FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(78)

流れ雲のような状態

先の山岸巳代蔵の発言に、

“発作が起らないから、それでその、もう発作が起らない人間になったかと言うと、そうやないの。発作が起る前に、もう一応そらすから、そうなっていくわけで、やっぱりまだまだ発作起きるかもしれないと、発作が起らなくなったという立証にはならない、”

といったくだりがある。
ここでの〝もう一応そらすから〟というのは、理性が働いて発作が起こるのを避けたり、妥協してその場を糊塗しておこうとする状態をいうのだろう。しかし自分自身にも重々分かりながら、避けたいのだが、発作が出て狂乱状態になることがある。
この事実はいったい何なのだろうか? 修養が足らないからか、性格なのか、こういうものが人間の本質にあるのか、何かしらんものから山岸巳代蔵は逃れられなかった。
ここを掘り下げつけ抜ける以外に為す術がないところまで追い詰められていた。愛情が通じないもどかしさが昂じてくると〝もう自分自身がそういう愛情が通じない世界では生きていられない〟といった苦しみの分析・分離、及び原因究明が冷静に出来ない状態に翻弄されるのだった。
しかもだからといって

“こういう世界のことは立証するために実験できる性質のものでなく、実験のための形だけのものなれば、出来てもそれはホンマものではなく、わざわざ実例を作ろうと思って作れるものではない。”(『恋愛と結婚』の前書き)

だがしかし、もう立っても居てもいられなくなった場面で、たとえば「エエイ、面倒くさい」と二階から飛び降りようとしたまさにその時、クッと止める人が現れた! 
何とかして燃やしてやろうとアパートの台所に灯油をこぼして、マッチを擦って、擦って投げるのだがなぜか火が飛び火しなかった!

そういう不思議なことが性懲りもなしに何回もあった。危ないとこだった。
と同時に〝天佑〟なんだろうか、何か明るい見通しが立ってきたような、正しいことなれば生かされるというようなものを感じるのだった。生きていたいこともないし、死にたいこともないと。全人幸福のためなれば、役立つなれば生かされるだろうといった自分の考えや力の入らない流れ雲のような心持ちが湧いてくるのだった。
浮き雲

そういう場に立たされて、そう仕向けられたらそう言わざるをせざるを得ない自分を批判的に振り返えりながらも、荒縄で縛ってでも腕づくででもお互い止め合うといった謂わば〝一体の繋がりの中で放っておかないもの〟に自分が吹っ飛んで無くなるくらいリアルに出会ったのだった!
そんな心境を浮き雲に托して〝天佑〟を齎してくれるものを次のように表現する。

“で、自分でなしに、傍から受けるものでね、どっちでもこう、ね、やっぱり雲のようなものやね、ファーッと風が来たらファーッと、フウーッと来たらスウーッと行くね。どこへ行くか分からへん。”

この間の愛情研鑚会の〝にわ〟(柔和子)と〝みよ〟(山岸巳代蔵)のいつ終わるともなく続く修羅葛藤の愛情劇の最中でこんな発言に出会うと、ホッと救われるような気がしてくると共にファーッと何か温かいものに包まれてくるようなのだ。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(77)

妥協の世界に生きていない

また「愛情研鑽会」の背景については、次のような出来事があった。
そもそも「百万羽科学工業養鶏(百万羽)」構想は、先の会員・岡本善衛から「輸出用の卵粉工場をやらないか」という話が発端だった。1958年の春先のことだ。
卵を卵粉に加工して輸出すれば、国内の鶏卵市場を圧迫しない上、輸出の見返りに飼料を豊富に輸入することで、国内の畜産界にプラスをもたらすことが出来できる。それならば、会員の養鶏場を一カ所に集めて、生活の不安の一切ない、真の楽園工場を建設しようという話にどんどん発展していく。
しかも構想の発表から、実際に「財産や命までも」と多くの参画者が四日市に参集してくるようになった原動力の一つに、柔和子の果たした役割は大きかった。呼びかけや資金づくりもあったが、何よりも『百万羽』構想実現への妙案が、山岸と柔和子の二人の話し合いの中で次々と湧きだ出しては、具現化していったのである。
そうした中、三月末には二人の婚約発表がなされ、二人の住む小林宅の離れで、有志による『百万羽』の計画書づくりが進められたりするなど、『百万羽』運動は、俄然、活気づいていった。

