時を迎えた。
しかもこの運動の成功するか否かは、会員各自の真実の愛の実践なくしては絶対達成されない。
先般(4月17日)から5日間にわたって第一回愛情徹底研鑚会がもたれ、今日まで解明されなかった、真実の愛情に充たされた社会の実態が打ち出された!
そこで次の日程で連続開催される予定であるから参加されたい云々……」

とある。
「真実の愛の実践」?!
全財産を整理して参画した百家族余の人たちが結集して、自分たちの考える理想郷建設に着手し始めたその矢先のことである。
よりによって画期的なストライキも社長もない「百万羽」事業経営にまさに集中しなければならない激務の最中に、なぜまた夫婦間の愛情徹底研鑚会の立ち上げなのか?
愛情問題というもっとも個人的なもので今までの慣習に従ってほとんど顧みることもせず、実のところ何故か触れたくない、腫れ物に触るように棚上げしていた感があるようなものに研鑽の光を当ててみようというのだ?!
そこにどんな山岸巳代蔵の意図があったのだろうか?

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(18)

自分がいる実顕地づくり(中)

毎日の「連絡研鑚会」(昼間30分)で時折80代のNさんのことが話題に上る。
「○○に帰る」と執拗に言って外を歩き回るのだという。ふだんは付き添って歩くのだが、気づかない時もあり、迷子になったり事故に遭遇しないように「知っておいて下さいね」とのお知らせだ。

ある時どうもNさんの○○とは、Nさんの生まれ故郷らしいと思い至った。すると「そうか、そういうことか!」と、それまでの困惑気味な気持が解けてしまった。

そしてふと映画「おくりびと」の、主人公らが橋の上から二匹の必死に川を遡(さかのぼ)る鮭や上流から命を使い果たした鮭が流れてくるのを見つめているシーンを思い出した。そこで次のような会話が交わされる。

「何か切ないですね死ぬために遡るなんて、どうせ死ぬなら、何もあんなに苦労しなくても」
「戻りたいんでしょう、生まれ故郷に……」

ふだんテーマに掲げている「老いて蘇(よみがえ)る」の一端に触れた感じがしたのだ。
たしかに老いゆえの身体的不調や自分が自分であることが崩れていくような不自由・不安・絶望感は、外からは窺い知れない。
でもこの間自分らは「と」に立つ実践を通して、「繋がりを知る精神」から出発した人と人との繋がりの中にいる自個で、もう一人の喜怒哀楽やいろんなことで動揺したり思い悩んだりする自己が、いつも温かいものに包まれているような実感をも味わってきた。
いうなれば、自分とは今までの自我や自己主張するなどの自己からなっているだけでなく、繋がりの結び目としての個としての自個からなっているのでは……。

そんな観方・考え方を次のような式でイメージしている。
自分=自己+自個(繋がりそのものの自己)

以前このことを皆で研鑽していたら、K君が「こんなことかな」と話してくれたことがある。
村人総出での運動会があった。その時「運動会なんて出るの、一緒にやるのは嫌だなあ」とすごく思った。でも、皆参加するからと嫌な気持ちだったけれど参加してやっていたら「運動会を楽しんでいる自分を見た」という。

この感じっていうか、こんな誰でもがふだん体験していて、そんな事ありふれたことだと見なして顧みない、「嫌だと思っている自分がいて、それでも事実皆と一緒に楽しんでいる自分もいた」という気づき。これはすごい発見というか、人と人との繋がりの中で楽しくやれている自分を見出して、そんな自分をもしっかり掴んでいく。分かりやすい具体例だなあと今でも心に焼き付いている。

さきのNさんの振舞いもよくよく見れば、一般社会常識上の自己が消えていく中で故郷に帰りたいとする自個が蘇っているのだ?!
だとしたらそんなNさんの自個に合う心身の安らぐ場づくりから新しい自分に出会えるかもしれない。
「自分がいる実顕地づくり」の自分とは、そんな自分をも指している。

PageTop

わが一体の家族考(32)

象形文字が映し出すもの

以前にも江戸中期の思想家・安藤昌益(1703―1762)について触れてみたことがあった。
寺尾五郎(安藤昌益研究会)氏によれば、日本において対象的世界を「自然」と呼んだのは、安藤昌益が初めてであるという。それまでの「自然」の語は、すべて「自(おのずか)ラ然(しか)リ」の意であり、自然界のことではなかった。
昌益は「自然」の語を、「自(ひと)リ然(す)ル」と訓(よ)ませ、人も含んだ全自然は永遠の自己運動の過程にあるという哲学思想を独創的に編みだしたのだという。

そんな昌益が独自に編み出す概念には、ヤマギシズム理念「自然全人一体」に通底する前進一路・無停頓の律動のような営み・動きが内包されていて実に興味深いのだ。
例えば昌益の手造り漢和辞典『私制辞書』によれば「人」は、
「人は天地のあいだに生まれ、天地に通じる存在であるとして、天地に股がり足を張ったさまを字としたもの」とされる。
山岸会の趣旨での、
「自然と人為、即ち天・地・人の調和をはかり、……」に重なり合う個所だが、
「調和をはかり」のイメージが「天地に股がり足を張った」という常識外れのしかし動的で身近なイメージとして湧き上がるところが痛快だ。

しかも昌益は「男女」と書いてヒトと読ませる。
「転定(天地のこと―引用者注)一体、男女一人ニシテ、……」
男と女がいてはじめて一人の人間であり、互性の関係にあるという。
ここでの「互性」も、独創の『私制辞書』によれば、「互」という字を九十度倒して横から眺められた姿をイメージして、

「二人が左右に、仲良く一つになって横になるさまに象る。横になるとは寝ることであり、夫婦が睦み合って寝るさま。また二人が心一つに安んじて横に寝て、互いに信じ合うさま」だとされる。
天と地、男と女も、本質的には同一だが現れ方が違い、お互いがお互いを活かし合って存在している始めもなく終わりもない「自(ひと)リ然(す)ル」自然真営道が明らかにされる。

ナルホドナー、面白いな-、とても愉快な気分につつまれてくる。
あらためてここでの安藤昌益の互性のはたらきを内包した「男女(ヒト)」と
安藤昌益

山岸巳代蔵の「夫婦の真字」を並べてみる。
夫婦の真字

はたして何が見えてくるのだろうか? 
従来からの個々人主義の相離れた男(夫)や女(妻)の立場からでは、ぜったいに浮かび上がってこないにちがいない。だとしたらいったい何が現れ出てくるのだろうか?
それは男(夫)でもないし女(妻)でもないもの……。
そこを見出して、そんな場所からかつてない「仲良い楽しい」世界を創り上げていこうとするものだ。 

PageTop