自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(61)

〝母子系図〟の繋がり

さきの「無契約結婚」にも記されているように、〝わたし〟とは

“わたしは父や母に約束したようにも、産んで下さいとも、育てて下さいとも、頼んだようなおぼえがない。契約なしに、しかも何の思慮もなく、あてもなく、のめり出たらしい、むろん何歳まで生きようとか、何をしようとか、何々をしなければならないとかの予定もなしに。”

〝契約なしに、しかも何の思慮もなく、あてもなく、のめり出たらしい〟ものだという。
あの

“一日、或る人家の軒下を流れとどまる下水溝に、黒く細長い、蛭(ひる)にも蚯蚓(みみず)にも、八ツ目うなぎにさえも持たない、熾烈な悪寒を覚える醜体の、一匹の虫のうごめき”(わが一体の家族考55))

となんら変わらない存在だ。
しかし彼らにも、

“配偶者に会う仕組みは、うまく与えられてあるのか、種の絶滅もなきまま、こうして産み付けられた吾が身の不運をかこっているかどうか、詮索したくなります。人間の誰かと引き較べて。”

そこまでさかのぼっても存在する〝うまく与えられてある〟ものとは?
さきの受け継がれていく〝強いやさしい母〟に喩えられるあの「頑として動かない、この揺るぎない感じ」の圧倒的な存在感に思わず重ねてみたくなる箇所だ。
こうした人間に限らず他の生物一般にも、〝生まれ、育ち、婚姻し、子を生み、育て、老いて死ぬ〟といった似たような生活環を営むものもあるようだ。
生活環

だとしたら人間もまた良く生きられるように、人間の持つ知能をどのように働かせればよいのだろうか?
そのことは、親と子の間を繋いでいる永久に動かない変わらない実態にふれることでもある。
その辺りに山岸巳代蔵はふれている。

“山岸会では母子系図を作成しています。親から受けたものをその子孫に与える。会への導きをされた人を親とし、その親の心になって子孫に伝える人を、その親の子としています。性別、年令、国籍、賢愚、学歴、地位、身分を問わず、親はいつまでもこの系図から消えず、子のまたない良き親となって頂いているのです。
私の倫理 〝親は飽くまで、子に資するもの〟、枯木となって朽ち果てるとも、子に尽くし、子孫の繁栄を希うものとしております。子は自己の延長である。この身は永久に絶えない。交代身が子で、しかも社会連鎖の形で子孫に自己が生きているのであり、子孫の繁栄・幸福は自己を全うすることであります。親は子に与えて、与えて、持てる限りのものをなお与え尽して、子から親に対する報恩は決して求めない。唯願うことは、それをその子に、子は孫に与え、自己の欣悦の日常は子孫の欣悦に共通する繋がりを明示しております”(同行愛農会の諸兄姉に)

ここでの〝母子系図〟の繋がりには、夫婦・親子の血縁家族を律する「私の倫理 〝親は飽くまで、子に資するもの〟」と同時に、契約や約束の要らない本当の仲良い仲、世の中の繋がりにまで連接されていく質のものが込められてあるようなのだ?!
ここで見出された〝親と子の間を繋いでいる永久に動かない変わらない実態〟は、夫婦・結婚生活に限らず、この源泉をくみとることでこそ展開される仲良い楽しい世の中へと結びついていくところがミソなのだ!

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(60)

