FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(183)

探求1 共通するモチーフ
ヤマギシ鶏舎

さて、この間のヤマギシズム恋愛・結婚観の今一歩踏みこんでの展開を試みていこうと思う。
参考資料としては、以前(わが一体の家族考150)で紹介した柿谷喜一郎さんの『遺言』を採り上げてみることにする。

時々思う。何も無いところから出発した柿谷さんをはじめ多くのヤマギシズム運動の先人達は、何を糧にこの実顕地なるものを築いてこられたのだろうかと。紙に書かれた文字からだろうか、人から発せられた熱い言葉からだろうか、何れにしても、形なきものにその真価を見出し、自らの幸福の糧にしてこられたにちがいない。
例えば次のような『遺言』からの一節を先に紹介してみたのだった。

○「夫の行為は妻の一体によってなるもの」 先生の発見であろうが、自然界のことで、世の男、女の実態を数字で顕したもの。
○「理想社会」が浮かんできて、そうなるために具現方式もひらめいて、夫婦で縮図として成せる、となった時、感激だったであろうと想像できる。

こうした感慨を抱かれるまでになった柿谷さんの探求、『遺言』の第一信(2002.1.3)から第十六信(2006.12.5)頃までの経緯をふり返りながら見ていくことにする。
柿谷さんは記す。
七十歳を過ぎた2001年頃、普段の果樹作りを通して発想の転換を余儀なくさせられた新技術に出会った。その頃から〝大転換〟というテーマが自分の中に生まれた。
そこからまた残された資料の中にある「夫婦二人で一業に就く」「夫婦二人で一人前」「夫婦二人で一人格」という一節が気になり始めた。
つまりこの一節というか、そこに込められた〝理念〟と呼びたいものこそ、〝本当の仲良しの源泉ではないか〟と思われてきた。ここに「男は男として生き、女は女に適した生き方」の最短コースを見る思いがしてきた。

○山の木も草たちも、動物も、生きている姿を見ると、女に当たる者たちの意に反して、男に当たる者たちが一方的に幅ることは絶対にない。
○有精卵生産の鶏たちを見ても、オスとメスの生き様におけるオスの生き方は、メスを尊重することに尽きるようであることがクッキリと目に映るようになってきた。

また〝研鑽〟についても、「相手がどうあろうとも問答無用で自分が外す」 パッと外す、このパッというところが〝具現方式〟ではないのか?
○我執が男女いずれにもあることは、誰も異論はない。だからと云って男も女も同じ筆法で我執を無くしていこうということにはならないと気づいた。
○自分は女の人を女性として観ないで、男並みに扱ってきたのではなかろうか。私の人生の今日まで(70年間)を省みて、「しまった!」という思いを抱く。
そして「男は男として生き、女は女に適した生き方」が軌道に乗っていく時代になれば、このような夫婦が10組もできれば日本ぐらいはヒックリ返せるということではないかという。

かつて思想家・マルクスは『経済学・哲学草稿』で、男性の女性にたいする関係のなかに人間の人間にたいするもっとも直接的で本質的な関係があらわれると書いていた。そしてそのことを自分らはカール・マルクスの妻、イェニーさんになぞらえてこの間〝イェニーさん問題〟と呼んできた。(わが一体の家族考132) 
しかもその〝イェニーさん問題〟が指し示す未知で未体験のテーマに惹かれて始めたのが本ブログであった。
そうした同じようなモチーフを柿谷さんの『遺言』にも見いだして驚かされる。
それではいったい〝男性の女性にたいする関係のなかにもっとも本質的なことがある〟とする本質的なことって何だろうか? 

スポンサーサイト



PageTop

わが一体の家族考(182)

人生踊りの踊り場
鶏舎の止まり木

それにつけても〝質の異う本当の仕事〟の内実に迫っていくならば、どこから入っていけばよいのだろうか。そもそもここでの〝本当〟とか〝生(活)かす〟とは何を指しているのだろう?

