FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(53)

禅問答式に托されているもの

さきのいつも何かに脅かされているような倫理観に悩まされている作品『門』の主人公・宗介は、とうとう鎌倉の禅寺へ泊まり込んで座禅を試みる。
禅問答

そこで老師から公案が出る。

「父母未生以前の本来の面目如何」

父と母すらまだ生まれていない自分って、どこにいるんだ、自分って何なんだ? ということだろうか。
彼は考えに考えた。しかし自分の考えをもって老師の前に出るのだが、「もっと、ぎろりとしたところを持って来なければだめだ」と撥ね返される。「そのくらいのことは少し学問をしたものなら誰でも言える」と。

“宗助は喪家の犬のごとく室中を退いた。後ろに鈴を振る音が烈はげしく響いた。”

結局のところ宗介の心を乱している心配事は何一つ解決しないまま十日前にくぐった山門を出た。
家の敷居をまたいだ宗介は、髭は伸び顔は青く出る前よりも面やつれしていた。見かねたお米も、行かない前よりかえって健康が悪くなったらしいとは、気の毒で露骨に話しにくく、
「いくら保養でも、家へ帰ると、少しは気疲れが出るものよ。けれどもあなたはあんまりじじむさいわ。後生だから一休みしたらお湯に行って、頭を刈って髭を剃って来てちょうだい」と気づかう。
ところがナント留守中に宗介の心を乱していた心配事が解けていた?!

“彼の頭をかすめんとした雨雲は、かろうじて、頭に触れずに過ぎたらしかった。けれども、これに似た不安はこれから先何度でも、いろいろな程度において、繰り返さなければ済まないような虫の知らせがどこかにあった。それを繰り返させるのは天の事であった。それを逃げて回るのは宗助の事であった。”

とようやく春めいてきたにも関わらず
「うん、しかしまたじき冬になるよ」
と宗介の倫理観が言わしめるところで作品を終える。

こうしたいつまでも悩み続ける宗介の倫理観は、現代人にも生きつづける倫理でもあるにちがいない。
またヤマギシズムの「特講」でも、掴まえどころなく気持を表そうとして表せぬものに対し、禅問答式が使われている。そういうものでしか、それをひとに通じさすすべがないのだ。
その伝でいくと「父母未生以前の本来の面目如何」という公案はどのようにして解かれるのだろうか。
自然と人為の調和を基調とした思想ではどうなるのだろう。とても興味深い。

ちなみに山岸巳代蔵は次のような意味あいで「倫理」についても触れている。
○私の倫理「親は飽くまで、子に資するもの」
○私の社会倫理「自己より発し、自己に返る(還る)」
ここでの「私の倫理」とか「私の社会倫理」という言葉で何を言い表そうとしているのだろうか?

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(52)

理想とする〈性〉のある暮らし

一対の男女・一対の夫婦について想うとき、いつも夏目漱石の作品『門』でのお米(およね)と宗助(そうすけ)の〈性〉が顕わになる暮らしが思い浮かぶ。
夏目漱石 門

こんな二人のほのぼのした仲睦まじい描き方がいいな、いいなとずっと惹かれてきた。
物語は、冒頭の宗助が秋に日向ぼっこをしているシーンから始まる。

“宗助はさっきから縁側へ坐ぶとんを持ち出して、日当りのよさそうな所へ気楽にあぐらをかいてみたが、やがて手に持っている雑誌をほうり出すと共に、ごろりと横になった。秋日和と名のつくほどの上天気なので、往来をゆく人の下駄げたの響きが、静かな町だけに、朗らかに聞えて来る。ひじ枕をして軒から上を見上げると、きれいな空が一面に青く澄んでいる。その空が自分の寝ている縁側の、窮屈な寸法に比べて見ると、非常に広大である。たまの日曜にこうしてゆっくり空を見るだけでも、だいぶ違うなと思いながら、眉を寄せて、ぎらぎらする日をしばらく見つめていたが、眩しくなったので、今度はぐるりと寝返りをして障子のほうを向いた。障子の中では細君が裁縫をしている。
「おい、いい天気だな」と話しかけた。細君は、
「ええ」と言ったなりであった。宗助も別に話がしたいわけでもなかったと見えて、それなり黙ってしまった。しばらくすると今度は細君のほうから、
「ちっと散歩でもしていらっしゃい」と言った。しかしその時は宗助がただうんという生返事を返しただけであった。”

