FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(41)

自分を解き放つ自問自答

あの「夕飯の不味さ」(『原つぱ』)に象徴される自分生来の心の体験を解き放つきっかけも、さきのヤマギシズムの祭りや秋には文化祭のようなものを準備するある日の研鑚会にあった。
普段何気なく暮らしていることの数々が、ヤマギシズムという観点から照らし出されるまたとない機会だった。
次のような一節に出会ったのだ。

「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく、今の社会的欠陥の最大なる原因は、国と国・官と民・業者と業者・団体と団体・人と人とが離れ、相反目している事にあり、政治・経済機構も大改革されますが、その何れにも相互関連があり、この条件を必ず重大要素として組織し、総親和社会への精神革命を必要とする所以です」(知的革命私案)

当たり前のことが記されていると見なしていた。ここの何が核心を衝いた表現なのだというのだろうか? その時はこの一節に込められてあるものを指摘してくれた人の真意を計りかねていた。
しかしその後も、この一節を頭の片隅で転がしながら、ふと今までの自分を、「人」は、「人と人によって生れ」、「人と人との繋がり」によらねばの一節にそのまま素直に当てはめてみようとしてみた。というか、そこまで自分自身が切羽詰まった状態に置かれていた。
自分は、父と母によって生まれ育ち、人と人との繋がりによって暮らしていく……。
つまりこの一節は、「自分」「家族」「社会」にも例えられる。
だとしたら、「夕飯もまづかった」ところまで過剰に背負い込んでしまう少年の感受の仕方のどこに思い違いがあるのだろうか。自分自身そんな感受の扱いにほとほと嫌気がさしていた。
きっと自分は、「人と人によって生れ」の延長線上にそのまま「人と人との繋がり」の世界を重ねて疑わないので、いつも傷つき「夕飯もまづかった」のではないか? 
ひょっとしたら「人と人によって生れ」の世界と「人と人との繋がり」の世界は全く次元を異にするのではないか?
きっと「人と人との繋がり」の世界へ入っていくには、それなりの「準備」というか「切り替え」というか「資格」が問われるのではないか?
かくしてひとまずは「分けてみよう」というか割り切った考え方に落ち着いた。そこで実際救われた思いがした。
多分ここまでは、誰もが無意識でやっている観念操作ではないだろうか。

でも始まりの、全現実社会を自己の感受を基点に同心円的に拡張していき「少年が少女に寄せる淡いほのぼのとした思慕」の世界のみで包み込みたいのなら、「分けてみよう」で済む話ではないのではないか?
たしかに長いものには巻かれろ式に一般社会通念を基盤とする「人と人との繋がり」に「人と人によって生れ」の自分をそのまま合わせることだってできる。皆そうして生きている! しかしそれでは、「今の社会的欠陥の最大なる原因」を除去する方向には絶対向かえないだろう。
本当に「人と人によって生れ」の延長線上から「人と人との繋がり」の世界に生きることはできないのだろうか? 

それにつけても先の「夕飯の不味さ」の比喩は、いったい何を告げ知らせようとしていたのだろう。唯一の手がかりはもっとていねいに「人と人によって生れ」の世界をたどってみるなかにあるはずだ。
ここに「人と人によって生れ」と「人と人との繋がり」との安易な妥協や野合でない理想社会に繋がる橋を架けたいのだが、そのためにももっとリアルに浮かび上がってくるまで「人と人によって生れ」の実態を明らかにしてみたい欲求が湧いてきた。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(40)

普段着がじつはハレ着だった?!