この間の今や一般から見て関心は薄く、顧みられない〝本来ある男らしさと女らしさ〟といった記述にどんな意義があるのだろう?
そうした自問自答をくり返していると、あの煉獄の苦しみに象徴される〝一人ぼっちのさびしいもの〟とあの通じ合わなさが溶けた時のなんとも言えん〝喜び〟の気持ちの二つの場面がありありと浮かんでくる。
なぜかそこに本当の幸せ・仕事というか宇宙自然に繋がっているものの中の人間で出来る、人間だけしか出来ない、またしなければならないものが浮かび上がってくるようなのだ。
振り返るとずっと、〝ヤマギシの村づくり〟と称しては、

○らしさ――村の男 村の女 村の子供 村の青年 村の娘 村の老人等、各位で村人らしさに治まる。
○我執が無くなれば、その人はその人なりに素晴らしくなれるもの。

等々といったテーマで研鑽してきた。
しかも普段の仕事・作業は養鶏が主だったからか、鶏が夜眠る場所である止まり木の例えで〝理想社会〟の仕組みをイメージすることが多かった。曰く

○中高・後高の止まり木には一羽一羽の適応・好みの場が得られるような環境で、一つの場を何羽かで争うことはない。
だから鶏が止まり木に上がり始めた時、蹴落としと見るか、それとも自分の場を見つけるまでの間と見るか。
○そんな観点で一人ひとりが無理をしない理想社会の一面を描くと、人間も一人ひとり治まる場に治まっていく・治めていく、そんな姿があるはず。相手の場に押し入らないような……。
だとしたら一人ひとりのどこに焦点を当てていくのか?
○鶏が100羽居れば100羽の空間が等しくある。偏っていない。鶏の居る空間を観れば、その鶏の正常健康な状態がわかる(配置がよい)等々。

どうも、〝調和(相合う)を図る〟とか〝組み合わせ〟とか〝配置(場所)〟とか〝らしさ(らしく)〟等々に込められてあるものの探求が理想実現への急所らしいのだ!?
そう言えばよくネズミの被害が話題にあがった。鶏の餌が原因で極端に異常繁殖したりして、日々その対応策に追われがちになる。
ネズミにしてみたら食物があるから繁殖して子を産んで、嫌われて毒なんか盛られて殺されるのはよい迷惑かもしれない。
だとしたらすでに産まれたものを殺すのでなく、前もって住めないように人為を講ずる事が求められる。
つまりは共生共活・調和・適材適所というか、それぞれの場に就いて、活かされる場所に生きたらよいだけなのだが、そんなネズミ退治(?)の話から理想社会づくりまでに即飛躍して繋げてしまえるところに日々の面白さを実感してきた。

ネズミにはネズミの住むところ、人間には人間の在り場所があり、宇宙自然に繋がっている自分に最適の位置があるはず。仕事でも自分に最も合うところがあるはず。そこには他のものを侵すこともないし、仕事がイヤだと思うこともない。
そうした相合うというか調和をどこまで図れるか、その組み合わせを研鑽でやっていこうとするところに〝ヤマギシの村づくり〟の醍醐味があるのだろう。

先の作家・村田沙耶香さんは本当の本当を求めて思考実験小説『消滅世界』(わが一体の家族考179)を表現されたように、ヤマギシズム理念実顕生活というか、
「共存共生の世界
 たれのものでもない
 たれが用いてもよい
 最も相合うお互いを生かし合う世界」(1960.1.13)
観に立って見ると、

○その人なりの範囲を尊重しつつ、
○その人らしく生きてもらうために他のものが替わってやることもあり、
○そんなお互いがらしく生きる世界には、機構・制度・法律や警察などは余り要らなくなってくる。むろん皆の目につく所に貼りつける張り紙も要らなくなる。

といった理念が生きてくる人生踊りの踊り場、即ち生きている間の慰みにもなるような場づくりが渇望されてくるようなのだ。

PageTop

「と」に立つ実践哲叢(47)

