FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(160)

〝一軒の家でいくらでもやっていること〟
発見.

先の「『恋愛と結婚』の前書き」の中に次のような一節がある。

“いかに科学的究明を信条としている思想を以てしても、観念論的部分の多い人間生活を、やはり観念論でキメつけて、それを優れているかの如く観念づけられた人達で社会風潮が作られ、そういう固定した観念の壁に対して、これだという固定した形態を持たない、無固定を正しいだろうとする観念での論議は、その論理がいかに正しくとも、受け入れられることは難しいことだろう。
固定観念に対して無固定観念で論議することは理解が全く至難だと言ってもいいくらいのものである。こうした場合に、その無固定観念を理解せしめるには、無固定思想の実践による立証をする必要がある。ごく小さい部分からでも実践することであり、しかもその小さい部分で止めるなれば、これまた理解さすことが容易でない。この思想を実践し、拡大して、証明することにあると思う。”

そうなのだ。〝固定観念に対して無固定観念で論議〟しても勝ち負け感で、無固定観念が勝っても怒るし、負けては馬鹿にするし……。
ここでは〝固定した観念の壁〟に真正面から向き合っている当事者ならではの感慨が述べられている。
なぜ今ヤマギシズム恋愛・結婚観の探求なのかの理由が率直に述べられている。
自分らもこうした世界認識・現状把握から出発しているのだと思う。
グローバリゼーションが普遍化しつつある流れの中で、なぜ今自分らは〝仲良い楽しい〟をうたい文句に〝こんなのがあります。こうしています〟と独自の酔狂な(?)道を歩んでいるのだろうか。

一九七〇年代のはじめ、当時担当していたヤマギシズム運動誌『ボロと水』の企画として、先述の〝無固定思想の実践による立証〟の一つとして誕生したヤマギシズム生活実顕地がしばらくして分解し、看板を下ろした経緯を探るために、北から南まで訪ね歩いたことがある。
貴重な体験をさせてもらった。現政治経済体制下、しかも旧態依然の道徳・常識社会の中で理想を追い求めることの意味と共にきびしさを我がことのように思い知らされた。本ブログを書き継いでいる意欲もそこから出ているのかも知れない。
当時(今も変わらないが)盛んに研鑽されたのは、〝真目的への最短コース〟として現時点で何に力を入れるかということだった。
例えば実顕地造成の場合にも二通りあった。

一つは常識的に考えられる無理のない段階法としての―
○個人経営⇒協業経営⇒協同経営⇒共同経営⇒一体経営即ち実顕地化というコース。
もう一つは即断即決の出発点の大事さを考えた上での―
○個人経営⇒ヤマギシズム特講⇒実顕地化の直線コース。

もちろん実際は、自分や相手の現状を考慮するあまり無理なく段階的にやろうとしたことがその段階でとどまってしまう結果になって、次の段階へ入っていけないことが多々ある。
少しでも〝できない〟という観念が入ったら難しくなってできない。
そこで人間、動機が適当であれば廻り道しないで真目的へ直進出来るもので、その間あまり雑念がない方が良いとして〝直線コース〟で押し切るわけだが、そこでも様々な問題が生じてくる。
こうした二つの方向性の中で、実顕地運営での現実問題の巧みな運営法いかんが問われるわけである。人類史がくり返してきた理想と現実のジレンマがここでも日々再現されてくる。
いや、そもそも実顕地なるものが発足したのは、

“家族の中でできていることが、家族同士寄るとできない。それができるのが今度の革命である”

からだった。
一軒の家でいくらでもやっていることを、ちょっと世帯が違うと難しくなる。〝固定した観念の壁〟に遮られる。そこで〝無固定思想の実践による立証〟が求められるわけではあるが、その前の〝一軒の家でいくらでもやっていること〟っていったいなんだろう?
ここを根底的に考え尽くすことができないだろうか。それができるのが今度の革命であるのだというのだ。発見だった!