ところが、柔和子は頼子の感情的に不安定な姿を目の当たりにして、改めて頼子の存在を強く意識するようになる。柔和子は、当然頼子の存在は知っていた。だが、結婚を申し込まれた時も、はっきりと自分には複数婚の意志がないと伝えてあり、山岸からも、「その通りでいいのです」という回答をもらっていた。にもかかわらず、こうして現実に、頼子が、「先生が離れた」と言いって泣き騒いでいるのを知って、若い彼女が愛情の問題でそんなにも苦しんでいることがショックであった。

事態はその後も一向に変わらない。頼子が死を口走っては家を飛び出せば、その後を護衛役がついていく毎日がくり返される。
柔和子が、「そんなに頼子が頼子がと言わなくとも、彼女は大丈夫ですよ」と言うと、山岸は顔色変えて、「お前という奴は何という薄情な奴だ」と罵り、そこらのものを手当たり次第にぶつけて壊したりする。そして、柔和子に対しての我抜き、剛研鑽やら、奇異な振舞いへと、まさしく君子豹変するのだった。

複数の女性をめぐって激しく山岸巳代蔵を追求する柔和子と、そのことの善し悪しでなく、一切のキメつけを外して研鑽できる真の夫婦としてのあり方を願う山岸巳代蔵との間で激しいやりとりが際限なくくり返される。
研鑚会の中で、山岸巳代蔵は愛に飢えた状態の、狂乱状態かも分からない、常軌を逸する、正常な考えがそこに働かない自らの発作状態を振り返っている。

“だが、その時はもう何もね、もう考慮のうちに入らない状態というか、その純粋さを、言うてるわけやね、そこをね。私自身から出てる場合もあるやろ、ね、大いにあるやろ。
間違いを通そうとして、それが通じない場合にな、そういう場合にも起ってくるやろ。
何とも言えんもどかしいものね。
ええこととは思うてへん。ああ、そんなこと避けたいのやけど。まあ、見せ掛けではない。もう自分自身にも、重々分かりながら、まあそういう状態になって、まあ発作的と言われても、やむを得ないかも分からん……。”

“もっと子どもの時にね、自分のね、自分の正しいと思っていることがね、通じないとね、もう、居てもいられんもんやね。”

“いやいや、そうやなしに、通じないと、通じないものに対してやね、妥協ででもその場を糊塗しておこうと、糊塗しておけば、それでいいわけや、自分にな、ね。”

“妥協できないと思います。純粋に生きようと、純粋に生きようということは、もう、それはもう妥協の世界に生きておらないということ。おらない、おられないということになる。”

“発作が起らないから、それでその、もう発作が起らない人間になったかと言うと、そうやないの。発作が起る前に、もう一応そらすから、そうなっていくわけで、やっぱりまだまだ発作起きるかもしれないと、発作が起らなくなったという立証にはならない、現在起らないから。(略)
そういうわけで、もうそういう状態でね、いつまでも生きておられない。いよいよもう追い詰められた。ここで、じゃあどうするか、やっぱりこの、発作が起らない、起るということは、ちょっと棚上げにしてでもやね、それよりも生きておれない、おられない状態をやね、何とかこの、打開していきたいと。”

