自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(91)

普段着が実はハレ着!?

先のI君の発言に〝ヤマギシは非常識〟云々の文言があった。そうなのだ、自分らには常識はずれが現実を変えていく原動力になるといった予感めいた観念習性がしっかり賦植されているらしいのだ。
なかでも年に一度の1980年代中頃からの一般社会に向けてヤマギシを表現する〝ヤマギシズム春まつり〟の企画・実施を十年以上やってみて身にしみて知らされたような気がする。
タダのまつり

課せられたテーマを羅列してみよう。
○テーマ 散財―放してこそ豊か 大衆から得たものは大衆へ還す
○金の要らない村まつり
○放す場へ財を散らす
○全部放した純粋な心境でまつりを用意する
○〝実に華やかなお伽の国のような、しかも真実の世界があり……〟
10万人にも及ぶ不特定多数の人達の自由意志を尊重しながら、何ら制限を加えずして受ける側の仕組みや対応で人々は如何に反応するか、変化するのか。
割り切りも研鑽会もなくして瞬時にその人の中にある本質的なものが引き出されて、先陣争いや物の争奪もなしに〝みんなで持ち寄ってみんなで贈り合う〟一日を楽しむことができる、この仕掛けやあり様等など。まさに世紀の大実験であった。
〝タダ〟とか〝放す〟とか〝持たない〟といった理念を地で行って合わさっていく過程を目の当たりにする実践機会でもあった。

それにしても始めに与えられたテーマ「〝散財―放してこそ豊か〟大衆から得たものは大衆へ還す」との摩訶不思議なフレーズが今でも忘れられない。
単純に考えて、散財して放したら、後は何も残らず貧しいだけではないのか?
どう考えても、腑に落ちなかった。何で放したら豊かなのだろうかと。
その頃出会った書が、『呪われた部分―普遍経済学の試み』(ジョルジュ・バタイユ)だ。まるで自分らのまつりの一日を綜合哲学的にうまく言い当ててくれているようにも感じられた。曰く、

○生命体は、原則としてその生命の維持に要する以上のエネルギーを太陽から受け取る。
そして過剰エネルギー(富)は一つの組織(例えば一個の有機体)の成長に利用されるが、剰余の部分は好むと好まざるとに関わらず〝消費(蕩尽)〟せねばならない。
○そうした剰余の部分の活かし方は歴史的には古代の祭礼のなかでの生け贄としての〝人身御供〟に見出した。また有用性を持たぬ見事な公共建物を建立した社会もある。ラマ教では生産に従事しない僧侶を増やす政策を実施した。
しかしそれでも充分と言えず、いつの時代にも多数の人間と大量の有用資材を戦争という破壊行為に投じてきた。
○エネルギーは常に過剰な状態にあるのに欠乏が問題になるのは、人間の精神が他の人間達と分け前を奪い合う分立的存在であり、一度も全般的に考察されたためしがないからである。
○かくして、もしも心得ておれば思い通りに操作できるかもしれないものに、われわれは無知なるが故に屈服させられるに至る。
○もしわれわれが余分なエネルギーを自分の手で破壊できなければ、それは活用されようがないからだ。

その頃また普段の研鑚会のなかで次のような一節などを皆で研鑽していた矢先だった。

“先ず自分を、先ず自国をかためてからの出発でなくて、先ず全世界人類全体のための立場から見ての、今日、唯今の行いにならねば、全部狂った結果になります。(『山岸会養鶏法』)”
“足下の稲で十石穫るよりも、広大な田で無限大的の収穫を増し、小さい養鶏よりも、最も大きな養鶏をしているつもりですが、その意味が解りますかね。
自分一人の仕合せよりも、世界中の人の幸福の方が大きいし、本当だと私共では真面目に眺めているのですが、こんなに決まり切ったことを云っているのに、なんと簡単な算数の出来ぬ棒槍頭もあるものですね。
大百姓の方が忙しく、大幸福の方が面白くて、土こねには向かぬヒョロヒョロからだで、狭い耕地を占用するよりも、身に合わぬ田畑は放して、最も安全な、誰にも盗られぬ、子孫永久に栄える、世界幸福株に乗り換えているのに、何が貧乏しているのでしょうか。(同上)”

だからか、例えばバタイユの発言

“もしわれわれが余分なエネルギーを自分の手で破壊できなければ、それは活用されようがないからだ”

という一節での〝破壊〟とは自分らのいう〝放す〟実践のことではないのかとイメージされてきて、普段着の暮らしが実は〝金の要らない村まつり〟そのもののハレ着だったのだとシラけることなく結びつくのが愉快だった。

ところが本書『呪われた部分―普遍経済学の試み』は三部作の第一巻で、第二巻は『エロティシズムの歴史』だという。
いったい〝放してこそ豊か〟と〝エロティシズム〟はどう結びつくのか? 
狐につままれたような気分がした。あたかもかつてのヤマギシズムの〝百万羽養鶏構想〟と〝愛情研鑚会〟との結びつきに、周囲ではその荒唐無稽さで物議をかもしだしたように……。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する