そう、理想と現実のジレンマ(二つの相反する事柄の板挟みになること)に先だってある〝一軒の家でいくらでもやっていること〟に光を当てること! 
それがヤマギシズム恋愛・結婚観の探求だったのだ!!

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(159)

〝一本化〟の猛威からの脱出
グローバリゼーション

まず手始めに「『恋愛と結婚』の前書き」に込められているものを浮かび上がらせてみよう。一応理解の助けにと、言わんとすることに番号をつけてみた。

①ここでは、本当の人生を生きる上に最も大切なことの中でも一番本元であり、人生のスタートであり、人生の最大目標であると思う恋愛・結婚について、ヤマギシズムによる真なるものの解釈、真理、実態等について、要点だけでもまとめて世に残しておきたいと思う。ヤマギシズム社会における真の恋愛・結婚観はどういうものであるか、私の見解と、実践と、推察する周囲の実例等を挙げて、今日までの経過報告的に表現してみようと思う。

②この恋愛・結婚問題については、最も大切なことで、また最も正しくありたいもので、この世界のことについてはいずれが正しいか判然としないものがあり、最も深刻な問題とされてきたものだと思う。しかも理解は、これだというきめ手が発見できなかっただけに、いずれも観念論的にキメつけて、ずいぶん不合真理的なものを結婚などと思い違い等をして、本当の結婚をしていない。正しい結婚をしている人はほとんど見当たらないようである。正しい結婚をする条件が揃ってないのに結婚していると思う間違いが、日常の生活面や、精神的な面に現れて、何か物足りないものや、不都合な事態を引き起している。

③恋愛や結婚は楽しいはずだと思うが、不安だったり、苦しかったり、悩ましい思いをしたりするのは、必ずどこかに結婚条件・資格が欠けているからだと思う。

④私の過去、多数の異性関係を検べてみると、結婚だと思い込んでいたものが、またそう言っていたものが、不完全な状態で、未だ本当に正しい完全な結婚がなされていなかったように思う。したがって、いろいろ不都合な面が生じて、ずいぶん苦しい、筆舌に尽せないほどの憂悶を重ねてきた。また、相手をずいぶん苦しめてきた。そこにヤマギシズムと現実との、どうも相一致しない矛盾に割り切れないものがあった。

⑤真なるものには、悩み・苦しみはないのが本当だと思う。ヤマギシズムにこうした苦しみがあるということはなぜだろうか。
自分で自分をどうすることも出来ない苦しみから逃れようとして、一層苦しみへずり込み、血みどろの愛欲史に塗り潰された期間が続いたこともある。
ヤマギシズム社会における正しい結婚観は理論的には成り立つようでも、実証的には相一致するものが一つも現れなかったと言って、こういう世界のことは立証するために実験できる性質のものでなく、実験のための形だけのものなれば、出来てもそれはホンマものではなく、わざわざ実例を作ろうと思って作れるものではない。

⑥幸か不幸か、私をして実験材料の役割を負わされたものか、ここまで成長さすための試練であったか。

⑦失恋に苦しむ、破鏡に泣く人達の一人も出来ないように、焦熱に耐え、生きていたくもないこの世に生きのびる面倒さに耐え、血みどろになって恋愛・結婚問題等で邪道へ落ち込み、苦悶する人の一人もなくなることを願って、自らその場に立たされて逃げ出さないのも、全人苦悩のない、仕合せに生きてもらいたいとする、私の多情がそうさせているものだと思う。 

また山岸巳代蔵には、次のような世界認識・現状把握があった。

“いずれ、近く世界は統合されて、思想・政治形態も一本化されることと思うが、そうした時に、間違いのキメつけの一本化に統一される公算が大きく見られ、現在の国際関係や軍備問題、学問・技術等で飛躍的に前進し、物資は豊満になり、人心はその枠内で安定したように見られ、「人間社会はこういう程度のもので、こうしたキメつけを必要とする」やに思い込み、それが大部分の人の観念になるおそれが十分にある。ところが、必ずそれでは不自由なものを感じるはずであるが、そうした枠内の不自由は、人間社会の権利・義務・責任・契約等を当然必要なものの如く常識観念化し、気づこうとしない。また、それに着眼した者が提案したところで、立証するものがなく、観念論は観念論で圧倒し葬られ去るであろう。何ものにも縛られない、キメつけのない、真の自由な人間生活の出来る社会は、いつの日実現するか分からなくなる。”

