FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(83)

赤ん坊が乳首を求めるようなもの
赤ん坊と乳首

愛情研鑚会の中で複数形態での結婚に言及して混乱気味になり参加者の一人から〝根本問題から入っていかなかったら、この問題解決せんやろ。〟といった意見が出た時、すかさず山岸巳代蔵は次のように発言する。

“研鑽してから愛情が起こるもんと違うやろ”

たしかにここに恋愛・結婚そのものの持つ特異性というか何か理性の働きを超えたものの心当たりがあるらしいのだ。ひょっとしたらウソ偽りのない、本当の純の極致ともいえるような世界に通じる扉が……。
「その場に直面して起こる、予期しない、ね、起こるもの、計画を持たないもの。」
「そうしようと思わないのになってきたものの中にやね、ここまできたっていうことやね。」
自分自身の愛情・結婚についての道程を心の動きを克明に辿ることから、誰の心にも繫がる世界が立ち現れてくる確信があった。
たとえば第三九回特講(京都、三鈷寺)で出会った福里柔和子との始まりを次のように振り返っている。

“私はね、柔和子をね、好きになろうなんて少しも思わなかった。柔和子もそうだった。
初めの特講の会場でね、第一発ですわ。ねえ、「手に合わん女があるから、出てもらいたい」と、私、四日目ですが、四日目にはほとんど出ない、ね。ですが、山本さんなり他の人達が、「もう手に合わん女が、もうあれではもう進行が妨害されて、さっぱりその、進まん」と、「もうあの女で混乱、コウ乱されるでね、撹乱されるで、で、出てもらいたい」と言われて、私は、「ああ、そうかねえ」、ちょっと早いけど、出ないでおこうなと思っていたんですけどね、まあ進行係に出てくれと言われて、まあ出たんですわね。そしたら、ここにいた柔和子、いや、あんまり意識しませんわ。まあ、「あの女や」ということは言われたようにも思うが、うすうすそんなに意識に残るほどハッキリ意識してなかったんですわね。
(略)
どうせ、もう鼻の高い、まあ、いわゆるああいう、その、代議士なんかに出るような議員型の、っていうかね、もう中性化したような、そういう未亡人ぐらいに思ってましたわね。そらあ、そんなの、なんの興味もなかったですわ、私。
その当時、要らないと思うだけでなしに、異性に対する興味、なんにもなかったですけどね。そしたらね、しばらくしたら、向こうの方から声が出た、ずっとたくさんの人の奥から。あの時は会場人が多かったからね。それで、声がして、
「そこにいる大村とかいう名前の人は、なんとか言うたなあ、真実の社会、世界になったら、みんなそんなになりますんか」って、そこで、あの、そんな、あの、髭ぼうぼうと生やした痩せこけた、まあ色男でもないっていうか、醜男と言うたかね。「そんな社会になるのやったら私は嫌いです、人生カサカサですなあ」ってやられる。
「私はねえ、私は惚れてもらいたくないのや」、本当の本心言うたんですわ。今までたくさんの女性がね、パアーと来る、会場、あれ進行なんかやら、他の時でも下がる時、廊下へザアーと来るんですわ、男も女も来るんですけどね、そこからねえ、非常に心に焼き付くもの持った人もあるんですわ、たくさんあるんですわ。そういう人作りたくなかったからね。
(略)
ところがねえ、それからねえ、おかしいんですわ。それからねえ、私はねえ、無意識ですわ、無意識にねえ、柔和子はもう外に、その次休憩があって、それから外へ出て、私も出てましたなあ。もう進行、次の昼からやったか、なんやったか知らんけどね。そしたら、そこに、あのだんだん、こう自分がいってるうちに、発言がほとんどなかったですけどねえ、そしたら発言、柔和子が発言したんでねえ、てなもんですわ。それで接近して、もう肩に四尺くらいのとこまで接近してたんですよ。
そこでねえ、ハッと気が付いて、それからまた、ちょっとやっぱり照れくさいものありましたなあ。照れくさい感じしました。それから離れて、また、それからまた偶然っていうか、必然っていうか分からんですけどねえ、あっそうそう、それからお昼やったな、お昼ご飯食べてねえ――夕飯ではなかったやろ、夕ご飯やったか、どっちか忘れたですけども――あの三鈷寺の台所で私達食べてました、席がないもんですから。
そしたら、この、女の席がそこにあったんかどうか分からんですけどねえ、ねえ、意識しないのにそこに柔和子がいましてねえ、ご飯食べてたのか、どうやったか分からんですけど……”