1980年代中頃から90年代にかけて、春はヤマギシズムの祭りや秋には文化祭のようなものを毎年実施してきた。なかでも春のタダの祭りでは十万個の卵を富士山に見立てて積み上げた「卵富士」や
卵富士

紀州みかんで財を築いた紀伊国屋門左衛門のミカン船を模した梵天丸
梵天丸

などで多くの人々の心を魅了した。
先に触れた「月界への通路」の一コマにも次のように記されている。

「金が要らない楽しい世の中に世界中がなると聞いた時、複雑に考えれば、到底不可能だと頭ごなしに否定する人もあるかも知れない。これは何かの考え方を入れて、複雑に考え過ぎているのではなかろうか。
軒端のスズメや、菜の花に舞う胡蝶でさえも、金を持たないで、何らの境界も設けないで、自由に楽しく舞い、かつ囀っている。権利も主張しないし、義務も感じていないようだ。
能力の秀れた知能を持っている人間が、なぜ囲いを厳重にし、権利・義務に縛られねばならないだろうか。
金の要らない楽しい村では、衣食住すべてはタダである。無代償である。
この村にある米も衣服も、必要に応じて、必要なものが、欲しいだけ、タダで使える。魚も果物も自由に店先から取って、欲しいだけ食べられる。テキでもフライでも鰻丼もむろんのこと、酒は飲み放題、高級茶菓子も意のまま。住むのに都合の良い家、住みたい家へ、どの家ででも起居できる。
元来誰のものでもない、誰が使ってもよいのである。みなタダで自由に使うことが出来る。
当り前のことである。
誰一人として、権利・義務を言って眉をしかめたり、目に角立てる人はいない。泥棒扱い、呼ばわりする人もない。
労働を強制し、時間で束縛する法規もなく、監視する人もない。
寝たい時に眠り、起きたい時に起きる。
したい時に出来ることを、楽しく遊んで明け暮らす、本当の人生にふさわしい村であり、やがて世界中がそうなる」

軒端のスズメや蝶のように自由に楽しく舞い、かつ囀っている姿を、真面目に人間社会の中にも具体的に写し出してみようとするその心意気が何とも愉快だった。
あたかも山岸会養鶏法でヒヨコを産まれたらすぐに米山の上で飼い、生まれながらにして物欲しそうにこせつかない富貴の相を備えさせるようにと、祭り当日も目前に山と積まれた卵やミカンなどを前にして、やり方一つで奪い合い取り合いにならない人間性を引き出し合う社会実顕(実験)でもあった。
世の規範、常識、価値観から外れたところに、参加された人々がまるでお伽の国のようだと感動させる生きた安らぎの場が立ち現れたのだった。
しかも祭りの中で何が一番良かったかと子供たちに問うと、「タダが良かった!」と皆応える。
そうなのだ。そこはまた、自分らの普段着がじつはハレ着だった! と言えるところまでやっていこうとする活力源でもあった。

PageTop

わが一体の家族考(39)

始まりの場所

そもそも本稿「わが一体の家族考」を思い立ったのは次のような〝憧れ〟からだった。

「一週間の第一回『特講』終了後に山岸巳代蔵がその参加者全員に送ったメッセージの冒頭に掲げられた一節がたまらなく好きだ。
『第一回特別講習研鑽を共にした、
わが一体の家族、なつかしの兄姉弟妹よ、
わが父・母・妻・子よ』
なぜか『わが』につづく『一体の家族』に惹かれるのだ。
『わが』と『一体の家族』の間に実感のこもらない溝を感じているからだろうか、なおさら憧れる」(わが一体の家族考1)

そんな〝実感のこもらない溝を感じている〟一例を自身の体験からふり返ってみる。
二十歳前後だったろうか、当時愛読していた作家・島尾敏雄の初期作品などに自分の似姿を重ねては「自分と同じような感じ方をしているなあ」と同類意識からのうれしさを覚えた記憶がある。
島尾敏雄

例えば次のようなくだりだ。
夕飯前の黄昏の原っぱで日頃思慕を寄せている少女が縄飛びに興じている。ふと少女は櫛を落とす。
それを告げた少年は櫛を遊びが終るまで持っている光栄に預るのだけれど、よごれた手で綺麗な少女の櫛を持ちつづけるのは彼女を冒涜しているみたいで自分が卑屈にみえてしようがない。そこで戻ってくるまで遊びが続いていることを願いながら、一目散に手洗い場へ駆けこむ。
が、少年が見たのは少女等が帰り仕度にかかっている光景ではないか!

