FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(57)

「迷える羊の群れ」の行き末

当初自分らの多くは、無自覚のまま一般社会通念や価値観等を引きずって実顕地で暮らしていた。だからその外形や建物を実顕地と考えていたり、集団で生活しているのを実顕地と思ったりもしてきた。

すると例えばイズム運動の理念〝全人幸福親愛社会の実現〟を前にすると、自分の好みや身近に感じられる家族等の事柄を重要でない二義的な問題と見なしがちであるのだ?
要は我慢してしまうのだ。自分で自分のフトした思いまでも抑えてしまいがちなのだ。
つまり〝全人幸福親愛社会の実現〟という理念を前にして、運営の任にある者は全体のこととして、各自は自分自身のこととして事に当たるわけなのだが、各自の身の処し方がぼんやりしたままなのだ!
まさに「迷える羊の群れ」だった。
迷える羊の群れ

どうしても一般道徳価値観的な立ち振る舞いを引きずってしまうのだ。

例えば自分の場合、1970年代後半会の機関紙『けんさん』に〝ある愛の詩〟と題した長文の原稿を投稿したことがある。内容は、実顕地に参画してはじめて自分にとって素晴らしい女性に出会えたという、そんな「いい目にあった、いい思いをした」という体験を綴ったものだ。
するとある時、たまたま風呂への行き帰りのすれ違いざまに当時実顕地造成担当の杉本さんから「佐川節をきかせてもらったよ」とニッコリ声かけられたことがあった。
びくっとした。
というのも当時実顕地全体が有精卵の増産態勢の方へ力強く盛り上がりつつあった時期だったので、自分にはそんなマイナーで軟弱な私的な世界に入り込んでいる自分が否定されているように勝手に受けとったのだ。おかしな抑制作用が働いたのか、それ以降そんな自分の「ぬるま湯的」生き方を自己批判し意識して封印するようになった。
亡くなるまで吉本さんが懸念されていた「制度の問題を、倫理の問題に転嫁してしまう」矛盾にさらされる一例だ。

晩年の吉本さんは画一的な〝善意の押しつけ〟の体験例をヤマギシ会がいちばんの模範になっているとして語る。
“僕は入院していてもそういうことを感じました。宿直の女性看護師さんなんか、僕がトイレへ行ってちょっと音をさせると起きてきて、「大丈夫ですか」、「転ばなかったですか」と言いながら、カーテンを開けて声をかけてくれる。「大丈夫です、どうぞ寝てください」と言うと出ていくわけですが、それが僕にはだんだんうるさくなってくる。うるさいな、もっと空間を広げないといけないなと思うようになってくる。
そうしたらどうすればいいのか。それこそ、その配慮が難しい。向こうは職務に忠実であり善意であることは確かですから、「いいから寝ていてくれ」と言いつつ自分の自由空間を広げることができるかといったら、ちょっと難しい。やはりためらいがあって、きついことは言えないです。向こうは善意でやってくれているし、職務で忠実にやってくれているのだから、これ以上何か言ったら「ぜいたくだ、あいつは」となるから言えない。”(『時代病』2005年刊行)

病院の中ではお医者さんや看護師さんと患者とは、食い違いお互いが離れている。そこでは管理する方が楽になるために、被管理者(患者―引用者注)の人間力を殺してしまっているのだという。
そこで考え抜いた吉本さんなりの処方箋は、「人間の倫理性とは無関係に」被管理者の利害や事情を第一義的に考える管理制度に切り替える以外に方途はないというのだ。

これこそ現代社会が直面している医療や介護問題の核心なのだが、早とちりされてまるでヤマギシ会という〝カルト村〟(?)特有の問題なのだと誤解を招きがちだ。普通に人と人とが離れ、相反目している個々人主義の日常では却って目立たなくなっているにすぎない。

群れの中に山羊を混ぜておくと山羊が率先して川を渡るため、羊はそれにつられて川を渡るそうだ。
個像でなく群像としての羊の群れを描こうとするとき、そんな従来の倫理に囚われない山羊とめん羊のかくも徹底した役割分担のかつてない人間倫理を基調にした社会像が問われているのかもしれない。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(56)

自分が切実に欲求するもの

思いかえせば、この間〈倫理〉について同じことを何度も繰り返し繰り返し書きつけてきた。
というか今なお人間倫理即ち倫理が生まれる始まりについて問うことは、もっとも本質的でリアルで切実なテーマとして自らに迫ってくるのだ。
手元の辞書には、〈倫理〉とは「人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。道徳。モラル。」とある。
道程

