FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(172)

秘匿技術の秘匿たるゆえん
夫婦の真字・ふさい

しかもこの“秘匿技術”は、男女夫婦の場合に限らずお母さんと子ども、長幼などの差がある場合にもいえると拡張されていく。
例えば親子の場合、お母さんが優しいから素直にうまいこと子供がいってる、では大変なことになる。甘やかしは、一回、二回はいいが、これが連続になるとどんどん不良を作っていく。それゆえ先ず子ども(幼)がお母さん(長)に下手に柔らかくいくことだという。
そんな夫婦のあり方、親が子供に対するあり方にも絶対に外せない、いわば真理に即応したといえる生き方があるのだという。
しかし下手に出るとか、女の方から強く出ない云々から、昔の封建社会家父長制や軍隊での差別・服従を連想されがちだ。妻でも服従で家庭などうまくいっているとする道徳的な教えとどこが異なるのか?

ところがこの間の山岸巳代蔵は、〝最も知性的で〟〝何でも理知で割り切らねば承知せん〟といった女性が自らポンと外して〝楽になれた〟という〝事実〟に、と同時に自身も〝骨なしにされる〟喜びに包まれた〝事実〟に、

“放したら、澄んだままでありのまま見える。(略)ありのままいったらよいのよ。難しい知恵要らんのよ。勉強した知識要らんのよ”

という〝真理に即応している姿〟を見てとるのだ!
こうした〝こんな人さえ、なれた〟という事実に、誰でも楽にそうなれるという〝発見〟にも似た感動を覚えたに違いない。
研鑚会では、〝下手に出る〟とか〝差別・服従〟についても、

“僕は「女が男に絶対服従や」とはちっとも言ってない。そこ混線するのよ。絶対服従は僕は絶対反対よ。「言うこと聴け」は、「聴け」やわね。そこからが問題や。”

としながら、主観の多い人間の〝聴く態度〟の問題に触れていく。
要は〝絶対服従〟にも、言いなりにその通り何でも行う〝ハイ即実行〟とアホの言うことでも気狂いの言うことでも聴く〝ハイ即研鑽、実行〟の二つがあり、その区分けの大事さが強調されるのだが、参加者の一人が次のように発言する。

“僕はその解釈で一貫してきたのに、一年前では山(春日山―引用者注)の空気は「ハイ即実行」が行われていたようで、そこに未だに溶けぬ疑問がある。”

すると山岸巳代蔵はいう。

“問題はここや。大事なとこで、ゆっくりやろう”

と謎めいた発言をする。なぜなら常識的に考えても「ハイ即実行」には危ない盲信を感じて、即バツ印(×)をつけたい気持ちにかられるところだ。ではどこが問題で、大事なとこなんだろうか。
どうもはじめから〝ハイ即研鑽、実行〟としてしまうと、そうだ、その通りと無意識の「自分の判断」が安易に忍び込んでしまいがちだ。これでは出来るか出来んか分からない自分になって聴くとか、〝零位〟になって聴くには程遠い。
「まあ聞いてみてよかったら」は、やっぱり自分の物差しで聞くから聴いたことにはならないと、今までの常識的な甘い分かり方を思い知らされるところだ。
ここでもあのどこまでいっても通じ合わない〝もどかしさ〟しか残らない、そんな今までの自分ら夫婦のテーマにぶつかるのだった。

例えば〝絶対服従〟にも二つあるといった区分けが、今もって解明されていなく見過ごされている個所だ。
むしろ現代社会の潮流は、そのもの〝らしさ〟を消してフラット化していく方向に時代の〝進歩〟を見てとっている。
その代表的なものに、人間の中の男と女は、どちらも人間であるという本質的なものと、異性であるという本質的なものを混線して、何もかも性の異いまでヒューマニズムや民主主義で一律に律していこうとする考え方がある。
じつは戦争なんか誰もしたくないのに戦争に突入していく根がここでいう〝甘い分かり方〟に潜んでいるはずだ。
そうした近頃の自分ら夫婦の〝外し〟体験から、夫婦のあり方・無理のない夫婦像としてフェミニストが聞いたら目をむく発言をする。