「何してたの、貫ちゃん、嫌よ人の物を持って何拠かへ行っちゃ」
貫太郎は黙っていた。万年房枝の前では何も言えやしない。
「御免なさいね、万年さん」
自分でも情ない様な声を出した。
夕飯もまづかった。もう万年房枝には可愛がってもらえる事はなかろう。(『原つぱ』)

少年にも少女にも何の非はない、一笑に付されるありきたりな場面にすぎない。それなのに「夕飯もまづかった」ところまで過剰に背負い込んでしまう少年の感受の仕方がある。
人間関係で齟齬をきたすのは、今の社会では当たり前。現実とはそういうものだから、めげずに言葉で対手と渉りあい、説得・納得させればよいだけのこと。またそうした関係社会に生きるため気やものを使い合ってその関係保持に人生の大部分が占められる。

しかし、だからといって少年が少女に寄せる淡いほのぼのとした思慕まで交換条件的や報酬期待的な関係社会からの観念で侵されるのはあまりにも理不尽すぎないか。

ふり返るとこうした「夕飯の不味さ」について、自身ずっと傷つき・囚われれてきたようにも思える。自分はどこでどう思い違いしているんだろう、と。
とうとう思い悩み昂じて、どんな職業に就いたら気やものを使わなくてもよいのかと、滑稽なことを真剣に思いつめたことさえある。

関係社会の観念とその混在から、スッキリ脱却したい。いったい自分は何を見落としていたのだろうか。
「人と人との繋がり」の世界は本当はどのように構成されるべきなのだろうか。
いや本当の本当は、全現実社会を自己の感受を基点に同心円的に拡張していき「少年が少女に寄せる淡いほのぼのとした思慕」の世界のみで包み込みたいのだ?!
そこが始まりだった。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(19)

自分がいる実顕地づくり(下)

かつて日本列島が石油ショック・パニックにおちいり、連日のように「地球上の資源には限りがあります。限りある資源を大切にしましょう」とテレビのCMが流れていた頃、限りある資源を大切にすると同時に限りない資源の開発にもっと力を注ぎたいといった研鑽をしたことがある。

限りない資源って何のことだろうと思ったら、それは誰の中にも無限大に潜在して、開発さえすればどんどん湧き出てくる「自発力」とでもいうべき強力なエネルギー源、それは生きる力のもと太陽エネルギーにまでさかのぼれることにビックリした。

人からいわれてやっと動き出す自分。仕組みや制度にそっているだけの自分。やらねばならんと思っているだけで手出し足出ししないでいる自分。生まれてきたから仕方なく生きているという無気力な惰性の毎日を送っている自分、等々があぶり出されてきた。
しかもこんな自分でも自発力はないのでなく、開発したりないだけのことだと思い知らされて、目からウロコ。そんな各自の自発的自由意志だけで成り立つ社会って、どんなにか素晴らしいだろうかと胸ふくらんだ。

例えば時々一体食堂愛和館での「食器洗浄」の話が持ちあがる。一応公平にという意味での当番制で運営されているが、都合で入れなくなる人も出て食器洗浄の担当者が負担に感じられてくる場合がある。メニューによっては、食器が山のようにたまってくるし、食器が欠けたり割れたりもする。
たしかに家事仕事といえどもやりたいからやるので、やりたくない時はやらなくてよいのではあるが、誰かがやらなくては進まない。その辺り各自の自発的自由意志だけで成り立つ社会ではどのようになるのだろうかと。

いろんな思いが湧いてくる。
○こんなことで頭を悩ませなくてもよいように、もっと機械化を推し進めてはどうか。
○サボる人には罰をと非難したくなる。
○一人ひとりが少しずつでも入れば、こんなふうにはならないのでは?
○このしんどい実状を、もっと全員が知るべきだ等々。

でもどこか変だなあと感じる。皆と共に暮らしをつくっていくことは本当は皆が望み・楽しいはずのことなのに……。
じつはここからが食器洗浄の例に限らず自分らの研鑽がはじまる出発点なのだ!