もっとも今の睨み合い・奪い合い・殺し合いのとどまるところを知らない時代の潮流のなかでは、
「いまさら倫理なんて意味ないし実感もないヨ」
「この世の悪の裏も表も露骨に現れ出る修羅葛藤の日々のどこに倫理なんて問える?」
と逆に言い返されそうだ。
例えば山岸会会旨「われ、ひとと共に繁栄せん」などはちゃんちゃらおかしい色あせた死語となっている!
自分らはそんな倫理なんて問わなくても良い刹那(せつな)の世界に住んでいるのかもしれない。
自分の場合〈倫理〉という言葉が最初に意識されたのは次のような場面であった。

1960年代後半の学生時代、
「権力を無くするとか抗するとかいうばあい、最低自らの中に対立感とか怒りなどの感情の払拭が条件になるのでは……?」
とその頃いちばん思い悩んでいた問いを、今は亡き吉本隆明さんにぶつけたことがある。
するとしばらく考え込まれていた氏は

「いや、それはあなた個人の内面を律する倫理であって、それと国家権力とか制度を無くすることとは一切関係ない」
とその件に関しては自分もとことん考えてきた末の結論だといった確信に満ちた口調で喝破された。

びっくりした。なぜ関係ないのだろう? 
自分が托する倫理的行為のさきに「理想社会」は描けないのだという?!

その後、自分は山岸会に参画したのだが、その時の驚きや疑問となぜ自身のヤマギシズム実顕地づくりなのかという問いとが、事あるごとに切実に降りかかってくる場面に遭遇してきた。これを解かずには自分は一歩も進めないのだという思いにも囚われた。
とまれ「個人の主観性の場所」から「私の倫理」「私の社会倫理」へと掘り下げる道程を今一度辿ってみることにする。
分からないことだらけの中でせめて人間が幸福に暮らせる根元的要素を探り当て、自らの心身の糧にしていきたいのだ。

PageTop

わが一体の家族考(55)

あなたまかせの生活史

また「獣性より真の人間性へ」では、次のような一文が続く。

“一日、或る人家の軒下を流れとどまる下水溝に、黒く細長い、蛭(ひる)にも蚯蚓(みみず)にも、八ツ目うなぎにさえも持たない、熾烈な悪寒を覚える醜体の、一匹の虫のうごめきを見ました。
青年時、庭先でこれによく似た、頭部が銀杏の葉のような形に拡がった、黒い虫(コウガイビル?―引用者注)
コウガイビル

を初めて見た時、慄然(りつぜん)とした印象が今なお蘇りますが、こういうものを見ると逃げ出したくなり、目につかねばよかったのに、また何故あんな虫がこの世に置いてあるのか、そして何を楽しみに生きているのかと、時々思い出して暫し耽ることがあり、何時水気がなくなり干乾しになるか、どんな劇薬や苦いもの、酸いもの、辛いもの等が流れて来るか、熱湯をかけられるか、不安の日夜をのたうって、三日がかりで漸くにして遡上したものを、一夜の水にどこまで流されるやら、あなたまかせの生活史です。今日はうどんの煮汁か米とぎ水か、魚の臓物の饗宴にありつけるかと、あわれうたかたに望みをつなぐ生涯でしょう。しかし、また案外数少ないであろう彼等にも、配偶者に会う仕組みは、うまく与えられてあるのか、種の絶滅もなきまま、こうして産み付けられた吾が身の不運をかこっているかどうか、詮索したくなります。人間の誰かと引き較べて。”

孤独死、介護殺人・介護心中、老齢の母親と寝たきりの息子の餓死といった痛ましいニュースが日常的に流れる昨今にあって、「あなたまかせの生活史」とか「あわれうたかたに望みをつなぐ生涯」といった語句に出会うと、何だかダイレクトに自分自身を指された気持になる。
しかも同時に、そうした絶望的なアテにならない状況のなかでも「配偶者に会う仕組みはうまく与えられてあるのか、種の絶滅もなきまま」今日に至っているといったくだりに辿りつくと、なぜかホッと救われるような一条の明るさのようなものを感じるのは自分だけだろうか。
よくよく見れば、いつも何か着て、何か食べて生きてきた。そんな物心共に受けるばかりの暮らしに気づかされる。「うまく与えられてある」恩恵にただ一方的に浴するばかりの存在だからだろうか。『山岸会養鶏法』の一節に、