かくして愛情研鑚会は山岸巳代蔵にとって切実な欲求でもあったのだが、いったいここで何に直面して何が問われているのだろう? 
別段複数婚といった結婚形態を新しく打ち立てようとした訳ではなく、そうした渦中にあるとき、真面目に心底から念じてやまない〝全人真の幸福〟理念から逸らさないで逃げないでいると、自分で自分をどうすることも出来ない、本人の弁によれば〝血みどろの愛欲史〟とか〝煉獄の試練続きの受難史〟に身を置く羽目に陥ったというのである。

なぜこのような事態に陥ったのだろうか? 
じつは自分自身ここで起こったことの真意の一端に触れたくてここまで書き継いできたようなものだ。
愛情研鑚会から〝山岸会事件〟を超えたほぼ一年後に語られた「『恋愛と結婚』の前書き」に次のようなくだりがある。

“そこにヤマギシズムと現実との、どうも相一致しない矛盾に割り切れないものがあった。真なるものには、悩み・苦しみはないのが本当だと思う。ヤマギシズムにこうした苦しみがあるということはなぜだろうか。”

ふと以前劇作家の北村想さんが朝日新聞のコラム「出会いの風景」に書かれた一文を思う。
18歳の時ヤマギシ会の特講に参加した北村さんは、そこでその後の彼の人生に大きな影響をおよぼす男・クラモチ君に出会う。
ある日生きるか死ぬかと真剣に煩悶していた時クラモチ君の下宿に行くと、B全紙が壁にはってあり、「真なるものは蹉跌(さてつ)する」……と大書されてあった。思わず頭を垂れた、といった内容だ。

ホント、なぜだろうか?
〈理念〉と〈現実〉との矛盾の一切が解消される世界についてのはなしなのだ。

PageTop

わが一体の家族考(76)

男らしさ女らしさ

ある日の研鑚会で次のようなことを研鑽した。
「男には女の要素が、女には男の要素がない。無い要素をはっきり自覚したら、男女問題は大部スッキリすると思う。要は、お互いに立ち入らないことだ。」
エッ、どんなこと?
〝無い要素をはっきり自覚したら〟とか〝お互いに立ち入らない〟って、どんなことなんだろう?
普段は生理身体的な凹凸の違いぐらいに思っていたからか面食らってしまった。
研鑚会は、男らしさとしての意志の強さとか貫徹や剛直をあらわす〈剛〉、女らしさとしてのすべてを包み溶かしてしまう〈やさしさ〉の世界について未知のことを知っていく楽しさに満ち溢れた。

今の社会では、差のあるものの差を認めないで、画一的にしてしまわないと差別のように思い違いしている事柄が相当あって、そのことと人間的平等や同権等と混同して、社会秩序を混乱させているきらいがある。
その代表的なものに、人間の中の男と女は、どちらも人間であるという本質的なものと、異性であるという本質的なものを混線して、何もかも性の異いまで、人間的平等や同権論で男女共通に律していこうとする無理があり、現在の進歩したといわれる良識の男女差別論などにそうした矛盾がみられる。
男は抑圧者であり女は被抑圧者であると対立としてとらえて、〝男らしさ〟や〝女らしさ〟というものは後天的につくられたものと主張するフェミニストもいる。
たしかに射精欲だけの男の女性への関わり方などは、一方的に立ち入った欲望の論理、強者の論理、力の論理、支配者の論理、闘争の論理などに塗り固められた勝利者慣例の域を出ることはなかった。後年女性たちから〝粗大ゴミ〟とか〝濡れ落ち葉〟として反発・見限られて当然かもしれない。
エロスの最も美しい発露としての男女の愛など未だ絵空事の世界だ。

男と女はまこと異質なもの。他を侵すことの浅ましさ、愚かさを気付くことだというのだ?!
〝女は男を知らず、男は女を知らない〟ともいうが、だからといってお互い相手を知ることでもなさそうだ。
『ヤマギシズム社会の実態』にある、
“男は男として生き、女は女に適した生き方こそ、幸福な人生です。”
に通じる世界なのだろうか。