世に恋愛・結婚観について言及する論は山とある。しかしそのほとんどは、〝間違いのキメつけの一本化に統一され〟た〝枠内〟の中での所詮はコップの中の嵐(ある狭い範囲で大変なことでも、大局的には何の問題にもならないことの例え)の域を出ない。
しかもここでの一本化とは、まさに今世界で起きている〝グローバリゼーション〟(ヒト、モノ、カネ、企業などの移動が盛んになり、地球規模での一体化が進むこと)のことであろう。
たしかにAI技術によるグローバル・ネットワークを背景に人と人との繋がりが、仲良しがより一層深まったと見なしたいところだが、実際は国家個々人主義や自由競争経済という弱肉強食思想等、間違った価値観をそのままにした〝枠内〟からの「平和にために戦争し、神に祈って爆弾を恵む」(山岸巳代蔵)思想・政治形態は変わらない。物余り不景気と物不足貧困・餓死者が同じ地球上で共存し、宗教対立、民族紛争、小国独立、権力闘争、排他運動等、〝一本化〟の猛威が今地球上を吹き荒れている。

内なる心は知らぬ間に外なる科学技術の目覚ましい進展に侵されつつある。すでに自分の健康状態の把握や認知能力は人工知能にはかなわない。次は人間としての心の豊かさ、広さ、徳性も、心を持たないアルゴリズムに置き換えられようとしているのだ。!

肝心の人間問題が立ち後れているのだ。〝内なる心〟を自分の心と混線して〝人間社会はこういう程度のもの〟とキメつけている間違いから来る悩みや不安や苦しみの観念。国による風習や社会通念を当然のように思って育つ根強い観念がある。なかでも結婚観ぐらい、植えつけられたものが非常に抜けないかの如く思われている観念はないだろう。
それが今まさに世界で起きていることなのだ!
こうした世界認識・現状把握に立っての
――結婚、恋愛は楽しいのが本当――
になれる実行方法の開発即ち〝枠内〟からの脱皮・脱出に本当なるものを託するのだった。

PageTop

わが一体の家族考(158)

『正解ヤマギシズム全輯』の草稿
草稿

『百万羽』構想という理想社会建設の大事業と並行して始められた「愛情研鑚会」で、男女間、夫婦間の愛情の不安定がいかに多くの社会問題を惹き起しているか、我執の害毒がいかに大きいか、全人幸福のためにはこの問題の解決こそと命を懸けてきた山岸巳代蔵であった。

そんな矢先の1959年7月〝山岸会事件〟で脅迫の疑い(翌年10月起訴猶予処分)で全国指名手配されて以来1960年4月に自ら出頭するまでの約八ヶ月、主に滋賀県堅田の地にあって誤解・曲解されやすい言行によらず責任のとれる著書に依りたいと、『正解ヤマギシズム』の著述に専念する日々だった。
なかでも自分自らをまな板に乗せた〝血みどろの愛欲史〟を〝ヤマギシズム恋愛・結婚観〟にまで煮つめ社会一般化されていく一部始終ぐらい、せめて要点だけでもまとめて世に残しておきたいと願うのだった。
それは次のような言葉の端々に現れる。

“全人幸福への根本条件解決への一考察”
“世の人々の参考に役立つなれば”
“苦悶する人の一人もなくなることを願って”
“いずれが正しいか検討する正しい結婚への参考資料に”
“全人幸福への道標か何かの足しに”

