FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(123)

何しにこの世へ出て来たものか

それにしても〝二人一人格〟のイメージが今一つリアルに膨らんでこない。
そこには根強い頑固観念の中にどっぷり浸かって暮らしてきた自分らがいる。
〝恋愛〟といい〝結婚〟といい〝夫婦〟という世界は、人生のある一時期直面する人間社会生活のホンの一部にすぎないという頑固観念だ。何しろ他に社会、政治、法律、産業、経済、教育、宗教等々の分野で取り組むことはたくさんあるのだから、いつまでもたわいもない〝真の幸福結婚〟などにかかずらっているわけにはいかないのであると。
以前にも紹介した「イエスの方舟」の千石剛賢さんは、そんな現状の結婚を

“結婚ってなんだ、良心を麻痺させる淫行の場ではないのか。”

と言い切って、

“男は女を愛することを、大げさでなく、人生最大の意義、ただ一つの価値というふうに分かっとらないかん。”
“夫と妻の素晴らしさは、一体の人格を発見するところにある”(『隠されていた聖書』)
千石剛賢

と強調する。随分こうした飾らない千石剛賢さんの語りに刺激された。
山岸巳代蔵もいう。

“人生最大の意義は「結婚の華」と「よりよき創造の実」の歓びであろう。”
“一体でない結婚など、
夫婦の真字・ふさい

(ふさい)などあり得るものだろうか。
何も出来なくとも、先ず我執をなくして一体に。
知恵、知識、能力、容姿に先んずるもの。”

他はみな真の結婚の何たるかさえもわきまえないニセモノなのだという。だから、

“五十歳、七十歳になった人も、今からでもやり直して、決して遅くはないと思う。
他を責め、批難している自分自らの結婚が偽物だったり、不徹底・不完全なものだったでは、ひと事をかまってるヒマもなかろうし、ただ一日でも真の結婚の妙境に浸ってから逝かないと、何しにこの世へ出て来たものか、人生の意義も覚らず、うとましい限りではある。”

として、諦めないで、

“人間社会を幸福の花園に飾る一番大切なことだけに、五十、六十、七十歳に歳をとろうとも、資格の揃うまでは結婚を焦らないことだと思う。”

と、〝真の結婚の妙境に浸って〟から逝けという!?
自分らは根本的な大思い違いをしているのかもしれない。ヤマギシズムの出発点に未だ立っていないのかもしれない。
共に真面目に考えてみよう。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する