自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(49)

繋がりの源に触れる

「人と人によって生れ」、「人と人との繋がり」の中で一つに重なり合い一致する、そんなかつてない世界に触れるためには何か〈次元〉の転換に迫られていた。
そのためにももっと自分の実感がともなう生き方や考え方があるはずで、そんな心の底から納得して本筋に至る道筋が切実に欲求されて来るのだ。
しかし自分の実感? そんな自分の思い込み、主観、実感ほどアテにならないものはない。
その間の考えの揺れを次のように記したこともある。

「そのアテにならない誤りうる実感を頼りに足場にして、例えばこれからの季節、山の木々に見る紅葉をあらためてきれいだなぁと心の奥底から湧きあがってくるものに『心の琴線に触れるものがある。それはどういうものか』と美しさの正体に想いをはせるなかで、自然の一部である人間にも流れているものに気づかされ、その心から自然・永遠・事実・普遍・真理に相渉ろうというのである。
宗教と科学を分ける『と』の垣根を取り払うことで、宗教も科学となる繋がりの場所を見出そうというのである。
自然と人間は一体のもので、人間は自然から産まれたものであることを、みずからの生きた事実実証で表してみようというのである。
たかだか百年にも満たない時間を生きる人間の主観でもって、自然・永遠・事実・普遍・真理を掴むことはできない。
しかしそうした『事実その中で生きている』繋がりそのものの自己を見出すという『自己への配慮』という知恵でもってしたならば、真理即応の人間性(心)にまでひょっとしたら到達できるかもしれない!
ハッとする心躍りがあった」(実顕地づくり考11)

この時の「ハッとする心躍り」は今も脈々と生きている。そんな歓びを行きつ戻りつ数え切れないほど心に反芻してきた。
以前も次のように記した。

「それにしても彷彿と浮かぶあの恥ずかしそうな笑顔から一瞬のうちによみがえり、こみ上げてくる心の琴線に触れるものの正体は、いったい何なんだろうか?
そんなくり返しくり返し自ずと湧いてくる温かなものの心触りの感触を確かめていると、これだけはゆずれないといった確信めいたものがふくらんできた。
それは、もし心の琴線に触れ何かほのぼのとした温かいものに癒やされ、いいようのない感情がこみ上げてくる中で『ヤマギシズム』が立ちあらわれて来なかったら、自分は『ヤマギシズム』を見捨てる、といったのっぴきならぬ一つの考えだった。
するとそんなある日、さきの例えば『ヤマギシズム七不思議』の一つ
○「万象悉く流れ、移り行く」
に込められた“流れ”に例えられるものが、身近な自分の実感をともなって、一つの共鳴・共感する生命を感じさせるものとして目に映ってきたのだ! しかもそれが万象悉くに満ち溢れている!
流れているものの実態にじかに触れた感がしたのである!」(わが一体の家族考18)

自然から贈られ、人から発せられる美しさ・豊かさ・温かさの源が、そこはかとなく広がっているのがこの世界のようなのだ!
しかも人は、親から生まれ育ち、親から離れて脱皮して一人の自立した個体として、「人と人との繋がり」の中で自分以外の他の個と出会い結びつく仕方で生きていく。だとしたら、その結びつく繋がりの正体とはいったい何だろうかと想いをはせる。
そのことはまたさきの「自然と人間は一体のもので、人間は自然から産まれたものである」自然全人一体観の一番底に流れる繋がりの源に触れることでもある。汲めども尽きぬ源泉をくみ取らねばならない。これこそ絶対に行き詰まらぬ、永久に幸福を齎す繁栄一筋の道の秘鍵だった!
例えばこの間記してきた―

「それは、ものを考えたり、感じたりすることそのものの中に、異性、異なる性の存在がしのびいっているという発見」
「『人と人によって生れ』た自分が、『人と人との繋がり』の世界ではじめて出会う他者が、〈異性〉だという『ひどく幼い発見』と驚き」
「『心に女性を感じ、ほのぼのとした気持であることによって満たされた思い』が『人と人との繋がり』の社会の中で伸展合適していく行程」
「こうした気持ちいい〈快〉感なるものこそ、「『喜び』とか『生かし合い』とか『一致』の起源であり、誰の心にもある真実なのだ!」
「親と子の間を繋いでいるいわば親愛の情感に琴線をふるわすのだ」

といった文脈において「わが一体の家族」の輪郭像を描こうとしてきた試みにも重なる。
それはまた、ヤマギシズムでいう〈一つ〉の中に『心に女性を感じ、ほのぼのとした気持であることによって満たされた思い』で分け入ってみようとする試みでもあるはずだ。
なぜなら〈一つ〉とは、「私はあなた、あなたは私」の体認から出発するものだからだ。
そこは「最も相合うお互いを生かし合う世界」であり、無意識に惹かれ合い・求め応え合い・心の手を差し延べ合う衝動にかられる〈一つ〉の世界の謂いでもある。
ヤマギシズム恋愛・結婚観を探ねて、ようやくここまできた。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する