FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(87)

〈性〉の琴線に触れる

こうした一連の〝私が私に出会う〟研鑽過程は少なからぬ発見の驚きを自分ら一人ひとりにもたらす。自分が〈自分〉に出会うって、こんな感じなのかなあと、〝何かほのぼのとした温かいものに包まれている心持ち〟に充たされるのだ。 
しかもそうした〈自分〉を、先の真木悠介さん(わが一体の家族考84)は、

“わたしたちの欲望の中心に性の欲望があるということは、個としてのわたしたちの欲望の中心部分が、あらかじめ個をこえたものの力によって先取りされてしまっているということだ。性とは、個という存在の核の部分にはじめから仕掛けられている自己解体の爆薬である。”

という。そして、

“個体は不可解な力に動かされるように性を求める”

として、自我を超越するエクスタシー(恍惚、忘我、脱魂、魂消)の表象を〝聖テレジアの恍惚〟にみてとる。
聖テレジアの恍惚

そんな自我を裂開する力を内包している〝〈性〉の自分〟に重ねてみたくなる。心の琴線に触れるとは、ひょっとしたら〈性〉の琴線に触れるということだろうかと。

そういえば琴線に触れて〝何かほのぼのとした温かいものに包まれている心持ち〟に充たされる〈自分〉は、きまって自分以外の他の人との関わり、繋がりから自ずと湧いてくるものに気づかされる。
そんな親愛感に満ちた世界で、それまでの自己という自我は溶かされてしまい、新しく味付けされた他の人との関わり、繋がりの中の〈自分〉を見出すのだ。
そんな自我を裂開する不可解な力が個体に秘められている。そんな実態を指して〈性〉というのだろうか?
出発点になるのは次の一節からである。

“人は、人と人によって生れ、人と人との繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、永遠に生きることは絶対に不可能で、その関連を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解り、お互いの間に愛情の含まれるこそ、真理に相違なく”(『ヤマギシズム社会の実態』)

人は、人と人の互いに切り離すことのできない〈性〉を介する繋がりによって生まれ、そこからもたらされる親から子へと、一方的に与えて喜び、受けて喜ぶものが核となって育ち、今度は人と人との繋がりの中で最も相合うものを求めて溶け合った夫婦の繋がりによらねば、自己を次代に継ぎ、自己の延長である愛児に楽園を贈ることにはならないからである。
この拍子抜けするくらい当たり前の繋がりの事実から、自己を生み、育み、注ぎ込まれたものの源泉に触れようというのだ。

いやその前に、一つ気になる個所がある。
〝繋がりによらねば、……永遠に生きることは絶対に不可能〟ってどんな意味?
そうなのだ。筆者は〝人と人との繋がり〟が未だ知られていなく、そのため〝永遠に生き〟たいとする万人の切なる願いも実現されていないというのだ。

自分の日々の喜びが子孫の日々の喜びに共通する永遠に続く〝その関連(繋がり)を知るなれば、自己一人限りとの考えは間違いなる事が解〟るというのだ!
ただ漫然と生まれ、寝食所業に明け暮れて、子孫万代その繰り返しに終始するのみのものでないというのだ!
食べて子を次代に引き継ぐのみなれば、他の虫魚禽獣に恥じるものがないだろうかと。
子は鎹(かすがい)といって、子供が出来ると不仲の夫婦間でも子供の可愛さに曳かされてつなぎが固くなり、多少の辛さも辛抱して泣き寝入りで治まると、子供という紐帯によって繋がれて男女が同居していることを、睦まじい夫婦と見損なっているともいう。

それでは〈性〉の繋がりを知るとか、〝永遠〟に生きるとはどんなことなんだろう。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(86)

『蜜柑』の小娘

先の『自我の起源』にあった〝インドの少年〟や〝産卵死する鮭〟の話と共にもう一つ芥川龍之介の短編『蜜柑』も研鑽テーマの素材に選んでいる。
ちょうど真木悠介(見田宗介)さんが列車の中から少年の振舞いを書きとめた如く、芥川龍之介も列車の中から小娘の思いもしない振舞いに深い感動を受けた話である。