ここから誰もが経験する〝自分で自分をどうすることも出来ない〟男女の惹かれ合う〝恋愛〟の世界へと一気に突入していく。
こうした最も相合う人を意識して、或いは無意識の中に、求め求めての恋愛巡礼、結婚巡礼の中に、恋愛や結婚について研究するための実験やモデルづくりとして進行したものはただの一回もなかったし、わざわざ実例を作ろうと思って作れるものではなかった。
ただただすべてに本当を求めていると自ずと心底から湧いてくるものがあったのだ。
その辺りを次のようにも記している。

“「休む時も、遊ぶ時も、何かを探求し、仕事をする時にも、食べる時にも、心に女性を感じ、ほのぼのとした気持であることによって、満たされた思いで生気が吹きこぼれているように思う。講演会に出ても、戯曲を見る場合も、一点の女性がないということは、冷たく潤いのない無味さを感じる。おばあちゃんか子供でも、異性が入れば生花を感じ、心はにこやかになる。なごやかになる。生き生きと仕事が出来る。これは僕一人でないと思う。また、男の場合に限らないと思う。(略)
それは無意識であっても、探し求めているのは人間の本性であり、両性に別れてある生物の希求してやまぬところであろう。赤ん坊が乳首を求めるようなものではないだろうか」”(『恋愛と結婚』の前書き)

異性(他性)なしでは生きられそうもないのが人間の本性であるというのだ。本当に人間は一人になり切れるものでなく、他との繋がりから自ずと湧いて来るものがあるというのだ。
何だか当たり前すぎることを言われていて、小馬鹿にされているのかと思うぐらい日々の実感からは遠く感じられるかもしれない。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(82)

銀行や造幣局に代わる結婚調正機関を

今読み返すと、こんなことを真面目に本気で描いていた人がいたことに驚愕する。しかも〝寝ても覚めてもこういうことばかり考えている〟のだ!
世にも奇想天外な物語として知られるセルバンテスの長編小説『ドン・キホーテ』では、自分が愛を捧げる女性として「思い姫」を持ち、戦うときには神ではなく自分の「思い姫」に祈る中世の騎士にならって、自らも騎士道に身を捧げようと決意し、〝愛〟を求める遍歴の旅へと出発する。
ドン・キホーテ ピカソ作

そういえば山岸巳代蔵もドン・キホーテと同じように、
“ちょっと面白いから人生の生き甲斐としてやるといった具合で……”
と明日も分からぬ流浪の旅路というか恋愛巡礼、結婚巡礼の旅に出た一人だった。

一例として先の“結婚革命”と題したチラシの中に〝結婚調正機関〟なる言葉がある。
古くからの男女の間で結婚の仲立ちをする仲人(なこうど)の役割を制度化したようなものだろうか?
現状そのまま、その場で〝一体の家族〟に完全融合できる仕組みとして〝ヤマギシズム生活調正機関〟なる任意の組織が設けられた(わが一体の家族考72)ように、結婚という社会の単位をなす男女の組み合わせにも適用して研鑽で進めていこうというのだ。

〝最も相合う男女の結合〟を、医学的、精神的、物理的、肉体的に因子のものも含めて、結婚までに総合的に精密に調査・鑑定する機関だそうだ。もちろん親、本人の意見も入る。
現代ではほとんど本人同士の行き当たりばったりのお委せに委ねている結婚形態になぜそこまで力を入れて介入しようとするのだろうか?
しかもその力の入れようといったら、

“銀行や造幣局は要らぬから、彼等をみんな調正機関に振り向けてやれる”
というのだ!?
ヤマギシズムでいう理想社会とはお金の要らない贈り合いの世界を指すのだから、必然銀行や造幣局は要らなくなる。その余った人員を結婚調正機関員に振り向ける? 
だんだん深入りしていくと訳が分からなくなるが、ハッキリとした理念に立っての発言だった。

“共存共栄の世界
 だれのものでもない
 だれが用いてもよい
 最も相合うお互いを生かし合う世界”

という観方に立って見ると容易に理解されてくるのかもしれない。
またここでの〝生かす〟の定義は、
すべてのものが幸せになるために使うものと使われるものとが調和した時を生かされるという。
宇宙自然に繫がっている自分に最適の位置がある。その場にはまったら最も自分を生かすことができる。
仕事でも自分に最も合うところがあり、その組み合わせを研鑽でやっていこうというもの。そこには他のものを侵すこともないし、仕事がいやだというのもない。
ネズミにはネズミの住むところ、人間には人間の住む場所があり、ネズミが人間の住む場所に来なくてもいいもの。
要は相合うものというか調和をどこまで研鑽によってはかれるのかが問題とされる。
もちろん実際の場面では急を要する時、その場の必要に応じて〝米俵を土俵にも使う〟こともあり得るわけで……。

