FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(70)

〝母子系図〟の繋がり

人の母子に限らず親鳥が雛に餌を与えている姿や動物の赤ちゃんが一心不乱におっぱいを飲む姿を見つめていると、衝動的にいつまでも眺めていたい気持ちにかられる。

赤ちゃんが生まれてすぐしたいのは、おっぱいを飲むことだ。おそらく匂いを頼りに乳首を探りあてる。そして満ち足りるとまたうとうととうたた寝をくり返す。それと同時に母親も赤ちゃんにおっぱいを吸われる喜びが齎される。
求める(受ける)ものと応える(与える)ものとが全面一致している喜びの姿であろう。
そんな喜びの姿に、母親も〝かつて自分が受けたように〟吾が子に与える喜びに生きる、喜びの自分を発見するのだ。
自分の持っているなけなしのものも、早く貰って欲しい。貰って怪我や食傷せないよう、真の人間らしく早く成長して欲しい、と。

そんな受けるばかりの自分らは、生涯母体に抱かれ母乳を飲んで暮らしているようなものだ。肉体を受け、生命を受け、豊富な物質や健康を受け、温かみと親しさが籠る親愛の情に充つる世界までが一方的に齎されている!
こうした齎す人は既に齎される恩恵に浴しているという〝与えて喜び受けて喜ぶ〟実態についてもっと想いを馳せてみたい。
あの母と子の間を繋いでいる、赤ちゃんが母親のおっぱいを吸う喜びと母親が赤ちゃんにおっぱいを吸われる喜びとの一致には、どんな実態が秘められているのだろうか、と。

例えば鹿など動物の授乳では、子鹿は前から首を入れて、母親の後ろ脚間にある乳首をくわえて乳を飲む。その間母親は子鹿の尻をなめてやったりする。
子鹿の授乳光景

赤ちゃんは唇と舌を使ってただひたすら匂いと温かさを頼りに乳首を探し求め乳を吸い取り乳房の肌触りの感触を味わいつくす。そして満ち足りると安らかな眠りや排便などがくり返される。一方母親は、おっぱいが足りない時、おしめが汚れた時、眠りが足りない時に、不快でむずからないようにと忙しくても、労れても、自分の生命を削ってでも〝与える喜びに生きる〟世話が連綿とくり返される。
というのも既に母親も〝かつて自分が受けたように〟与えて貰った恩恵に浴しているからに他ならない。
しかもこの食(授乳)を介しての母と子の繋がりの喜びは、自ずと性(対)を介しての母(女)と父(男)、夫婦の繋がりの喜び(快楽)を抜きにしては生まれようがない。

それゆえ次の、
「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく、……」(『ヤマギシズム社会の実態』)
といった一節から、永遠に生きたいとする本能的欲求の現れでもある自己なる主体は、両親を親の親の親を辿っていけば……子孫の行く末の、末の結合を考えれば……幾千里離れていても夫であり妻であり、兄弟・親子の間柄にあり皆血の繫がる人類全体の繋がりの結び目の一つだと知らされる。

主体は自分にもひと(他人)にもないのだ!?
こうした〝母子系図〟の繋がりのことを、この間自分らは
○私の倫理「親は飽くまで子に資するもの」
○私の社会倫理「自己より発し、自己に還る」
と呼んできたのだと思う。また
“理想社会にはこの温かみと親しさが籠っていて、人情の滲み出る気風を添えてこそ、完全なものです。”
ともあるが、こうした倫理観の発露が主体となって始めて〝わが一体の家族〟が立ち現れてくるにちがいない。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(69)

ヤマギシズム人間像

そんな古代のキュニコス的人間像にヤマギシズム人間像を重ねてみたい。

“ある時、ディオゲネスは、
「人の姿を見て犬と呼ぶ人がいる。では、人間はどこにいるのだろう?」
と言って、昼間にランプの火をつけて人間探しをした”
真っ昼間にランプを灯して人探しするディオゲネス

という。じつは山岸巳代蔵もそうだった。ヤマギシ会運動とは、物に乏しい人々を訪ね、心の豊かな人を探す旅の途上にも例えられるだろうか。
会が発足したのは1953(昭和28)年3月。以来「五五会」と称して、毎月五の付く日に京都市内の会員有志宅に養鶏支部会員の代表が寄っては、運営面等の研鑚会が開催されていた。なかでも毎月十五・十六日の研鑚会は夜明かしで〝幸福〟についての話し合いももたれていた。
その頃、京都府船井郡八木町諸畑部落の会員、明田正一が山岸巳代蔵宛に

“キチガイになれたのが嬉しい。キチガイが治らぬうちに来る気はないか”