自分のことを自分でソッと思い返す

山岸巳代蔵の草稿の中に「無契約結婚」と題した一文がある。

“ひとには辱かしくて云いそびれる人も、自分のことを自分でソッと思い返すことは出来るであろう。生まれながらに立てる子馬のように、スックと立ち上がって天上天下を指さしたと謂われるシャカ(釈迦)やシャカに類する人はそっとしておいて、お互い生まれ出た時の無想意だったであろう凡夫の自分から初めよう。人一人一人異うだろうから、自分自分で考察してみよう。
母が父と何月何日にこのわたしを産もうと約束したかどうだか、わたしにはわからない。わたしは父や母に約束したようにも、産んで下さいとも、育てて下さいとも、頼んだようなおぼえがない。契約なしに、しかも何の思慮もなく、あてもなく、のめり出たらしい、むろん何歳まで生きようとか、何をしようとか、何々をしなければならないとかの予定もなしに。
八卦見や神霊がかりの人には、一生の運命がわかるそうだし、透視術を心得ている宿命論者には、曰く因縁がつけられるかわからないが、僕の場合、物心がついてから両親に聞いたところによると、長兄、次兄と二つ違いで産まれているから、次は急いで欲しいとも願わなかったうちに、いつか知らない間に宿ってしまったらしく、「宿ったなれば仕方がない。上二人とも男だから、セメテこんどは女なればよいが」と、あまり邪魔にもされず、また胎内でも静かだったので、女だと思い込んでいたのに、産まれ出て見れば、また男を象徴しているので意外だったそう。
親の考えもアテにならないもの、この世の人は思い違いをよくやるもので、また願うようにもならず、願わぬ事が次々と実現する。
「親の言葉となすびの花は千に一つのアダもない」とよく訓示をした親にしてこの通り、意外、案外の固まりで、わけわからずに、シャバ(娑婆)の風にさらされることになった。
親の意に逆らうつもりもなかったと思うが、これも親不孝の一つになるのかも知らないが、約束もせない、頼み頼まれもせない、何も知らない、わからないのに出来てしまったもので、どうとも致し方なかったことだろう。今さらどちらも責任が果たせるものでもなかろう。産んだ方に、育てる責任がある、義務があると責めても、育てただけくらいで、責任だ、義務だとて取り返しがつくわけでもなく、育てれば育てるほど、成長するにしたがいますます固まりが大きくなる一方で、もとの卵子と精子の結合以前に戻して貰わない限り、この事態解決とは云えまいし、絶対に出来そうもないこと。思い違いの多い親や誰かが、間違いの多い人間に育てあげて、責任を果たしたなどとは理屈が合わない。
中には早々と子供と離れて他へ走ったり、他界へ急ぐ人もあり、自分だけの子供として盲愛を集中する人、自分の子をひとの子もなし、子は誰の持ちものでも、おもちゃでもない、次代をうけつぐ大切な子として世界中の人の子の仕合せのためには命をかけて尽くす人もある。
育てる約束もしていないから、責任も義務もない筈だろうが、頼まれもせないのに、子は育てられている。
受胎した時は仕方がなかったものが、産んでからは仕方なしに育てるのと違い、また責任・義務で、育てねばならぬから育てるでもなく、忙しくとも、労れても、自分の生命を削ってでも育てるのは、契約や義務等でやれるような上ついたものでないからこそ、強いやさしい母となれるので、約束だからとか、責任や義務や職業で仕方なしでは負担を感じ、本当の子には育つものでない。”

と人間観念の思い違いばかりのアテにならない中で人間本当に真面目で正直であるなれば、本当の契約は出来るものだろうか?
そもそも責任・義務を果たす果たさないとかの繋がりで本当の子に育つものだろうか?
また思い込み、予定のキメツケなどもみな約束の部類に入るのではないか?
等々と自分自分を実験資料と見なしてふり返る。

しかもそのふり返り方は、この間の文脈に沿えばあの禅問答式での、
○闇の夜に 鳴かぬ烏の声きけば 生まれぬ先の父(母)ぞ恋しき
○父母未生以前の本来の面目如何
といった文字や言葉で言いあらわせない人の本質的な部分にふれようとする試みである。

またなかには固い約束を自分で結んで信じ切って、外れた時に自分を苦しめ、他を苦しめることになる〝自分で自分を縛ることで不自由この上もない〟現象も多々見られる。
だとするなれば、約束等とは本当はどんなものかハッキリ知っておく必要があるのではないか、と一貫してラディカルなのだ。
約束は必ずしも果たせるとは限らないもの、アテにならないもの。信じ信じられないお互い同士。
ではどうしたらいいんだろうか?