ポンとそれに飛び込む
雪の崖を登る熊の母子

以前、雪の崖を登る熊の母子の動画が話題になっていた。
斜面の上から母熊が心配そうに見守る中、子熊は必死によじ登ってくるがもう少しのところで滑り落ちてしまう。それも急斜面のかなり下の方まで滑り落ちるが、子熊はあきらめず再び斜面をよじ登り始める。そしてついに子熊が何とか母熊の元にたどり着くと、何事もなかったようにまた一緒に雪の道を跳ねながら去っていく。
その元気よく嬉しそうに走り去っていく後ろ姿に〝よかったね!〟と誰もの心をグッと掴むものがあったのではないだろうか。

わずか3分に満たない映像に、〝ガンバレ〟と滑り落ちる子熊を応援せずにはいられなかったり、無事お母さんと一緒に嬉しそうに走り去るしぐさに、なぜこんなにも胸の中が熱くなるのだろうか。
たんなる人間の側からの勝手な思い入れに過ぎないのだろうか。そして心温まる情景の一つとしていずれ忘れ去られていく。

しかし、それにつけても、熊の母子の姿におぼえるこの心のときめきの正体はいったい何だろうと想いを馳せていると、何か不思議な感情が充ちてくる。
自然と人は一体のもので、人は自然から産まれたもの。この事実はそのまま熊の母子にも当てはまるだろう。そうなのだ。自分らはあの熊の母子の姿に、きっと熊の〝こころ〟を見ているのだ!

そんな事実その中での新鮮な気づきを、本紙四月号に載っていた研鑽学校に参加してのIさんの手記からも感じとれた。
研鑽会でテーマ〝私の原風景〟を出し合った。要約してみる。 
 
父は私が五歳の時に病死。母は父の死後一年ぐらいで働きに出て、私は弟妹の母親代わりをしていた。
そういう日々の中で、夕暮れになると母が恋しくて、五歳、二歳の弟妹の手を引いて母の働いている所へ行くのだが、「帰りな!!」と言われる中で「今日は迎えに来てもいいよ!!」という日があって、その日はお菓子かりんごを買って貰える日で、朝から嬉しくて、早く暗くならないかなあとワクワクしながら暗くなるのを待ち、ようやく母の顔が見えた時の嬉しかったこと。
そのことが、悲しくて辛くて苦しいことと思っていたことが、その時の自分と向き合った時に、嬉しいことだったんだと思え、切なかったり苦しかったりばかりだと思っていた母の人生が、一瞬のうちに、明るい楽しいことのようにキラキラと光るものに見えたというのだ。

その時のお母さんの眼に映っていたものはそのまま今のIさんの目に映っているものだ。それは懐かしい思い出では決してなかった。何ともいえない嬉しい気持ちがとめどなく溢れてきて、今の私に会いにやってきたのだ!

前述(本稿44)の山岸さんの弁を借りれば、ポンと〝それに飛び込んでゆける私〟って、こんな感じなのだろうか。

PageTop

わが一体の家族考(181)

全人幸福いずこにありや
歯車の組み合わせ

ともあれここまでヤマギシズム恋愛・結婚観に基づいて「最も相合うお互い」を見出し「生かし合う」というのも、人間として何をどう考えて、どのように行なうかと云うあたりにつきるのだろう。山岸巳代蔵はいう。

“人生最大の意義は「結婚の華」と「よりよき創造の実」の歓びであろう。”

すなわち、「素晴しきは、真の結婚と生涯かけての行蹟」であるとしている。
夫だけでも、妻だけでも、何もなし得ない。夫は夫として生きない、妻は妻として生きない。それでは男でないもの女でないもの。男女寄って初めて、男の、女の、持ち味が本当に生かされるもの。まして気持ちの離れた夫婦では、絶対に本当の仕事は出来ないとするのだ。
では〝歓び〟や〝素晴しき〟に通底する本当の仕事とは? 次のような発言もある。

