FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

鈍愚考(6)

移動祝祭日(下) 
島田裕巳・青木新門

〝移動祝祭日〟とは、例えば若き日のそこでの様々な出会いや経験は、生涯にわたってその後の人生に消えることなく大きな影響を与え続けてやまない非日常性を意味するハレの要素を含み持つ日々を暗示しているはずだ。
そこが自分らにはヤマギシの〝特講〟であったり、その後の常識はずれの〝暮らし〟であった。
以前その証として、「自分はヤマギシ会の体験があったからこそ、宗教学者に成れた」とか「自分の人生の出発点は特講だった」と公言する宗教学者・島田裕巳さんの一週間の特別講習研鑽会(特講)体験記を会員集会の場で紹介したことがある。
こんな風に特講の〝怒り研〟でのじぶんの心の動きを言葉でうまく表現できるのかと思って我がことのように嬉しかったからである。

“私はしだいに、答えることばを失っていった。それは他の参加者の場合も同じだった。だれの答えも係を満足させず、即座に切り返された。参加者の発言が少なくなっていくにつれて、係の問い詰め方はきついものになっていった。会場の空気は重苦しいものに変わり、沈黙が続くことが多くなった。すでに時刻は真夜中になっていた。
おそらく他の参加者も同じように考えていたことだろうが、私は自分がなぜこんな目にあわなければならないのか理解に苦しんでいた。こんなことになるのなら、やはり参加しない方がよかったのではないか。一刻も早く、この状態から逃れたかった。しかし脱出のための糸口は、なかなか見えてこなかったのである。
ところが参加者のなかに、自力で脱出口を見い出した人間がいた。それは早稲田大学に通っている、私と同じ学生の女子学生だった。彼女は、「いま自分が腹を立てたときのことを考えてみると、腹が立たないような気がする。今度、そういうことがあっても腹は立たない」という発言をしたのだった。
この発言は意表をつくものであったが、私には納得することができた。彼女の発言を聞いて、体の奥から何か暖かいものがこみ上げてくるようにさえ感じられたのである。私は解放感を味わっていた。係の発する「なんで腹が立つのか」ということばも、怒りの原因を尋ねているのではなく、「腹を立てることなどないではないか」という反語的な表現として聞こえてくるようになった。その瞬間から、私にとって特講は苦しいものではなく、楽しいものに変わっていったのだった。”(『イニシエーションとしての宗教学』1993.1)

ここでの〝私には納得することができた。彼女の発言を聞いて、体の奥から何か暖かいものがこみ上げてくるようにさえ感じられたのである。私は解放感を味わっていた。〟といった心の動きに深く共感するものがあった。
二人で話す機会があった時、そのことを本人の前で話したら「自分にはあんな素直な文章はもう書けないよ」と喜んでくれた。

また映画「おくりびと」の原作になったとされる『納棺夫日記』の著者・青木新門さんの前で、あなたの書かれたここのところに自分も深く共感したと伝えられた時も読者冥利につきる思いがしたことがある。
納棺の仕事で行った先が元恋人の家で、意を決して中に入り作業に熱中していたらいつの間にか横に座って額の汗を拭いてくれる彼女がいた!

“澄んだ大きな眼一杯に涙を溜めた彼女であった。作業が終わるまで横に座って、私の顔の汗を拭いていた。”(『納棺夫日記』)

その時青木さんの眼に映ったものが行動を一変させる。翌日から白衣の服装に整え、言葉遣いも礼儀・礼節にも心がけ、真摯に堂々と納棺をするようになった。そんな一挿話が以来自分の心に鮮やかに焼き付いている。
妻や親戚や友人、そして地域社会からも白い目で見られていた自分にとって、丸ごと認めてくれたような恋人の瞳は救いだったという。
青木さんはそこに〝軽蔑や哀れみや同情など微塵もない、男と女の関係をも超えた、何かを感じた〟と言う。自分もそうした同じ経験もないのに同じように感じるのだ。この〝感じ〟っていったい何なんだろう? 

しかも興味深いことに、十年ぐらい前に話題になった島田さんの著書『葬式は、要らない』(幻冬舎新書)に〝死の本質がわかっていない学者の本〟だとして真っ先に批判されたのが青木さんだ。
そうかもしれない。しかしそれでも私が変われば世界が変わる。島田さんの中にも青木さんの中にも、そして誰の中にも同じように流れ、響くものがあるのではなかろうか。

もちろんヤマギシの村に住み始めてから今日までのじぶんをたどってみた手記『ある愛の詩』(1977.1)とも重なってくるのだ。
そのことのみに的を絞って飽かずに日々確かめることがいつしか自分の天職にも感じられてきた。

スポンサーサイト



PageTop