ある曇った冬の日暮れ、疲労と倦怠を抱えた私は、汽車の発車まぎわに乗り込んできた13~4歳のいかにも田舎娘らしい、風呂敷包みを持った小娘を不快に思う。
しかも数分後、小娘がなぜか勝手に窓を開けようとしはじめ、開いた時には汽車がトンネルに入ったので私は煤煙を浴びて咳き込む。
だがやがてトンネルを抜けると、踏切りの柵の向こうに3人の男の子が並んで手を振って声を上げている。
その瞬間思わず、窓から半身を乗り出していた小娘が、あの霜焼けの手をつとのばして、勢いよく左右に振ったと思うと、たちまち心を躍らすばかり暖かな日の色に染まっている蜜柑が、およそ五つ六つ弟たちの上へばらばらと空から降ってきたのだ!
芥川龍之介・蜜柑

私は思わず息をのみ、そして刹那に一切を了解する。恐らくこれから奉公先へ赴く小娘が弟たちに投げ与えた蜜柑なのだ!
が私の心には、切ない程はっきりと、この光景が焼きつけられた。そしてそこからある得体の知れない朗らかな心持ちが湧き上がり、この時始めて云いようのない疲労と倦怠とを、また不可解な、下等な、退屈な人生をもわずかに忘れられた。

もちろんここでのテーマも、「小娘の目に映ったもの」になる。
研鑽のポイントは、先の真木さんが分析する「文明的」な世界での〝幾重ものシステムと観念装置に覆われて〟眠っている、閉ざされている〝真実〟を開眼・解放するためにどこまでも〝透明に〟〝それ自体として〟求め取りだすことができるかに焦点が絞られていく。
が、このことがいちばん難しい。なにせ基の心に鎮座する束縛(我執)という諸々のキメつけ囚われ我から脱け出す実動行為を伴うのだから……。
急所は頭で理解するのではなく、そこから湧き上がるものに浸りきることにあるのだが……。

かくして例えば
「少年の目に映ったもの」
“産卵死する鮭”の「目に映ったもの」
「若い母親たちの目に映ったもの」
「小娘の目に映ったもの」
といったことなどを皆で研鑽していくと、誰の心にも響き合い流れる一つの情感のようなものに抱擁(つつ)まるるのだった。

自分も同じような心持ちが湧いてくるなあ、と。自分が〈自分〉に出会うって、こんな感じなのかなあ。くり返しそんな自分の実感に想いをめぐらしていると、あの喜怒哀楽の感情とは異なる質の〈自分〉がその都度立ち現れてくるような気がしてくるのだった。

PageTop

わが一体の家族考(85)

〝インドの少年の話〟

というのも、『自我の起源』の中の30ページ余りの「補論2 性現象と宗教現象」に収められた〝インドの少年の話〟を素材にもう十年以上自分らの研鑚会でテーマとしてくり返し研鑽してきた経緯があるからだ。
今回先の森崎さんのブログを通して、〝インドの少年の話〟がヴェトナムからの難民船の話や宮沢賢治の性的な禁欲と宗教に託する願いの文脈の中で取り上げられていたことをはじめて知らされた思いがした。自分の中で〝インドの少年の話〟があまりに強烈に焼き付けられていたためか、その前後をうかつにも失念してしまっていたのである。
こんな話である。
インド・ストリートチルドレン

真木悠介さんが南インドを鉄道で旅していた時、ある小さな駅に着くと乗客が窓から投げ捨てるバナナの皮に飢えた少年や少女が群がって奪い合う光景が見られた。
そこで乗客の一人が中身の詰まったバナナを差し出すと素早く奪い取った少年がいた。するとその少年はそのバナナを多分まだ歯のそろっていない妹に中身の部分を食べさせている。その間、少年はうっとりとした表情で女の子を見続けている。
そしておしまいの根元の部分を女の子の口に押し込むと、少年は皮だけを食べて、またあの争奪戦の中へと戻っていった。

