FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(144)

「恋愛・結婚観」を輸出?

先の書『エロスとの対話 女は男を知らず、男は女を知らない』
『エロスとの対話』

のなかで、田中喜美子さんは〝本当のフェミニズムは日本から生まれるのではないか〟と発言され、その理由がこの往復書簡を通してはっきり見えてきたという。それは先進国のうち、日本人だけが天真爛漫に、

“エロスの力、世界に偏在している生命の力、自然の力を無意識に肯定している人々”

なのだという。欧米人にはほとんど理解しがたい心情、謂わば「もののあわれ」の感覚が日本的伝統として流れているのではないかという。自分をどこまで主張する「個」でなく、大きな自然と繋がっているという〝自己〟放棄的な感覚だ。
とても興味深い見逃せない発言として印象づけられた。
山岸巳代蔵の発言(「知的革命私案 二先ず日本から」)の中に、世界の一地域名である日本という場に揃っている〝日本人の物質欲求、及び心理的傾向〟等の諸条件が、理想社会への知的革命を遂行するに絶好の状態にあると見なして、〝先ず日本から〟と提唱する真意とも重なってくるようだ。

“私は日本とか、日本人とか、国と云う言葉を用いますが、日本とは、私共の考えている社会では、世界の一地域名であり、国と云うのは、個々に離れて独立したものでなく、便宜上の地方区割段階の一つであり、日本人とは、現在呼び習わしの民族の名称であって、永久に日本地域に居住しなければならぬものではありません。日本人の将来についての私の考え方は、そのうちに発表したいと思いますが、ここでは、理想社会は、今の日本地区のみに止まるものでなく、全社会が、正しい真のあり方に変ることを予想して、それの第一歩として、先ず私共は所謂日本人であり、日本に住んでいる関係と、地域が狭くて手頃であり、諸種の条件が揃ってありますから、ここから着手して、日本で実現させ乍ら、他の国の人々にも呼びかける心算です。
 今の世界状勢、特に日本人の物質欲求、及び心理的傾向は、この知的革命を遂行するに絶好の状態にあり、理論・目標のみを並べるのみでなく、具現方式により、混乱なくして、明るく、正しく、新しい、世界から関心と協賛されるに足るような、モデル社会と致し度いものです。”(『ヤマギシズム社会の実態』)

そのためにも肝心の人間問題の解決。
人間として最も大切な人格上の点での反省として、日本ならでは培われてきた〝大洋をたたえるおおらかさ〟を身に備える事に専心する方が先決だとする。
そうしてまた最も深刻な問題とされてきた男女夫婦のあり方なども、この人間革命を通して日本から「恋愛・結婚観」をソ連・米国へ輸出出来るようにしようともいう。
こうした山岸巳代蔵の敗戦国の日本?からとか、「恋愛・結婚観」をソ連・米国へ輸出?とか誇大妄想的な言説の意図するものが少しづつ見えてくるようにも感じられる。
また田中喜美子さんは、自らの結婚の動機を振り返り、

“あのとき私が夫に感じた「男らしさ」はなんだったのかと考えます。それはやはり私の依存性の現れに過ぎなかったのでしょうか。それとも男というものの奥底に潜む女にはない何ものかが、私をひきつけたのでしょうか。”

と語りながら、〝らしさ〟そのものに触れるよりも、〝一人の学者の妻であるという満足感〟に侵された〝私の依存性の現れ〟からの脱出の方へと話が展開されていく。
どうしても反省的通俗的な方へと向かいやすい。〝らしさ〟そのものに触れるなんて雲を掴むようで、まことに無理もないことである。
しかし山岸巳代蔵には最も差し迫る課題に見えていたのである。

スポンサーサイト

PageTop