誰かがひょいという。「でも、今日まで遅れることはあったけど食器洗浄ができなかったという日はなかったなあ」「そういえばそうだねえ」「最後は自分がやるという人がきっといるんだろうねえ……」「そうか!」

するとそんな「ラストマン」の気配を感じてかふうっと心が温かくなる。それまで頭の片隅に隠し持つ「自分で飯食ったんだから、自分の茶碗ぐらい洗ったらよい」といった傲慢な自分に気づいて恥ずかしくなる。
そんな時だ。責め合いなく責任感も義務感も超えた世界に住む自分を発見するのは。 

PageTop

わが一体の家族考(38)

猫の首に鈴をつける
猫の首に鈴

さきの「月界への通路」とは、
「私は十九歳の時、或る壁にぶつかり、苦悩の内に一生かけての仕事を始めたのです。そして人生の理想について探求し、真理は一つであり、〝理想は方法によって実現し得る〟という信念を固め、只今ではその方法を『月界への通路』と題しまして記述し続けております」(『山岸会式養鶏法・農業養鶏編』1954年)

ともあるように、月界への通路はその道を通る以外には到達できないという一本コースなのだ?! 
つまり理想を実現する最善の方法は一つであってこそ、理想はその方法によって必ず実現する。それゆえ理想(目標)を自己の生活に日常化する(織り込む)方法が重視される。
ヤマギシズム〈実践哲学〉では、最終目的の実現はじつは出発点にかかっており、出発点と目的とは直線コースでなければ成立しないとしているところだ。
目的のためには手段を選ばないとか、山頂への道は幾通りもあるという考え方がある。どんな作り方をしても米さえ採れたらよいではないかというが、なるほど米は採れても作り方によって米の内容・質が違うのだ。

だとしたら、その目的への出発点に立つとはどんなことなんだろうか?
この間どこでどう思い違いをして迷路に迷い込んだのだろう。目的に到達するのが難しいのでなく、その目的への出発点に立つことが容易ではないのだとふり返る。
そんないざ実行となると、引き受け手のない至難なことのたとえに「猫の首に鈴をつける」というのがあるが、そんな躊躇する気持がある。

この間の山岸巳代蔵が取り組んだ「愛情研鑽」の世界がまさにそれである。
きっと大切なことが盛られているに違いないのだが、そこへ分け入っていく糸口がつかめないでいる。
それは俗にいう「フリーセックス」「退廃的な獣性」「放蕩」「禁断」「不倫」「姦通」といった言葉から連想される次元を異にする
「愛」「性」「性意識」「対意識」「性愛」「セックス」「エロス」「男・女」「夫婦」「恋愛・結婚」「繋がり」「親子」「家族」「情愛」にまつわる世界についてのことだ。
そこはまた西欧的な個と個を基点にした恋愛・結婚観とも異なるはずだ。

「山岸会の目ざす理想社会は、一人の不幸もあってはならぬ社会でありますから、その根本に自他一体観の、きびしい原理が自得出来ていなければならぬ筈で、この会旨を別なもっときびしい言葉で表しますと、
〝私はあなた、あなたは私〟
の体認に出発せねばならぬとするのであります」( 『山岸会養鶏法』1955.6.16)

ここでの〝私はあなた、あなたは私〟の「性」にじかに触れてみようというのだ。
「性=対」を出発点とした理想社会像を描いてみようというのだ?!
ほんとは猫の首に鈴をつけたいのに、誤解されることを恐れためらって尻込みしている自身の姿が浮かび上がる。
そこをあえて「性=対」を出発点とすることで一歩踏み出し鈴をつけてみせるのだ。

PageTop

わが一体の家族考(37)

未熟々々の鈍愚生

世にいう山岸会事件で身を隠すことを余儀なくされた山岸巳代蔵はみずから出頭するまでの半年間ほど、滋賀県大津市堅田に潜伏していた。写真の山岸巳代蔵による鉛筆画は、琵琶湖西岸に連なる比良山地である。
比良の山々