“夫婦は段があったらうまくいく。奥さんの良い(腕達者、利巧なの)のは有り難くない。奥さんが上なのは絶対うまくいかん。”

との内実を伴って立ち現れてくるものがあった。しかもそのことが絶対服従と違うことを研鑽しながら、この間苦しんできた〝もどかしさ〟の真因が研鑽の光に照らし出されて来るのだった。
ここに幸せに暮らす秘匿技術の秘匿たるゆえんを見るのだが、ここは一つ様々な角度から、ゆっくり検べていきたいところだ。

スポンサーサイト

PageTop

わが一体の家族考(171)

“秘匿技術”の公開
ヤマギシズム恋愛・結婚についての草稿

そしてそこから、
“一つ秘匿技術言うわ”
と前置きしておいて、次のように言う。

“あのね、夫婦で対抗した時は、女の方から必ず和らげて出ること。下手に出ること。こいつはキメつけておいたらよいもの。これを男の方からやったら、これは駄目よ。”

身近な夫婦の中で意見が違うために、固くなり、不愉快になり、「まあ俺はよいわ。俺は俺の考えでやる」と対抗的になる時、女の方からそうした不愉快な状態を一掃する雰囲気を作ることが肝腎なのだという。
しかも〝キメつけない〟をもって本領とするヤマギシズムで、このことは〝キメつけておいたらよい〟ものだという!?

“これは女の方からとキメつけておいたらよいの。これは男のためばかりでなく、女のためよ。これでなかなか手間取ってね……。
とにかく問答無用で、女の方から優しく出るのよ。こんなに楽な、楽しくいけるのないわ。「こんなに落ち込んでいる時、男の方から優しく出てくれたら」と言うのに、私は逆よ。「女の方が和らぐのが先やというのが、これ真理や」と言うの。”

なんと、〝女の方からとキメつけておいたらよい〟が〝真理〟にまで拡張される! 
これぞ〝血みどろの愛欲〟に翻弄された男の立場からの妄言に過ぎないのではないか。なぜ男の方から優しく出たらアカンのか?

“これから世の中の夫婦で問題が起った時、自分達はこういう考え方をしてるんだと、これをキメてかかったら、なんと楽だ。そしてそれを真理と比べてみると、何でもないこと。男が男になり、女が女になるだけ。女が女のそのまま地金を出したらよいのよ。”

これを実行したら、女が楽なのだという。男がやると〝逆さ歩き〟になるのだという。これが真理に即応している姿なのだという?

“最も知性的で、「納得しなかったら」という女性が、それを実行して、自ら人に言える実験を経て、みなさんにこうして言えるわけです。前もって言うが、これは秘匿技術やから。「何でも理智で割り切らねば承知せん」といった、こんな女が納得して楽になれたということは、大きな人類幸福への貢献だと思うの。”

いったいどこが〝秘匿技術〟で〝大きな人類幸福への貢献〟なんだろうか?
ことわざにも「夫婦喧嘩は犬も食わない」とあるように、世にごまんとあるそれぞれの夫婦の形の一つから、真理とか大きな人類幸福への貢献とまで言えるその道筋がよく見えてこないのだ。あまりにも独断的・飛躍しすぎる誇大妄想狂の食言(嘘つき)にすぎないのではなかろうか?
あの夫婦が一つのものだということを示す山岸巳代蔵の造字(写真参照・「ふさい」と読む)に、〝女の方から必ず和らげて出ること。下手に出ること。〟を象形する〝真理に即応している姿〟を見てとるのだ!
なぜそんな大それた飛躍したことが言えるのだろう?