との手紙を出したら、早速次のような葉書が届いた。

“前略 過日は五五会で忙しくしていましたので、お話も出来ず残念でした。
八木の支部にもそんな変り者がいたということは知らなかった。
変り者を探している。変り者を探し合って、変り者でない人を変り者にしようじゃありませんか。そして世界中の人みな変り者に変えましょう。
変り者を一六日に送って下さい。昼は向日町で養鶏。夜は当向島で変り者の変わった会をやります。”(一九五五年六月八日付)

そして七月から山岸巳代蔵自ら諸畑の地にヤマギシズム社会のモデルを造りたいと、
“掘立小屋を建てて、藁の上で筵(むしろ)をかぶってでもやっていく。私は諸畑の土になりたい”
といって、自分で育雛も始めたと伝えられる。
無口だが時々奇抜なことを云う明田正一さんの人となりに惹かれた山岸巳代蔵は次のような葉書も寄せている。

“あなたの業跡は全人に幸せを齎すものです。諸畑の革命は世界革命への第一発であり、これが決して誇張した言葉でなかったことを後日事実をもって証明するでしょう。
いかに叫んだところで、行う人がなかったならば、言わざるに如かず。
みんなで研鑽した理論が空論でなかったことにする手始めは、舞台一ぱいに踊るあなた方の、演出実技に俟ったもので、作者と役者と一体になって、出来るか出来ないか、世界の観衆の前で試演しましょう。熱演しましょう。あなたと私の繋がる全世界の人、その子孫永久の幸せのために、全力を傾けましょう。
(中略)
             山岸 巳
ほうけ者の親玉・子玉・孫玉各位
酒呑童子の世界相手の暴れ振りに期待しつつ
(一九五五年八月一四日付)

事実現在の春日山実顕地(三重県)の前身、「百万羽科学工業養鶏」創立への参画者第一号は明田正一さんだった。
そんな明田正一さんに限らず、たくさんの後光が射して見えるヤマギシズム人間像との出会いが思い浮かんでくる。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(25)

移りゆく季節の中で

春4月に入ってすぐ1日~4日まで毎年2回8年間続いている恒例のサッカーをしないで〝自主、自立。チームワーク。コミュニケーション。食事〟を目的とした地域のサッカーチーム110名ほどの子供達の合宿がはじまった。畑の堆肥まきや牛舎や豚舎での元気なかけ声や振る舞いを通じて村は一気に春の息吹に満ちる。

続いて桜がちょうど満開になった頃には、一年間親から離れ仲間たちと過ごす幼年さんの入学式があった。早速次の日からカモの親子が一列に並んで歩いている光景そっくりに、村のいたるところで幼年さんに出会うことになる!
そうしたいつの間にか見慣れた風景になっているけれど、ちょうど十年前久しぶりに村で幼年さんの受け入れを再開した頃が思い浮かぶ。村の空気が一変したのだ! 神出鬼没する幼年さんの無心の振る舞いにどれほど心が和み励まされたことか。加えて以前からの養護部の子らの日々の散歩や職場の行き帰りの姿とも重なり合って、どんなにか豊かな村づくり像が皆の心に刻まれたことだろう。

今年は遅咲きの桜並木の開花と共に、梅林や桃園やぶどう棚や木蓮や菜の花々がほぼ時を同じくして咲き揃う絶景の中を、地域の老人ホームのお年寄りを乗せた車がひっきりなしに行き交っている。
そんなある日ふと見上げると、青空に尾ひれを豊かに振るう鯉のぼりが踊っていた。そういえば今朝学育の子らが、以前5月の春まつりに向けて設置した高さ33メートルの鯉のぼりの支柱の下に集まっていたっけ? もうそんな木々の若葉の緑が一斉に目に飛び込んでくる季節に移っていたのだった。
柿の木の若芽

なかでも道端の柿の老木の新芽は若芽色が鮮やかで、それがひび割れ白茶けた木肌から出ているのが何とも不思議でならない。だって老木だから、多少は赤茶けた新芽であってもよいはずなのに、といった滑稽な思いに囚われる。
人為の如何に関わらず自然界では若木、老木を問わず若葉の芽生えは緑色なのだ!

