FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(168)

呪縛からの開放

こういうことだろうか。
例えば一週間の「特講」の終わり頃に、〝絵図研鑽〟をやる。
特講絵図

この絵図は、第一回特講(1956.1.12)開催日の明け方までかかって山岸巳代蔵が息子の純(日本画家1930-2000年)に描かせたものだ。左側に理想社会を現し、右側に現実社会を現すような政治家や僧侶や学者や酒を酌み交わす人らが描かれている。当日までかかったのも女の人が全てを放して〝ポンと飛び込む〟姿が思うように描けない。とうとうそこだけ山岸巳代蔵が描いてやっと間に合わせたのだという。
いわゆる理想と現実の世界をありのままに対照的に描いたものなのだろうが、皆で一週間の研鑽を経ての〝絵図研鑽〟の段階では、左側の花園での男女の語らいの姿などが妙に生々しく感じられるのか今すぐにも裸身で飛び込んでいきたい気持ちの自分に気づかされる。きっと誰もがそう感じるにちがいない。
現実よりも理想の世界の方がリアルに感じられた不思議な体験だった。

自問自答の始まりだった。その後、しばしばヤマギシズム(理念)と現実との相一致しない様々な矛盾に直面するにつけ、理念と現実の世界とはどんな関係にあるのかと考え込まずにはいられなかった。

○そもそも理想を描き、その理想実現に生きがいを感じるとは? 
○心底面白いからやっているだろうか?
○理想を唱え、追い求めることはただの幻想やロマンにすぎないのではないのか。なぜならこれまでのすべての理想実現の試みは、愚劣な失敗例と挫折例しか生まなかったではないか。
○理想を追い求めることが、何時しか日常行動からくる環境に押し流されてか観念的理想論に終わるのはなぜなのか?
○ヤマギシズム(理念)に即応するというか直結する生き方(生活)はどうしたら可能なのだろうか?
○理想を自己の生活に日常化しない限り、押し流されるだけだ。つまりそこでの生活・経済・生産活動その他が理想と直結した生活体とすることだ。
○そんなことが現実的に可能なのか? 窮屈で息苦しいだけではないのか?
○では〝理想は方法に依って実現し得る〟ならば、その最善の方法とは何のことを指すのだろうか? 
○その理想への出発点に立つとは?
○センジつめると、ヤマギシズム(理念)を生きるということになるのだろうか。
○そこまで行かねばならないのか? 凡人の自分には絶対無理な話ではないのか。

ふと以前実施されていた「ヤマギシズム無期研鑽学校」のことが思い出される。
当然無期というからには、何時実顕地に帰れるか決まっていない。なかには数ヶ月にも及ぶ人もいる。そこでの上昇点となる目安は「もうだいぶ研鑽して深まったなあ」という自信めいた気持ちから「自分はもうちょいと賢いと思っていたが、まだまだ。容易でないなあ」という謙虚な気持ちに切り替わったその時にあった。なぜか不思議とそんな頃合いに実顕地に戻されるのだった。
その絶妙のタイミングに人智を越えたものを感じてしまうのだ。

そこからあの理念と現実とのズレ“理で虎に食われるを説いて、虎を退治しようとして、虎に食われなかった自分……”のそうもいかない不思議な謎を解明する手がかりが見つかりそうなのだ。そうした呪縛からの開放のヒントになるものが。
なぜあえて自分は、ヤマギシズム(理念)と現実を無理やり結びつけようと悪戦苦闘しているのだろうか? 本来良い悪いなどと比べられるものだろうか?

そうか、ふと自分が理想そのもの・〝ヤマギシズム〟になったらいい? との思いがわいた。自分が〝ヤマギシズム〟を勉強したり近づこうとしないで、理想・〝ヤマギシズム〟と同じ位置に立つというか、そこを生きることだ! 
するとあの絵図が、これまでとは違った生き生きとした姿で目に映り始めてきた。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(167)

捨身飼虎(しゃしんしこ)
玉虫厨子 捨身飼虎図(部分)

