FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(108)

〝仲良くほのぼのの気分〟で

先述の、ふとした機縁から気付いて、心が転換して、あの我が抜けた時の何とも言えん気持ちに立ち返って、そこから出発することで

“こんなにも仲良く、親しく、溶け合えるもの、好き合えるもの”

の歓びが展開する、そんな我を超えた〝Ecstasy〟の世界に住みたいと思う。それは自分らの切実に欲求する〝真の幸福〟それ自体を体現することでもある。
人生のスタートであり、人生の最大目標であると思える〝恋愛・結婚〟は、現在最も深刻な問題とされ、ほとんどの人を修羅地獄に落としてきた。ずいぶん不合理的なものを結婚などと思い違い等をして、正しい結婚をする条件が揃ってないのに結婚していると思う間違いが、日常の生活面や、精神的な面に現れて、何か物足りないものや不都合な事態を引き起こしている現今世情である。
決め手が発見出来ないでいた。
山岸巳代蔵もまたこの間、自分自らをまな板に乗せる〝血みどろ〟の愛情結婚劇の渦中に立たされて逃げ出さずよく演じてみせた。それはひとえに全人苦悩する人の一人もなくなることを願ってのことだった。
そしてついにそこから〝だれでもたやすく真の結婚の楽園へ入れる〟鍵を見つけた発見の歓びがもたらされた。
それでは、真の結婚とはどんなものか?
それは至極簡単である。

――結婚、恋愛は楽しいのが本当――
――頑固者は真の幸福結婚が出来ない――

それがそうも行かないのは、
○固い殻着てては、一体になれないから。
○夫婦は先ず心の一致から…
といった以上の数行ですべてが言い尽くされる。

三重県警から全国指名手配された山岸巳代蔵は各地の会員宅などを転々としつつあった頃、福里柔和子宛てに次のように書いた。はじめにこの間の

“随分むごい我抜き、剛研鑽実践やら、私の愛情の混乱から起こる狂態等で、柔和が繰り返して云う如く、夫婦として楽しかったのは東京帰りの数時間だけだったのは本当ね。次から次と責めせっかんで、一日たりとも心から楽しい日が恵まれなかったね。すまないことをしたね。”

と詫びつつ、

“本当の僕になりきって聞いて欲しい、知って欲しい。特に今の僕を知って欲しい。傍らから見ていると、何とはがゆく、解りの悪い、勝手な、信用の出来ぬ、くだらん男に見えるだろうが、その解りの悪い、くだらん男になりきって、最後まで、こんなに云うのには、何かがあるのじゃなかろうか、聞いてやろうじゃなくて、僕になりきった自分の心の声を、僕が得心のゆくまで、一度だけでも聞いて欲しいのです。そうでなかったら、研鑽を基調とするヤマギシズムもなく、柔和の絶叫した真の一体研鑽もないと思う。僕も柔和になりきって聞くから、もうこれで云う事ないと得心のいくまで聞くからね。顔も姿も心も体も、年令、性別も凡て、全く愚かさも、幼稚さも、僕そのままになって聞いて欲しいよ。淋しがりやで、自制心のない僕になりきってね。
私の性格など、きめつけないで、一日も早くお互いになり変わって、そしてどちらかの一体になり合って、話しかつ聞きたい。代わり番こになってね。”(柔和子に寄せる)

と、同じ二人が一つになれてはじめて醸しだされる〝仲良くほのぼのの気分〟で、〝何とはがゆく、解りの悪い、勝手な、信用の出来ぬ、くだらん男〟をそのまま包み込み溶かしてしまおうと呼びかけている。
どういうこと?
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する