年を重ねた今、今が一番新しく、新しさが若さであり、今の自分がそうである。そこには一切のキメツケは要らない! それなのに先にあるものをだんだん古くなっていくようにキメツケて考えがちな人の哀しさよ。
しかしもうそんな心配は要らない。じつは自分らの村づくりはそんな矛盾をも包み込んだ上で構想されているからだ。
つまり我執がなくなったら理想郷を造ろうでなしに、まず仮の理想郷を造って、本当に仲良く暮らして行くには自分の引っかかりを放す以外にどうにもならないという、方法を以てすれば解消されていく仕組みなのだ。

そんな理想を求める自分らが本当の仲良い姿になる場、方法が必要なのだ。豊かな村づくりの秘鍵もどうもその辺りにありそう。どんな人もどんな難問題もみな溶かしてしまう親しい温かい空気のような気風から……。

PageTop

わが一体の家族考(68)

ディオゲネスの身振り

フーコーによれば、キュニコス主義は生の様式と〈真なることを語ること〉とが互いに直接的に、無媒介に結びついた哲学の一形態であるという。
要は余り複雑に考えすぎない、むしろ常識や先入知識・経験にも無頓着な良い悪いを考えないで無批判的にまず〝やってみよう〟とするイズムだというのだ。
この一言からでも深く根本理論を追究し、自分の判断を織り込んでいく伝統的な堅実・賢人型の哲学のイメージと大きく異なる。
そんな雑念を介さない素直さは、書かれたものより可視的に顕れる〝振る舞い〟の中でこそ明るみに出され多くの人々の心に響いていく。
その思想よりも逸話によって知られるディオゲネスの身振りが今に伝わる。講義録の中などからさもありなん、とうなづける幾つかを並べてみる。
樽の中のディオゲネス

○衣服をほとんど身につけなかった。
○最後は眠っている物乞いのようにマントに包まれて死を迎えた。
○公の場で食事をし、おおっぴらに公衆の面前で自慰にふけった。
○クセニアデスによって奴隷として買い取られたとき、「何ができるか」と問われて「私は指図することができる」と応じた。それでクセニアデスの子供たちを教育することになったが、その内容は従僕や奴隷に頼らない非依存の習得を教えた。
○両替商の息子だったディオゲネスは貨幣変造の疑いで追放されたが、そこから「貨幣を変質させよ」というデルポイの神託を受けたとされる。つまりそこに規則、習慣、しきたり、法と共にある〝貨幣〟よりも、自分自身の存在こそ価値ある〝真の貨幣〟だとした。
○金に困ると友人達に「貸してくれ」と言わないで「返してくれ」と言った。なぜなら、すべては神々のものであり、自分こそ神々の友だからだ。
○アレクサンドロス大王が町に訪れたが、ディオゲネスは日向ぼっこをしていて挨拶に来なかったので、大王から会いに行った。
大王が「何か望みはないか?」と質問すると、ディオゲネスは、
「そこに立たれると日陰になるからどいてくれ」とだけ望んだ。
帰途、大王は「私がもしアレクサンドロスでなかったら、私はディオゲネスになりたい」と言った。するとディオゲネスは主張する。
「しかし真の王はこのわたしである」と。
○ある時まで小さなお椀で水を飲んでいたが、泉で子供が両手をコップのかたちにして水を飲んでいるのを目にして、自分のお椀を投げ捨てた。
○彼が奴隷として市に売りに出されているとき、座った方が楽なのでそうしていたら奴隷商人にとがめられた。そこで彼は言った。
「どうでもよいではないか、腹ばいで横になっている魚だってちゃんと売れるのだから」
○彼が広場で食事をしていると、それを見た人々が「まるで野良犬だ」と言う。そこでディオゲネスは「しかしお前たちもやはり犬だ、なぜなら食べている犬の周りに輪になって集まるのは犬だけだからだ」と切り返す。
○広場で真剣に大事なことを話していたとき誰も耳を傾けなかったが、鳥のように口笛を吹き始めたら人々が集まってきたという。
その他諸々。

こうした古代の人々の間で興味深く面白がられたであろう逸話にフーコーは、この間の〝自己への配慮〟に関する研究のいちだんの深まり・広がりを見てとったのではなかろうか。
粗野なこの生き方、貧窮し放浪する姿に、それゆえ却って〈真なるもの〉を観たのだ。
そこには私生活もなく、秘密もなく、公開されざるものもなかった。
こうした慎みを欠いた生、ある面横柄で不潔で挑発的で恥知らずの生。荒削りなやり方ながらも不純物の混じらないピュアで簡素で能動的な貧しさの顕現に、いわば〈真なるもの〉におのれの生の様式を即応させていくイズムなのだ。〝直接的に無媒介に〟世間体を省みずに。
そうした目に見えるかたちでの身振りは、古代の人々にも少なからず心当たりがあるのか、顰蹙を買いあざけり笑われる一方で身近な逸話としてくり返し語り継がれた。それは大方の一般社会通念や人生観を揺さぶることを意味した。それは必然スキャンダラスなやり方(名声を汚すような不祥事)で価値観を反転させ、転倒させるのだ。
それはまたラディカルに別の生の必要性の主張および肯定へと導くのだ。
まさに犬儒派(キュニコス派)よろしく番犬のように暴力的に既成の価値観に噛みつく。
ここに実践の中で誇大化し、反転させることによって、一気に世界を変えようとする〝戦闘性〟、いわば全人に差し向けられた開かれた場における戦闘性という考えが浮上してくる。普通の人々の生が、真の生とは全く別のものとして明るみに出されるからだ。
フーコーは自己への配慮から出発しながらも、自己に配慮すると称する生とは何なのかと問い、そこに倫理的主体としての配慮する生のかたち、それは別の世界への移行を誘い立ち返る謂わば全人に配慮することに繫がる一つの道筋をキュニコス主義に見てとるのだ。

