FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(46)

〝母子系図〟の繋がり

こうした親子や生命の繋がりについて次のような山岸巳代蔵の発言が記録されている。

○餅の味、本当に言える人は一人もいない。「餅の味、どんなんや?」と言われても、「ああ、餅の味や」としか言えん。青い色でも何でも言えない。「団子のような味や」と言っても違う。
それで禅なども掴まえどころなく困るので、気持を表そうとして表せぬ。
○闇の夜に 鳴かぬ烏の声きけば 生まれぬ先の父ぞ恋しき(『山岸巳代蔵全集第五巻』)

夏目漱石の作品『門』が思い浮かぶ。親友であった安井を裏切って、その妻である御米(およね)と結婚した宗助(そうすけ)が、崖下の家でひっそり暮らす夫婦の物語だ。
しかし主人公・宗介は何時も何かに脅かされているような倫理観に悩まされている。そこで鎌倉の禅寺へ泊まり込んで座禅を試みる。そこで老師から公案が出る。
「父母未生以前の本来の面目如何」
母子系図

父と母すらまだ生まれていない自分って、どこにいるんだ、何なんだ?、ということだろうか。
彼は考えに考えた。しかし解答をもって老師の前に出るのだが、「もっと、ぎろりとしたところを持って来なければだめだ」と撥ね返される。「そのくらいのことは少し学問をしたものなら誰でも言える」と。

「特講」でも使われている禅問答式としてしか伝わらないものがあるらしい。
それにしても、闇の夜に黒い烏(カラス)が、鳴いてくれるならともかく鳴かない烏の声を聞いたらまだ生まれてくる前の父(母)が恋しく思われるとは……?
いったい「人は、人と人によって生れ」を繋いでいる繋がりの正体とは何だろうか。
そこでお互い生まれ出た時の無想意だったであろう凡夫の自分のことを自分でソッと思い直してみようというのだ。

「母が父と何月何日にこの私を産もうと約束したかどうか、私には判らない。私には父や母に約束したようにも、産んで下さいとも育てて下さいとも頼んだような覚えがない。契約なしに、しかも何の思慮もなく、あてもなく、のめり出たらしい、無論何才まで生きようとか、何をしようとか、何々をしなければならないとかの予定もなしに。
八卦見や神霊がかりの人には、人の一生の運命が判るそうだし、透視術を心得ている宿命論者には、曰く因縁が付けられるか判らないが、ボクの場合、物心ついてから両親に聞いたところによると、長兄、次兄と二つ違いで産まれているから、次は急いで欲しいとも願わなかったうちに、いつか知らない間に宿ってしまったらしく、宿ったなればしかたがない。上二人とも男だったから、せめて今度は女なればよいが、とあまり邪魔にもされず、また胎内でも静かだったので女だと思い込んでいたのに、産まれ出てみれば、また男の象徴をしているので意外だったそう。
親の考えもあてにならないもの、この世の人は思い違いをよくやるもので、また願うようにもならず、願わぬことが次々と実現する。
『親の言葉とナスビの花は千に一つのアダもない』とよく訓示をした親にしてこの通り、意外、案外の固りで、わけわからずに娑婆の風に晒されることになった。
親の意に逆らうつもりもなかったと思うが、これも親不孝の一つになるのかも知れないが、約束もせない、頼み頼まれもせない、何も知らない判らないのに、できてしまったもので、どうとも致し方がなかったことだろう。今更どちらも責任が果たせるものでもなかろう。産んだ方にも、育てる責任がある、義務があると責めても、育てただけ位で責任だ義務だとて、取り返しがつくわけでもなく、育てれば育てる程、成長するに従い益々固りが大きくなる一方で、もとの卵子と精子の結合以前に戻して貰わない限り、この事態解決とは言えまいし、絶対にできそうもないこと。
思い違いの多い親や誰かが間違いの多い人間に育てあげて責任を果たしたなどとは理屈が合わない。中には早々と子供と離れて他へ去ったり、他界へ急ぐ人もあり、自分だけの子供として盲愛を集中する人、自分の子を人の子もなし、子は誰の持ち物でも、オモチャでもない、次代を受け継ぐ大切な子として世界中の幸せのためには命かけて尽くす人もある。
育てる約束もしていないから責任も義務もない筈だろうが、頼まれもせないのに子は育てられている。受胎した時は仕方がなかったものが産んでからは仕方なしに育てるのと違い、また責任、義務で育てねばならぬ、育てるでもなく、忙しくとも、疲れても、自分の生命を削っても育てるのは、契約や義務などでやれるような上ついたものでないからこそ、強いやさしい母になれるので、約束だからとか、責任や義務や職務で仕方なしでは、負担を感じ本当の子には育つものではない」(正解ヤマギシズム全輯 第二輯 無契約結婚)

「頼まれもせないのに、子は育てられている」事実が有る!
しかも仕方なしとか育てねばならぬからでもなく、忙しくとも、労れても、自分の生命を削ってでも育てる「強いやさしい母」が事実居る!
生まれた子供が乳を口に入れられたら何かなしに吸っていくもの。生まれたものが何かなしに呼吸していくもの。そんな生きてる事実がある!
何はともあれこうした事実そのものに驚くべきなのだ。
もっと新鮮な驚きを。親と子の間を繋いでいるいわば親愛の情感に琴線をふるわすのだ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する