そういえば若かりし青年マルクスも、男性の女性に対する関係は、人と人とのもっとも自然な繋がりなのだから、そこにおいてこそどこまで自然と人為の調和がはかれているかの人類発展史のバロメーターになると洞察した一人だった。
若かりしマルクス

“女性を共同体的な肉欲の餌食ないし下女と見なす、という女性との関係のうちに、人間が自分と向き合う際の無限の堕落のさまが語られている。というのも、人間が自分と向き合う関係の秘密は、男性と女性とのうちに―直接的で自然な類的関係のとらえかたのうちに―明瞭な、断固とした、あからさまな形で示されているからだ。
人間と人間との直接的で、自然で、必然的な関係が、女に対する男の関係だ。”(『経済学・哲学草稿』長谷川宏訳)

男性の女性に対する関係は、マルクスの時代から創造性・能動性においてそんなに進化していなく未だ未知で未開拓なまま残されてあるようなのだ。
なぜ今愛情研鑽なのか、なぜヤマギシズム恋愛・結婚観なのかがしだいに明らかになってくるような気がしてならない。
あえて的を絞った考え方に立つことで、複雑に考えすぎないで人間が男ないし女としてしか存在し得ない世界即ち男らしさ女らしさの本質追究の先にひらかれる世界のみに焦点を絞っていこうというのだ。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(27)

〝村のお母さん〟の力

「今度お母さん研をやるんだけど、何か資料ないですか」と尋ねられて、「こんなのどうかなぁ。検討してみてくださいね」と山岸巳代蔵さんの発言集からの抜粋を差し出したら、しばらくして「あの資料でやりますから、ついでにゲストで出席してください」と言い渡される。
えーっ、子育て真っ最中の若いお母さんたちの中に一点の男性!? まいったなあ…と感じつつも、どんなふうに受け取られるのかと興味津々たる気持の方が勝ってしまう。

そんな日々のやることで一杯のお母さんたちと共に資料研鑽を始めて何回目かになる。
四年ぐらい前の夏、北海道・別海実顕地に全国から一堂に会した三泊四日のお母さん研も思い出深い。その時始めて、日頃は各地に散らばっているお母さんたちが研鑚会という場に一堂に会することから生まれ出る、いわば〝群像としてのお母さん〟を垣間見た思いがして、俄然実顕地の将来像が開けてきたことがあった。 

今回も資料研鑽を通して、道に迷ってうろうろしている人を見たり、ひもじい思いをしている人を見かけたら、見て見ぬ振りできなく放っておかない気持が自ずと湧いてくる。この気持っていったい何なんだろう? 日頃の喜怒哀楽の感情と同じものなんだろうか?……と問いかけてみた。

ちょっと理屈っぽく何のことだか訳の分からないところもあるかもなぁとは案じつつ、研鑚会はしばしの沈黙の中からお母さんたちの実顕地での暮らしで何となく身に付けているところからの発言が切れ切れながらも続いていく。なるほどなー。
そんな別段答えを見いだす訳でもない研鑚会から立ち現れる〝村のお母さん〟はじつに頼もしいのだ。願わくば、こうした研鑽機会が〝本当の食べ物〟になることを……。

ふと鶴見俊輔さんの小杉放庵画「天のうずめの命」を表紙カバーにした著書『アメノウズメ伝』を思った。
小杉放庵 『天のうずめの命』

神話『古事記』等に描かれた、アマテラスオオミカミが洞穴の中に籠もってしまい太陽が沈んで暗くなった時、アメノウズメの胸あらわの踊りでアマテラスを誘い出し、再び世界をあたたかく明るく照らし始めた話だ。
鶴見さんはそこに、対立的・権威的に陥りやすい世界を和らげ、溶かし包み込む神話からのびてくる女性、性、裸、踊り、笑い……に秘められた力を見てとるのだ。

