FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

 「と」に立つ実践哲叢(35)

 コーヒーの〝美味しさ〟

最近の缶コーヒーのテレビCMがまったくもって心憎い演出だ。なかでも「世界は誰かの仕事でできている」シリーズの『つながっている』篇がとくに面白い。
世界は誰かの仕事でできている

道路作業員の一人が休息中に「便利になったよな」と、スマホアプリの便利さに感心する。→そのアプリを作った開発者が、コンビニの弁当の美味しさに「うま! この弁当企画した人、マジ神」と感動する。→コンビニの弁当を企画した企画者が、「お弁当は素材が命 生産農家様々ね」と野菜を作ってくれる生産農家に感謝する。→鮮度にこだわる生産農家は、「野菜は鮮度やけ、運んでくれる人に感謝やね」とトラックドライバーに感謝する。→新しく開通した道を通るトラックドライバーは、「この道完成したんだ、助かるわぁ」と道路作業員に感謝する。
そして再び、開通した道路で作業員二人の会話にもどる。
つながっている篇

「なんか他人とは思えないですね」
「つながっているのかもな」

これはスゴい! たったの30秒で缶コーヒーの〝美味しさ〟をここまで表現できるとは、と驚嘆した。きっと多くの視聴者の心に深く響いていくに違いない。
たしか宮沢賢治の言葉に「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」とあったが、普段のたかがコーヒーの〝美味しさ〟にも通じるものがあるようなのだ?

ある日の研鑚会で、「本当にコーヒーを美味しく飲む秘訣は、例えば1日に三杯飲んでいたコーヒーを三人の人に飲んでもらった時のコーヒーの味、これは簡単な算数の問題です」と研鑽した。エッ!? 自分が飲まないのになぜ美味しいのだろうかと頭を悩ましたことが懐かしく思い出される。
人と人とが離れ、相反目している今の風潮の中で、くだんのCMでの「なんか他人とは思えないですね」と、うんと情が出て泣きたくなるような言葉が心に染み入るようだ。

そこにはよく考え抜かれた哲学が感じられる。するとやはり梅田悟司さんという制作スタッフの一人に『「言葉にできる」は武器になる。』という著書があった。

筆者は、相手に伝わり、胸に響く言葉を生み出したいとの強い思いから出発する。そこから言葉には、他人とコミュニケートするための〝外に向かう言葉〟と物事を考えたり、感じたりする時に無意識のうちに発している〝内なる言葉〟の二つの種類に気付く。〝外に向かう言葉〟を育てる〝内なる言葉〟の存在に気付いたのだ!
この〝内なる言葉〟の涵養こそ、相手の胸に響き、納得や共感を得られるようになるコツなのだと。そして今流行の「かわいい」や「ヤバい」で留めていると、いつしか自分の心の琴線を鈍らせてしまうことを危惧する。

要は〝たった一人のために言葉を生み出すこと〟にある!? まったく同感だ。自分の中のあなただけに通じればいい〝内なる言葉〟こそ誰の心にもあるあなたなのだから……。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する