いや、ひょっとしたら飛躍にならないのかもしれない。 
この間〝ポンと外す〟実体験から来る不可思議な転換に何度もくり返しアタックしてきたのも、一人の希有な理念実践家・山岸巳代蔵の〝血みどろの愛欲史〟といった特殊体験としてしりぞけ見過ごすべきものではないといった思いからだった。
なぜかそこに誰の心にも響いていく質のほのぼのとした満たされる心地よささえ覚えるからだ。これってなんだろう。
それは自分自身の身に起こった実体験から来る観方考え方の変化とも重なるようなのだ。山岸巳代蔵の辿りついた〝真理だと思う、それの連続〟の世界に何度も何度もトライし続けているゆえんである。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(45)

「理想社会はここにある」

呼び水(よびみず)という言葉がある。ポンプから水が出ない時に、水を引き出すために新たに外から入れる水のことで、誘い水とも迎え水ともいう。またよく〝呼び水になる〟といって、ある物事を引き起こすきっかけとなる意味にも用いられる。
本紙(『けんさん』)の前身『ヤマギシズム』(1962.6.5発行)の〝山岸先生一周紀によせて〟に、先に紹介した明田正一(1913-1964)さん
明田正一

(写真右から3人目、山岸巳代蔵の隣、第一回特別講習研鑚会会場1956.1にて)の手記「無駄にはしないむかえ水」が載っている。
筆者の明田さんは「百万羽養鶏」(現在の春日山実顕地)への参画者第一号といわれているが、その参画前後の背景がじつに興味深い。

1958(昭和33)年の「百万羽養鶏」構想が発表される前、当時四日市に住む山岸さんに呼ばれて行くと、
「むかえ水があれば水はいくらでもあがってくる。水は無尽蔵にあるが……そのむかえ水がない」と山岸さんは言う。なるほどそのとおりなので、自分はむかえ水になりたいと思いながら聞いていると、
「正一さんがむかえ水になっても水があがってこず、世のすべての人に見捨てられたら、どうするかネ」と言われた。「その時は死にます。死ねばよいでしよう」と言った。ごく簡単に言った。実際そのつもりであったから気軽に言えた。すると、「そうだ。それだ……そこだ……」と言われた。
しばらくして、「あんた一人は死なしはせん」と一言。胸に込み上げてくるものがあった。それと同時に先生の瞳が光っていた。この一言は終生忘れることのできないものとなった。実顕地も皆この一言からの出発でなければなるまいと記されている。

そしてその年の四月「百万羽養鶏」構想が発表され、そこでの研鑚会で明田さんが一番に参画すると言い出した。
そしたら参加者の一人が、「まだ決まったものでもないのに、それに海のものとも山のものとも分からないのに、全財産をつぎ込むのはどうか。半分残しておいて失敗した時に備えておいたら」と言った。
すると山岸さんがすかさず、「それはとんでもないことで、全人幸福運動への反逆である。常識観念はすべて反逆である」と言ったとされる。

その時に出た話が伝え聞く〝肥柄杓(こえひしゃく)一本に至るまで処分して持って来い〟とか〝かまどの灰までも〟とか〝墓石一つ残すな〟といった発言だった。
そして明田さんは二日目か三日目にもう荷物を積み出した。もちろん近親知人の猛反対を押し切っての財産整理だった。

一人の心からの行いが万人の心に響くものだなあと、今頃になってつくづくそんな感慨に打たれる。以前は〝かまどの灰までも〟とかの話を聞き及んだ時、〝そこまで言うか〟とその過激(?)な発言に驚いたものだ。
明田さんに代表される人に〝神心〟を感じてか思わず「後光が射している」と手を合わしたり、「理想社会はここにある」と公言してはばからない山岸さんの真意はどこに? 

