FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(126)

吉本幻想論の拡張

こうした古代ギリシアまで遡るフーコーの性の探求に対して、『対話 都市とエロス』(吉本隆明+出口裕弘 1986.11深夜叢書社)の中で出口裕弘は、フーコーはホモセクシャルな思想家、文学者で古代ギリシアでは少年愛が公認されていたから仕事の場をそちらへ移したのではないかといったうがちすぎた解釈をしている。

対して吉本さんの方は、「そこは全部翻訳されて、きちっと読まないと何とも言えないと思いますが、われわれの考え方からすると、たいへん珍しい、興味深いことになっているんじゃないでしょうか」といたって慎重だ。
そして、なぜ性がここで問題になるのか〝よくわからない〟として次のように語る。
吉本隆明

“フーコーがいうセクシュアリティの歴史みたいなものには、真理の問題、メタフィジィカルな意味の権力の問題など全部入ってしまうと思うんです。性あるいは性の歴史の問題のなかにそれを全部入れてしまう、そんな着想をしたのは、どうしてでしょうか。
われわれの感覚で言えば、性の問題は性の風俗、習慣の問題で、それ以上のことはない。その次元ではさまざまな問題があるけれども、それは社会制度の問題にもならないし、政治の問題にもならないし、権力の問題にもならないということになっていくんですが、全部そこに入れ込めるのはどういうことなんでしょうか。”

ここで吉本さんは、
“性の問題は性の風俗、習慣の問題で、それ以上のことはない。”

と〝性の問題〟は人間にとって部分的なものだと一貫して見なす自身の吉本幻想論に立って〝よくわからない〟と疑問を投げかけている。
そうか、そうだったんだ!
こうした観点から、この間何度か紹介してきたように思想家・吉本隆明さんの「ヤマギシ会という共同体の一体理念」が深まれば深まるほど、却って〝男女の結びつきが圧迫される〟という懸念を抱かれていたのだ! 引用してみる。

“「その『一体』というところでかんがえていちばん問題なのは、男女の結びつきの次元というのが共同体の次元と同一化してしまうことです。そこがものすごくきついんじゃないでしょうか。
かりにそういう男女がいるとすると、かれらは絶えず共同体の水準におかれようとする力を『一体』という観念から受けているから、男女のあいだに、ささやきとか、声にしなくてもわかるとか、そういう意味の微妙さがなくなっちゃうんじゃないでしょうか。ふたりでいるんだけれども、絶えず脅かされているといいますか、全部公開されているみたいな、そういう心理状態に絶えずさらされていることになる。
もし人間の性愛のなかに、色とか、味とか、匂いとかの比喩でいうべき問題があるとすれば、それが全部、無味・無臭・無色というふうになってしまうような気がするんです。
ほんとにそうなることはたぶんありえないから、絶えず解体にさらされるか、または、もし男女の結びつきがひじょうに親密になってくれば、共同体から出ちゃうという衝動をいつでも感じざるをえないみたいな、なにかそういうところでいちばん矛盾にさらされるような気がするんです」”(吉本隆明『対幻想 n個の性をめぐって』1985.1春秋社)

いったい〝われわれ〟って誰のこと?
こうした〝われわれの感覚〟こそ今本当にそうかどうかが問われているのだ。自分らがやりたいのは、個と集団の矛盾や対立や背反を抱擁(つつ)み込んで解消、乗り越えていくような道筋の開拓なのだ。

それはむしろ〈性〉を媒介にした〈一体理念〉を基盤というか〝主体〟に、自己の生き方そのものを配慮し陶冶(怒りを取り去る実践等々―引用者注)していくことで、真理に即応しようとする思想でもあるのだ! 

“真理主義、真理即応主義、合真理主義”(「ヤマギシズムについて」山岸巳代蔵)

“現代社会では、技芸(アート)はもっぱら物体(オブジェ)にしか関与しない何かになってしまい、個人にも人生にも関係しないという事実に私は驚いています。技芸が芸術家という専門家だけがつくる一つの専門領域になっているということにも驚きます。しかし個人の人生は一個の芸術作品になりえないのでしょうか。なぜ一つのランプとか一軒の家が芸術の対象であって、私たちの人生がそうではないのでしょうか。”(『倫理の系譜学について』フーコー)

それは吉本幻想論の拡張、即ち幻想論に先だってある〈性〉=〈ヤマギシズム恋愛結婚観〉から出発することを意味するはずだ。
これで少しは恩返しができるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する