FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

我が一体の家族考(100)

自由問答と結婚観のZ革命

ある日の研鑚会のテーマは、〝自由について〟だった。
研鑚会は、「ヤマギシには自由がなく窮屈だとよく言われる」から始まった。
自由と言えば、何でも自分の思う通りになると言われているから、みんなで〝一体生活〟をやろうとすると、遠慮が出てきたり、食事の好みが違うのに同じものを食べなければならない不自由を感じるのだろう。
一般でいう自由は、物を買うとしたら自分の好きなもの、遊びに行くにも自分の好きな所へ、自分で決めていく。仕事に於ても自分の気の済むままを言う。
そんな自分の考えだけでやる行動を自由と言う。自分の意志通りに行動出来れば不自由と言わない、出来ない場合に言う。
だとしたら万国共通の自由は次のように定義できるだろうか。

“個人の意志、考えを曲げないで、行動出来る状態をいう”

誰でも曲げられるのは困る。ここから意志や考えが人によって違うという事が、そこで問題になってくる。
こういう事はしてはいけない事だと入っていると、出来ない事は不自由に感じない。そして当たり前と思っている事が出来ない場合、不自由だと感じる。
だとしたら、自由、不自由は考え方による。そう考えていいようだ。

本当は不自由な事でも観念によって不自由と感じないし、本当の自由であっても観念によって自由と感じないこともある。
本当の自由が問われてくる?

つまり本当の自由はある訳だから、不自由と感じた時は、現象(環境)によるものか、自分の感じ方(観念)によるものか、と調べていけないものだろうか。
不自由を感じたが、それで良いとするのではない。
自分の考えでやっていこうとする人は、自分の考えでやっていく事が自由である。
みんなの考えでやっていこうとする人は、みんなの考えでやっていく事が自由。
思い方によって、その思っている通りにやっていいはず。
ところが実顕地では、自分の考えでやっていこうとすると不自由、窮屈感が出る。そういう場合だから変えるのではなく、どちらの観念が本当かによる。

本当の自由になろうとする人が本当の意志、考えを持って……から始まる一体社会における本当の自由は〝公意行〟の中にある。
繋がりの中で生きている部分的な自分は、一人では進めない。
そこからみんなの考え方でやっていこうとする〝個人の自由意志〟を基本にした自由の定義が見出されるはずだ。個人の自由意志を決してさまたげない。みんなの考えでやっていこうとする中においての思い通り。

普通一般の人はそこを調整するのが不自由だと感じるのではなかろうか。
調整されるという考え方が不自由。自分の考えを持ったままでは、そうしなければならないとしているから苦しい。まあ、どっちにしても結局は自分の思い通りにやったらいい訳で、みんなの考えでやっていこうとする思いになってからでないと努力がいる。

そう言えばその昔、「ヤマギシの養鶏法は、理想社会の縮図になっている」と聞いて、何でこんな鶏がいるだけのことが理想社会の縮図に繫がるのか不思議でならなかった。
自由なる生活

例えば雛(ヒヨコ)が産まれた時、一般ではやらない水に浸けない堅いままの玄米の山の上に降ろしてやる。生まれながらにして富貴の相というか悠々せまらぬ物静かな相を備えさすのだという。
雛が生まれて五日目くらいからは、三間先まで一直線にとんで行ける広い場所で、思いのまま運動し、餌は競り合いなく、欲する時望むがままに得られ、喜々として個々の生活を営み得るよう、持っていく。大きな胃袋の雛が多く食べても、胃袋の小さい雛は決してそれを咎めないし、消化器の働きの鈍い雛が負けまいと無理に食べて胃腸障害を起したりしない。多く食う雛は卵を多く産んでそれを多く提供し、産卵の少ない鶏を責めない。
雛の中には早く寝て、真夜中に暗い、寒い所へ散歩かたがた水を呑みに行くものもいる。そして朝寝坊の雛は、朝仕事から帰ってくる雛の万年床を冷えないように体温で暖めておくのだ。
これが自由の世界だという? 雛の肉付き、顔色を見てやって下さい。不平の無い満足そうな顔を……と。
いったいここのどこが〝自由〟だというのだろうか?

またヤマギシ養鶏法の秘匿技術の一つに「産卵自由調整法」というのもある。例えば今週は卵の値が良いから沢山産んで欲しいと思ったら、鶏の方もどんどん産んでくれる。要するに人間の思い通りに鶏の方も合わせてくれる。
すべてが自分の思い通りになるということだ!? 
本当の自由というのは、こちらの思い通りになるように卵を産んでくれるということ。
ということは、鶏の思い通りに自分も動けるということ。鶏が暑くてかなわんなぁという時は、ちょっと涼しくしてやるとか、餌でもちょっと少なめにしてやるとか。そういうことが出来ないと鶏の健康を保てない。

そういう関連性というか繋がりにあるということ。こちらの一方的な都合だけの自由というのはニセの自由なのだと。
みんなの考え方で意志、考えを曲げないで行動出来る〝個人の自由意志〟から構成される自由なる世界に触れた思いがした。
本当の自由は、他との繋がりの中でしかあり得ない。
これこそ山岸巳代蔵が先ず結婚観のZ革命を、そして本当の結婚へと何をおいても急いだ理由であったにちがいない。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する