等々どこまでも考えるための参考資料に過ぎないとしながらも、

“現在の世相では、本書の文字を読める人は多いだろうが、これを読み得ても意味を読みとれる人は少ないだろうと思う。
まして本書に盛られた具現方式を、即実行、具現できる人は、その境地に入った、よほど進歩的で、世界の先端をいく、革命意識に燃える、まれに見る人達に於てのみなされるであろう。だが、この空想とも一般に笑殺されるであろう、実は実現容易な理想境〝金の要らない楽しい村〟が、地上の一角に一点打ち立てられる時、それを見、聞き、伝えた世界科学者達の研究課題になり、人間の本質、社会のあり方等について、関心を寄せられる人々の注目が集まり、実行家の続出することは、火を見るよりも明らかである。”(研究家・実行家に贈る言葉1960.5)

と燎原の火のように世界中に燃え拡がり、急速に全世界が風靡される実態の普遍性については一点の曇りもないのだ!
確かに指名手配中の身でもあり、満足に著述に打ち込める環境ではなかった。しかもこれら遺された資料は、ほとんどが断片的な未完成草稿である。本人による添削が複雑に施されていたり、途中で別の主題に飛んだり、中断したり、ほぼ同内容のものが表現を変えて書かれていたりと、非常に読みとりにくい。
加えて出頭するに当たっては、『正解ヤマギシズム全輯』の草稿としてB五版わら半紙に鉛筆で書いた四百枚近くの未完成原稿もすべて「燃やしてほしい」と当時近くにいた人に託されたとの証言もある。
だとしたら結局のところ、『正解ヤマギシズム全輯』の出版は〝幻の著作〟に終わったのだろうか。山岸特有の大うそつきのはったりめいた発言だったのだろうか。
山岸会事件後、多くの会員が〝こんな筈でなかった〟と動揺していた頃、山岸巳代蔵から福里柔和子に宛てた書簡という形式で会員に向けて発信された第二信で、

“柔和子と僕の目には、今日の形でなく、カレンダーを数枚めくった日本晴の明るい世界が展開していますね。前進前進の現段階や、これからの見通しがついているわね。”(1959.10.10)

と書きとめている。
先回の〝即極楽の8丁目〟の文言もこの二信の文末から引用した。

“月界への通路、開設着工 地獄の八丁目、即極楽の八丁目 きわまる所 必ず展ける。霊人より”

必ずそう成ることを見て言っているのだ。まだ無いものが見えるから言っているのだ。
ある意味〝幻の著作〟どころか、四百枚近くの未完成原稿は汲めども尽きぬ理想実現への泉なのだ!

ここではある程度纏められた「『恋愛と結婚』の前書き」(1959.10~12)や「真の結婚を探ねて」(1959.11)と主に山岸巳代蔵と柔和子による研鑚会記録「編輯計画について」(1960.2~3)等の資料から山岸巳代蔵の心の動きを辿ってみたいと思う。

当時山岸巳代蔵は滋賀県堅田に住んでいた。柔和子もまた堅田に近い滋賀県の浜大津に住んで、そこから山岸の住む堅田に会いに行くようにしていた。「編輯計画について」等の研鑽会記録が残っているのは、同じく指名手配中で事件の広報担当だった奥村通哉(1923~2016)さんが堅田に呼ばれて口述筆記を自らの出頭の日まで担当していたからである。

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(42)

〝常識外れの変わり者〟

ヤマギシズム理念や一週間の特別講習研鑚会を考案した山岸巳代蔵ってどんな人だったのだろう? 遺された資料などから一言で言うならば、〝常識外れの変わり者〟とも呼べる人間像が浮び上ってくる。
山岸巳代蔵

実際に第一回の「特講」が開催される半年ほど前、養鶏の講習もかねた会の研鑚会に参加した明田正一(後の参画者)さんが、「キチガイになれたのが嬉しい。キチガイが治らぬうちに来る気はないか」と手紙を山岸さんに出したら次のような返信があった。

「変り者を探している。変り者を探し合って、変り者でない人を変り者にしようじゃありませんか。そして世界中の人みな変り者に変えましょう。」(1955年6月8日付)