なかでも「日本がハダカになった日」の章では、1945年終戦時、この日が来るまでに別の道はないかと、ニワトリの育て方から最小限の言葉をみつける研鑽方式を編みだし、農業共同体を発足させた山岸巳代蔵に触れ、

「この人たちの思索のあとは、戦後の一流行に終らず、肉体をもつ言葉を求める運動として高度成長下の経済大国の内部に根をおろしている」

とアメノウズメの振舞いに重ねる。
あらためて〝肉体をもつ言葉〟とか理想を描き実現させる力について思いをはせる。

PageTop

わが一体の家族考(75)

情感溢れる〝幸せの原風景〟

人間平穏の時は底が見えないが、何か事が起こった時、地金を出すものといわれる。先の〝自分にも思いあたる節〟にも通じるかと思うが、自分自身にもにっちもさっちもいかない状況に追いつめられたことがある。
そんなときに唐突に思いもよらない光景がくり返し自分の中から湧き上がってきた。初めのうちは難関難局にぶつかって、自分は甘い世界に逃げ込んでいるのかなぁといぶかっていた。

それにしても不意に現れるそうした情動的な世界に浸っているとなぜか心地よかった。何時しか自分の中で〝幸せの原風景〟とも呼べるものになった。その時の感受をずっと以前自分でも思いがけなく言葉にしてみたことがある。

“そうした他を思いやるYさん夫妻のさりげなく差し伸べられる心の手の恩恵を一番たくさん被ったのは実際ぼく自身ではなかったのか。朝寝坊の得意なぼくは、時として朝一番の水やりやエサ見を怠った。そんな時は必ず奥さんが代ってやってくれていた。そして遅れてやってきたぼくの顔を見て恥しそうに、「フフフッ」と微笑むだけだ。ちっとも批難がましいことは言ってくれない。これはかなりぼくの胸にひびいたことの一つだ。休憩時のおやつ作りの時もそうだ。どうしてあんなに素早く用意できるのか、ぼくたち若い飼育係にとっては毎日驚異のマトであった。自分が作って自分で食べるよりも、みんなが「おいしい、おいしい」と言って食べるのを眺めているさまが、その場での奥さんにとっては最も似つかわしかった。”(ある愛の詩)

それからはこうした〝幸せの原風景〟って、自分にとってその正体はいったい何だろうと思いを巡らす日々が続いた。そうした問いかけ自体とても心充たされる時間だった。しかも行きつ戻りつしたために、そこだけが踏み固められてあたかも自分だけの〝秘密の場所〟のようになってしまった。

今にして思えば、そうした情感が呼び覚まされたのは、この世界のそこはかとなく広がっている〈性〉の琴線に触れたからではなかろうか? 
そんな心当たりのようなものが芽生えてくるのだ。
父や母を始めとする繋がりの中で〝その蜜を吸って私は育った〟と感じる作家、詩人の森﨑和江さんは、そうした感受を〝エロス〟と名づける。
森﨑和江

“私は身近かで接したこの多くの人びとの、いのちのぬくもりにふれることによって、いつしか、私のからだと折合いがつけられるようになったのではないかと思う。ほんとうに、いつということなく、十余年たってみると心身にエロスがごく自然に流れているのを知った。うれしかった。
そんな挫折を経ていながら、それでも私は思うのである。一人ひとりの人間は、思春期になって性にめざめるとみえるけれど、でも、もっと早くから、ほとんど外界を唇や手足で感じとる赤ん坊のころから、原初のエロスは自他のかかわりの知覚の中に芽生えているのだ、と。そして、社会の性観念が人びとのセクシュアリティを大自然との呼応のまにまに開花させていたとしたなら、性暴力よりも性愛を主体とする観念へと、人間の性は様式化したのではあるまいか、と。”(『いのちの素顔』)

そんな情感溢れる〝性愛を主体とする観念〟世界に強く惹かれる。どんなことなんだろうか、と。

PageTop