そしてひっそりと暮らしてきた夫婦の生活が大きく揺らいだ冬を経て、春の訪れを感じるところで物語は終わる。

“お米は障子のガラスに映るうららかな日影をすかして見て、
「ほんとうにありがたいわね。ようやくのこと春になって」と言って、晴れ晴れしい眉を張った。宗助は縁に出て長く延びた爪を切りながら、
「うん、しかしまたじき冬になるよ」と答えて、下を向いたまま鋏を動かしていた。”

何の変哲もない日常の暮らしが、かくして季節の移り行きと共に誰の心にも染みいるように掴み出される。そこがたまらないところだ。
しかしいつ崩れるかわからない怖れがある崖下の借り家に住む二人には、「大きく揺らいだ冬」があった。
じつは宗助は、かつての親友である安井の妻であるお米を得たが、その罪悪感におびえ、ひっそりと暮らさざるをえなかった。いわば社会から逃れるように暮らす夫婦の苦悩や悲哀を描写しているようにも見える。

“夫婦は世の中の日の目を見ないものが、寒さに堪えかねて、抱き合って暖を取るような具合に、お互いどうしたよりとして暮らしていた。苦しい時には、お米がいつでも宗助に、
「でもしかたがないわ」と言った。宗助はお米に、
「まあ我慢するさ」と言った。
二人の間にはあきらめとか、忍耐とかいうものが、絶えず動いていたが、未来とか希望というものの影は、ほとんどささないように見えた。彼らはあまり多く過去を語らなかった。時としては申し合わせたように、それを回避するふうさえあった。お米が時として、
「そのうちにはまたきっと好い事があってよ。そうそう悪い事ばかり続くものじゃないから」と夫を慰さめるように言う事があった。すると、宗助にはそれが、真心ある妻の口をかりて、自分を翻弄する運命の毒舌のごとくに感ぜられた。宗助はそういう場合には、なんにも答えずにただ苦笑するだけであった。お米がそれでも気がつかずに、なにか言い続けると、
「われわれは、そんないい事を予期する権利のない人間じゃないか」と思い切って投げ出してしまう。細君はようやく気がついて口をつぐんでしまう。そうして二人が黙って向き合っていると、いつのまにか、自分たちは自分たちのこしらえた、過去という暗い大きな窖の中に落ちている。”

しかしずっと社会から逃れるような生き方ゆえ齎された平穏な暮らしという当然の帰結は、矛盾しているのではないか? 
そこに自らの理想を全面的に重ねることにいつも違和感をも感じてきた。
主人公のいつも何かに脅かされているような倫理観が重苦しいのだ。
負い目を感じる主人公の倫理観と平穏な一対の〈性〉を基盤とする暮らしは切り離せないものだろうか。
本当はむしろ、そんな社会から見捨てられ・離脱することではじめて浮き彫りになるものへと転回したいのだ。

“彼らは親を捨てた。親類を捨てた。友だちを捨てた。大きく言えば一般の社会を捨てた。もしくはそれらから捨てられた。”

そういえば当の自分らヤマギシストもまた、世界中の人がみんな仲よく仕合せになるようにと願って、家財産はおろか生命までもつぎ込んで「実顕地」づくりへと参画したのだった!

今なお既成の社会通念・倫理観、価値観に胡坐(あぐら)をかいたまま
「世にあるユートピア思想で家族の共同性を解決しようとした試みはすべて、かえって社会的な弱者、子どもや女性の不幸、つまり家族の解体に至るということに帰結したからです。それがヤマギシ会という悲劇の本質と言っても過言ではありません」(『わたしはこんな本を作ってきた』小川哲生 )
とふてぶてしく居直る迂闊者も見られるが……。

いずれが正か逆か? これはわかる人にはわかる。わからぬ人にはわからぬ。
ともあれかつてない新しい倫理がきっとあるはずなのだ。
私を生み、育み、注ぎ込まれたものが活かされんことを……。

