FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(164)

二つで一つのもの
陽光射し込む

この間何度も二人して、「本当にあの時会わなきゃ良かったな」「俺は三鈷寺(柔和子と初めて出会った特講会場―引用者注)で会わなんだらなと思う」と関係を断ち切ろうとした場面が思い起こされる。

柔和子 そんな話を聞いてると、フッと疲れが出て、それがビーンと反射してくる。どっちも同時に疲れが出て、どっちも落ち込む。そしてまあ、十回のうち七回まで、結局私が機嫌をとるの、「もうやめましょうね」と。(略)
ところが、「もうよしましょうね」と言っているのに、「もうこの苦しみが、この苦しみが」と、相手が、「この苦しみを、この苦しみを」と泣き出すと、「あああ、あなただけじゃないわ」、いたわるのがあほらしくなってくる。こっちの苦しみも察してくれ、とこうなる。いいかげんにしてくれ、とこういうものが出てくる。(略)
山岸 だが、そこに機嫌をとり始めることについて、それまでにきてある状態よね。それを七回は私がとるということになると、それがちょっとね、非常に間違った方に自分自身が入っていくものやと思うの。二人の中に起きた出来事をどっちがどうであろうと、そやないと、お互いに相手を非難する場合に、相手を見やね、自分を分かろうとする時に自分を見ると、こういうものがそこから出るのやと思うの、そらもう同じものやと思うの。なだめる方、なだめられる方、同じものやと思うのよ。僕はそう思えるけど。”

ここで山岸巳代蔵はハッとするような言葉を発している。例えば〝二人の中に起きた出来事〟は〝なだめる方、なだめられる方、同じものやと思う〟と。
この間の〝私があなたの立場だったら〟とか〝俺が柔和子の立場になったら〟と突っ張り合う、間断のない苦しみにお互い責め苛まれる無間地獄から脱け出す兆しがそこに見られるのである!?
この辺りの山岸巳代蔵の発言をもう少し追ってみよう。

山岸 そこんとこ、双方から起ったもので、双方のものだと思う。そこに本当の夫婦の良さがあるんだと思うが。
「ここからよう言わない私や」とね、そういう考え方に入らずに、やはり二人のものや、二人一つのものや、どっちのと言うより、二つの入れ物に入れた水がつながっているように、「僕が至らぬ、あんたが出来てる」と言っても、それは、至らん、出来てる、二つで一つのものと思うの。”

山岸 いや、これはホントやと思うの、それをかれこれとそういう観方をするところに、いろんなもんが出てくるのやなかろうかと。なかろうかやぜ。”

山岸 だから双方至らないのよ。誰か原因作ったとしても、恐怖心が起るのは、至らないのよ。だからといって、そこへ甘えが出たらおかしいやろ。恐怖心が出る私やと、そんならこっちにしてみたら、それにも匹敵する、もっと言いたいが、同じものやと言いたいが、そういうものを感じながら、大変なことになるぞと思いながら、溜息が出るということの中に、いくつもあるということよ。本当に苦しくて仕方ない時もあるし、そういうものを含めて溜息が出るわね。別の意味のも出るわね、そやろ。これも至らないのよ。言うたら、至らないのがこっちにある、どっちにあるとかでなしに、至らないのは二人のものやと思うの。”

ここでの〝二つで一つ〟とか〝どっちにあるとかでなしに、至らないのは二人のもの〟という発言になぜかふっと一条の光が射し込んでくるような心のときめきを覚えるのだ。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(163)

信じない思想家・山岸巳代蔵
四大聖人

続いて山岸巳代蔵と柔和子による研鑚会記録「編輯計画打合せ」(1960.3.6)を読んでみよう。
この記録は最初『正解ヤマギシズム全輯』の「全輯を通しての前ことば(試案)」を前述の奥村通哉さんが作成し、その一文を検討するところから始まる。山岸巳代蔵の方からは例えば次のような興味深い意見が入る。

