自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(119)

『ファウスト』〝神秘の合唱〟

また三木成夫は学生時代から在野の哲学者・冨永半次郎(1883―1965年)に師事していた。そして文豪ゲーテが生涯を賭けて完成させた戯曲『ファウスト』の結末「神秘の合唱」の富永半次郎自筆の七五調の訳を研究室に掲げていたという。
富永半次郎自筆

“神秘の合唱
ものみなのうつろふからに
さながらに色とりとりにうつるなり
かけてしも思はぬことの
こゝに起き
ことはにも筆にも堪へぬこと
こゝになる
とこおとめおとめさひすとなよよかに
われらひかれてをとこそひすも”

1行目の〝うつろふ〟は移ろふか。2行目の〝うつる〟は映るか。〝とこおとめ〟は永遠の女性か。
なかでも最後の〝とこおとめおとめさひすとなよよかに われらひかれてをとこさひすも〟との訳がじつに味わい深い。ちなみに森鴎外は「永遠に女性なるもの、我等を引きて往かしむ」と、高橋義孝は「永遠にして女性的なるもの、われらを引きて昇らしむ」と、池内紀は「くおんのおんなが、われらをみちびく」と訳している。
三木成夫は次のように記している。

“ひとびとはこの宇宙の原形を在る時は「kosmos」と呼び、また在る時は「天」と呼ぶ。ファウストを完結させる〝Das Ewigweibliche(永遠の女性)〟の表現は、まさしく、こうした万物生成の天然の姿を、いわゆる大地母Magna Materのそれに託して披露した、それは文字通り〝根原秘奥への賛歌〟と見られるものであろうか……”(『人間生命の誕生』)

いったいなにをゲーテは、三木茂夫は言おうとしているのだろう? 当てずっぽうな物言いになるかも知れないが、かのゲーテが〝永遠の女性〟という表現に託した生涯とらえて離すことのなかった世界、山岸巳代蔵の「万象悉く流れ、移り行く」と呼べる世界、の解明にこそ、自分らがこの間追い求めてきた「秘められた実態の把握」に繋がるものがあるのではなかろうかと、ひどく好奇心をそそられるのだ。
山岸巳代蔵を始めこれら先達諸氏の未だ自分には謎めいたコトバは、共通して人間の中の「男と女」に、「人間」であるという本質的なものと「異性」であるという本質的なものとの両方を見極めようとしているかのようだ。
どういうこと?
一言でいうと、未だ生きられていない「男女の性」の世界を基調とした本質的な人と人との繋がりの世界で生きようというのだろうか……。
こんな自問自答が繰り返し脳裏に浮かんでくる。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する