FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(103)

〝我抜き研鑽〟と『ヨブ記』

旧約聖書の『ヨブ記』に出てくるヨブは、無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きている。7人の息子と3人の娘を持ち、東の国一番の富豪であった。
ある時神とサタンがヨブの正しさを巡って賭をした。そこでサタンの挑発にのった神は、ヨブに試練を与えることをサタンにゆるす。
ヨブに次々と災難辛苦が襲う。ヨブは二度の略奪隊の被害に遭い、また二度の天災に遭い、財産も、家畜も、僕たちも、さらには息子や娘たちまでも、一切合切を失ってしまう。試練はそれだけに留まらない。ヨブは全身を覆う酷い皮膚病にかかって苦しみ、妻からも見放されてしまう。
突然、人生のどん底に突き落とされてしまったのだ。
ヨブ

ヨブは、正しく生きてきた自分がなぜこんな酷い目に遭わなくてはならないのか、その訳の分からなさを思いっきり神にぶつけて、神を呪う。「なぜ、神は私なんかをお造りになったのか。私など生まれなかった方がよかったのだ」、「私は、こんな苦しみを受けなければならないような悪いことは何もしていないはずだ」、「私の幸福を返してくれ」、「それがダメなら、せめて何故こんな苦しみを受けなければいけないのか、それだけでも答えてくれ」等など、人生の理不尽さを嘆く。

見舞いに来た三人の友人らも、ヨブのあまりにも惨たらしい変わり様にショックを受け、取り乱し、言葉を失ってしまう。
ヨブは堰を切ったように自分の心の弱さを吐露しはじめる。「わたしなんか生まれてこなければよかったんだ」と苦しみを訴え、死を希う。神をも非難する。「わたしは正当に扱われていない」、「なぜ、あなたは御顔を隠し、わたしを敵と見なされるのですか」と、神に絶望する。

三人の友人らは、ヨブがこのような苦しみを味わっているのは、きっとヨブ自身の中に災いを生み出す原因があるに違いないからだと思って、「間違っているのは神ではない、あなただ」と言いきかせるのだが、彼らはヨブを慰め、励ますことができない。
むしろ逆に、「あなたたちは藪医者だ」と言って、友人たちを非難する。
ヨブが自分は正しいと確信していたからだ。
そこで今までじっと黙って、ヨブと三人との議論を立ち聞きしていたエリフが登場する。

彼の目には、ヨブが神様を冒涜しているように映った。またそのようなヨブを黙らせることの出来ない三人の不甲斐なさに対しても、強い怒りを覚えたからだ。エリフは言う。

「『わたしは潔白で、罪を犯していない。
  わたしは清く、とがめられる理由はない。
  それでも神はわたしに対する不満を見いだし
  わたしを敵視される。
  わたしに足枷をはめ 行く道を見張っておられる。』
  ここにあなたの過ちがある、と言おう。」
「だから、叫んでも答えてくださらないのだ。
  悪者が高慢にふるまうからだ。
  神は偽りを聞かれず
  全能者はそれを顧みられない。」

と、「苦難を経なければ、どんなに叫んでも力を尽くしても、それは役に立たない」とさえ言う。
エリフはさらに言う。

「ヨブよ、耳を傾け
 神の驚くべき御業について、よく考えよ。 あなたは知っているか」

と、繰り返しヨブに人間には計り知れない自然の、神の御業について問いかける。
そしてここから、神の言葉が始まる。
神がヨブに対して「お前は知っているか。見たことがあるか。調べたことがあるか。お前に同じ事ができるのか」と、たたみかけるように問うのだ。

あたかもドラマ『水戸黄門』で、三つ葉葵の紋所が描かれた印籠を見せて「控え居ろう! この紋所が目に入らぬか」と黄門の正体を明かすようなものだ。
神は傲慢なヨブに対して、誰が自然万物、天・地・人を造り司っているかを知っているのかと激しく問い詰める。
誰が大地を据えたか? 誰が朝に命令し曙に役割を指示したか? 光や闇の住みかを知っているか? 誰が露の滴を霰を霜を産むのか? すばるやオリオンや銀河を支配するものはお前か?等々。
もちろん、そんなこと出来るはずもない。それがどうしたというのだ? 

しかしなぜかそこでヨブは自ずと主に答えていう。

「あなたのことを、耳にしてはおりました。
  しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。
  それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し
  自分を退け、悔い改めます。」

こんなにアッサリひきさがってよいの?
いったい、どこでヨブの態度は一変したのだろうか。ヨブは何を悔い改めたのだろうか?
こうした問いかけは、そのまま今の自分だったらどうかと自分に返ってくる。
どこで自分だったら、〝自分を退け〟るのだろうかと……。

ヒントになったのは、次のような様々な動物たちの不思議なというか一途に生きていく姿が描かれている一節からである。
例えば次のような〝事実〟に出会うと、すべてのものを生み出し活かそうとする自然の本質に触れ得たような、なぜか自分の心も温かくなる琴線に触れる不思議な生命力を実感する。
餌を求めて鳴く烏の子

「お前は雌獅子(ライオン―引用者注)のために獲物を備え
  その子の食欲を満たしてやることができるか。
  雌獅子は茂みに待ち伏せ
  その子は隠れがにうずくまっている。
  誰が烏のために餌を置いてやるのか
  その雛が神に向かって鳴き
  食べ物を求めて迷い出るとき」等々。

自然と人は一体のもので、人は自然から産まれたもので、太陽・水・空気と共に自然はいろいろな食べ物となって人の身体を育む。それと同時に自然は人の精神をも豊かにする。
こうした自然から贈られ、人から発せられる美しさ・豊かさ・温かさの源が、そこはかとなく漂っているのがこの世界なのだ!
これが紀元前の『ヨブ記』から自分が自分に向かっていく現在進行中のあらすじだ。

それはまた山岸巳代蔵が愛情研鑽の現場で真摯に取り組んだ〝我抜き研鑽〟そのものに、再現された現代の『ヨブ記』を見ていく試みでもある。なにせ絶望のドン底から結婚資格のなかった自分が見え出したのだから!?
しかも自らヨブになったり3人の友やエリフになったり神にもなったりと身替わる山岸巳代蔵が出現してくるところが実に興味津々だ。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する