PageTop

わが一体の家族考(51)

引いてしまう〈性〉の世界

またなぜ今、恋愛・結婚観なのかを問うことは、なぜ今〈性〉なのか? を問うことに繫がるはずだ。
噂に伝え聞く「血みどろの愛欲史」といった表現から退廃的な獣のしるしを連想したりして引いてしまう誤解・曲解を怖れる余り、男女の恋愛・結婚観や〈性〉にまつわる「愛情問題」に触れることを避けてきた経緯がある。
そうしてそのことが遠因となって、ヤマギシズム社会のもっとも重大要素は親愛の情によって全人類間の紐帯となすことを謳いつつ、そこから逸脱していく事態を招くことになった?!
ここに、理想社会実現への方向性を混乱させ〈性〉の世界探求への遅れをとったいちばんの要因があったのではなかろうか。

例えば1960年代アメリカで始まったとされる「フリーセックス」の風潮があった。
それまでの女性は貞淑で家に居るべきであるのような、厳格で古典的な「社会的性役割」の考え方を打破して、社会的性別(ジェンダー)に対する一般通念に囚われず、人それぞれの個性や資質に基づいて、自分の生き方を自己決定出来るようにしようという、「固定的な性役割の通念からの自由を目指す」考え方に基づいた運動だといわれる。
そうした旧来の因習に囚われず自由でありながら見ず知らずの人間同士が大きなトラブルもなく扶け合う象徴的なイベントが、1969年夏アメリカ・ニューヨーク州での40万人が集った野外ロックコンサート「ウッドストック・フェスティバル」だった。
ウッドストックコンサート

こうしたカウンターカルチャーの流れの中で1970年代の山岸会が、共同体コミューン運動として脚光を浴びたのは必然だったし、特定の相手に関係を限定しないフリーセックスという意味での短絡的な実践が集団の存立を危なくする懸念も少なからず見られた。
こうした時代文化背景なども加わって、本質的な意味での人と人との繋がりを顕現する一対の男女・夫婦というあり方への究明が遠ざけられていった。そうした自由な性愛の実現が研鑽できる環境・資格条件をその前に備えねばならないとして……。

並行してまた時代の潮流も、飛躍的な科学や技術のハイテク化・経済のグローバル化に拠る高度管理システム社会を促進していく。つまり諸個人を男女のない会社人間・仕事人間・ユニセックス人間化へと拍車をかけることにも繋がり、当の〈性〉の世界は性風俗として付属的に扱われるようになった。
今ほど理想社会づくりに現代社会紊乱(びんらん)の浄化・安定に、男女の恋愛・結婚観や〈性〉にまつわる「愛情問題」に眼をそむけずに近づきたいモチーフにかられるときはない。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(21)

ヤマギシズムの醍醐味

池に氷がうっすらと張る季節がくる頃、いつも思い浮かぶ一句がある。

「凍る池 藻は青鯉の泳ぎ居り(鬼面子)」
凍る池

この句は昭和三一年一月、第一回「特講」が開催された頃、会機関紙のコラム「立卵鑽」に山岸さんが記したものらしい。要旨は―
鶏を見ればそこの家の様子がすっかりわかるとは真実である。和やかなニコニコの家かトゲトゲしい争いの家か……。なぜなら鶏はそこの家の人によって育てられているからで、子を見れば親がわかるのと同じである。
しかしそれも「見る眼」が出来ていなければ見えないので、「見る眼」は正しく見られる心が出来たか出来ぬかによって定まる。
今回の「特講」参加者の第一の獲物は、この「正しく見る眼」の出来たことであった。そして結びの一節にこの句が置かれる。