PageTop

わが一体の家族考(170)

〝ポンと外す〟

その後1960(昭和35)年6月、三重県津市阿漕の「三眺荘」という借家に山岸巳代蔵は居を定め、福里柔和子との新たな生活を始めた。
三眺荘

またこの「三眺荘」で翌年五月に岡山で逝去するまで毎月、計九回の「ヤマギシズム理念徹底研鑽会」がもたれた。
ともすればそれまでは〝養鶏〟というキーワードで語られることの多かった山岸会活動が、思想的に或いは社会活動の一環として大きく転回していく真っただ中にあった。

それまでの〝オヤジ(山岸巳代蔵)が言ったから〟とか自分だけの観念で〝幸せだ・愉快だ・良かった〟とする言動も、それでよいとしないで、本当かどうか理念、真理の世界までいって見極めてこそ社会一般に拡がる質のものが見出されるはずだとした。
なかでも〝信じる〟〝執われる〟という人間観念のあやふやさ・いい加減さ・危なさを、もっとも警戒する山岸巳代蔵だった。

それゆえ自分の発言も一介のおばさんの言と同じ比重で採り上げられるような宗教形態に陥らない研鑚会の実現を強く念願した。参加メンバーも覚悟をもって臨んだ研鑚会であったにちがいない。
さて第一回のヤマギシズム理念徹底研鑽会」は1960年7月20日夜~23日まで、三重県津市の「三眺荘」でもたれた。
ここで興味深いのは、先の自意出頭(4月12日)前の研鑚会「編輯計画について」(1960.3.6)での山岸巳代蔵の発言
〝理屈抜きで、ポンと夫婦の本質の中へ入る〟に応じるかのように、冒頭から

“相手が何を言ってこようが、どう出てこようが、執われない自分になること。これは練習していると、わりあい早く出来る。”

として、〝外しの練習〟について言及している箇所だ。しかも、

“それを知恵で、自分の判断で、理解納得して外そうとしても、なかなかなれへんのよ。ポンと外すのよ。”
“長いこと苦しむことがあったが、この頃では早いこと外して、朗らかに楽しくなる。それだけでよいとすればおかしなもので、それから研鑽していくと、今までおかしかったものが快く見えていく、この頃のうちの実態です。”
“突っ張る前の、意見の対抗的、不愉快になった時に、その状態をたとえ一瞬でも少なくしてと、ここを言ってるの。
不愉快にならないようにするために……。なった時はどうするか……。”
“ひっかかった時は、我であろうと何であろうと、いったん〝外す〟ことで、それを理でいこうとすると、なおさら物分りが悪くなってね。”
“一体を望みながら、意見が違うために、固くなり、不愉快になり、「まあ俺はよいわ」と対抗的になることがある。”

他の人とはいっぺんも喧嘩しないけれど、夫婦の中ではややもするとそうはいかない辺りの体験談から始めるのだ。身近な夫婦の間の普段気がつかない領域に研鑽の光が当てられる。〝長いこと苦しむことがあった〟との言葉に万感の思いがこめられている。
しかもその外し方が特異なのだ。問答無用で〝ポンと外す〟ところから始まるのだという? 〝ポンと夫婦の本質の中へ入る〟とは、そういう外し方なのだという?

戎井 外す方法として、私は自分を別に置いてみて、案外楽にいけてね。
山岸 うちの方はもっと早い、「オホホ……」で外す。問答無用で、その手にかかったら、僕も骨なしや。
(略)
柔和子 私の場合はものすごく、病的とも言える熾烈なものよ。外しの一番初めの稽古は、「ウソでもいいから『ホホ……』と言ってみよう」から入った。ところがウソで外してたのが、だんだん本物になってしまった。”

ここでの〝外し問答〟はまるで禅問答のようにも聞こえる。しかし「問答無用で、その手にかかったら、僕も骨なしや」という発言にハッとさせられる。〝そうかあ、なるほどな〟と思いあたる節がある。
よく異性などの魅力に惹きつけられるさまを、〝骨抜きにされる〟という。この間の文脈に沿えば、我執というか〝固いものが溶けて〟しまう状態にされることだろうか。
しかも先の発言にもあるように、

“それを知恵で、自分の判断で、理解納得して外そうとしても、なかなかなれへん”

ものが、異性などからの「オホホ……」によぎられることによって問答無用〝骨なしにされる〟のだ! 煩悩を取り払おうと、もはや寒夜に滝に打たれる必要がないというのだ!
えっ、どういうこと? ともあれ山岸巳代蔵は、