そんな信じ信じられないお互いが本当だとするなれば、そんな思い込み、キメツケで縛った観念に囚われて自他を騙したり苦しんだりしない〝無契約〟の約束の要らない仲、信じ合おうと言わないのに間違いの起こらない仲が本当ではなかろうかとさらにたたみかけていく。

しかしこうした一文のくだりは、なかなかそのまま素直に受け取れない箇所だ。
だがしかし、

“忙しくとも、労れても、自分の生命を削ってでも育てるのは、契約や義務等でやれるような上ついたものでないからこそ、強いやさしい母となれる”
母と子 ピカソ

という一節に出会うと、一瞬にして本当なるものが立ち現れて来たような、なぜか思わずグッと熱くなるものがある。
〝強いやさしい母〟なのだ?! 
その〝強いやさしい母〟に成れるように連綿と親と子の間を繋いできたものがある!
その繋がりの源泉をくみとらねばならないとする切実な欲求が湧いてくるのだ。

PageTop

わが一体の家族考(59)

「自分が自分に出会う」手ごたえ

その頃の自分はぽつんと一人きりの、おぼろげながらも「自分が自分に出会う」手ごたえのような感受だけが唯一自分をリアルに確かめられるような心境にあった。
さきの山岸巳代蔵が安井さんに語りかけた、

“こうなったという事実を認めても自分で裁くのはどうもね。
本当は良いか悪いか分からんのやから、自分も責めない、人も責めないでその中で生きていく強い自分になることやね。そこから明るい豊かな世界が開けるのよ”

といった、
「事実その中で生きていく強い自分」
を見出す自らの体験について思いめぐらしていた時期と重なるだろうか。
「事実その中」に秘められているようにも感じられるリアルな自分に突然出会っては思わず〈やった!〉と独りごちて充たされていた。

テレビのミニ番組〝にっぽん巡礼―心に響く100の場所〟から
「そこで羽田さんは自分と向き合います」とのナレーションの声が飛び込んできたのは、そんな時だ。
女優・羽田美智子さんが幼少の頃から何度も訪れたことがある海岸の岩場にそびえ立つ鳥居を前にして次のように語るのだ。
大洗磯前神社_神磯鳥居

「鳥居の足元にも、波がかかったり、穏やかな波が来ようが、激しい波が来ようが、頑として動かない、この揺るぎない感じをずっと見ていると、自分は自分だと、あっこういうことなんだと、気づかされるんですね」

嬉しかったね。うまく言葉にならないところで同じような思念を何度もくり返していたからか、羽田美智子さんの「自分は自分だと」いう発言から瞬時に自分が心底納得する自分に出会えたような歓びに充たされたのだ!

あるときこの話を研鑚会で出したら、誰かが「私の場合は、“どうせ”がつくのよねぇ」と発言して皆で大笑いしたことがある。あまりに言い得て妙だったからである。
「どうせ自分は自分だと」仕方なく諦めがちな普段の自分らを言い当てていたからである。
だとしたら次のように問われるはずだ。

そこで見い出されたリアルな自分とは?
そんなリアルな自分を産み出すそこは、どんな場所なのか?

鳥居を前にして「頑として動かない、この揺るぎない感じをずっと見ていると」、自身のいわば〝原風景〟のようなものが迫り重なってくるのだろうか。羽田美智子さんも次のように語る。

「はじめて触れた海で、家族の笑い声とか…童心に還るというんじゃないけど、ふっーと力が抜けて、なんか休まる場所ですね」

そしてそんな〝休まる場所〟が跳躍点というか出発点となって「自分は自分だと」ふっとひらける瞬間が生まれたのだ!
自分が自分であることの、想像を絶するほどの驚きと喜び。
あらためて、そんな出発点に立ち戻った〝休まる場所〟とはどんな世界なんだろうか?

ともあれ「自分は自分だと」、そのように自分という存在を受けとめられるところから「私の倫理」なるものが呼び醒まされるのではないのか。

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(23)

 “奇跡の村”のときめき

先頃刊行された辻秀雄さんの『半世紀を超えてなお息吹くヤマギシの村―そこには何の心配もない暮らしがあった』(牧野出版)の本の帯のキャッチコピーに「ここは、本当に“奇跡の村”なのか」とあった。
奇跡の村

えっ!奇跡の村?、大げさだなぁ……と思いつつ、何かが突然呼び覚まされるような衝撃を感じた。
ひょっとしたら本当はそうなのかもしれない。“奇跡の村”ってまんざら根拠のない話ではないのではないか? 日々の暮らしのここにもあそこにも奇跡が顕在しているではないか。そんなふうに想いを馳せると胸がときめいてくる。
例えば以前「週に一度ぐらいは各家庭でも食事ができるように、村の一体食堂“愛和館”に休館日を設けたい」といった提案が研鑽されたことがあった。