○高い立場からのキメつけを持たない言葉遣いで。例えば「私のこれがいいのだ」でなしに「私もこんなふうに考えてみたがどうだろうか」と。現在のこれがまずいという感じを持たさんようにしたいと思う。
○古い、非科学的、無知な、幼稚な感じを持たせたら読まないと思う。
月の世界に行けない時代から行ける時代になっている。人間の観念界においてさえ、怒りの問題でも腹立つものとしていたところから人間の知恵で腹立たなくなってきたと。
○対象が中学生程度と言ったのは、あの時代は抽象的ないい加減なところでは承知しない。追究っていうか、究明欲がとてもあるから、「そうか」、「そうやったんか」、「そんならこれも出来る」と、こういう取り組む究明意欲が湧いてくるような……。
○ここの〝釈迦やキリストやソクラテスや孔子といった人々が生まれ、優れた方法を説いた〟が気に入らん。優れているか優れてへんか、そんな分からへんでね。実際はあんなもん出してくれたおかげで、えらいことになったんやで。それぞれの考えやろ?
あれから宗教が出来、盲信が出来たんやでね。そのために人類がいつまででもこんな馬鹿なことやっているのやでね。

として、「多くの人に永く影響を及ぼすような説を唱えた」に変えて進みながら、ヤマギシも

“ヤマギシ大聖人が出来たらアカン、宗教にしたら大変”

と強調する。
続いて、「人間同士がお互い仲良くしあって楽しい生活をしていくことに、人々の目は大いに開かれた時代もあったでしょう」の一節が検討され、

“「仲良く楽しく」はまだ早いと思う。本当の生き方やね。「仲良く楽しく」を早く出すのは、なんや甘いように思う。本当の生き方を、あれは究明したものだから。始めから「仲良く楽しく」を出すと、宗教的に受け取られる。”

として、「ずいぶんと野蛮な(原始的と言われる)時代が永く続いてきた後に、釈迦やキリストやソクラテスや孔子といった人々が生まれ、すぐれた方法を説いたので(多くの人に永く影響を及ぼすような説を唱えたので)、人間同士がお互い仲良くしあって楽しい生活をしていくことに(の本当の生き方についてかなり究明し)、人々の目は大いに開かれた時代もあったでしょう(だろう)が、」
といった研鑽形態の表現、〝研鑽文法〟の記述に変えられていく。

ここで多分奥村通哉さんは、世界四大聖人を思い浮かべて釈迦・キリスト・ソクラテス・孔子の名前を挙げられたにちがいない。
ナルホドナーと感心する。さすが信じない思想家・山岸巳代蔵の面目躍如たるものがある。

なるほど「仲良く楽しく」と「本当の生き方」のどちらを〝先出し〟にするかによって丸っきりその後の展開が異なってくる! つい「仲良く楽しく」を強調することで手痛いしっぺ返しを食うこととなった自分らのかつてのイズム運動面での記憶がよみがえる。
そこまで考える焦点を一つに緻密に簡素化して考えるのかと驚かされる。何もかも一緒くたにする大雑把な観方で〝まあそれで良しとしている〟普段の自分の甘さを恥じる。
その後二人の話題は、あちらこちらに飛びながらも、

山岸 分かる私でなしに、どこまでいっても分からない私。その中でも、相手を最も聴こうとするもの、そこやね、分からないなりにも。そやね。”

と続き、

山岸 しかし、明るい春になった。
柔和子 今年は三五(みご―引用者注)とな年(昭和三五年)で、私も見事なくらい、今年は見事に整理せんならん。
山岸 本当に健康にね。パッパッと気分転換でいこうよ、ね、ね。  
柔和子 ハイ。
山岸 ね。
柔和子 ハイ。
山岸 苦しいても、苦しいても、それをどういうふうに打開していくか、これもだめ、あれもだめ、そんならこれやろと、気づいていく楽しみ。”

と大団円を迎えるはずだった。
しかしそうはならなかった。
柔和子の

“愚痴のなかった私が、今度は非常に愚痴っぽい私を感ずる。過去の話を出さなおれない。過去の話を出しながら、「何と愚痴っぽい自分になっているな」と自己嫌悪に陥る。相手があって、またこちらから吹き出てくる、愚痴がね。(略)”

との発言を受けた山岸巳代蔵の

“こんな女と出会ったばかりに、女の愚痴なら可愛らしいのに、男の愚痴やら嫉妬って(未練が断ち切れず、その愚痴に付き合う自分自身?―引用者注)、可愛らしいもんでないのに、男の体面もさっぱり丸つぶれや。”