先の山岸巳代蔵の〝我執の前の我〟の気づきから、〝理屈抜きで、ポンと夫婦の本質の中へ入る〟即断即決の次元の〈転換〉という出来事にもっともっと近づいてみよう。
このことは恋愛・結婚観にとどまらず、政治・経済・社会・人生問題及びその他凡てに相共通していく質のものにちがいない。あらゆる難問題を解く方程式がここにあると直覚するのだ。
今の社会的欠陥の最大なる原因は、国と国・官と民・業者と業者・団体と団体・人と人とが離れ、相反目していることにある。それゆえ謂わば〝平和のために戦争し、神に祈って爆弾を恵む〟呪縛から逃れられないでいる。
この間山岸巳代蔵は自らをまな板に乗せて、血みどろになって本当の恋愛・結婚の実践の場で邪道へ落ち込みながらも、よく逃げ出さず、ヘトヘトになりながらも、理論と実際とのジレンマを脱け出す、すなわち誰でも容易く真の結婚の楽園へ入れる鍵を発見したのだった! 
理論と実際とのジレンマ、それは

“真なるものには、悩み・苦しみはないのが本当だと思う。ヤマギシズムにこうした苦しみがあるということはなぜだろうか。”

といった、ヤマギシズム(理念)と現実との相一致しない矛盾に宿る〝割り切れなさ〟の究明から始まった。
それが〝割り切れた〟のだった! 
その時の発見の歓びを、結婚資格のなかった自らに疎(おろそ)かであった反省の意味を込めて、あの釈迦が前世に飢えた虎の親子と出会い、我が身を投げ出して食わせ、虎の母子(生後間もない子7頭)を救う話に重ねる。

“ついに発見されたキー。理で虎に食われるを説いて、虎を退治しようとして、虎に食われなかった自分……”(「結婚を研鑽(真の科学)する」)

それがなんと〝理屈抜きで、ポンと夫婦の本質の中へ入る〟いや〝意識なくして入っているもの〟からもたらされる境地を如実に実感するのだった。そこへ、もういよいよ入れる段階にきたというのだ。
いったいここのどこに難問題を解く方程式が秘められてあるというのだろうか?
まず一つ言えることは、難問題を解く鍵を〝恋愛・結婚問題〟に見出したところにある。本人の弁を借りれば、怒りの発生しない方法を考案したりして大抵の悩みや心の苦しみは起こらないから問題にならなかったが、予期しないのに起こった本当の恋愛の実践の場では何の役にも立たなかったからである。
こうした〝煉獄の試練〟をくぐり抜けない限りホンモノは姿を現さないものらしい。
かつてマルクスは『経哲草稿』(1844年)で、〝人間の人間にたいする直接的な、自然的な、必然的な関係は、男性の女性にたいする関係である〟と書いている。本稿のメインテーマ「イェニーさん問題」(わが一体の家族考133)にも通底しているはずだ。
自分らの身替わりとなった山岸巳代蔵のぎりぎりの体験から見出された問答無用の次元の〈転換〉ともいうべき出来事にここまで心惹かれるゆえんである。

あの〝我執の前の我〟の段階での柔和子をなんとかしてやろうとする取り組みと、夫婦は一つのものやから、一つになって解決することやし、楽しい状態で解決するのが本当だとする世界は本来まったく別の世界の出来事であるらしい。
現実とヤマギシズムとの相一致しない矛盾に宿る〝割り切れなさ〟とは、そこを無理やり一足飛びに行こうとする自己盲信的な混線から来るものだった。
それが〝割り切れた〟とは、私が見た、私が聞いた、私がこう思ったなどの中に潜在する危ない我の段階のテーマと

“「私の考えは、これ盲信やないやろかな」、「いや、盲信やと決めておいてもいいくらいやけども、そこ決めるのがまた、盲信からくるのやろうかな」と思ったら、あまり突っ張らないわね。どっちもすると本当に検べてみようと、どちらも盲信かも分からない人同士がね。そうなってくるから楽になって、一体になって話が出来る。”

テーマとに截然と区別されるようになったからなのだ。ホンモノ・本質・本当のものというのは比較しようもないもの。目が覚める思いだった。パッと胸に灯が点った。見るもの聞く声皆快く飛び込んできた。

PageTop

わが一体の家族考(166)