“これからは二人の一体で、同じ二人が一つになれてから、仲よくほのぼのの気分で問題を解いてゆきたい”(わが一体の家族考166)

とする〝一つ〟を実感するのだ。ヤマギシズム恋愛・結婚観の秘められたヴェールがしだいに上がるようなときめきを覚える。

PageTop

わが一体の家族考(169)

研鑽へのスタート

当時滋賀県堅田に住む全国指名手配中の山岸巳代蔵は、1960(昭和35)年4月12日に大阪松坂屋デパートで羽織袴の姿で柔和子と買い物を終えた後、自意出頭という形で逮捕され三重県の上野署へ連行される。
自意出頭

そこで出頭直前3月27日の徹夜研鑚会の記録を少し辿ってみる。
研鑚会は出頭に向けての具体的な打合せをも兼ねて持たれたものだったが、始めからただならぬ二人の対抗的な気配に満ちていた。
この間何度もくり返された二人の間の通じ合わなさが、ここでも浮かび上がる。もちろんこのような気持ちの齟齬や相反目する関係は現代の社会的欠陥そのものを象徴するものであり、今なお解けない難題として立ちはだかっている。一人ひとりの心の浄化や善行の積み重ねや多数決による民主主義や運営で果たしてより良くなっていくものかどうか本当のところ誰もが確信を持てないでいる。
そこから二人の会話を聞いていた杉本利治が次のような趣旨の発言をする。

今度の出頭につけても、お互い得心して、納得して、喜んで行ってもらいたい。そのためにも突っ張り合ってたら話にならない。研鑽が進まない。なんとかここで一致点を見出したい。
ここでの一致点の問題とは、山岸巳代蔵の今夜はこっちの部屋に泊まって欲しいとの発言に対して、柔和子には頑とした理由があるのかそこの部屋で泊まりたくないという。
山岸巳代蔵にしてみたら、そんな柔和子の一言一言にどこまででも自分本位でいこうとする愛情の絶望感さえ感じ、安心して出頭させて欲しいという強い願いがある。一方柔和子にも根強く〝私の心の安まるようなこともして欲しい〟といった気持ちがあるのだった。
そんな〝寝間一つの話〟から今日唯今の全人幸福のテーマにまで繋がっていくにちがいない興味深いやり取りが展開されてくる。


柔和子 私は私の考えを言う。あなたはあなたの考えをで、一歩も譲らないもの、これが突っ張りだと思うけど。
山岸 そうそう、そうそう。これが解消しない限り、どんな例外はないと思うの。話し合いつかんと思う。

山岸 主張し合ってたらやね、これは永久に解決できないと。これはどうですの。
通哉 主張し合って、突っ張り合ってたらね。一致点はちょっと出そうにないな。
山岸 どんな強い研鑽であろうが、どんな柔らかい研鑽であろうが、無理やと思うの。ほんなもん、例外なしやと思うけど、どうですか。これは。
柔和子 うん、そうだと思えるということ、さっきから同じこと言ってんと違うかな。
山岸 みなさん、どうですか。
杉本 そやな、そう思うな。

山岸 あんた、どう思う。
柔和子 ほう、そう、その通り。(笑)
山岸 これはねえ、笑い話やないの。
杉本 ほんまにそうやな。
柔和子 ほんまに、何回も言っているから。
杉本 何回やっても、徹底していないのやと思う。
山岸 何回言うてもこれはね……
杉本 徹底せんでね。
山岸 徹底する必要があるの。……徹底する必要があるの。そんなことっていうんでなしにね。研鑽の基本やと思うけどね。そしたらどうしたらええの。そうした場合に、どうしたらええの……。僕が進行係みたいになってしまいよる、言うてよ。
柔和子 ほしたらどうしたらええのかは、あなたの意見を聞かせてほしいですな。
山岸 こうした時には僕の意見通りにしてもらったらええのか知らんと思うんやけど、どうやろ。
柔和子 ふふん、イヤなれば、なおさらか。ハハハハ。
通哉 誰が突っ張りしててもか。
山岸 誰が突っ張りしてても。
通哉 山岸さんの意見通りしたらええか。
山岸 そうそう、そうしたらええと思うが、どうやろ。
杉本 そら合点がいかんな。
山岸 え、
杉本 合点いかんな。
山岸 なんでいかんのや。一番楽なやないかいな。
杉本 先生の言うことやったら間違い……。
山岸 間違いあっても、もう僕の言うことやったら。そしたらいっぺんにピシャーっと、みんながその気になったら、線がまとまるやろ。