といった辺りから雲行きが怪しくなっていく。
ここからまた二人のいつもの通じ合わない堂々巡りがくり返されるのかと思いきや、ナント意外な展開が……。

PageTop

 「と」に立つ実践哲叢(43)

〝二つの幸福〟問答

またその年1955(昭和30)八月に山岸さんの母・ちさが亡くなり、会葬者全員に小冊子『二つの幸福』を配ったとされる。
山岸巳代蔵一家とその親族

【写真は左から 四男・千代吉(23) 三男・巳代蔵(28) 二男・新五郎(31) 父・巳之助(58) 母・ちさ(56) 西村しづ 妻・志津子 なお長男・助一(33)は京城(朝鮮)に滞在か? この年[1929(昭和四)年]山岸巳代蔵は山根志津子と結婚】

生前母はよく〝水は冷たい、お湯は熱いから止めるでは何事も出来ないよ〟と独り言を言っては僕をつくってくれたという。そうした母の心を移し行うように、過去幾千年の人類史上「出来ない」と思われた理想社会はどうしたら実現するかを一言で簡明に著したものが『二つの幸福』なのだ。

二つの幸福がある。真の幸福と幸福感だ。どちらも同じ言葉をもつが、根本的に相異なる。何時になっても変らない真の幸福と、不幸に対しての対句としての幸福感である。喜怒哀楽に象徴される一時的の満足感を幸福だと思い込んでいるのは仮の幸福であり、ただ幸福だと思っているのみで、こんなはかないものを幸福感と呼んでいる。
それが今日まで実現しなかった理由としては、諦めと無関心と無知等々が挙げられるが、肝心の幸福の何物かさえも知らず、知ろうともしない、または間違った考え方をしている人が多いからであるとして、

“幸福感と真の幸福の区別が解らないからなのだろう。”
“幸福感を本当の幸福なりと勘違いをしている人が頗る多いのではないか。”

と記されている。
だとしたら永遠に変らぬ〝真の幸福〟っていったいなんだろうか? どうしたら幸福感でない真の幸福が得られるのだろうか? 

ある日の研鑚会のテーマは「何でも二つある」だった。何でも二つあることを知ることの大事さで話が盛りあがった。ほとんどの人生上の苦しみや悩みの原因は、皆一つしか知らないところに帰因するのではないかと。そう言えば幸福にも幸福感と真の幸福の二つあったなあと、ふむふむと頷いている自分がいた。
しかし今振り返ると冷や汗が出るような思いがする。例えばほとんど無自覚に自分の思い考えから見て、幸福感と真の幸福を観念的に区別していたのではないか。自分らの切実に欲求する、永遠に変らぬ真の幸福を掴み得ようとして、知らずして不幸に対しての対句としての幸福感を〝本当の幸福なりと勘違いをしている〟自分に気づかされる。

そもそも不幸とは何か? たしか研鑽資料『ヤマギシズム社会の実態―世界革命実践の書』には〝不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟と記されてはいるが、実際は不幸と思われる現象に出会って心の動揺を感じるばかりの不安定な自分がいたりする。
それでは二つあることを知り、もう一つの不幸と思われる現象が現れないようにするってどんなことなんだろうか。

そうなのだ。まず〝不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟とする、不幸と感じない心境になることが先で、そこから間違った姿をなくしていこうとする、そんな〝理念を生きる〟もう一つが見出されてくる!

PageTop

わが一体の家族考(162)

〝脱皮〟という飛躍・転換
脱皮

先の〝恋愛・結婚は楽しいことばかりで、歓びに充ち満つるのが本当〟なのに、そうも行かない〝不思議な謎も解け〟たとする「真の結婚を探ねて」の一文を記した1959年11月頃から翌年4月に自意出頭するまでの残された山岸巳代蔵の発言からは、コロンブスの卵の例えにも通じる〝真の結婚へ入れる鍵を見つけた〟発見の歓びが発言の端々に感じられるようになる。
何しろ

“一番難問題とされるこの課題の解決こそ、全人幸福運動の基本であり、仕上げでもある。しかも、最も難解だと思うこの問題さえ解決すれば、他は……。私は、これに取り組んで生きのびているともいえよう。”