こうした共用・合う・合適等の理念を、男女の恋愛・結婚に於いてもすべてに具体的に方法を以てあてはめてみようというのだ。
性交生殖に自然界の生物は全てを賭けているが、そこに人間に与えられた最大の贈り物、恩典に浴し得るように本能のままや無知でない〝知性研鑽〟を添えて見極めていこうというのだ。

ちなみに山岸巳代蔵は、本当の結婚愛情に結ばれて〝桃源郷〟に入っていく始まりを次のように描いている。
○精神的、肉体的処女・童貞、その中に握手もキスも入るもの。
○結婚調正機関を通して、一番相合う人と最初からいって欲しい。男女を車の両輪に例えると分かりやすい。
○恋愛も勝手にしない。知的な面でも相合う面を調べ考慮して最上といかなくとも、それに近い二人を選んでデートする。
○清潔な交際をして、(絶対に肉体に入らないで)寄ろうとすると寄せないような状態を楽しむ。
○そして相手の欠陥もみな分かってきて、一生一緒にいきたいというとこまで来て始めて、調正機関の断を下す、等など。

いかにも古くさい感じがしてならない。しかしそこまで緻密に徹底しないと、〝世界中にただ一人の不幸な人もあってはならぬ〟とする純粋なもの本当のものは姿を顕してこないのだった。
もちろん将来、いろんな事情でもっと良いのがあったとか、好きになったのを調べて、もっと良いとなった時はどうするかまで考慮したうえでの構想だった。

世界中が大混乱している姿と自分らの夫婦が火花散らして、あたら真の夫婦の実証を見ないで潰え去ってしまうかも分からない姿とがどうしても重なってしまうのだった。
全人残らず全ての人に、その人に最も相合うカップルがあり幸福な人生があるはずだ、というやむにやまれぬ人間至情のあらわれが伝わってくるようだ。

PageTop

わが一体の家族考(81)

嬉しさを基盤とする〝あり方〟

それではここでヤマギシズム恋愛・結婚観の俯瞰図というかイメージ像を、山岸巳代蔵が亡くなる二ヶ月ほど前に公開された一文から見ていくことにする。
1961(昭和36)年3月18日~24日に三重県津市に於いて〝ヤマギシズム法政産経Z革命特講〟が開催された。
34年夏の「山岸会事件」の判決公判(4月27日、全員執行猶予)を控えての何が起こるかとの関心は高まり、新聞、ラジオ、テレビ等にも取材されて様々に報道された。会でも日本各地の県庁所在地に於いて会員有志がポスターを電柱に貼ったり、新聞紙1ページ大のチラシを配布したりした。その中の一文である。

“結婚革命
男女・夫婦の愛情の不安定が、いかに多くの社会問題を惹き起しているか? 失恋も無く、寡婦も無い、絶対愛に基づく男女間の真の愛和の世界に革命する。
結婚は社会の単位をなすもので、実に重大な根本問題である。現在までのほとんどの男女のあり方は、無智・蒙昧、暗夜を無灯火で手探りするような行き当りばったりのものである。葛藤・混乱の起るのは当然で、起らないなれば、無智・宗教観念に縛られ、あきらめて、真の結婚をしていない人達ばかりだからと言える。
結婚してると思っている人でも、本当の結婚をしている人はほとんど無いであろう。
吾々は、真の結婚理論を徹底的に究明し、無固定・無定数の基盤の上に、最も相合う男女の精神的・肉体的結合を実行に移している。
多角関係の葛藤などは全然解消していくものである。恋愛・結婚専門研鑽会で最高結婚理念を検討し、事実を通して、一糸乱れない、理路整然とした結婚体系を打ち樹てている。
結婚調正機関は心理科学・現象科学的に人間を解明し、人間にふさわしい円滑なる結婚操作を有機的に実施している。
詳細について研究したい人や、自ら真の結婚を進んで求められる人は、率先して世人のために、家族・周囲の人のために、自分の幸福のために、寄って検べられよ。”

もし街角で、こんなチラシを配られたら自分らはどう反応するだろうか?
いきなり〝自分の幸福のために、寄って検べられよ〟と呼びかけられても荒唐無稽すぎて思わず引いてしまいそう。
子どもの頃のお祭りや縁日でのバナナの叩き売りとかガマの油売りの香具師の口上を連想してしまう。それとも露店での男女の相性診断を占う高島易断か。
ガマの油売り