ある日の研鑚会で皆で侃々諤々この句を鑑賞し合ったことがある。
「これは見えないとアカン。考えてワカラン」
「もし辞書引くこと知らないなら、どう考えるだろう?」
「青い鯉と書いてあるから青い鯉はあるものだと、そんな見方で見たら鯉も青く見えてくるかもしれない」
「しかし辞書引いても青鯉は出てこないから、これは他に意味がありそうだ、そんなことあり得ないと考えがち」
「そのままでええんよ、考えなくてそのまま」
「やっぱり赤いものは赤いし、白いものは白いかね?」
「この俳号の鬼面子って?」
「ほら、怒り狂った眼でいると人間の顔してても鬼に見えるというじゃない。だから形よりも実質を観て下さいと……」(ちなみに後年、山岸さんは自らを未熟未熟の鈍愚生とも名付けていた)
「特にヤマギシズムでは一般にないものがある。そこを発見していくところに醍醐味があるのではなかろうか」
ここでも目からうろこだった。パーッと世界が開けた。

その後有精卵の供給活動が始まった頃、卵の黄身が白っぽいとのクレームが活用者から多く寄せられたことがある。そこで自分らは困ったことになったとみっともなく動揺した。ふだん「一個の卵に心を托す」とか「込める」と口先だけで言っているのか、それとも真実なのかを試されているのであった。
またそうした場面に直面するにつけ、あの「やっぱり赤いものは赤いし、白いものは白いかね?」の問いが迫ってきた。自分らヤマギシストは、白でもない赤でもない「真っ白な赤」を発見する日々ではなかったのかと。
本稿のタイトル〝「と」に立つ実践哲叢〟には、そんな一致とか重なるとか合わすとかの表現でイメージされてくる「仲良し」の本当の実態が込められてあるようだ。
こうした「仲良し」とか「楽しい」といつた簡単な言葉に秘められてある奥深さのようなものをもっと味わい尽くしてみたいものだ。
 

PageTop

わが一体の家族考(50)

なぜ今、恋愛・結婚観なのか

なぜ今ヤマギシズム社会における真の恋愛・結婚観の探求なのだろうか?
具体的な心当たりがあるわけではないが、直覚されるものがある。それはヤマギシズム理念即ち
○自然全人一体観
○無所有 共用
○無我執 放す
○全人真の幸福
○絶対愛
○心物 正常 健康 豊満
○研鑽科学生活
その他等々を顕現する場としての「実顕地」なるものの実態をもっと明らかにしたいという欲求に根ざしている。

この間実顕地づくりと称して、ヤマギシならではの独自の生活様式や学育・産業形態、組織機構や政治形態を編み出しては形にも現してきた。しかし、その考え方や内容はあまりにも今の常識からかけ離れているために、今の常識観念そのままでは到底理解されないし、不思議がられたり、怖れられたりしている。また、特定の人でしかできないかのように誤解されてもきた。
いや、そうした誤解・曲解は他人事だと思いきや、じつは実顕地の中に住む当の自分自身がひょっとしたらとんだ茶番劇をやらかしているのでは……といった疑心暗鬼の思いにかられるのだ?!
ややもすると一般社会通念や価値観の牆壁の厚さに押し潰されそうになるのだ。
例えば吉本隆明さんは、次のようなヤマギシズム〈一体〉理念への疑念を抱かれていた。

その「一体」というところでかんがえていちばん問題なのは、男女の結びつきの次元というのが共同体の次元と同一化してしまうことです。そこがものすごくきついんじゃないでしょうか。かりにそういう男女がいるとすると、かれらは絶えず共同体の水準におかれようとする力を「一体」という観念から受けているから、男女のあいだに、ささやきとか、声にしなくてもわかるとか、そういう意味の微妙さがなくなっちゃうんじゃないでしょうか。ふたりでいるんだけれども、絶えず脅かされているといいますか、全部公開されているみたいな、そういう心理状態に絶えずさらされていることになる。
もし人間の性愛のなかに、色とか、味とか、匂いとかの比喩でいうべき問題があるとすれば、それが全部、無味・無臭・無色というふうになってしまうような気がするんです。ほんとにそうなることはたぶんありえないから、絶えず解体にさらされるか、または、もし男女の結びつきがひじょうに親密になってくれば、共同体から出ちゃうという衝動をいつでも感じざるをえないみたいな、なにかそういうところでいちばん矛盾にさらされるような気がするんです。(吉本隆明『対幻想 n個の性をめぐって』1985.1春秋社)(わが一体の家族考12)

