自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(74)

〝二つの私〟を知る

その頃山岸巳代蔵は、山岸会全國大会や「百万羽科学工業養鶏」構想の講演時に本名とは別の〝大村公才〟なる名を自称していた。その謂われを愛情研鑚会の中で次のように語っている。

“私は大村キミオっていう名をつけた、あれはね、ねえ、「全人に適当に使われたらいいんだ」っていう、そこから出た、あの夫(オット)っていう字を書いたんですわ。夫(オ)は、それではやはり一般を刺激するから、才(サイ)という字を書いてますけどね、夫(オット)という字、大村公夫って。
一旦あのねえ、瀬戸内海でねえ、ねえ、私はもう、ワタシは捨てたんですわ、ね。私を必要としやね、ねえ、相合う人あるなれば自由に使ったらいいじゃないかって、大村公才(キミオ)。そういう私の観念を象徴する意味で大村公才とつけたんです。
大村は世界っていう意味ですわ。ねえ、世界っていうことは、今の世界じゃない、永久の世界ですがね。世界の中で、ねえ、それで公才とつけたのはね、私のまあ才能って、そんなおこがましいもんじゃございませんよ、ねえ、能力そのものをやね、世界中の人のために役立つものがあるなればですよ、はっ、使われたらいいんだって、この気持なんですわ。で、いずれもこれは通じる「オ」なんですわ。”

ここで瀬戸内海に捨てたワタシの「私」、私心のワタシと「全人に適当に使われたらいいんだ」との気持から出たキミオ〝公才〟を二つに分けているところがじつに興味深い。
例えば幸福と云う言葉でも、一時的の満足感を幸福だと思い込んでいる〝幸福感〟と何時になっても変わらない〝真の幸福〟との二つの場合に使われるように……。
全てのことは〝何でも二つある〟ことを知るところから始まるのかも知れない。

長年認知症のケアに携わってこられた精神科医・小澤勲さんが辿りついた〝二つの私〟に分けての考察も興味深い。
「認知症体験の語り部」として知られるクリスティーン・ブライデンの著書(『私は私になっていく』等)に刺激を受け、かつ自身のがん告知を受けた体験を重ねつつ、そこから感じとられる人と人との繋がりの結び目としての〝自分〟という感覚に着目し、その繋がりにこそ自分を支え充実したものにしてくれる〝光明に至る道〟を見いだされていく。
小澤勲

“知的「私」、情動的「私」
知的な「私」の壊れに比して、情動領域の「私」(情動的自己)はあまり崩れないということについて、このようなことを書いたことがある。
私は、情動的「私」という言い方はあまりしてこなかった。それは、認知する「私」はどこまで行っても自分が認知している、という感覚から抜け出ることはないだろうが、情動を持つ私は確かに私なのだろうが、ともに喜び合い、いっしょに悲しんでいるうちに、それらは人と人とのつながりのなかにとけ込んでゆき、私たちの喜び、私たちの悲しみになり、「私の情動」という感覚を超えるのではなかろうか。
桜や紅葉を見て、最初は自分がうつくしいと感じているのだが、そのうちに対象と自分との境が消えて浮遊しているような、不思議な感覚にとらわれることがある。
私はかつて山登りをしていたが、ご来迎の瞬間、期せずして「おーっ」というどよめきが周囲に起こる。ところが、しばらくするとしーんと静まりかえって、恍惚としたというのだろうか、自分がご来迎を見ているという感覚を失い、自然に包まれ、自然と一体となって、自分がなくなってしまったような感覚に陥ったものである。性の世界を考えるともっとわかりやすいかもしれない。”(岩波新書『認知症とは何か』)

認知症とは悲しく恐ろしい自我の崩壊のようにいわれるが、一方では自分が自分であるといった執拗な〝自己同一性へのこだわりが解け〟て、〝世の規範、常識から少し自由で、世間体など気にする必要のない、暖かく豊かな人と人とのつながりがあふれている場〟にもなっているはずだというのだ?!