研鑚会ではもちろん各家庭での食事云々はとがめる何ものもないのだが、それと共に「常夜灯」としての一体食堂“愛和館”の存在価値について皆で研鑽できたことが今も心に焼き付いている。いつも身近に感じられて自分らの歩む道を照らしてくれるような道しるべとしての「常夜灯」についてだ。そんな「常夜灯」の灯明と年中無休の一体食堂“愛和館”が重なってきたのだった。
常夜灯

その頃か、どうも皆となじめなく沈んだ気分のまま一体食堂“愛和館”へ普段よりも早めの時間帯に行ったことがある。すると“愛和館”の光景が一斉に自分の心の中へ飛び込んできたのだ。子供たちから老蘇さんまでみんなが耀いて見えた! 

こんな時だ。その時その場に座る人同士で一家族を形成する「十人のテーブル」の仕組みからの無言の催促や力づけに触れるのは。何かほのぼのとした温かいものに包み込まれる“奇跡”に気づかされるのは。

また例えば、自分の人生の大きな転機にかかわる人との出会いや結婚の経緯なども“奇跡”としか名づけられないものだ。
自分はそのことを臆面もなく“ある愛の詩”と勝手に名づけて機会あるごとにみんなの前でおおっぴらに言い続けてきた。
だってそれ以外に堂々と胸を張って自分の言葉で語れる何ものもないからだ。あのときめく恋に落ちたような琴線に触れる体験というか「私はあなた、あなたは私」の親愛の世界との出会いこそ“奇跡”ではないのか。他になにも要らない。もうそれで満喫謳歌。
そういえば自分らの全人幸福運動も、「かなわぬ恋ではなかろうと、チョッピリ出した手がこの知的革命案です」(『ヤマギシズム社会の実態』)だった。

そんな誰のなかにも眠っているその人なりの“奇跡”が日々新たに呼び覚まされ、ときめく最適な場として“奇跡の村”がある!
この書には、実顕地という共に働き、共に暮らす場からおのずと浮かび上がってきた、一人ひとりの“奇跡”が綴られている。何気なく、当たり前なこととして、それはある。
    

PageTop

わが一体の家族考(58)

次元の転換の〝一瞬〟

ヤマギシズム運動の先人、安井登一さんは八十歳をすぎて『山岸巳代蔵伝草稿』を書き綴けることに生き甲斐を感じておられた。
安井登一

後年自分らも山岸巳代蔵全集刊行の際、大いに参考にさせてもらったことがある。
その中に次のような逸話が記されている。
安井さんが会の本部事務局総務として活躍されていた1958(昭和33)年頃、〝百万羽構想〟が発表されて各地方の熱心な支部世話係が祖先伝来の土地家屋までも売り払って現在の三重県・春日山へ次々集結しだして、会の支部組織がメチャクチャになった。そんな会員達からの批判の矢面に立たされた安井さんは困り果て、集結場所の三重県四日市へ出かけて山岸巳代蔵に窮状を訴えた。

“山岸はニッコリ笑い乍らきいていたが、ややあって静に口を開き、
「安井さん、物事は暗く見るとそればかりが見えてますます暗くなる。やることなすことみなマイナスになっていく。あなたが『どうも分からん』という言葉さえ、あなた自身とあなたの周囲までも暗くしていくから慎重に発言して欲しいね。
こうなったという事実を認めても自分で裁くのはどうもね。
本当は良いか悪いか分からんのやから、自分も責めない、人も責めないでその中で生きていく強い自分になることやね。そこから明るい豊かな世界が開けるのよ」
聴いていた私のもやもやが一瞬からりとはれて「ああ成るほどなあ」とじっと山岸の目を見つめた。山岸はポンと私の肩を叩いて、
「あるものが見える人、見えない人。無いのに見える人、見えない人。いろいろあるわね」
私は即座に参画を決意し、直ちに家に帰り、家族会議の反対を押し切って山林を処分して資金を携えて百万羽に出資して参画した。”