この間の堅田時代を通して書かれたものであろうか、「正解ヤマギシズム全輯」の草稿としてB五版わら半紙に鉛筆で書いた直筆原稿が現在約四百枚近く遺されている。
山岸巳代蔵が描いていた出版計画についての青写真は、次のようにも描かれていた。

「著者は今、一身上の都合で著述には最好適と言えない不便な土地にいる。過去の覚書や草稿や参考書も、何一つ取り寄せることが出来ない。閑地に離れているようでも閑日がない。体力の方も回復してからと思うが、急を要することばかり。
かねてからの宿題『月界ヘの通路』の宿稿の一部を整理し、『正解ヤマギシズム』十輯として刊行するつもりだが、世界情勢から判断して、第三輯『愛・愛情・結婚・恋愛について』を先に纏めてきたが、読者に理解していただく順序として、やはり第一輯『けんさん・もうしん』によって、ヤマギシズム理解の行程として研鑽の解説と盲信の研鑽を論じ、第二輯では、〝真理と人間の考え・人間の考えと言葉・言葉と行い、及びその間のくい違い〟について詳述し、読者と共に一応ヤマギシズム理解の基礎的考察を加えて後に、第三輯『愛・愛情・結婚・恋愛』の何部かを通してヤマギシズム結婚観、恋愛等について、理念と実態及び数々の実録を俎上に載せて、男女老若、少年少女、胎児に及ぶすべての時代に、真に健康で、幸福な結婚への一貫した揺るぎない安定したあり方を詳述する。
第四輯以下に、政治と法制、社会、産業、経済、人間生長・成熟、健康、衣食住生活、闘争・戦争・暴力・刑罰等の解釈とその根絶法、趣味・芸術論、学問・宗教論等その他に分類して、物理科学と観念論理科学の分野に互つて、論理と具現方式と事実立証とを以て縦横に解剖してみたいと思う」(『山岸巳代蔵全集七巻』)

さて、それではいったい『百万羽』という理想社会建設の大事業と併行して始まった、山岸巳代蔵本人の弁を借りれば、「私の愛情の不安定から起こる狂態」はどのように受けとられるべき内実のものなのだろうか。
真意はいずこにあったのだろうか。
外形のみを見れば誤解されて受けとられる可能性が非常に高いのではないかという懸念が、この間「愛情研鑽」にあえて触れられてこなかった理由の一つに挙げられる。
もとより一連の出来事を断片的に触れてきた人達にも、その真意は掴めないまま消化不良の感があったことも否めない。確かに真意はもはや忖度するより他にない。
一般に理想社会づくりといえば、目に見える外形的な物質面の豊かさに向けての着手から始められがちだ。ところがそれに反して、無現象界に焦点を置いて、無辺の愛を基調とする一体社会の顕現に賭ける山岸巳代蔵にとって、愛情研鑽こそ絶対不可欠の課題であった。
自身、周囲からは常軌を逸する狂乱状態ととられがちなこれら一連の行動について、

「甘えているものではない。二人の女らにこだわっての問題と違う」
「愛に飢えた理性が働かない状態」
「男ってこんな弱い阿呆なものか、人間の及ばない世界というか人間の弱さに直面して、何ものかの力で支えられ、支えて欲しいという気持が起こってくる」

といった発言を残している。
そして男女間、夫婦間の愛情の不安定がいかに多くの社会問題を引き起こしているか、そこにいかに頑固なキメつけが内在しているか、そうした人間の傲慢さというか自分の考えという私心に押し潰されるような立場に立たされたみずからを省みて、

そういう場に立たされて、そう仕向けられたら、そう言わざるを得ないものがあり、
「そんなことさしたらアカン、誰か止めなイカンとこや」
と自己批判するのだった。

キメつけや情が入るとこんなにも愚鈍になるものかとみずから呆れ疲れ果て、
「未熟々々の鈍愚生」の恥ずかしいかぎりで、
「もう自分で苦しむのは最後にしたい」

ともフッと思ったりして、
これの解決が、命をかけて取り組むべき、最大の核心に見えていたのかもしれない。

PageTop