FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

鈍愚考(3)

スリリングな実践
自動券売機

ヤマギシの村に住み始めてしばらくして、職場配置が養鶏部からヤマギシズム出版社に変わった。後に出版社の先輩であるOさんから、その頃発行されたヤマギシズム運動誌『ボロと水』第二号に掲載された作家・島尾敏雄に触れた文章を読んで感じるところがあったのだと聞かされた。というのも、あんな昼行灯な人間に出版活動が勤まるのかという反対意見を押し退けての選出であったらしい。

仕事の一つに、薄暗い倉庫に積まれた山岸巳代蔵に関する資料の整理があった。その中に「ヤマギシズム生活実顕地について―六川(むつがわ)での一体研鑽会記録から」というほこりをかぶったガリ版刷りの冊子があった。
現在の六川実顕地(和歌山県)が誕生する直前の研鑽会記録だ。
何気なしにぱらぱらとページをめくっているうちに、次のような一節に釘付けとなった。

“投機やバクチまでやった人はちょっとおもしろい。肚が出来てるというか……。誰でも底にあるから、そういう体験――そこから気づいていけるものだが――それのある人は話が通じる。早い。破産して立ち上がった人は強い、絶対線を持っている。まず心が出来てからは強い、安心。安心から出るものは軌道に乗っていく。よし失敗しても、それを体験として生かしていける。(略)
暗く見る人と、事実その中で生きていく強い自分を見出している人と、二つの逆の考え方がある。暗く見える人はそればかり見える。心の解決できた人は、やがてそれが明るい豊かな世界が来ることが見えている。”

ここでの〝事実その中で生きていく強い自分を見出〟すといった表現に惹きつけられた。そう、そう、こんな感じ。ああ、こんな風にうまく言い当てることができるんだ、と飛び上がるほど嬉しかった。あたかも自分が自分に出会えたような喜びに包まれた。

というのも学生時代からの自分の一番の悩みは、吃音にあった。思うことを思うとおりに気楽に話すことができないくらい辛いことはなかった。自分の無力さに打ちのめされてきた。
そんな風に感じていたからか、ずっと自分の心を慰めてくれるものを求めていた。例えばその頃文芸誌で見つけた一編の小説を我がことのようにくり返し読んだ。

“切符を買うにも声が詰まり、レストランや喫茶店で注文するのにも声が詰まり、ちょっとした会話でも吃り吃りでなければ話せず、電話に恐怖し戦慄し、さようならを言うのにも難儀する人間にとって、吃音以外のことがどうして問題となりうるだろう?”(金鶴泳『凍える口』)

今でこそ自動券売機で気軽に切符が買えるが、当時は窓口で行き先を告げなければならなかった。これが難儀なのだ。とりわけ山手線の〝高田馬場(タカダノババ)〟という駅名が言いづらかった。そこでいつも十円高くても比較的発語しやすい一つ先の駅名(目白) を告げて切符を買っていた。
そんな馬鹿げたことをやっている自分にほとほと愛想が尽き果てていた。ふと気づいたことがあった。切符を買うには、やっぱり駅名をはっきりと告げなけねばならない。ルールに従ってタ・カ・ダ・ノ・バ・バと。
誰もがやっている当たり前のこと。やってみるしかないのだ!
前もってコントロールできないのだから、なおのこと上手くいくか吃ってしまうか実際やってみないと分からない。そのことが不安で不安でたまらない。でも畳の上の水練で、やってみないと分からない。
自分のなかでは〝あっ、そういうことか!〟と何か吹っ切れたような気がしたのだ。

それにしても自分という人間が〝事実の中〟にあり、そこでの〝強い自分〟をそのつど見出してはヤッターと快哉を叫ぶような、そんな観方・考え方は何ともこっけいでもあり不思議でならない。
最近になってフランスの哲学者エマニュエル・レヴィナス(1906-1995)の弟子を自称する内田樹さんが自身のブログで次のように語っていたのを知った。

