FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(112)

心の〝転換〟の機微

先の映画『おくりびと』で主人公・大悟は、突然くるりと踵を返して、〝とっくに戸籍から外れている〟父親の元へと駆け出した。
また映画『エロデ大王』のエロデ大王と王妃マリアムに自分と柔和子を重ねた、

“柔和子を苛め殺した(エロデ王)悔恨の涙と、うつろな孤独な僕、盲信のままで一度も溶け合わない、愛して愛して、真に愛し合っているが故に、愛し合ってい乍ら、ピタリと寄り添えない感じ、通じ合わないもどかしさ、夫婦であり乍ら直接話し合えない、悲しい、哀れなお互いを感じ乍ら、永遠に死境をさまよおうとしているアブナイ瀬戸際”

が一転、

“柔らかく和やかな、夫を思い、全人を思う真の愛の女神に温かく抱擁されて、さすがのみよも、にわにおさまる。”

に好転していく、こうした心の〝転換〟の機微に迫りたいと思う。
次のような一節がヒントになるかも知れない。

“僕と柔和との恋愛結婚は真なるもので、心・情・感等の世界では、我執の出没によって波立ち、言動・現象は結婚したり、解消したりしているように見誤られるが、感の世界の基なる無感の真の世界では、恐らく絶対動かない、離れようのない真の結婚だと思う。
従って何時か其のいずれか(両方にありそう)にある我執が消えた場合、心も現象も完全無欠の完全夫婦と必ずなるであろう。
過渡期に如何なる波乱万丈の混乱事象が起ころうとも、末は必ず真なるものに落ちつくもの。
人間であるから思い違いはいくらでもある。それは赦されるが、それを持ち続け放そうとしない我執は、いつでも赦されない。自分が苦しみ悩むものである。”(我執の害毒は殺人狂よりも悪質なり)

ここでの〝感の世界の基なる無感の真の世界〟について想いを巡らしてみようというのだ。いったいどういうことなんだろうかと。
たしか宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』(岩波文庫版)に、黒い大きな帽子をかぶった青白い顔のやせた大人がジョバンニに語りかける個所がある。
銀河鉄道の夜

“みんながめいめいじぶんの神さまがほんとうの神さまだというだろう。けれどもお互いほかの神さまを信ずる人たちのしたことでも涙がこぼれるだろう。それからぼくたちの心がいいとかわるいとか議論するだろう。そして勝負がつかないだろう。けれどももし、おまえがほんとうに勉強して、実験でちゃんとほんとうの考えと、うその考えとを分けてしまえば、その実験の方法さえきまれば、もう信仰も化学と同じようになる。”(九ジョバンニの切符)

人と人とが離れ、相反目、敵対しないで〝ほんとうの考え〟と〝うその考え〟を分けることが出来たら、どんなにか素晴らしいことだろうか。今なお心ある人々にとっての切実な課題であろう。
それにもかかわらず〝めいめいじぶんの神さまがほんとうの神さまだという〟自分の立場を全部放したところから、本当はどういうものかというところからの観方・考え方の実行に踏み込んでいる・いく人は皆無に近い。
自分の立場から発して〝ほんとうの考え〟と〝うその考え〟を〝分ける〟ことはぜったいに出来ない!? むしろ〝分ける〟のではなく、〝出どころが全く異う〟ことを知ることが先なのだ。肚に落とすことが肝要なのだ。
ここでの〈次元〉の転換の機微をハッキリ掴むことが容易ではない。せいぜい自分の立場から発しての〝ほんとうの考え〟と〝うその考え〟の分離にとどまっている。
謂わばよくいう〝お金儲けのための鶏飼い〟から〝みんなの幸せを願っての、先ず自分がそういう人になって鶏を飼う(飼わなくても)〟気持ちへの転換・現れなのだ。

先の映画『おくりびと』での事務員・上村さんの発言、最初の「行ってあげて」と二番目の発言内容「行ってあげて」との異いについても当てはまる。事務員さんの二番目の「行ってあげて」の発言は大悟から「だとしたら、無責任すぎるよ」と大声で怒鳴られながらも、〝何かに突き動かされるように〟立ち上がり大悟のそばまで詰め寄っての「行ってあげて」なのだ。
そこにはどうしても〝放す〟行為が、それが出来る人になるという次元の転換が絶対要素として浮上してくるようなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する