そんなたった一夜の夜明かし研鑚会で〝キチガイ〟になった明田さんに呼応するかのように、7月には山岸さん自ら明田さんらの部落に出向き「掘立小屋を建てて藁の上で筵をかぶってでもやっていく、私はこの地の土になりたい」と言って山岸式鶏舎を建て育雛を始めてしまう。そして10月の山岸会全国大会では何と「地上の一郭に既に理想社会はできている」と公言するのだった。
このスピード感、〝常識外れの変わり者〟ならさもありなんといった感じである。心の豊かな人に巡り会って居ても立ってもいられなかったのであろうか。

こうしたエピソードからある意味で山岸さんという人は、自分の〝理念を生きた〟人ともいえるだろう。しかもその生き様がとても〝リアル〟なのだ。
理念(理想)と現実(実際)との間にスキマを作らないように、絶えず理念(理想)に即応しようとする意図を感じる。常識的には崇高な理念を掲げることは、即挫折や敗北や悔恨を意味するはずなのに……。
例えばこんな発言もある。

以前の自分は、自分の思い考えを皆に聞いて貰い「どう思う?」と尋ねると「分からん」と言われて、「なんや、こんなに喋っているのに頼りない」「なんや、つまらん」と思っていた。逆にまた「そうか」「なるほど」「そら苦しかったやろな」と言われると同調者ができて、味方ができて、理解者ができて、非常に力強く感じていた。
ところが最近になって「ははあ」「ああ」と、ホンマに頼りないと言うのか、あほらしいって言うか、煮え切らない本当に「分からん」とする相手と話すのが最も楽だと思うようになったという。

「理解者の数が要らんという、自分が理解者になったらええのやと思ってね。それからこそっと楽になったね。妙なもんやわ、そら。」

パッと陽光が射し込んだような開放感に包まれる。自分の思い考えを理解してほしい、認めてほしいという観念の夾雑物が外れた清々しさが感得されるようだ。

それにしても〝自分が理解者になる〟の、その自分ってどんなじぶん? 自分の心の内にキメつけている観念が外れた一瞬。これこそあの特講で出会ったじぶん?

PageTop

わが一体の家族考(157)

頼子とのわかれ
特講絵図

山岸巳代蔵には結婚観、男女関係については一貫した考え方があった。それは例えば、

“僕はね、本当に女性が救われるのはね、これは男性も共にやけど、救われるのは、固定のない結婚だと、こう思えるの。何人とか、誰々とか、こういうものはないのやと思うの。誰と誰とというような固定がないのやと思うの。それは未だにおんなじ、一貫してるんよ。キメつけのないのが本当だと、こう思っているからね。だからね、あのやはり、これも全人幸福の立場から、わざわざ作ろうたって、作れるもんやなしに、好んでそんなことして交際求めてやろうとしないのに、いろいろの機会があると。そしてそんなふうになっていく状態ね。”

といった流れ雲のような成り行き任せからの真の結婚を探ねての途上で偶然か必然か出会った頼子という女性であり、一年後には何の野心もなく出会ったのが柔和子という女性だった。
すると頼子には嫉妬っていうのか嫌気が感じ出してきて、だんだんと頼子との関係が悪化して悲惨な場面が出てくる。しかも1958年3月末には柔和子との婚約発表にいたる。
期せずして柔和子からは私と結婚したとなったら〝私は火の女〟ですよと覚悟を迫られるし、精神的肉体的純情をくれた頼子も絶対に落とせない立場に追い込まれる。一番難しい〝結婚の革命〟に直面する。この革命が成されないで、何の革命や、本当の社会やという思いに胸が張り裂けそうだった。
だんだん愛情の混乱状態が起こってきた。
そんな愛情の混乱で絶望状態になった山岸巳代蔵は、そこで話し合いをして〝なんとかならないもんか〟と見性寺の愛情研に一縷の望みをつなぐのだが一応それは持ち越しになり、翌1959(昭和34)年1月17日の〝熱湯事件〟になり、療養を兼ねて春日山近くの柘植の旅館で頼子と一緒に暮らしてみたりと、落ち着かない日々が続くのだった。