自分にも思いあたる節があったからか、我がことのように嬉しかった。しかもそうした情動的な世界が〝性の世界〟に通底している云々の個所はとても示唆的ですぐに納得できた。
この辺りを行きつ戻りつもっと丁寧に辿ってみることから、必ずやヤマギシズム恋愛・結婚観が開かれてくるような予感に心充たされる。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(73)

私の自己弁明

それでは次に山岸巳代蔵からの自己弁明をテープの中から幾つか拾ってみる。

“私にしてみるとまた、生きるか死ぬかの問題やと思ってるの。ね、愛情問題ね。もう本当は、柔和子が言った如くね、ワタシの「私」やね、この、私心のワタシっていうものはね、もう、なんらこの世に未練がないと思うの。”
“やはりこの問題解決しなかったら、私はね、生きた仕事が出来ないと思うんです。”
“本当の自由の世界は、そこからでなかったら生まれてこないと思うんですね。”
“この間も三田さんが来て、「もう、ほんな愛情研みたいなもん、どうでもええ。『百万羽』が肝心や。『百万羽』を成功さすことに全部を賭けよ」と、えらいお叱りを受けたんや。そやけど私らにしてみたら、『百万羽』くらい、そんなん軽いもんや。これこそ絶対もう捨ておけん大事業や。”
“「現在の結婚観というものは、私はメチャメチャだ」と。
「結婚しておると思っておることは、メチャメチャだ」と、「危ない」。「だからこそ、いろんな、嫉妬とか、憎しみとか、ねえ、或いはあの、葛藤、ね、混乱、こういうものが起るんじゃないか」と。
「そういうものの起らない社会が本当の社会、それが、この恋愛・結婚問題、これの根本解決が大事じゃないか」と、私はこう言ったんですわ。”

いったい愛情問題即ち恋愛・結婚問題がなぜ根本解決されることが〝絶対もう捨ておけん大事業〟だと言い切れるのだろうか?
生きた仕事が出来ないからだろうか?
本当の自由の世界が生まれてこないからだろうか?
嫉妬・憎しみ・葛藤・混乱など起らない社会が本当だからだろうか?
しかしそうだとしても、さきの奥村和雄さんや岡本善衛さんに代表される一般世人から見たら、ひどく唐突・飛躍・短絡的な発言に聞こえるかもしれない。
いや、ヤマギシズム提案創設者・山岸巳代蔵の中には一貫して次のような〝ヤマギシズム社会の実態〟がしっかりと焼き付けてあった。

“ヤマギシズム社会構成の重大要素は、親愛の情によって、全人類間の紐帯となすことで、怒りや疑いが少しでも介在しては、不完全なものです。
誰とも喧嘩しない、仲よし一家の寄り集まりです。”

理想社会には、「親愛の情が絶対条件」だというのだ。しかし今迄も云い尽くされた言葉であるからか、

“これも既成社会観念から見ると美し過ぎて、婦人会の乗車風景の外麗のみを見た、歯の浮くような幼稚な考え方に見えましょうが”

と、予想される反応にも配慮しつつくり返し人情の滲み出る気風の大事さを強調する。

“又道を尋ねられても自分は自分、ひとはひとと、他に関せずの個人主義も、実は社会が自分一人限りのものでなく、必ず何かで他の人との関連があり、人間は相対的であって、吾一人行かんも程度の差こそあれ、帰結する処、他との保ち合いで人生が有意義になります。
本当に人間は一人になり切れるものでなく、そこに人の情が自ずと湧いて来るものです。
道連れ話相手があると、遠路も忘れて愉快に過ごし、汽車や船で長旅すると、未知の人とも何時か言葉を交わし親しくなり、路傍で見かけた丈の間柄でも、遠い他国で相会うと、近親感を覚え語り合うようになり、純な子供達が、特に早く馴染むのは自然の人の姿でしょう。
世の鬼のように云われる冷血漢でも、家庭ではよき夫であったり、やさしい父として心中に涙することもあります。“

しかしホント、かんで含めるように説明されるこうした〝美しすぎる言葉〟ゆえか逆に遠く他人事に感じられるのはなぜなんだろうか。〝自分の言葉〟にならないもどかしさを感じるのは、はたして自分だけだろうか。
何が邪魔しているのだろうか? なぜ今愛情研鑽なのだろうかというのが大方の見方であるにちがいない。

PageTop

わが一体の家族考(72)

愛情徹底研鑽会

昭和三十三(1958)年夏、三重県阿山郡春日村(現在の三重県伊賀市)の春日神社の裏山の松林を切り拓いて、「山岸会式百万羽科学工業養鶏」構想に参画した人々の理想顕現の場づくり(現在の春日山実顕地)が始まった。
百万羽杭打ち