“金も名も求めず、各自の身に合う仕事で世界中に踊り、天地に愧じない連中には、至る処家在り、食有り、友、吾が子ありです”

とあるが、なるほど受けるばかりなのに「天地に愧じない」とはこういう実態なのかと知らされる思いがする。
金を求めない実態はもちろんのこと、育ててから消えるといった名を求めない範疇にまで分け入らないと、あなたまかせの「うまく与えられてある」恩恵との帳尻が合わないというのだ?! 

すべて芝居であり、遊びであり、生きている間の慰みで、楽しい一つの踊りに過ぎないのだから……。
こうした文脈にそってあらためて
○私の倫理「親は飽くまで、子に資するもの」
○私の社会倫理「自己より発し、自己に還る」
を問うてみたいのだ。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(22)

ふとした心の転換から

今もスペインのサグラダ・ファミリア教会でガウディの遺志を継ぐ彫刻家・外尾悦郎さんのことが以前新聞で紹介されていた。石を彫りたい自分に気づいて、若き日偶然スペインで石の教会の工事現場に飛び込んで以来、今日までやってこれた理由に、ふとした心の転換があったからだという。
サグラダ・ファミリア教会

それはガウディに近づこうとするのではなく、ガウディと同じ視点で見ることこそ必要なんだ、と気づいたとき、ガウディが自分の中にいて、同時に、ガウディの中に自分がいるという感覚が芽生えたというのだ!
あ、これだ。こんな感じかなあ、と思わずうれしくなった。自分にも思いあたる節があったからだ。

久しぶりに入学したヤマギシズム研鑽学校でのことだ。
ボードに記されたある日のテーマ「無我執研鑽」についてのくだりの一言、「異い」の文字をじっと眺めていたとき、そうだ自分がヤマギシズムになったらいいんだ! という思いがふと湧いた。
でもその直後、そんなバカな! と即座に打ち消す自分がいた。だって我執の塊のような自分がヤマギシズムそのものになれるなんて金輪際あり得ないからだ。その慌てっぷりといったら、思い出すたびにおかしくてたまらない。

がしかしそれで話は終わらなかった。研鑽学校を終えてからも、なぜか我執っぽくない心の琴線に触れるような名状し難い温かいものが何度も湧いてきては、そのものに癒やされている自分がいた。

あれっ、この繰り返し湧いてくる温かいものって何なんだろう? 不思議と疑問が深まるばかりなのだけれども、一方で「自分がヤマギシズムになる」という突拍子もない思いを解いていく糸口がそこから見いだされていくような予感もあった。

たしかに「無所有」とか「無我執」とか「一体」といううかがい知ることのできない理念と今のみじめな自分とが一つに溶け合えるなんて絶対にあり得ない。でも何処かにきっとあるはずだ、と心が奮い立った。
糸口は先の外尾さんの「ガウディに近づこうとするのではなく、ガウディと同じ視点で見ることこそ必要なんだ」といった気づきにあった。
我執っぽい自分の思いや考えから近づこうとするのではなく、ガウディと同じ視点(=位置)に立つというか、ガウディが込めた思い(=心)になることにあった?

自分の思いや考えでは正しく相手の心情を推し量れないが、「その人の心と一つになる」ことはできるかもしれない。これまた目からうろこの大発見だった。するとあの「我執の塊のような自分」などを後生大事に持ち続けなくてもいいんだ、という突き上げるような歓びが実感されてきた。
個々別々に離れてお互い対立し合う自己のことを唯一の自分であるかのように固く思い込んできた。
でもこの間自分らは「と」に立つ実践を通して、一体観に立って見るとこんなにも仲良くなれることを実感するのだ。

PageTop

わが一体の家族考(54)

初心に込められてあるもの

ヤマギシ会の第一回「特講」開催にさかのぼる二年前の1954年1月の全国愛農会に向けての寄稿文やその頃『山岸式養鶏会会報』に掲載された「獣性より真の人間性へ」等での山岸巳代蔵の発言は、新しい社会づくりへと一歩踏み出した高揚感に包まれて〝本質的なものこそ本当のもの〟といった気迫みなぎる心のこもった言葉に満ちている。
例えば全国愛農会に向けての寄稿文では、