そんな愛情の不安定のさなか、山岸会の運動面では4月全国民を「特講」に送る急進拡大運動が提案され一気に盛りあがる。そしてそこから全国的に名をとどろかした〝山岸会事件〟へ。山岸巳代蔵もまた全国指名手配として追われる身となった。
その後山岸巳代蔵は、あちこちを転々と移り、出頭の機会をうかがう。頼子とは7月末に会っているが、この年の12月半ば結局は頼子の手には渡らなかった手紙を人に托して以後、連絡は途絶えることになった。
昨日頼子のために一日中泣いた……から始まるその手紙の一部を紹介してみる。

“二階で別れる時、私をどうしてくれるのと、ヨー(頼子のこと―引用者注)にしんけんに云われた言葉が毎日胸に痛い。ヨー、ビックリしないように。情死した方がよいと思うなら、直に明日にも来てくださいね。ホントによろこんで死ぬよ。ヨーと末永く楽しく暮らしたいのが第一の願い。その次は、三日間ヨーと充分たのしくくらして一と思いに死ぬよ。よほど思いきって、ヨーも考えて決心して、ヨーを不幸におとして、全人もくそもあったものか。”

昨夜は近くの浜大津に住む柔和子の病状急悪化と精神的に落ち込んでいる報告を受けて、のたうち回り、苦悶で夜を明かした。とうとう杉本利治さんに来てもらって話しているうちに力づけられて元気回復し、頭も働き始めたばかりだった。
「なんで分からんやろな、ママ(柔和子のこと―引用者注)さんさえ分かったらな、仲良ういけるのに」といった通じないもどかしい気持ちを何とか割り切って、〝全人幸福のためなれば何をか云わん我が凡て〟で行動しようと決意するのだった。

いや、それだけではないと思う。先に紹介したイズムの先人山本作治郞さんの「宇宙自然の愛護」や柿谷喜一郎さんの「夫の行為は妻の一体によってなるもの」等の真意に繋がる大森敏恵や井上頼子に共通して流れるものに〝凡てが納得解決するカギ〟を託しているようにも文面から見受けられる。この辺り宿題としておこう。

またこの年の暮れ頼子は、この間何かと相談に乗ってくれていた安井登一(1909~1993 山岸会事件で逮捕され、保釈後は郷里に帰っていた)さんに宛てた手紙で次のような頼み事をしている。

ずっと刑事に監視されて窮屈な思いをしている。今の自分は、ただ一日も早くすべてから解放されて行くべき道を定めたい。そこでお願いがある。あの〝熱湯事件〟の後、伊賀町柘植の旅館に静養を兼ねて暮らしていた時「山岸と頼子は必ず一年後に結婚します」と交わした誓約書を居合わせた貴方は証人として持っているはずだから私に返してほしい。そしてこの事件が早く解決して皆んなが楽しく暮らせる日の早からんことを祈っているといった内容であった。

この時点で山岸巳代蔵はひとりの女性に振られたのである。
そう言えばと、以前ずいぶん吉本隆明の言説に慰められた記憶がふと思い出される。例えば

“男性の方はそういう場合(つまり自分自身っていうのを、一人の異性なら異性っていうものに通ずる、自分を通じさせることができなかったっていう体験―引用者注)には、振られてがっくりするわけですけど、がっくりしたっていう体験を通じて、おそらく、人間は人間として、いかに、卑小な存在であるとか、つまり、自分を相対化する眼ができてくるわけです。
だから、たいへんきついことですけど、その時は、おそらく、振られる男性の方は、わりあいに、神に近い境地にいるわけで、それは、現象的には、表面上はそうは見えないですけど、ほんとうのところはそうなんです。”(講演 自己とは何か-キルケゴールに関連して 1971.5)

ナント〝神に近い境地〟なのだという!? どんな境地なんだろうとあれこれ思い巡らして気を紛らした日々が懐かしい。

そして今、自分らはそこから暗い悲しいみじめな失恋体験・境地が一転〝即極楽の8丁目〟の世界に触れていくのである!
ヤマギシズム恋愛・結婚観の探究を通してその肝心な機微に触れるのである。

PageTop