FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(156)

〝失恋も面白いものやぜ〟
失恋

また山岸巳代蔵は人間観念の変わりやすさと同時に反面〝こうだと思い込むとなかなか変えられない〟我執観念の様々な場面での現れを、いろいろな種類を一つひとつ並べているところがじつに興味深い。
一口に漠然と我執・頑固観念とは、自分を持って放さない、キメつけて執われることだと言ってみたところで「ああ、そうか」で終わってしまいがち。頑固観念の一つや二つ脱げても、また入れ替わり立ち替わり、変わった観念が入って根を下ろしてしまう。人間は観念動物と云いたいほどなのだが……。それではいったい何を信じて(拠り所)人間は行動し、生きるのか?

○この世に、どんな場合にも、悲しい、苦しいと思うことは、自分や人への同情等や、悲しいときめ、苦しいものときめつけて、そこから脱却することを拒む頑固我
○きめつけたことが実現しないときめつけるきめつけ我
○思いごと、願いごとを持ち続けねばならんとする固持我
○いま思ったこと、人に云ったことも、コロコロ変わるものを、思ったから、心できめたから、人に云ったから、約束したからと、考えや事態が変わってあるのに、前に考えた、云った、聞いたことを、終生大事と持ち続けて、頑として放そうとしない我
○病気になったら、それを苦にする我
○きめつけを持っていないと思っていても、ずいぶんたくさんのきめつけを持っている人が多い。これが無自覚頑固
○きめつけなしでは不安定だと錯覚し、きめつけを大切に持って、放すことを怖れ、嫌う人もある。臆病頑固。
○自分の考えや行為を、これでよし、間違いなし、ときめつける、自信頑固。
○私は至らない間違い多い人間だから、私の考えではダメ、ときめつけて、昔からの常識や、多数の人の意見や、学者か知識・経験の深い人や優れた人、世評の高い人、賢聖等の言行を崇拝・是認して、または神、仏の道、教え等と謂われる事を間違いないかのように、至らない、間違い多い人間の筈の私の判断できめつけて信じ込む、盲信頑固。
○自分はダメだときめつける、劣等感頑固。
○恥ずかしがりがとれないときめつける、逃避頑固、羞恥頑固。
○頑固でないときめつけ、頑張る、否定頑固。
○相手が間違いだときめつけ、筋を通そうとする、正義感頑固。
○知識・能力・経験・美貌の点で他の人より優れているとしての優越感頑固
○俗に云う養子根性や、貧乏や、身丈や何かで、ひけめを感じてなかなか脱けられない、頑固な劣等感頑固
○沈黙頑固、温厚型頑固、逃避型や遠吠え型、貞淑型、羞恥型頑固、怒り型、悩み型、恨み型を持ち続ける頑固等々。

先ずは小口からその都度コツコツ脱いでみることであろうか。
なかでも先の〝観念あるけどいつでも外せるもの、本来持ってないもの〟の象徴的な実例として山岸巳代蔵は、恋愛問題をあげているところがさすがである。
人類史誕生以来くり返して体験されてきたにちがいない〝あばたもえくぼ〟に映るといった恋愛感情の起伏の中に、観念動物ならではの可笑しさ・哀しさ・素晴らしさなどの悲喜劇が凝縮されているようにも思えるからだ。

“失恋も面白いものやぜ、執われから解放される。記憶あっても執われから解放されるということは、いくらもなし得ることやし、あり得ることやと思う。僕はそれで楽になったわ。実際は代りがあるからやなしに、好きな人があるから一方の執われから忘れたやないの。それがある間は、可哀相な、苦しい、さびしいようなものがずっとあったが、それを外したらなくなるね。そういうものは早う外した方がよいと思うな。向こうにあるのでなくて、こっちにあるのやから、それは。”(「ヤマギシズム理念徹底研鑽会」第六回)

そして第一回特講期間中親身になって手当てしてくれた大森敏恵について語る。

“誰と恋愛して暮らしていてもちっとも消えず、しかもほのぼのとしたもので、しかも二度と寄るか寄らんか分からんとしても、点滅でフツフツと浮かんでくるもので、執われてさっぱり仕事できんかというと、そうでないが、それもやっぱり取り去れた。それが同じ思い出でも、明るいものならよいが、暗い悲しいものならみじめやわね。また何回も出てきても、外していけると楽やね。また観念をパッと外すこともなし得ると思うわ。”

一つの観念我が外れて、ふっと浮かび上がってくる〝ほのぼのとしたもの〟がある。
これぞ山岸巳代蔵がひそかに待ち焦がれている、ヤマギシズム恋愛・結婚観の底に一貫して流れているものにちがいない。
我執を超えるものがたしかに誰の心にもあるということを言いたくてしようがないのだ。観念我が外れて、頑固が謙虚に転換する姿にかつてない地軸を動かす事態を見ていたのである。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する