その我執の前の我
ポンと飛び込む

いったい山岸巳代蔵の中での気づき〝夫婦は一つのものだから楽しい状態で一つになって解決するのが本当〟だとする、どんな心境の大転回があったのだろうか。いったい何によぎられることで〝どっちにあるとかでなしに、至らないのは二人のもの〟のままに、問答無用サッと飛び込むだけのことで、するともう問題ないのだといえるのだろうか?
ここでの飛躍・転換の機微こそまさにヤマギシズムの真骨頂だ。のちの〝現状そのまま、その場で一体生活に融合できる〟ヤマギシズム生活実見地構想の具現方式につながっていく。
幸いにも先の研鑚会記録「編輯計画打合せ」(1960.3.6)の直前に山岸巳代蔵の口述筆記とテープ起こしで構成された文章「喜びの感想」(1960.2.27)が遺されている。
そこでは、ここ二、三日来「盲信」のことについて書きかけていて、今朝も夜明け四、五枚書いた時も、深い深いどっしりとした大きな海のような喜びが湧いてきたから始まり、

“もう、盲信さえなくなったら、みんな盲信やないやろかと、こう思った途端にやね、パッと胸に灯が点ったんや。『えらいことや』、『こら、大発見やな』と言うてもよいの。盲信という言葉は昔からあるのよ。けども、こんなことに使われ、研鑽に盲信という言葉使った時に、こんなにも人を幸いにするもんかと思ったらね。もうそら、そんなん嬉しいというような程度のものでない。
全人世界のね、底なる、目に見えない、心の底なる、目に見えない、一番肝腎の部分のね、これは剔り出しやと思うの、閉め出し、盲信の。もう、みんな仕合せ、ここから来るのやと思うの。みんな仲良うなれる、ウン、そう思ってね”

と発見の喜びの感想が記されている。
いったいどこが大発見なのか?
この間の柔和子との際限ない〝通じ合えない〟やり取りが続いた。人間仲良く暮らすには、我執があったらアカンとして、あの強硬な我抜き研鑽で柔和子を苦しめた。もう命がなくなるほど苦しめた。なぜなら、最も近い、最も可愛い愛するからこそ、早くあの固い固い自信を拭いてもらおうと。そしたら柔和子は楽になると。柔和子さえ分かってくれたらとの強い願いからだった。こう言い続けてやってきた自分があった。

たしか昨年(1959年)9月末頃、ようやく潜伏先として滋賀県堅田の「引揚者」住宅四軒長屋の続きの二軒を購入して落ち着いたばかりのしかし何時逮捕されるか分からない不安な日々の中で、自らを省みるような手紙を柔和子に寄せている。要約してみる。

この間の随分むごい剛我抜き、私の愛情の混乱から起こる狂態等で、すまないことをしてきた。そんな今までの自分を恥じる・詫びたい・それらの償いをしなければ、死ぬに死ねない衝動にかり立てられている。
話せば分かる。僕も柔和子になりきって聞くから、本当の僕になりきって聞いて欲しい、知って欲しい。
これからは二人の一体で、同じ二人が一つになれてから、仲よくほのぼのの気分で問題を解いてゆきたい。僕の苦しみは柔和子に原因があったのでなく、僕自身の心の世界にあったわけで、自分は本当に我執が抜けていない証拠だった。そんな未熟な自分を痛感している……云々。

それが今、盲信を研鑽することで、我執抜きは一切せんでもよいこと分かったのだ!

“わあー、なんとねー。安心したんよ。もうこれでね、柔和子ともね、ピッタリいける。ウン、盲信研鑽さえやったらね。けんかも全部、笑いながら、「それ、盲信やないやろか」、「ああ、あんたの言うてんの、盲信違うやろか」、「ああなるほど、あんたこない言うてたけど、これ何やったやろ」、こうやれるわね。すると、「ほんなら検べてみよう」って、「ワシの方も盲信か分からん」、「あんたのも盲信か分からん」、「そんなら検べてみよう」と、こうなるからね。もう笑い話で溶けるということ。仲良う楽しいいけるということが分かってきたのよ。”

その我執の前の我、「自分の考えは」というその中に、柔和子の自信を拭いてもらおうとする固い固い自己信念が宿っていたことに気づいたのだ。

“「これは我でありませんよ」と、すぐ引っこめるものね、突っ張らないもの。「私はこう思う。だが、これをこうだと信じておりませんよ」と言いながらでも、発言する中に、何か人から受けたか、何かから受けた、自分の考えからね、考える中にね、盲信したものから来ているものが相当あるということ。”

この発見は、山岸巳代蔵一流の大げさに飛躍した発言に過ぎないものだろうか。
その〝我執の前の我〟というか、我執が抜けたすぐそこへ「分かった」とする自分の考えがふと入る、そんな盲信を研鑽することによって浮かび上がって来た観念の前の、

“えらい段階へポンと来た、入った。これならもう、本当に楽しい話し合いが出来る。”

とする、〝もう笑い話で溶ける〟世界からもたらされる境地を実感するのだった。
難問題を解く方程式を発見したのだ!