和子 そら、その意見にみんなが納得したらな、反対やけどその意見に納得します。
山岸 納得したら、反対かなんか知らんけども、どんなこと言われても僕の意見に、私は分からないんだから、山岸さんの言うことをね、その通りやろうって、そういう気になったら、ピシャーと一致するね。
通哉 先生のやることに、先生の言うこと、することに絶対間違いなかったら任す。
山岸 間違いあるかも分からん。
兵衛 間違いあるかも分からんでも、やろ。
山岸 最も間違いかも分からん。
通哉 そうそう、すると任せる……。
山岸 え?

山岸 納得したら実行やね。実行するための研鑽やから……。僕はそんなに思うけど。僕の言う通りにみんな従うたら、ピシャーとして、言葉もなしに解決するのと違うかいな。俺そう思うけど、どうやろ。
柔和子 あなたはそう思うのやね。

山岸 笑うとるわ。
柔和子 これ研鑽遊戯というのや。
山岸 そんなんじゃないと思うの。なかなか、なかなかもって、遊戯くらいやない。これが、これが今まで非常に変なことになった原因。
柔和子 意見も聞かずに、相手の意見も聞かないで、山岸さんの言われることやから、或いは福里さんの言われることやから、そんなことでみんなが、一致をこう、もうとにかくあの人の言う通りにしてみようと、これやったら盲信やと思うねえ。
兵衛 いや、そらそやけど盲信でもなんでもねえ、それで出来たらそれでええのやと思うけどよ。
山岸 納得できたら。
兵衛 納得できたら。
柔和子 え、盲信でもなんでも、という言葉は納得はもう……
兵衛 その場合盲信とね、盲信と納得とをごっちゃにせんとよ。
杉本 間違いやら分からんとしといて、納得して出来たらよ、間違いやら分からんけども一応やってみようという線で、一致……
柔和子 それだったら盲信でないと思うねえ。
杉本 それで出来たらなあ。

柔和子 フフフフフ。今笑うたら叱られるか知らんけど、おかしいわ。ハハハハ。
山岸 おかしいと言うけど、これがね、案外おろそかになっていると思う、このことが。そんな、知性人同士が二人寄ってやね、グルグルグルグルこんなこと、回りくどいことやってね、寝間一つでって、ね、寝間一つ大変やで、そやけど寝間のことで、グルグルグルグルやってやね、そういうことやっているより、やっぱりこっちの打ち出しが大事やと思うてね。

ヤマギシズムの研鑽〝らしさ〟(本来の姿)がうまく表現されている一例であろうか。自己主張する意見の前にある、〝突っ張らないお互いになる〟ことが研鑽へのスタートだとされる。
自分の考えを放す方が先だとされる。
この何度もくり返し強調される後先の転換がじつは容易ではなく、ほとんどの場合ここのところが混線して〝グルグル〟やっていつまでも解決しない修羅葛藤の世界を現出させているのだ。

そこでの意見が一致しない固いものを、〝真の結婚・真の夫婦〟の場に立って生きていこうとする日々からまるごと包み溶かし込んでしまおうというのが本稿に一貫するテーマである。またそこからしか固いものが溶けて真に人と人とが繋がる、そんな繋がりを生きる世界は現出しないものであることの究明・実証である。

PageTop