当時としては他に類を見ない百万羽の養鶏工場を創り上げるのだということもあったが、やはり一番の魅力は心一つの人たちと共に考え行う一体生活なるものを一ヶ所に寄ってそれぞれ専門分業の一員としてやっていく、そんな生活がどんなにか素晴らしいことだろうかと夢膨らんだからに他ならない。
仕組みとしては、〝ヤマギシズム生活調正機関〟なる任意の組織を設けて、その機関に参集者一人一人の生活の総てを全委任して、同じ思いで何もかも委した人達全員の意志で調正運営していく方式である。
生活の総てを全委任するとは、身、財、命までを意味した。智恵も、考えも、能力も、体力も、総ての物も、お互いに持たないで自由に使い合う仕組みにすることで、皆と共に〝ゆりかごの前から墓場の後まで〟安心して仲良く暮らしていこうとするまさに〝自己より発し、自己に還る〟ヤマギシズムの実践であり、そうした社会のあり方を世に問うためにも参集したのだった。
こうして老人・幼児を含め二百名近い人たちの〝一体生活〟が始まった。
しかし個人生活から、慣れない〝一体生活〟に入るわけだけだから、最初のうちはとまどいの連続である。いや、今尚過度期のとまどいの連続かも知れないが……。
例えば経理部では、皆の財産整理からの出資金は数千万程度に上ったがすぐに底がつき始める。宿舎でも基礎がしていなく細い杭を打ち込んでその上に乗せる簡易な建て方だったが、鶏糞乾燥場、育雛舎、大雛舎、成鶏舎、研鑽会場建設が目白押しに続いた。
また人事部では、各部門の最低必要人員決定と現金収入を得るために一般労務員(土方仕事など)の捻出が急がれた。
日々の労務配置で、各部からは気づかぬまま自己本位的に「新人は困る。もっと慣れた人に来て欲しい」という気持が出てくるからだ。
一人ひとりが本当に楽しい場に就き、またそれを活かすことが楽しいという〝一体の妙味〟をいかに生み出すかが日々直面する切実な課題だった。

ではその頃、山岸巳代蔵は何をしていたのだろうか?
山岸巳代蔵全集所収の年譜には、

“1958(昭和三十三)年 57歳
八月十二日 起工式を挙行。この頃、春日村の元村長中林宅の離れに柔和子と共に移る。その一方で頼子のいる四日市のアパートへも通う。“

と記されている。
そしてそこから春日山に出向いては、養鶏の飼料設計や消毒方法や鶏どうしの尻つつきや羽食いなどを防ぐ手立てについての飼育係からの相談に乗ったりはしていたが、実際のところ愛情問題の解明にほとんど占められていた。

柔和子とは第三九回特講(京都、三鈷寺)で出会った福里柔和子(当時38歳)のことであり、頼子とは第四回特講(京都、三鈷寺)で出会った井上頼子(当時19歳)のことである。
その頃山岸巳代蔵は、京都向島に住む妻・志津子とは別居して、昭和三十一年秋頃から三重、四日市市の会員井上与男宅で井上頼子と住んでいて、昭和三十三年三月末には福里柔和子との婚約発表をすませている。
これには四日市支部の会員も動揺したらしい。そうした山岸巳代蔵の行動が四日市支部の研鑽会でも話題になったが、本人は一切弁解をしなかったので並みいる人々は二の句がつけなかったという。
かくして、三重県菰野の見性寺に関係者(頼子や柔和子らも参加)が一堂に集まって持たれたのが、暮れも間近い一一月の末から一二月の初めにかけての愛情徹底研鑽会だった。

山岸巳代蔵にとっては、愛情に関する問題は、非常に大きな課題であり、一体世界における、無固定の結婚はどうあったらよいのか、これの究明・解明・実証こそ、その本願とする全人幸福への最大不可欠の課題とみなしていたようである。
一方、『百万羽』構想や会活動を現に進めている当事者らにとってみたら、またとない山岸巳代蔵の真意を問いただす場でもあった。
その一部がテープに収められて保存されている。引用してみる。

“奥村和雄(『百万羽』参画者) まあしかし、この、愛情問題ちゅうか、これはもう、みなが非常に関心持ち、また、今の社会には受け入れられないと、二百年後の社会であればいざしらず、これが山岸会の進展に大きなマイナスになっておると、今としても『百万羽』の進展に非常に影響しているということも事実。また参画しておる人も、これがために非常に不安な気持になっている。本当の腹の底から力が入らないということ、これはまあ事実、私みたいなものでもそうなんですけどね。”