“例えば、私は中学生の頃、とつぜん「た」行で始まる単語を言おうとすると吃音になるという時期があった。
「たかだのばば」と言おうとすると単語が出てこないのである。
駅の窓口で「う・・・」とうめいたきり立ち尽くすということが何度もあった(当時は自動販売機がなく、窓口で行く先を告げて切符を購入したのである・・・というようなことを説明しないといけない時代が来ようとは)。
しかたがなく、高田馬場へ行くときは「目白」とか「池袋」といって切符を購入した。
このような言語活動上の「偏り」は主体的決断でどうこうできるものではない。(略)
それについて「正しい」とか「間違っている」とかいう判断は誰にもできない。「あ、そう」という他ない。”(「エクリチュ―ルについて」2010.11.5)

ホント、〝このような言語活動上の「偏り」は主体的決断でどうこうできるものではない。〟のだ。つくづく同じような考えに至る人がいるものだなあと親しみを覚える。

二つの逆の考え方があるという。そのもう一つは〝事実と思いの分離〟といった自分よりの頭の理解とは異質の、いわば〝ポンと飛び込む〟スリリングな実践を迫ってくるような真逆の考え方であるらしい。

スポンサーサイト



PageTop

鈍愚考(2)

思いがけなくも
自然の生態系

昨年秋のことだったか、かれこれ50年近くぶりに兵庫県の北条実顕地を訪れた。わずかに古びた二軒の家屋に当時の面影が残っているだけだった。
ところが思いがけないことに皆の歓待を受けた夜半ふと目覚めたとき、かつてこの地で開催された二週間の「ヤマギシズム実顕地用養鶏法研鑽会」での一場面が鮮明に思い出されてきたのだ。
それはたしか次のような一節、

“山岸養鶏では(技術20+ 経営30)× 精神50と、精神面を強調するのは、鶏を飼う場合の鶏や、社会との繋がりを知る精神であって、自分一人よくなろうとの精神では、養鶏も絶対に成功しないとの原理精神のことです。
何も修身や修養や道徳を云っているものでなく、寡欲高潔ないわゆる人格者でないと鶏が育たぬとか、卵を産まないというのではなく、また社会奉仕をせよと強いるものでもなく、この場合の精神とは、大いに儲けて、永久に養鶏を栄えさすために、必要で欠くことの出来ない、一番先に知らねばならぬ根本精神のことで、他の養鶏法はともかく、山岸養鶏はこの精神が欠けては、絶対に成功出来ない仕組みになってあります。”(『山岸会養鶏法』)

を読んで、ここでの〝繋がりを知る精神〟とは何だろうかと皆で意見を出し合った時だ。
参加者の一人で、その頃個人生活から慣れない実顕地生活に入るための産婆さんのような役を務めていた実顕地造成機関の杉本利治さんから、「人と人とのあいだが大事」なんだという意味の発言が何度かあった。
その場面が不意に甦ってきたのだ。
そしてそこから実顕地に住み始めて間もない自分らに向けて「なーんだ、最初から一番肝心なことを言っていたのだなあ」と杉本さんからの一言から何か新しい気づきを得たようなうれしい感慨が湧いてきたのだった。
もちろん研鑽会では、何を言わんとしていたのか自分の中で未消化のまま宿題として残ったのだが……。

多分ここでの〝あいだ〟とは、相互の間柄というかコミュニケーションの大事さを指しているわけではないはずだ。社交や取引や利害関係での関係面を有利な方向にもっていくために気やものを使い合うことを意味しているわけではないはずだ。親子・夫婦・人間間問題を良くするために努力し妥協しあるいは共通の目的の必要性を問うているわけでもないはずだ。
それぐらいは理解はできたし、〝繋がり〟も自然界の生態系としての教科書的な説明は理解できそうだ。
しかし次のような表現で〝繋がり〟が解説されるとどうだろうか。

“人には一人の敵もなく、みな身内です。そうではありませんか、両親を辿っていけば……子孫の行く末の、末の結合を考えれば……どうして一家一門の間で争ってなどいられましょう。
しかも遠く離れた人との結合ほど良縁で、優秀な子孫が産まれる事実は、幾千里離れていても夫であり妻であり、兄弟・親子の間柄にあるもので、その繋がりさえ分かれば、どんなことがあっても憎み合えたものではありません。”(「山岸養鶏の真髄―6求むれば得らる」1956.3)

ここでの〝その繋がりさえ分かれば、どんなことがあっても憎み合えたものではありません〟という箇所である。
繋がりさえ分かれば、家庭の不和はもちろん社会の紛争・戦争が無くなるのだという!? 論理が飛躍しすぎてはいないか? いや、ここで言われている考えをそのまま受け取ったらどんな世界が展開するのだろうか。

