FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

 「と」に立つ実践哲叢(30)

みんなの心を受けて 

先頃二週間の研鑽学校Ⅲに参加された高橋タカ(80歳)さんの言動に、自分ら参加者は圧倒される思いだった。何人もの人が「自分もタカさんのような心境になってみたい」とも発言されていた。
まず参加の動機からして劇的だ。日頃旦那さんの介護をしていくうちに、研鑽学校に行きたい気持ちが湧いてきてそのまま素直に出してみた。でもいざ行くとなると、ご飯の世話、風呂入れ、泊まり役、デイサービスに行く準備、訪問リハビリの付き添い、と次から次に引き継ぐことが出てきて、途中で「やはり無理かもしれない」とあきらめかけた。
すると世話係の人から、「こういうことはこれからの実顕地のやりどころだよ。タカさん一人のことじゃないよ」と言ってくれて、その心が入ってきて、そこから行ってみようと気持ちがどんどん前向きに変わってきた。それからはいろんな人が部屋に「具体的にどうしたら良いか」と訪ねてきて〝美里「チーム高橋」〟が結成されたのだという。

無理だったら仕方ないなと止めることは簡単にできる中で、「一人のことじゃないよ」と声をかけ一緒に考えていく人が居る! その心を受けて、やってみようとする私が居る! しかもそんな仲良い姿を現す場が有る! これって凄いことではないのか?

日々の何気なく通りすぎ、どちらにでもなり得る状態の時にこそ、その都度どちらの方向に向かうかの分岐点に立たされている事態に気づかされる。日頃自分らは何に価値を置いて過ごしているのだろうかと。
そんなみんなの心を受けてのタカさんだからか、出されるテーマを体中で受けとめ、そこから湧き上がる〝うれしいばっかり〟での軽妙なやりとりが印象的だった。

後半アンデルセン童話『みにくいあひるの子』を研鑽した。タカさんの感想だ。
みにくいあひるの子

「あのみにくいあひるの子のずーっといじめられてきたにも関わらず、最後にはもうどんなにいじめられても本当に自分の心が素直に出せて、あの二羽の白鳥の所に行きたい、その心が通じたように二羽の白鳥が自分に寄って来てくれた。
その時その二羽に首を下げたその瞬間、下の氷に映った自分の姿が白鳥に映った。
まわりの子どもの声が聞こえる。『いちばんきれいな白鳥がいる』 うれしかった……パッと声を上げて飛び立った。
いまだにその姿が私の頭に残っている。私の心もうれしくて両手を上げて声になった」
そして旦那さんに対しても
「美里実顕地の一人ひとりの顔が浮かんでくる。父さんの顔も……淡々とみんなの心を受けて動いてくれたんだなー」と、体中でヤマギシの心を感じた気がすると語っていた。

みんなの心が自分の中に入ってくると、全てのことが自分のこととして観えてくる。すると自分の心からの行いがみんなの心に響いていく。ああなるほどこうして実顕地がつくられ人が育っていくのかとうなずけた。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する