自分らの文脈での「私が変われば世界が変わる」一粒万倍思想の始まりである。

PageTop

わが一体の家族考(67)

フーコーが問いかけるもの

ヤマギシ用語にさきの「ボロと水でタダ働きの出来る士は来たれ」と共に「私が変われば世界が変わる」というのもある。
言う人が百人出来ても効果がないが、一人の心からの行いが百人の心に響くものだという意味だろうか。
次のような逸話が語り継がれている。

“かつてA、B二つの養鶏家達のグループがあった。Aは物が平等に満ちたグループ。Bは物に於て不平等のグループであったが、
Aは絶えず猜疑し合い、争い合った。
Bは常に信じ合い、むつみ助け合った。
これは、
Aは普通の人々の集合に過ぎなんだが、
Bにはたった一人、謙虚で神の如き人があったからである。”

今ではこんな話何だか短絡的で宗教っぽい話に聞こえてくるのか小馬鹿にされるのがオチであろう。
しかしさきのフーコーが自分のこととして取り組んだテーマが、あえて平たく言えば「私が変われば世界が変わる」だったのではなかろうか。
もっともここでの「私が変わる」とは〈私〉というものの次元の〈転換〉を意味している。
最後の講義で〝こうした分析の一般的枠組みについて〟話さずに終わった草稿には、次のような趣旨のことが書きとめられている。もちろん自分寄りの文脈に引き寄せつつ、そこに次元の〈転換〉のイメージを重ね合わせてみる。
講義中のフーコー

○ソクラテスなど古代哲学にまで遡り、主体と真理との諸関係についてを「自己の実践」という観点から研究しようと試みた。
○それも自己との関係を「魂」との関係だけに単純化しないで
○つまり「自己への配慮」を〝実践〟のテーマとすることで、自分自身の振る舞いや行動の仕方を倫理的に構成することにあった。
○それは自己自身の変化を目指す修練・陶冶・訓練・点検を意味するだけにとどまらない。
○つまり次元の〈転換〉を意味する「私が変わる」の実態がここで明らかにされる。
ふとした機縁から私を考え、私を改め、私を深める実践を通して、「自己への配慮」と「自己の認識」とを同一視しない主体自身の移動というか心の〈転換〉がここで為されるのだ?
今までの自己とは次元を異にする、自分らの言葉でいうならば「われ、ひとと共に」の〈自己〉が構成されるのだ。
○そうした〈自己〉とは、真理を自分のものにする実践の数々を踏んだ倫理的な自己ともいえる。それは抽象的でなく真理を語る勇気を実際に持つということであり、必然自己も含めた〈全人〉と共に行い生きる関係に基づかなければならない。
○つまりそうした〝振る舞い〟のなかに、〈真なることを語ること〉と〈よく統治すること〉との一致像が見いだされてくる。
○ここにキュニコス派が現れる。自己への配慮と真理を語り表明する勇気の要請が結びつく数々の実践例である。
等々。

〝真理〟とは客観的で解釈すべきものというよりも、生きるものであり、自ら発するものであり、そこから齎される恩恵に浴する実動行為であるというのだ。 
たしか亡くなる直前に刊行された『快楽の活用』への序文の一節に

“私を駆りたてた動機はというと、(中略)それは好奇心だ。(中略)つまり、知るのが望ましい事柄を自分のものにしようと努めるていの好奇心ではなく、自分自身からの離脱を可能にしてくれる好奇心なのだ。”

とあった。
そう、自我という自己からの〝開放〟なのだ。〝真理を生きる〟ことで「自己への配慮」と「自己の認識」とを同一視しない主体自身の新しい次元の〈転換〉像がそこに現れ出たのだ、と。
もう少し踏みこんでみる。

PageTop