自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(115)

思い浮かんだ虫のいい考え

ある日の研鑚会では、ボードに次のように画かれてあるテーマを終日眺めつつ研鑽した。
“無我執研鑽
1 人間の判断能力
(五感、六感、記憶力、知能、知識、経験、その他)
2 真理、真実、真意、真相、事実、実態と
人間の考えや観察による判断との異い
3 無我執(我当然、執抹殺)”
横山大観『無我』

なかでもとりわけ〝2〟の項目の、真理、真実……と続く上の段と人間の考え……と続く下の段との〝異い〟を自らの実例を出し合って研鑽した。
ここでの研鑽の急所は、自分よりの観方の延長で上の段と下の段を〝分離〟することにあるのではなくて、〝異い〟を肚に落とすことにあった!?
フッと〝自分がヤマギシズムになればよい〟という気持ちが思い浮かんだ。
でも瞬時に〝そんな馬鹿な〟と打ち消した。だって

“ヤマギシズムとは一口で言うと、すべてに本当、即ち真なる理は正しいと思う考え方で、何事を考えるにも行うにも、真理に即応しようとする思想である”

から、こんな我執まみれの自分が絶対にヤマギシズムになれるはずがないではないか。
でも、このままでは〝異い〟をスッキリ肚に落とすことはできない。そんな不完全燃焼感がくすぶり続けていた。
実はここでも〝次元の〈転換〉〟が意味するものにそれこそまさに直面していたのだ。
その当時は思いもしなかった事柄にぶつかって先の見通しが全く描けなく不安な日々を過ごしていた。心境的にも追いつめられていたからか、いつしかなじみの自分がいちばん安堵して心安まる自分だけにしか通じない場所へと引きこもりがちになっていた。現実から目を背ける心理状態にあったのだろうか。

ところが、そんな〝なじみの自分がいちばん安堵して心安まる自分だけにしか通じない場所〟から醸しだされる何かほのぼのとした温かさに何度もくり返し出会っているうちに、この不思議な感じの正体はいったい何だろうと想いを馳せるようになった。むしろ前向きにそうした想いに会いに行くようになっていた。心地よかったからだ。癒やされた。

でもその場所は自分しか知らなく、とても他の人々に通じていくはずがないマイナーな世界だった。
そんな世界が二十数年ぶりに蘇ったのだ!
というのも、いったんは自分よりの観方から来る極私的な体験世界でありヤマギシズム運動には不必要なものとして自ら封印・棄てたものだった。そんな世界がくり返し蘇ってきたのだ!?
以前にも紹介したその部分を引用してみる。

“朝寝坊の得意なぼくは、時として朝一番の水やりやエサ見を怠った。そんな時は必ず奥さんが代ってやってくれていた。そして遅れてやってきたぼくの顔を見て恥しそうに、「フフフッ」と微笑むだけだ。ちっとも批難がましいことは言ってくれない。これはかなりぼくの胸にひびいたことの一つだ。”(ある愛の詩)

自分の心に響く極私的な体験世界。きっと他の人に伝えようとしたら、〝通じないもどかしさ〟に身もだえするような……。
この何とも言いようがない自分自身の中から湧き出してくる〝この熱い感じ〟に思いを集中させていると、そうか〝いい思いをする〟ってこんな感じなのだなあと改めて実感させられた。

以前Sさんから「ヤマギシズム社会は徹底した個人主義ともいえる」と聞かされて驚いたことがあった。それまで漠然としたみんなで仲良く助け合って生活する社会像の印象しかなかったので、エッととまどったのだ。Sさんはいう。

“結局自分がよくなるためからすべて出発している。
屈辱・忍従・犠牲・奉仕・感謝など一切ない。何ごとも自己より出発して自己に返る、という徹底したものだという意味からいったもので、工夫して人をよくするとか社会をよくするのでなく、自己の楽しむ場を広めていくためで、決して人のためでないということをいったもの。
そういう個人がやっていく上に副産物で理想社会ができていくというような意味なのだけれど……”

だとしたら、自分にとって一番心安まる場所から〝自分がヤマギシズムになる〟への通路が〝自分がよくなるため〟から拓かれないだろうかと、そんな虫のいい考えが思い浮かんだのだ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-04-27(Fri)15:00 [編集]