世はまさに逆手なのだ。もちろん山岸巳代蔵もその辺りは重々承知の上だった。

“人は皆それぞれに忙しく営んでいますから、しかも直に目に見えない、或いは直接腹の太らない事には寄り難いものです。利害が直接影響することは、小さい事でも、重大関心を以て目を光らせて臨みますが、間接的なことや、無形的なこととなると、何倍か大きな酬いのあることでも、案外他人事のように自分に不親切で、誰かがやって呉れる位に冷淡で、欲の無い事、浅い事、そしてつまらん、忙しいと、一日を惜しみます。”(『ヤマギシズム社会の実態』)

しかし、これが自分ら今の社会普通人の考えであって見れば今の処仕方ないから、せめて〝人と人とが溶け合っていく、今まで反発し合っていた仲が、ふとした心の転換から仲良くなれる〟その嬉しさを基盤とする〝あり方〟の実践による立証をする必要があった。
ごく小さい部分からでも実践することであり、しかもその小さい部分で止めるなれば、これまた受け入れられることは難しい。この〝あり方〟を実践し、拡大して、証明することでその正否の課題を提起し、大いなる世論を喚起することに托したいものがあった。
次のような発言も残されている。

“夫婦仲良くなる具現方式を出したいのよ。それを最近まで言わさないのよ。言おうと思っても、誤解ばかりするので言わさないのよ。だが、もうじき出しますよ。これは、人間幸福の基本やから。絶対波立たんやつを。早く出したいし、公開しますから。
僕がポロッと死んだらもう、いろいろ検べてもこれほど究明した人は見当たらんわ。何しろ、寝ても覚めてもこういうことばかり考えているのやから。一度そういう研究発表させて欲しいわ。”

呼びかけられて真面目に素直に応える人は少ない。そこから展開するかつてない世界があるというのに……。

PageTop

わが一体の家族考(80)

今の私に、〝キメつけは要らない〟

愛情研鑚会の中で、複数の女性をめぐって激しく山岸巳代蔵を追求する柔和子と、そのことの善し悪しでなく、一切のキメつけを外して研鑽できる真の夫婦としてのあり方を願う山岸巳代蔵との間で激しいやりとりが繰り返される。
そうした〝通じないもどかしさ〟を解消したいと山岸巳代蔵は、おたまじゃくしからカエルへの〝成長への脱皮〟の例えで語る次のような場面がある。
おたまじゃくしからカエル

山岸 おたまじゃくしなるがゆえに、陸上のことは分からなかった。だがそれなりに、おたまじゃくしとして、水があって水の中で生長しておったということは言えると思う。だから、おたまじゃくしの時出来なかったから今も出来ない、或いは出来るとか、やらねばならないとか、こういうキメつけは要らないと思う。ね、「私には出来ない」と、こういうキメつけは要らないと思う。そんなに一つの枠を設けて、ね、型を作って、それに当て嵌めようとする必要ないと思う。出来なくってもよし、出来たらなおよしの、あれでいいと思う。出来ること結構だ、なれば、わざわざ「出来ない」と自分をキメつける必要ないと思う。
柔和子 だからといって、今のままで、このような状態では生きていけないし、またそれを知ったからにはなおさらのこと。今までの、あなたの言葉自体、この……
山岸 「私は出来ない」という、こういうキメつけは要らないと思う。
柔和子 今の私には。そりゃ先ではそうなれるかも分からない。
山岸 いや、今の私がと、そこだと思う。今の私が、キメつけは要らないと。
柔和子 キメつけは要らない……
山岸 「なれない」というキメつけのない……”

ここでの〝出来る〟とか〝出来ない〟というのは、いわゆる「複数」とか「別れる」とか「結婚する」といった〝要らない言葉〟・観念に縛られない〝結婚形態〟を指してのことであろう。
もちろん今の私に、〝キメつけは要らない〟と。
あたかも拠り所のない月や星や地球が、間違いなしに律動しておる状態。人間同士の結婚に於いても、山岸巳代蔵にはそういうものがあるとの直覚があった。
そんな心から楽しめる、本当に嬉しい、そういう愛が欲しかったにも関わらず、現実は三人三つどもえの苦しみに悶絶しそうだった。