“私は当日も申しました如く、古今を通じて最大の欲張りを以て任ずるものであります。またかくあらんことを欲するもので、人生ある限り、百万年の生命、無限の存在を確信し、日常茶飯事にも永遠に大きく生きんことを心するものであります。
私は拙い私の養鶏寸話を、一億円のお土産と、自ら勿体付けました。しかし決して誇張する意味でなく、現実、当座の一億円であって、種子一億円を持参し、これを各地方地方へお持ち帰り下さって、皆様方の尊い御手によって地に下ろし、御愛育願い、同心の方々に広く御分讓下さって、一粒万倍に、地上に花を咲かせ、穫って、もって実を心身の糧にして頂くことを念願するものであります。”

と自らを「古今を通じて最大の欲張り」とか「永遠に大きく生きん」と位置づけ、自身編み出した養鶏法を「一億円のお土産」にも例える。何を言わんとしているのだろう?
こういうことだろうか。

ヤマギシ養鶏法を実施することで、1反歩6俵の実績の田で7俵収穫は立証済で、今日本の米不足一千万石を解決する。しかもこれは土地を広げたり労働力を加重せずに正味の増産で、一千億円浮かすことになる。そこから割り出された「一億円のお土産」なのだ!
かくして鶏卵肉と米麦などの増産で、全国民が飽食し、なお余りが生じてくる。
しかしよく産み、よく穫れ、よく儲かっても、それでよいとしない。本当の養鶏とは、永遠を希う大欲養鶏なのだ。増産・増収が目的でなく、よい社会を造る手段なのだと、底ついて底抜けるところまで行こうというのだ。

“働かずして卵肉が無限に生産され、空気や水に近い状態で用いられる仕掛けを唱導するのです。全国的に柿が豊作なれば、誰も隣の柿に目を付けない。播いた種が稔って、開いた口中へ落ちる、〝自己より発し、自己に返る(還る)〟仕組みを推奨致したいのです。”

あたかも織物の強さは縦の繋りのみではない、横も同じように強い連繋を持たねば役立たないように、お互いの終極の目的、幸いに満ちた世界の実現も「永遠に生きる私」という縦の繋がりと「社会」という横の繋がりによって織り上げられるべきものだと……。
これがなされなくては何の革命ぞ、とかけるものがあった。
また「獣性より真の人間性へ」では、養鶏法を通してのヤマギシ会会活動の実態を

“今や地軸を動かす事態が発生しつつあるのであります。”

と突拍子もない比喩表現から始める。
なかでも〝耳かきで飯を盛る〟という絶妙な例えでもって、題名の〝真の人間性〟を浮かび上がらせていく。
筆者は蚕の国を覗いて、

“食べて、子を次代に引き継ぐのみなれば、蚕の繭に、何を以て竝ぶべき。”

と省みる。

“彼等は、すくなくとも、彼等の多くは、節をハッキリ行っている。得たものを積み、規則正しく脱皮を、そして吸収成長の期と、整理と、後の世への生命の繁栄を、画然と区分けしています。そして絹とその他のものを残しますが、人間は何時の間に何を為したか、何時まで何を何しているのか、分からないうちにハートが休みます。”
カイコの一生

“蚕虫に愧ずるものがあります。”
“人間には虫魚禽獣の持っているものと、少しは異なったものを具えていることを認めています。が、それを用いることを成さず、また持っていることさえも知らずに唯、蚕にも及ばぬ行いに終るとは、愚かしき限りであると思うものです。”
“私は私達の周囲を眺め、これはまた耳かきで飯を盛る行いを随分、飽かずに、飽きながらも、毎日・毎月・毎年・時々刻々の分秒を、営々として、生命の燃焼に費し続けていることに”

気付かされる。
あらためて〝世紀の恥辱〟とか〝愧ずる〟とか〝愚かしき限り〟とか〝飽かずに、飽きながらも〟といった語句をたたみ込むように突きつけられると、とても他人事とは思えず暗然として言葉を失う。
その一方で平然と落ち着いておられない気がしてきて、では自分のどこが愚かでその原因・根拠がなへんにあるかを突きとめたい意欲も湧いてくる。
すると焚きつけられるように「よーしやるぞ!」といった気持がかき立てられてくるのが不思議だ。

PageTop