“岡本善衛(会員・三重県県会議員) またあの、おそらくねえ、そりゃあ、あなたのような心境になったらどうか知らんけどね、しかし現実社会に生きる人間がね、そういうことなんかあり得ない。わしゃあ一番困るのはね、東京で、
「山岸さんっていうのはそういう状態で、山岸会はそういう問題、非常にルーズらしい。どういう考え方だ?」
と、こう訊かれる、わしゃあ、当然困る。
でね、「そりゃね、恋愛の我々の旧道徳というものよりも、もう少し高い所でね、見てると。だから恋愛の問題だけはね、たまたま旧道徳を超える場合があると思うんだ」と。
「しかし、山岸さんの現実の問題は僕は知らんのや」と、こう言うて逃げとるんですがね、しかし、これは私は一ぺんはあなたに訊きたいと。”

“奥村和雄  エー、親父さんのその気持、よく分かっておるんですわ、それで根本的なものを解決せずして仕事が出来ないとね、これもごもっともなんですがね、それはもう別に言う必要ないんですし、春日や『百万羽』の事情を別に一応言う必要もないんだけれどもですね、やはり、この二七日からのこの研鑽会が非常に大きく響いておるということ、周囲に大きな反響を及ぼしておる、この解決を皆ですね、首を伸ばして嘆願しておるような形で待っておると、
「今にまだそれが解決せないのか」という、皆のですね、気持ですね、非常に混沌たるものが流れておるようです。
「それがあるから解決せよ」と言うんではないけれども、これをですね、最も効果的に焦点を絞ってね、一時も早く解決しなかったらね、まあそりゃ一歩一歩前進しておるとはいうものの、ね、堂々巡りばかりやっておっちゃね、これで、エー、に終始してしまってね、エー、ま、これも一つの仕事の内だと言えば、それは当然のことでもありますけどね、そこを銘々しっかり銘記して、真剣にこれを推し進めていってもらいたいと思いますな。”

『百万羽』という偉大な事業を進めるにあたって、それに先立って私的な個人的なプライベートに属しているはずの〝愛情問題〟の真の解決がなぜ求められるのか?
未だ誰も解いたことのない常識(良識)外れの世界をひらくのだ。そしてそこからの自分から、今日の自分を思い起こして見ようというのである。

PageTop

わが一体の家族考(71)

真に〝分かり合う〟の源泉

さき(わが一体の家族考66)でフーコー最後の講義の一節にふれたが、講義では〝しかしもう遅いので〟として取り上げられずに終わった草稿の最後は、次のように記されている。

“最後に私が強調しておきたいのは以下のことである。すなわち、真理が創設される際には必ず他性の本質的な措定があるということだ。真理、それは決して、同じものではない。真理は、他界および別の生の形式においてしかありえないのだ。”

すごく難解なことが云われているように感じる。なかでも〝真理が創設される際には必ず他性の本質的な措定があるということだ〟という一節などチンプンカンプン。
そもそも〝他性〟って何なんだ?

たぶんフーコーが〝他性の本質的な措定〟という表現で言いたかったのは、真なるものが現象化されるとは現実世界(既成)の常識価値観、例えば強者の論理・力の論理・支配者の論理等を肯定・固定してその枠内で幾ら改良を重ねても絶対到達し得ない質のものであり、本物を本当に乗せておく〝他性の本質的な措定〟なるものからしか真実は姿を顕さないという本筋的な異いについてのことだったのではないか?
ここを何とか自分らの文脈で解読していきたいのだ。

1959(昭和34)年七月、〝Xマン〟〝Z革命〟などの新流行語と共に一躍全国的に名をとどろかした「山岸会事件」で全国指名手配されていた山岸巳代蔵は、翌年四月逮捕という形で三重県の上野署へ自意出頭した。
そこでの上野留置場での看守とのやりとりの逸話が残されている。

“山岸 寝床が敷いてないから寝れない。
 看守 自分の床ぐらい自分で敷け。
 山岸 そうかね、そうかね、自分のことは皆自分でするのかね。
 看守 そらそうだ、自分のことぐらい自分でしたらよい。
 山岸 そうかね、それじゃ君のそのメガネは自分で作ったかね。
 看守 そら眼鏡屋が作ったに決まっているじゃないですか。
 山岸 君は何でも自分のことは自分で出来ると言ったじゃないか。
等々で看守がカンカンになったという。”

かのディオゲネスの再来といったところか。つい思わずふき出したくなるが、本人はいたって何時如何なる場においても真面目なのだ。
それにしても山岸巳代蔵と看守とのかみ合わない〝やりとり〟はじつに興味深い。
これこそ、何も甘やかされて付け上がっているものではなく、かのキュニコス主義的生を特徴づけるずけずけと包み隠さず勇気をもって〈真なることを語ること〉の実践にも似て、ある意味スキャンダラスなやり方で他の人の生き方や周囲社会を明るみに出して反転させていく逆説的な実践であり、まさに〝私が変われば世界が変わる〟目に見える振る舞いであったのではなかろうか。
そしてそこから始まる次のような山岸巳代蔵の発言が思い浮かぶ。