そしていつしか自分は、〝あいだ〟のことを〝繋がり〟の意味と解して、そこに大事なものが潜んでいるはずだとして自問自答する日々を重ねてきた。
なぜか〝繋がりを知る精神〟とか〝その繋がりさえ分かれば〟の真意の一端に触れることが日々の喜びに直結するそんな生き方を切実に欲求している自分をどこかで感じていたからである。

PageTop

鈍愚考(1)

怪しげな論法・説法?
1959年7月7日第86回特講受講生下山

1959(昭和34)年7月10日、三重県伊賀市春日山にある山岸会は一週間の特講受講者を軟禁した疑いで上野署の捜索を受け、幹部と見なされた七人が逮捕された。
12日付けの朝日新聞一面コラム『天声人語』は次のように記している。

「”百万羽養鶏法”と”世界急進Z革命”の二枚看板をかかげている山岸会が警察の手入れを受けて、幹部ら数人が不法監禁や脅迫の疑いで検挙または指名手配となった。荒木又右衛門や忍術の講談で名高い伊賀上野でのこと▼山岸会の農場には約百五十家族、五百人くらいの老若男女が住みこんで”別世界”を形作っている。その多くが郷里の家、田畑、山林などを売払って山岸会に献納し、中には一千万円もの財産をまき上げられそうになった人もいる▼それらの家族から保護願いが出て、ナゾの組織が社会の明るみにさらされた。受講者が帰宅しようとしても”Xマン”という青年行動隊につかまって監禁されたり、家を焼き払うと脅されたりしたと訴えている▼”百万羽養鶏”という多収穫農法のような看板につられて入ると”人鶏一体”とか”飼う人間を造り変えれば鶏も自然によくなる”などといって妙な思想教育をおしつけられる。その講習は”人間改造の大手術”だと一種の”洗脳”をやるらしい▼”私はあなた、あなたは私”という怪しげな論法で、男女関係などにも不審な点があるようで、我欲を捨て生命財産にも無関心になるように思想教育するのが山岸イズムだという。そんな説法に酔っている人が何百人もあるところが、何とも不思議である▼やはり”邪教”との印象はまぬがれない。山岸という人物の経歴も正体もまだ分からない。西日本を中心に数万人の会員があるそうだから、どこか人をひきつける教祖的なものはもっているのだろう。”百万羽養鶏法”などと初めに経済的利益で人をつり、次ぎに財産の献納をすすめて丸裸にするところなどは、まさにインチキ新興宗教の定石である▼なぜこんな怪しげな団体に、多くの人が家財を売り家を捨てて入るのかである。それは現代の不安であり、既成宗教が生ける悩みをしっかりと受けとめてくれないからでもある。お盆や葬式だけの宗教では現代人はあきたりない。その盲点に、怪しげな新興宗教がはびこる余地があるのだろう▼それにしても”一卵革命”だの”人鶏一体”だのとわけの分からぬニセ教義で、世界革命だなどとは、とんでもないキチガイざたである。」

この日の「天声人語」子の一言一句の影響力は大きくほぼ世論の動向を決定づけたのではなかろうか。巷間伝えられた山岸巳代蔵ならぬ〝山岸愛欲氏〟の火の元はこうしたゲスの勘ぐりからであった。
その中に次のような一節がある。

「▼”私はあなた、あなたは私”という怪しげな論法で、男女関係などにも不審な点があるようで、」

ここでの”私はあなた、あなたは私”という一節は、きっと当時バイブルのように会員間で読み込まれていた『山岸会養鶏法』の中の次のような文言と重なる。

“山岸会の目ざす理想社会は、一人の不幸もあってはならぬ社会でありますから、その根本に自他一体観の、きびしい原理が自得出来ていなければならぬ筈で、この会旨を別なもっときびしい言葉で表しますと、
「私はあなた、あなたは私」
の体認に出発せねばならぬとするのであります。
人を見れば、自分と思える境地に立つことを条件とした言葉で、例えば人の子を見て、私の子同様に思えるかということです。自分の子の優秀や、栄進や進学、結婚を喜ぶに止って、他の人の子の、劣悪、失職、落第、墮落、破鏡を平気で見過し、時には内心さげすみ、あざ笑い、これに比較して我が子を誇るといった心が、微塵でもあったとしたら、如何に口で〝われ、ひとと共に〟と叫んでも、空念仏以外の何ものでもないことになります。誰でも言うこの言葉に、高い理想性ときびしい自己反省と、行動の規制の含まれていることを知らねばならぬのであります。(1955.6.16)”