“そこにちょっと、昔の出家はあれで本当の仕事が出来たかどうかを考えてみたい。あれが自然の姿かと、それでは本当の仕事になったかどうか、ということ。これが健康、幸福な条件と言えない。その人は仕事が出来たと思っても、逆なことになってたかもしれん。
そこで、「夫婦とは」、「人間とは」と検べてみて、先ず夫婦一つだとの観方に立って、男と男と寄ってするより、夫婦が一つになってする仕事の方には、本当のものという意味で質の異うものが出てくるので、半分でやったのでは、本当の仕事になってないというのも出てくる。”(第四回理念研鑚会 1960.9.10)

こうした観点から無固定の結婚形式とか男女の組み合わせ一つ採り上げても、お互い好き同士の〝お似合いのカップル〟にとどまらず、〝最も一番相合う〟夫婦の繋がりでいこうとする方へと掘り下げられていく。
例えば次のような発言もある。

“仕事しようって、そんなものでないね。そんなもんじゃないね。僕はね、こういうこと言えると思うの。ずーっと一貫してんのね。この、固定のない結婚観ね。固定のない、誰だ彼だっていう、こりゃちょっと、一端聞いたらまたどういうふうにとられるか分からんけども、固定のない結婚観。だからもう大村公才っていう、誰かにもっとも適当な人達に利用してもらったらいい。活用、活用というかね、いろいろ相合う人があると思うの。
僕の、またこんな話入っていいか知らん。これを間違っているか検べてもらったらいいと思うけども、僕のその考え方では、女は、女性と男性と違った部分がたくさんあると思うの。女性は、「こんな男」と思ったら、もうイヤになってくるの。また男も、女に対して劣等感感じた時には、とても重荷感じるの。いろいろの、こらあの、要素があると思うけども。女の場合と男の場合は一応これ掴まえ、違うかも分からんと、どういう点が違うかと、これの検べも必要やと思えるの。やはり心から尊敬する人でなかったらっていうかね、そうでなかったら肉体も、むろん精神的が肝心で、肉体も、あの、どうしたって汚れるような気がするのだと思う、女の場合ね。その反対に、男は、男よりも劣った女性というか、なんかこう、劣ったってというたら、これは劣等感とか優越感とか、そういうもんでなしに能力的に劣ったとか、いろいろな点であると思うの。でまあ、その男を、やはり心から尊敬できる女性というのは、その男が、「物足らんな、こんなくだらんな」と思ったら、これはもう、それこそもう堪らんだろうと思うの、女の場合に。そういうのが多いというかね、そんなもんやないかなと僕には思えるの。”(「徹夜研鑚会の記録」1960.3.27)

きっと山岸巳代蔵の胸中を、〝これはどう考えても、これじゃなかったら、うまくいかん。世の中うまくいかん。これじゃなかったら、うまくいかんものやと、こう思ってきた〟と何度も何度も普遍性・真理性に照らした場合どうなのだろうかとよぎるものがあったにちがいない。たえず〝本当はどうだろうか〟の知性が働いていたのである。
そこには全人の優れた公器をあたら傷つけ汚したくない気持ちがあった。それゆえ組み合わせに於いて将来もっと良いのがあった場合等々に備えて、

“お前が相合う者できたら、そちらへ行くこともあるし、私も最も相合う者ができたら、そちらに行くこともある”

という自由の〝観念〟をはじめに入れておくことの大切さをもダメ押しする。
最も知性的に、効果的に、人間に与えられた最大の贈り物というか、恩典に浴し得るよう方向に全てを賭けて生き貫いてきた。
ただそれを実証づけるものは、〝先ず夫婦一つだとの観方に立って〟の〝ポンと外し、ポンと夫婦の本質の中へ飛び込む〟実践だった。
ここにおいてはじめて〝零位よりの理解を〟の真骨頂が発揮されていく。

PageTop