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(44)

愉快の幾千万倍の気持ち
高倉健

ヤマギシ会の第一回〝特講〟(昭和31年1月)が開催された翌年9月、会の全国大会で山岸さんは講演している。要約してみる。

「二人の知的障害の子を持って悩みに悩んでいたお母さんが、一週間の〝特講〟で、この二人の子がいたがゆえに、こんな幸せな境地へ入れた。その日から、その時間から、その瞬間から愉快になってしまったと言う。
それもただの〝愉快〟ではない。愉快の幾千万倍、なんかしら愉快な状態、いつでもウキウキした状態になった。
そういうお母さん、この一人がそうなったら、たくさんの知的障害を持った子の親たちが続々そうなってくるということですネ。
その子ばっかりにとらわれていたのに、その子どもを放っといて駆け回る。その子を放したら、その子がすくすくと育つ。この子はダメだ、と思っていたのに、〝こりゃいけるぞ、落ち着いてきたナ、からだも伸びてきたナ、知恵が何やら無いと思っていたけど、チョイチョイ知恵が出てきたナ〟、こういう状態になるらしい。」

自分の心の内にキメつけている観念が抜けたハッと開ける一瞬。これこそ自分らがあの特講で味わった世界でもある。
それにしても〝愉快の幾千万倍の気持ち〟ってどんな気持ち? 山岸さん一流の大げさに飛躍した物言いなんだろうか?
そんな〝家も、子どもも放っておいて、自分さえ愉快だったら、そらいいわナ〟と引っかかる人の気持ちをも見越してか言う。

「大変なことが起きたようなことでも、大変なこととは思わない。〝アラ、いい調子だナ〟、〝ひと仕事できてきたナ〟、こういうふうになれた自分。このときに〝よい調子になってきたナ〟と思おうと思わないのに、ワザワザこんな面倒なこと思わないのに、〝ああ、これは面白いことだナ〟と思えたらよいの。思う思わんでなしに、そういう状態になって、それに飛び込んでゆける私になったらよいと思う。」

ここでの我が子を放したお母さんの眼には、きっと我が子を超えたものが映っているにちがいない。えーっ! それってなに?
今まで〝不幸だ、不幸だ〟と思っていたお母さんが、この二人の子がいたから、こんな幸せな境地へ入れた。そこから〝愉快の幾千万倍の気持ち〟が湧いてきたのだと言う。そのことはすくすく育つ子らと共に力強く生きている〝喜びの自分〟をそこに発見したからではないだろうか。
ふと題名に惹かれた俳優・高倉健の『あなたに褒められたくて』の一節が思い浮ぶ。

「お母さん。僕はあなたに褒められたくて、ただ、それだけで、あなたがいやがってた背中に刺青を描れて、返り血浴びて、(略)三十数年駆け続けてこれました。」

知的障害の子がいたがゆえに幸せな境地へ入れたお母さん。あの母(ひと)に褒められたい一心でやってきた健さん。そこに見出された〝喜びの自分〟の中の〝あなた〟を想う。 

PageTop

わが一体の家族考(165)

ポンと夫婦の本質の中へ

もちろん山岸巳代蔵をして〝最も知性的で、「何でも理智で割り切らねば承知せん」といった女性〟と言わしめる柔和子は、おとなしく納得しては引き下がらない。なにせ二人のレベルは最も相合うという観点からも拮抗しているのだ。
たしかに大乗的観方からすれば、そういう具合に言ったらそう言えるとして、

柔和子 違うの。「もういい」と、「アーア」と言われると同時に、こちらも言いたいのよ、同時に。(略)私の場合恐怖心が入ってくる。ここを違うと言いたいのよ。(略)
そこで本当の恐怖心取り除けた私なら、あなたが「アーア」と言う時、私も「アーア」と言って、そらどっちがどっちとも言えへんやろと思うわ。”

と、過去に山岸巳代蔵から受けた気違いじみた無理難題・剛我抜きの数々を〝恐怖心〟として浮かび上がらせる。
どこまでも、〝恐怖心〟が湧いた時の〝そうなれなかった場合〟を問題にする。
こうした硬直状態から脱け出すことが可能になる時の上昇点はどこに?