列車の中からその一部始終を見ていた真木さんは、少年のうっとりとした表情に
“わたしはこんなに幸福な人間の顔を、これまでに何回かしか見たことがない”
と感銘を受け、そこから
“「文明的」な世界では幾重ものシステムと観念装置に覆われている関係の真理のようなものが、仮借ない直接性の陽射しにさらされて裸出している”
と比較社会学的に分析しつつ、
“餓鬼は餓鬼として即菩薩であり菩薩は菩薩として即餓鬼である”
世界を垣間見るのだった。

自分らのテーマは一貫して「少年の目に映ったもの」だ。こんな問いかけを、もう十年以上くり返しくり返し自らに問うている。
ねらいは、自らが自らの観念を、足元を、立場を、立脚するものを、開いてたえず検べようとすることで、つまり〝透明に〟追い求め〝それ自体として〟取りだすことで自ずと立ち現れるものに出会うことにある。それはまた先の“産卵死する鮭”の「目に映ったもの」といったテーマにも通底しているにちがいない。
いや、なによりも先のヴェトナムからの難民船の小さい子供をもつ「若い母親たちの目に映ったもの」が問われてくるのだ。
何だか禅問答めいた問いかけがこの間二週間も続く。

「この自分の寄って立つ観念に執着するがゆえに、基の心にある束縛に気付かない観念我」(わが一体の家族考79)をこじ開けるのだ。
〝そこから脱却することを拒む頑固我〟〝きめつけ我〟〝思いごと、願いごとを持ち続けねばならんとする固持我〟〝頑として放そうとしない我〟〝かたくなな我〟等々。
するとそこに思いを集中することで、一切の諸々の知識経験を介さず、心の琴線に触れて開かれる瞬間がある。そこから何かほのぼのとした温かいものが湧き上がってくるようなのだ! 

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(28)

実顕地は虚構の存在か

先月の「みんなが気になる実顕地運営(8)」(8月1日付〝むら―net.参照)のテーマの一つに、
○産業をするための実顕地からの脱却
 農事組合法人は対外的な方便

とあり、テーマ解説〝農事組合法人等は実顕地の暮らしの中では、虚構の存在で、「ない」といっても良いものです〟との一文を多分受けて、次のような投稿がコメント欄に寄せられていた。
「農事組合法人は虚構の存在。同様にヤマギシズム実顕地も虚構の存在」
なるほど実顕地も無形のものという面ではそういえるかも。

〝虚構〟で思い出すのはその昔農事組合法人の仕事に就いた時、法人に〝法人格〟という資格があることが不思議でならなかった。確かに人間が生み出した制度ではあるが、あたかもヒトとしての法人がいないと契約を結んだり、登記を行ったりすることが出来ないという事実に、戸惑ったのだ。

そもそも虚構とは事実ではないことを事実らしく作り上げることだとされるが、世界的ベストセラー『サピエンス全史』の著者、イスラエル人歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリは、「虚構を信じる力」こそ人類ホモ・サピエンスの力を飛躍的に増大させた源泉だと指摘していて実に興味深い。
ユヴァル・ノア・ハラリ

それが約7万年前に人類の脳内で発生した〝認知革命〟だ。この結果人類は神話など虚構の事物を想像し、仲間に語ることが出来るようになり、かつ共通の神話を信じることで初めて大勢の赤の他人と柔軟に協力することが可能になったという。
宗教、国家、法律、法人企業、貨幣など現代文明を動かすこれらの概念も、すべて実体としては存在しない虚構の作り物だが、みなが信じることで複雑で高度な社会を営むことができるようになったのだと。
想像上の現実は嘘とは違う。誰もがその存在を信じているもので、その共有信念が存続する限り、主観的でも客観的でもないその想像上の現実は社会の中で力を振るい続ける。中でも貨幣こそすべての人と人との間を繋ぐ虚構なのだという。
あのめいめい自分の信じる神様が本当だと主張し突っ張り合う宗教徒達でさえも、喜んで同一の貨幣を使う。筆者はいう。