として真の結婚を求めて、ようやくにしてヤマギシズムの結婚観に照らしてみた場合どうだろうかと研鑽できそうな域に来られたように思えるからだ。
その辺りの一連の心の動きを、水の中に飛び込んでこそ泳げるようになるといった自分の考えを入れない〝脱皮〟という実行・実践に託していう。

山岸 そうそう。なんとかして、なんとかしてと、こればっかり、この底にあるのよ、底にね。ママさえ分かったらっていうものが、これがその底にあったんや。そしたらこれは、こういう結婚観は成り立つし、そんなんでね、それがそこまでやった、まだここで最近まであったんや。最近までそこに。で、いずれは分かってくれるやろうと、いずれは分かってくれるやろと、こう思ったものね。
柔和子 その脱皮というのはなんということですか。
山岸 脱皮ということはね、あの、苦しまないと、苦しむよりも、どうしたら、あの、どうしたら、なんちゅうかね、苦しんだってダメやから、同情したってダメだから、ダメだから、それで、どうすれば仕合せにいけるかって、こっち考えるのやと思ったんや。それからもう、コソッと楽になった。”(「徹夜研鑚会の記録1960.3.27」)

ずっとなんとかして柔和子さえ分かってくれたらこの結婚観(固定のない結婚)は成り立つのにと苦しんできた。ところが柔和子は頑として三人でなら私が降りますので頼子さんとやってください。先生と二人でならやりたいとゆずらないで来た。頼子に対しても同情している自分の思いも吹っ切れないで来た。

自分はたしかに〝真の結婚は求めたが、苦難を求めはしなかった〟。なのに何故? だとしたらこの間の煉獄の試練は〝真を求める者に課せられた運命〟なのだろうか? “常識世界は冷たかった”(「真の結婚を探ねて」)
本当にそうなのだろうか? 〝苦しんだってダメやから、同情したってダメ〟なのだ。試煉は自ら苦しみ悩む間違いをこそ正し、改め、変化を促しているのではないだろうか?
すると間違いばかりで勝手に悩み苦しんでいる自分自身が浮かび上がってきた。
そんなもうどうにもならなくなった途端、フトどうしたら幸せにいけるかと考えるそんな自分も見え出したのだ。そんな自分に先ずなることだった!
自分自身からの脱皮こそ、真の結婚への絶対条件だったのだ。
ちなみに「ヤマギシズム結婚の五大条件」を挙げてみる。

“一致研鑽前進
○適合男女―適齢 性格 知能 系統
○心行全面一致―仲よし 考え方・行業 真の研鑽一致 無我執
○双方の永久恋愛―距離 時間 動 進 終点なし
○(真の)一致の上の自由―契約・束縛・固定・型・掟なし
○合真理指向―心身健康 快楽歓喜 たのし 自然全人一体観 前進発展”

ここで〝脱皮〟という言葉で表現されるものこそ、ヤマギシズム恋愛・結婚観への出発点にある実践であった。
こうした〝脱皮〟という飛躍・転換のなかに秘められてある実態への好奇心を念頭に置きながら山岸巳代蔵の発言を追ってみる。

PageTop

わが一体の家族考(161)

不思議な謎も解けた一部始終
煉獄山 ダンテ『神曲』

次に「真の結婚を探ねて」を読んでみよう。

①私も今から思いかえすと、結婚によく似たことを幾度かして来ましたが、いずれも不完全なものばかりで、真の結婚とは縁遠いものばかりであった。肝腎な条件が欠けていた。肝腎な条件が欠けているのに結婚は成り立たない筈、不安定なことは当然で、毎度不成立のまま今日に及んでいる。

②今から考えると、真の結婚の何たるかさえもわきまえず、しかも未成熟のままで、即ち結婚資格もない僕が、一般に結婚と謂われている、真の結婚でないものを、結婚かのように思い間違って、早まり過ぎたために、真の夫婦になれる相手や周囲を苦しめ、自分も苦しみ通してきた事であった。

③僕は全人幸福への熱願と、それへの凡ての面での理論究明と、進歩的合真理方法の考案や普及に急にして、自分自らヤマギシズムの人間性に到達することが疎かであった。
怒りの発生しない方法を考案した。熱心に三時間も理論研鑽一回だけすれば、以後一切ほとんどの人が腹の立たない人になれるし、心も広く、知恵もよく働くようになる。この方は今までのところ、どんな場合でも、一度も怒りが湧いてこなかったから、絶対に腹が立たないと云えそうだ。