山岸 だからよ、だから、そやないわな。その段階でなしに、も一つあんたがどうしたらどうかとか、いたわり合うとか、自分で整理しようとか、そういうものの要らない段階へ飛び込んでしまいたいのよね。そうしたら割合楽なと思うの、これは。
柔和子 私もそうなりたいわ。
山岸 それが本当の夫婦のあり方やと思う。そやと思うのよ。私が整理せんならんとか、あんたがどやとか、そういうものの問答無用のね。問答無用やと思うわ、そういうものの起らない状態にね、本当の夫婦の状態に入り込んでしまえる、そのとこへきたように思うけどね。飛び込むだけのことやと思う。すると、もう問題ないわねー。”

一気に視界が広がる。
しかし柔和子にはそこのところが今なお納得いかない。

“そういう場合に、「ここになったらもうこれでいいんじゃないか」、「ここまできたらこんなにして飛び込んだらいいんじゃないか」、それを「まだこんなことして」と、こう言わないで、「ああそうか、あんなふうに努力していても、まだこんな段階にいるのかな、早く来たらいいと思うがな、だがそんなもんかな」と、こういう緩みというか、これが私は欲しいなと思うの。”

“和気藹々と進みたいの。その時に「飛び込んだらいいやないか」と、この言葉は、私はね、どこから出る言葉かと考える。「飛び込んだらいいやないか」と考える人よ、思う人が、どこを指して言ってるのかという気がする。「飛び込んだらいいのに、なぜ飛び込まんのか、飛び込まんのか」と、その人が苦しむものね。この人自体は自分を見て言っているのか、相手を見て言っているのか、そこに私が「相手に求めないで」という言葉が出るのはね、相手を見て言っている。相手に、「ここに飛び込め」と言うものよ。或いは求める、そういうものを感じるね、私は、その場合に……。”

今一つ噛み合わない。食い違っている。底なしの井戸を掘っているようなものだ。どこでこの堂々巡りが吹っ切れるのか?

山岸 あのね、ちょっと聞いてほしいのよ。それがね、それを聞いて、自分が整理したり、修養したり、納得したりと、そういうもんでなしに、解明してでなしにね、その前にね、夫婦というものはこんな苦しいもんじゃないな、二人の中にあることで、或いは周囲に関係のあることならなおさらね。そうなれば、そんなもんに取り組んで苦しい状態でやらんならんのは、「こらあやしいぞ」と、「そんなもんやないな」、「楽しいはずやな」、夫婦は一つのものやから、一つになって解決することやし、楽しい状態で解決するのが本当や、「不愉快やな」、「苦しいな」と思ったら、サッと、ここだと思うの。それが先だと思うの。理屈はこれ抜きよ、本当の理屈やと思うの、それやと思うの
柔和子 分かるよ、それだと。
山岸 これは夫婦の間が基本で、その次はね、誰とでもやと思うの。
柔和子 そらもう、それだと思う。
山岸 それが、そしてあの、やはり本当の研鑽の基本だと思う。本当の姿、それやと思う。話し合いが、そういうやりとりは後にして、ちょっとでも不愉快やったら、「あっ、こんなはずない、夫婦仲良いはずや」と、「楽しいはずや」と、和気藹々のうちに話が進められるようにもっていく、そこへポンと。お互いにどっちがどうあろうともよ、筋はどうあろうとも、相手が騙そうが悪かろうが、騙されようがどうあろうが、或いは人が騙したと言われようがどうあろうが、そこへポンと入るのが、それではじめからずっといくのが本当やと思うの。僕は本当の夫婦のあり方やと思う、入るというより、それでいくのが本当やと思う。
柔和子 その通りやと思います。
山岸 それやろうやないか、そうしましょう。”

ここでの山岸巳代蔵の発言、〝それを聞いて、自分が整理したり、修養したり、納得したり、解明したり〟する普段自分だと思っている自分の〝前に〟ある〝本当の姿〟へまず飛び込んで、そしてそこから楽しい状態で夫婦共に〝やろうやないか〟というのだ! 
そこをまず〝先に〟二人して生きようというのだ! 個人として、社会人としてはその次でよいのだと……。
いきなりヤマギシズム恋愛・結婚観の核心に触れた感がする。

PageTop