そうなのだ。一般社会通念や価値観等を引きずったまま実顕地で暮らそうとしたら、たちまち吉本さんが懸念される「矛盾にさらされる」こと必至である。この間こうした修羅葛藤の渦に巻きこまれたこといかほどあったろうか。

自分ら実顕地生活者もそうした修羅葛藤の社会出身者であるだけに、ヤマギシズムの目標や理想がはっきりしている割にはヤマギシならではの「原点」については未だ究明や見直しが進んでいないことに気づかされる。
日常衣食住の豊かさや便利さについての喜びや満足はあるが、それは比較感や自己欲望からの満足感であったりして、原点からの歓びや充足感など絶対的な歓びとの異い・識別については案外見すごされているようなのだ。
怒濤のように進撃してくる科学や技術のハイテク化・経済のグローバル化に拠る高度管理システム社会の波に翻弄されながらも、その原因・根拠がなへんにあるかつきとめ得ないまま、人間社会はこんなものだと観念づけてしまいがちな昨今であるのだろう。
自由と見えて真の自由でない、自らの手で自らを縛り、他とも又縛り合う世界への行進に、もはや現実を拓いていく力は失われている。
事態は絶望的に見える。

ところがこの間自分らが体験したのは、あの「いちばん矛盾にさらされるような」自分自身どん詰まりの生活感情に陥ったまさにそのときに、ハッと世界が一変して開かれたのだ!
そんなものがヤマギシズム社会における真の恋愛・結婚観に秘められてあるように直覚されてきたのだ。

PageTop

新年にあたって

新年にあたって
元旦
 
過日もうすぐ満一歳の誕生日を迎える孫娘が部屋に遊びにきた。活発に腹ばいで後ずさりしたり畳を這い回りしながら、好奇心いっぱいの目を輝かしている。そのうちに子猫の写真が刷り込んである買い物バックに気づいたのか、ジーッと見つめ、その後も気にかかるのか何度も振り向いたり、ちっちゃな指を伸ばそうとするしぐさもする。
この時、彼女の中でいったい何が起こりつつあるのだろう。きっと子猫の姿形に心がさざ波立ちはじめているのだ。この間滞在していたお母さんの実家の猫と〝おなじ〟だというのだろうか。お母さんの胎内での記憶がよみがえってくるからであろうか。
きっと相合う一致のイメージが重なり合う新鮮な驚きでいっぱいにちがいない。周りの親たちももう嬉しくて「ニャンニャン」と赤ちゃん言葉で呼びかけてやる。
この時期の大洋を湛える子どもの心は、〝もの〟と〝なまえ〟の一致像の広がりにつれて、ヒトが人になる豊かさ、広さ、徳性のようなものが備わっていくのだろうか。
しかしこうした親から子へと一方的に与えて与え尽くす親愛の情は、その後の他を責めたり、憎んだり、苦しむ頑固な観念我に囚われることで見失い断ち切れることがある。

「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく、今の社会的欠陥の最大なる原因は、国と国・官と民・業者と業者・団体と団体・人と人とが離れ、相反目している事にあり、政治・経済機構も大改革されますが、その何れにも相互関連があり、この条件を必ず重大要素として組織し、総親和社会への精神革命を必要とする所以です」(『ヤマギシズム社会の実態』)

特講を受けるまで「人と人との繋がり」の世界とは、我利・我欲・自分本位の「人と人とが離れ、相反目している」むき出しの生存競争社会のことだとしっかり思い込んでいた。だからずっと人見知りして生きてきた。
でもよくよく研鑽すると「人と人との繋がり」の世界でこそ、最も相合うお互いの一致像を求め惹かれ合って似合いの〈夫婦〉となれる場でもあるのだ!
しかも遠く離れた人との結合ほど良縁で、優秀な子孫が産まれる事実は、幾千里離れていても夫であり妻であり、兄弟・親子の間柄にあるのだ!
見ず知らずの赤の他人から身内にと瞬時にヒックリ変わるこの不思議。「その関連を知るなれば」、つまり繋がりそのものの自己を生きることで、みんなで「わが一体の家族」を現してみようではないか。

PageTop