④ところで僕、怒りや憎しみや財産等はスッカリ解決したようだが、悩み苦しみの方で特別が残されてあった。
大抵の悩みや心の苦しみは起らないから問題でなかったが、恋愛・結婚問題で大変なことになった。
恋愛や結婚は、試験・実験をしようとわざと仕組んでも、本当の実験・体験にはならないことで、科学実験や怒りなどのように材料を持って来たり、場を造ることも出来ない。模擬的にやった場合は理論通りに出るが、予期しないのに起った本当の恋愛の実践の場では何の役にも立たなかったことである。理論が先走って理責めになり、押しつけになり、成るものもかえって反対へ反対へと追い落し、理論と実際とのジレンマで、これまた一層苦しみ、苦しめ、お互いの命が絶たれた状態も、幾度となく体験した。

⑤しかし、悩み、苦しみ、もうどうにもならなくなった途端、絶望のドン底から途が開け始めた。悩み、苦しみのほとんど起らない境地にまで漕ぎつけたようだ。
結婚資格のなかった自分が見え出した。見えだすと早いもので、いよいよ真の結婚の出来る資格が、初めて、ようやくにして、ついたように思える。

⑥恋愛・結婚は楽しいことばかりで、歓びに充ち満つるのが本当で、悩ましかったり、切なく不安で苦しかったり、好ましからん問題を起したりすることが無い筈だのに、そうも行かない不思議な謎も解け、真の結婚のいかに大らかで、真に自由で、絶対安定で、広大無辺の愛の素晴しさを、受け売り論議でなく、身を以て体得したままを、飾らず匿さず余すところなく公開し、この世に生を受け、古今の万人万物から有形無形に受けて、返すことの出来ない僕の、最大の贈り物としたいと思う。

ここで山岸巳代蔵はこの間自らの〝偶然か、必然か、実践の場に立たされ通した結婚受難史〟を振り返えりつつ、人間幸福への条件である怒りや憎しみや財産を放す等の自己革命はスッカリ解放・解決されていたにもかかわらず、恋愛・結婚問題から来る悩み苦しみの方で大変なことになった経緯とその不思議な謎も解けた一部始終を記述している。
自己革命と恋愛・結婚革命を区別せざるを得なかった当事者ならではの追い込まれた場所がじつに興味深い。不可思議界の究明専攻の人達の参考に値する云々と云った記述もあながち大げさではないのではないか。ここの自己革命と恋愛・結婚革命を一緒くたにしてしまっているところにじつは悩み、苦しみの原因があったのだ!
ではどのようにして解けたのだろうか?
こういうことだろうか。
この一文の冒頭は次のような一節から始まっている。

“本当の結婚をしている人、幾人ありや。
命がけ、血みどろの今日まで。
生来の求真性格に煉獄の試練を。
真の結婚は求めたが、苦難を求めはしなかった。”

ここでの〝煉獄の試練〟とは、カトリック教会の教義で、この世のいのちの終わりと天国との間に多くの人が経ると教えられる清めの期間で、「永遠の救いは保証されているものの、天国の喜びにあずかるために必要な聖性を得るように浄化(清め)の苦しみを受けると考えられていた場所」と説明しているところと重なるだろうか。それはまさに陣痛の苦しみ、脱皮の苦しみでもあったろうか。
こうした大試練で悩み、苦しみ、もうどうにもならなくなった途端、〝真の結婚の出来る資格〟や理論と実際とのジレンマが解けたのだ!
思う思わんの観念でなく、人間本来の姿として悩み苦しむ間違った姿が現れないように出来る〝真の結婚の出来る資格〟が体得された。
するとなんと

“真の結婚のいかに大らかで、真に自由で、絶対安定で、広大無辺の愛の素晴らしさ”

が歓びの中に展開していたのである。
あの死さえも赦されない苛酷な苦悩は私達のみで終止符を打ち、今を境として、以後楽しい筈の恋や結婚で苦しむ人の一人も出ないように出来る途が開け始めたのである。
ふっとこの途こそ、宇宙自然から注がれた愛護を受けて返すことの出来ない僕の、全人幸福のために役立つかもしれない最大の贈り物にも思えてくるのだった。
それはまさにコロンブスの卵だった。

PageTop