ここのどこが〝怪しげな論法〟なのだろう。男女間の月並みな〝口説き文句〟の一つにすぎないものだろうか?
この間のヤマギシズムの恋愛・結婚観の文脈を内包しつつ、もう一歩じぶん自身が納得できるような考察が進められたらと念いつつも、逍遙自在、何はともあれ気のむくまま行きつ戻りつしてみる。

PageTop

 新年に当たって

「われ、ひとと共に…」の精神
森の僧侶パイサーン師(スカトー寺住職).

先日タイ東北部の田舎を歩いてきた。昼下がりとある村の中を歩いていたら、常夏の国らしくハンモックに吊り下がって昼寝している人を見かけた。するとふとそんな姿に時間が止まったような深い安らぎをおぼえた。
たぶんその日の朝、日常の何気ない例えば歩くという行為も〝法に従う〟とか〝法と共に歩く〟とか〝法の中を歩く〟ことで〝心の中に法を育てていく〟ことになるといった、少しずつ表現を変えて語る「森の寺」の僧侶の言葉が心に残っていたからかもしれない。
というか、次のような経緯もあった。

昨年10月5日から12日までスイスでドイツ語特講が開催された。そこへ日本からスイスの特講はどんな感じでやられているのかと、特講の係スタッフに通訳一切無しで入ってみた松本哲さんの感想が先月号の「けんさん」紙に紹介されていた。言葉は分からないけどラジオ体操などでみんなの見本になってみたりして、一緒にやるみたいなのも少しは体感して結構面白かったという。
スイス特講

帰ってからの彼の感想に、会の会旨「われ、ひとと共に繁栄せん」の研鑽では〝ひとと共に〟の〝ひと〟は〝人〟とは書かなく、〝陽土〟にもかかっていることが強調されていたというのがあった。英訳では、I,a part of nature,do my best to prosper with all men,the sun and the soilとなっている箇所である。たしかに翻訳としては間違ってはいない。ひ=陽=太陽・と=土=大地、即ち父なる太陽と母なる大地、その父母によって生みだされた万物。なかでも万物の霊長といわれる〝われ〟という主体が、自然や環境と調和していこうとするエコロジカルな生き方こそ今切実に求められている。
しかしだからといって、遠慮してたら自分の立場が無くなるからと、止むなく自分で自分を護り主張する〝個々人主義〟を肯定したままに、自然全人が真に調和した健康正常な姿を思い描けるだろうか?
そんな〝人〟の革命が不問にされがちな懸念を彼の発言から感じとれたからである。

ヤマギシ会が発足して以来一貫して問い続けてきたのは、会旨「われ、ひとと共に繁栄せん」の主語、主体はどこにあるか? といった実践テーマではなかっただろうか。もちろん考えて答えを見つけることではない。
例えば有精卵の供給活動が始まった頃、卵の黄身が白っぽいとの苦情が活用者から多く寄せられたことがあった。困ったことになったなあと心が揺れた。黄身が濃いだの白いだのと一喜一憂している自分がいた。
そんな折、研鑽会で「やっぱり赤いものは赤いし、白いものは白いかね?」と問われた。いったい何を基準に比較しているのかと問われた思いがした。自分らヤマギシストの真骨頂は、白でもない赤でもない〝真っ白な赤〟!?を産み続けることではなかったのかと。
曲がりなりにもここまでやれてきた秘訣は「共にやってきたから」という感慨がひとしお湧いてくる。主体はわれにも、ひとにも無く、「共に」にあるのではなかろうか。

そんな「共に」に心を置いてみると、理想社会のあり方も今まで気づかなかったことの数々も、自分たちの心境の高まり深まりと正比例して反映してくることが実感される。
この線に副ってこそ家庭も社会も人生問題も自ずと解明されてくるのではなかろうか。





PageTop