よくぞ、即座に参画を決意する、その次元の転換の〝一瞬〟をあざやかに記録にとどめ置いてくれたものだ。貴重な研鑽資料ありがとう。
ところが、
翌昭和34年所謂「山岸会事件」で逮捕された安井さんの津拘置所からの次のような発言が残っている。

“私は最初に急革の方法の一部を知って不安を持っていたが、今回の事件を通じて、これが誇大妄想狂的な間違った方法であるとの確信を得ることができた。
あの方法では理想社会の実現は不可能と思われる。”(『快適新聞』昭和三十四年九月発行)

自分らの意志をもってやったことが「誇大妄想狂的」だったのだろうか? 理想を目指してのたぎる情熱からのあらわれが度を過ぎたからであろうか?
観念動物と称される人間特有の「観念習性」からの逆説なのだろうか。
あの当時「Xマン」「Z革命」などの流行語と共に日本列島を揺るがせた渦中にあって無理からぬ発言だったのだろうか。

だがしばらくして事件の余波も収まった翌昭和三十五年七月、安井さんは直接山岸巳代蔵に今一度さきの「山岸会事件」での真意を「どうも分からない、疑問だ」として問いただす。

安井 あの時、人を殺さねばならなかった、その理が分からぬ。
山岸 今度揃った時、ゆっくりやろうよ。あのこと一つ一つ採り上げんでも、他のことも含めて。自分の買ったマッチで家を焼くこともあるし、言い逃れでなしに、理も現象もゆっくり時間をかけて。
安井 あれが私の最もひっかかりの問題になってる。
山岸 あれ自身もやけど、その真相が違う。「あれをいけない、どうだ」と暗く見ないで。
安井 一時は決めてて苦しかったが、今は決めてないので、詳しく理を検べたい。他のことはずいぶん言われて出したが、あれだけは同志一人でも傷つけたくないので言わなかった。
山岸 真相、事実を零位に立って検べることだと思う。
安井 原因は分かるが、そうなったことに、私自身なぜもっと積極的努力をしなかったかと後悔してる。
山岸 焦点の真相を知らんと思う。
安井 そういうものもあれば、聴いてスッキリしたい。
山岸 聴ける法廷があれば出して、「なるほど、なるほど」となるのよ。永々と時間をかけて下手に解釈したら、無実の罪証が成り立つことになるかと思うが、それを徹底的に真相を洗ってみたら、僕はないものと思う。おそらくは各々の観方をしてると思う。洗ったら、「ああそうだったんか」というものが出ると思う。”(第一回ヤマギシズム理念徹底研鑽会)

動物の中の人間は本能以外にその特質として〝観念の動物〟と云ってよいくらい観念に左右され影響されて生きている。観念によって不幸にも幸にもなれる。そこから昔からの風俗、習慣、道徳その他、その他の観念による考え方の見直しや観念転換といった観念の特質を知った上での人間知能の用い方の是非が問われてくる所以であろう。
だとしたら観念面を正すとは具体的にどういうことだろうか?
ここでの安井さんと山岸巳代蔵の問答の中に、人間観念の取り得る二面性というか二通りの人間知能の用い方が象徴的によくあらわれているとふり返ってみて思う。
安井さんというか今も自分らにとってなじみがある「どうも分からない、疑問だ」とする〈問いの型〉と山岸巳代蔵の「真相、事実を零位に立って検べることだと思う」とする〈応えの型〉がかみ合わない二面性である。

この一致しない〝ズレ〟のなかに、今なお世界中でくり返される〝不幸の原因〟を見る思いがする。
この問答から心ならずも浮かび上がる秘められた〝ズレ〟こそ、もっともっと徹底的にひらき吟味すべき個所なのだ。ここの一番肝心な部分が未だイメージされないまま閉ざされ見すごされているのだ!
「平和のために戦争し、神に祈って爆弾を恵む」(知的革命私案)愚行・蛮行が世界的に容認され続け日常的にくり広げられている所以なのである。

“こうなったという事実を認めても自分で裁くのはどうもね。
本当は良いか悪いか分からんのやから、自分も責めない、人も責めないでその中で生きていく強い自分になることやね。そこから明るい豊かな世界が開けるのよ”

あらためて安井さんの「どうも分からない、疑問だ」といった一般社会常識観・価値観の次元から即断即決の参画への〈転換〉に思いをめぐらしてみた。

PageTop