“柔和子に対して、俺はやっぱり好きで好きで堪らん、今でも好き。だが、窮屈な、窮屈な思いすることが、また堪らない。”
“ここに、せめて、自由にいつでも頼子を訪ねられるし、頼子が来られる、そういう世界が欲しいと思った。”
“柔和子の場合に、頼子がいる所へ自由に行けない不自由さ、これを感じてきた。四日市を通る時、特に恐れてきた。それは、どういうことか。頼子が、柔和子と僕と一緒に連れだっている姿を見た時に起す気持を感じる、その愛情から出た感じ方、それが耐えられないもの。”
“頼子は頼子で自分流な観方して、それを感じて、行動とらねばならない、その不自由さ”

こうした当事者ゆえの煉獄の試練は、すべて誤解から来るものであり、誤解というものは必ずいろいろの方法を以てすれば解けるはずだ。そうして本質だけ残ってくる。そうすれば、
「なんと素晴しい世の中だったんだ」
「こういう世界があったんだ」
「何であの時はあんなに苦しんでおったか、悲しんでおったか、目が見えなかった」
そんな日が必ずあるっていうことは、これはもう信じて疑わないと言っていい。それが本当だとする決意ともいえる確信があった。
山岸巳代蔵の目には、今日の形ではなく、カレンダーを数枚めくった日本晴れの明るい世界が展開していた。やがて必ず成ることを見極めての発言だった。

PageTop

わが一体の家族考(79)

愛に飢えた者の末路

ヤマギシ会を最初に知ったのはたしか、高校生の頃当時体験記『何でも見てやろう』で一躍有名になった小田実の〝ヤマギシ会訪問記〟(『日本を考える』所収)からだった。
幾つかの軽妙なフレーズが今も新鮮に蘇ってくる。面白いところだなぁと、思い立つとすぐに関西線新堂という駅名を頼りに訪ねて行った。例えば

“「学育係」の女の子の努力は大変とみえた。「でも、面白いねんよ、人間改造やもん」彼女はまたもや、そう大きなことをこともなげにいい放った。
「子どものノート代やP・T・Aの会費はどうする」
「私が払いますねん。その予算とってあるさかい。お父さんとこへ行ったかて、お父さんは一円も持ってはらへん」彼女はケラケラ笑った。”

“半年ごとかに、部屋の交代をやるとか聞いた。
「こうやって、自分のものとか他人のものとかの区別をなくして行くんでっせ」”

“「我」をなくすことが根本である――オバチャンの一人が、まじめくさった顔で、しかも相変わらず笑顔で言った。
「いちばんやっかいなのは、物ではあらしまへん。自分の心が自分のものであると思っている、そのことでんな」”

“「あんた、何をしたはるねん」オバチャンの一人が、草を刈っている男に呼びかけた。
「『我』を刈ってますんや」彼はとっさにそう応じた”

あれから半世紀以上過ぎて姿形は大きく変われど、軽妙に〝大きなことをこともなげにいい放つ〟気風はちっとも変わっていないことにビックリした。

ここでの〝我〟とは、自分の考えは良い正しいとして動かさない頑固さ・〝我執〟観念のことをいうのだろう。古くから宗教などでも使われている言葉であるが、あの無心の童子の表情に大洋を湛える大らかさを表現した横山大観の日本画「無我」などはさしずめその対極に位置する世界だろうか。
横山大観 無我

この自分の寄って立つ観念に執着するがゆえに、基の心にある束縛に気付かない観念我に対して、山岸巳代蔵は居ても立ってもいられない「もう自分のいる場所がない」というもどかしさの極地に追いつめられる。
その辺りの心境を振り返っていう。

“これはね、私心とかね、人間の傲慢さに押し潰されるっていうことね。ね、私の私心、及びこの社会の私心やね、或いは人間の傲慢さやね。人間があまりにもこう、自分の考え方をやね、信じてやね、行動とろうとする、融通のつかないものね。
私がないと言いながら、私があるわね、自分の考えが入るわね。そういうもので行動する、その行動に対し、行動によってね、押し潰される、傲慢によって殺されるっていうかね、ね、そういうようなね、立場に立たされた自分っていうようなもの考えてみたりね。また、この、愛を、愛に飢えた者の末路っていうかね、こういうものや”

自分の力ではどうにもならない、もう天命を待つ、というような心理だった。自分のいる場所がない、我と我に責められたものの心理だった。
人間から我執を取り除いたら仲良くやっていけると思うけれど、本当に人間から我執は取り除けるものだろうか?
ある意味愛情研鑽会の場は、無我執とはこういうものだと当の柔和子に伝える場であり、柔和子もまたしっかり受け止める場であったのではなかろうか。

PageTop