「なぜなら、宗教は特定のものを信じるように求めるが、貨幣は他の人々が特定のものを信じていることを信じるように求めるからだ」

実に痛快極まる洞察だ。貨幣のおかげで、見ず知らずで信頼し合っていない人どうしでも、効果的に協力できるのだと。そこまで何重にも固く信じ持つ、放そうとしない虚構の極みを貨幣に見てとるのだ!
そして筆者は今日までのすべて虚構に属するサピエンス〝文明は人間を幸福にしたのか〟と、幸せの定義を終わりに問いかける。

では〝虚構〟に代わる〝信じない〟でやる生き方は可能だろうか? 時の最先端〝金の要らない仲良い楽しい〟の真価が問われる。 

PageTop

わが一体の家族考(84)

ヤマギシズム恋愛結婚観への足がかり

社会学者・真木悠介(見田宗介)さんの著書『自我の起源』の中の「補論2 性現象と宗教現象」で次のような事例が紹介されている。

1980年代後半ヴェトナムからの難民船の幾つかが日本にも漂着したことがあり、偶然そのうちの一つを見たことがある。小さな木の船に、考えられないくらい大勢の人が乗っている。しかも漂流の月日の中で、いちばんはじめに死んでいったのは、小さい子供をもつ若い母親たちだったという。
ベトナム難破船

つまり母親たちは乏しい食料を幼い子供たちに与え、自分たちは飢えて死んでいったのだと想像することができる。
こうした難民船での出来事に心を動かされた真木悠介さんは次のように考察する。

“人間の個が、じぶんに固有の衝動に動かされながら、じぶんじしんを亡ぼしてゆき,類を再生産してしまう”
つまりこういうことだ。
“わたしたちの欲望の中心に性の欲望があるということは、個としてのわたしたちの欲望の中心部分が、あらかじめ個をこえたものの力によって先取りされてしまっているということだ。性とは、個という存在の核の部分にはじめから仕掛けられている自己解体の爆薬である。個体は個体の固有の〈欲望〉の導火線にみちびかれながら自分を否定する”

性とは、自己解体の爆薬? どういうこと?
“自我がじぶんの欲望を透明に追い求めてゆくと、その極限のところで必ず、自己を裂開してしまうという背理を内包している”
からだ。そのことはまた、
“産卵死する鮭の個体をつきうごかすものと同じ力”
が人間にも貫通しているからだともいう。

以上のような難破船の話を知ったのは、森﨑茂さんのブログ『日々愚案』の中の「歩く浄土182」からであった。
そこで森崎さんは次のようにコメントされている。

“真木悠介はとてもいいことに気づいていながら、自己を裂開する背理をそれ自体として取りだすことができていないから、鋭利な気づきは外延論の背理として記述されるほかなかった。”

たしかに真木悠介さんはこの書の〝あとがき〟で、この仕事の中で問おうとしたことは、
“どのように生きたらほんとうに歓びに充ちた現在を生きることができるか、他者やあらゆるものたちと歓びを共振して生きることができるか”
というとても単純な問題だと記されていた。
だとしたら、先の真木悠介さんの〝じぶんの欲望を透明に追い求めてゆく〟とか森崎さんのいう〝自己を裂開する背理をそれ自体として取りだす〟とは、どんな内実を伴うことなんだろうか?

何かすごく大切なことがいわれている気がするのだ。
“産卵死する鮭の個体をつきうごかすものと同じ力”のようなものが、自分の中にも流れているのではないかというのだ。
そんな〝あらかじめ個をこえたものの力〟を内包している実態を、〝透明に〟〝それ自体として〟求め取りだすことができると、そこにはじめて〈性〉があらわれるというのだ!?
〈性〉は自我を裂開する力を内包している!
ヤマギシズム恋愛結婚観へ一歩踏み出す足がかりを得た思いがした。

PageTop