“真に分かり合うには、夜を徹して語り合うことである。万象眠る。ただ二人のみ、その中に覚めて語る。真に分からぬということはない。”
万象

万象眠る夜の沈黙の中で、私とあなたとの語り合いのうちにお互いの主張や考えを強行し合う誤解の急所が次々とほぐれ、談笑のうちに溶けていくものがあるというのだ。
ただ二人のみ共に向かい合い、それぞれの眼に相手が映るのみだ。あなたの目に映っている私、私の目に映っているあなた。そこに〝他性〟になることで〝他性〟の心になることではじめて〝一つ〟なるものが浮かび上がってくるとでもいうのだろうか?
こうした〝分かり合う〟とか〝一致〟とかの源泉について思いめぐらしていくと、

自分が生きているとは相手があるからで、相手は自分の中にある。自分だけでは自分はあり得ない。自分が生きているのはみんながあるという事実に思い至る。

そうした自分以外の他の個との関わり、結び付きの成り立ちを、男女とか夫婦として現れる「性」を基盤とする恋愛結婚観から訪ねてみようというのだ。「性」の琴線に触れてみようというのだ。そこからしか展開されない世界を指して〝理想社会〟と名づけているのだ?!
理想社会への道程は、「性」を基盤とする恋愛結婚観を抜きにしては語れないし成就しないという後先の話についてだ。
もちろんそのことの気づきは、自分にとっても青天の霹靂だった。

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(26)

仲良い楽しい大家族

今日は伊勢志摩の磯部農場へジャガイモ収穫に行ってきた。トラクターで畝に掘り起こされたジャガイモを大まかに大小二種類に分けてコンテナに入れていくごく簡単な作業。しかし中腰になってより分けているとすぐに腰が痛くなってくるし、さりとて腰を下ろして膝をつくと今度は立ち上がるのが億劫。そんなこんなで汗が噴き出してくる。
向こうの畝では幼年さん達がカラフルな砂遊び用のバケツ(?)にジャガイモを入れていたり、久しぶりに再会した者同士で写真を撮ったりしている。

こうした老若男女入り混じっての光景に、ふと先月の本紙「広場」欄にあった河合さをりさんの〝御浜の甘夏収穫に行ってきました〟の一文が重なった。そっくりそのまま再現されているさまにビックリ。
四月の下旬「地域の会員さんも一緒にどうですか」と声かけてもらって参加した大満足の南紀御浜での甘夏収穫体験記だ。

「手の届くところを採る人、とった甘夏をまずは食べ始める人、力のない人は二人でコンテナ運びを楽しんでます。木に登る人、そのうち私も、上から落としてもらった甘夏を受け取るのが面白くなり、いろんな人と組んでみると個性豊か!」

今日のジャガイモ収穫でも、韓国実顕地から研鑽学校に参加されている趙貞姫さん(80歳)がニコニコした表情で次のような感想をもらされていた。

「幼年さんから自分のようなお婆ちゃんまでまるで大家族のようでした!」

大家族? そんなのどこかの組織体の企画行事にすぎず嘘っぽいヨ、といった冷めた観方や考え方もある。そうだろうか。
 というのも最近事あるごとに
「人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、……」(『実践の書』)という一節に思いを巡らしていると、資金があり、ジャガイモ畑があり、作る人が大勢居ても、それだけでは実現しないことがあるのではと気づかされるからだ。
そうしたことが普通に和気藹々のうちにやれているのは、そこの場所や人達そのものでなく、人の心の中にある「と」において繋がっているものに後押しされてのことではなかろうか、と。

例えていうなら、身体の病傷の時、意識あるなしに関わらず全身心が動員してそれを取り除き正常の方向へと合わせていこうとする力が働いているようなものだろうか。
しかも〝人と人によって生れ〟から親が子を愛する親愛の情が溢れ、〝人と人との繋がり〟によることで、人は自分以外の他の人と出会うことで、幾千里離れていても夫であり妻であり、兄弟・親子の間柄にある〝家族〟に象徴される繋がりを明示しているようだ。
そうした何だか身内ゆえのほのぼのとした温かいものが紐帯となることで、〝大家族〟もあながち嘘にはならないであろう。

PageTop