FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

26 スタートの中にゴールを観る

「如何に物質が豊かに充たされても、それのみでは絶対に実現せず、精神面のみを説いても真の社会は生まれず、私は永遠不変の理想社会を実現さすための決定的方法を知っています。総てに具体的であらねばなりません。(略)私は今まで世界で主張されていない、或いは行われていない方法で、総てをいとも簡単に割り切り、争いのない理想社会を実現さす法のあることを重ねて断言するものです」(山岸巳代蔵) 

今年は念願だった研鑽会記録集をまとめた『贈り合いの経済』の書を、ロゴスの村岡到氏のご好意により刊行することができた。ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ。そのうちにと思っているだけではいつ実現するかわからなかった。しかもそのことが区切りとなって、一気に実顕地一つからの新しいイズム運動の展開へと踏み出せそうだ。

「個人と組織との難しい関係について考察を進め、そのなかで、なぜ自分がヤマギシ会に参画することになったのか、そこに何を求めたのかを語っていく」(書評 『贈り合いの経済』島田裕巳)過程を経ることで、物も体験も世間体・メンツ・褒貶も放しきった中に、見出されてきたものがあった。そういうものが引き出され、磨きあげられ、光り輝く場所があった。

「金より手足の四本(資本)はたいしたものや」。「実顕地資本主義」からの出発となる所以だ。
そこはどこかホッとする気風に満ちた場所でもある。

そんな場所から先の、真理は一つであり、〝理想は方法によって実現し得る〟というその方法について想いをはせている。自分の中では、今の実顕地一つからの前進一路の現段階と「方法によって」が一つに重なってくるからだ。『月界への通路』での「通路」の具体的な実感についてである。

ここでの決定的方法とは? 今まで世界で主張されていない、或いは行われていない方法とは? そこまで断言できるものとは?

つまりこういうことだ。以前この欄で、研鑚は研究・学問と異う。研鑽会は研究会・講習会と異うとして、その理由を真なるものを究明し、それに即応(立つ)しようとしているか否かにみた。方法についても、単なる方法・手段と今の実顕地一つからの具現方式の異いについて知らされるからだ。

要は真目的を実現するには、自分の中にある真目的から出発すべきなのだ! それが理論を現実に具体化し得る方法なのだと。方法それ自体を生きる(実践)ことで、真目的の実現と成すのだ! スタートの中にゴールを観る生きざまなのだ。

ヤマギシズム用語でいう、「合真理主義」即ち「真実、それに自己を生かす」即ち「なった先でなく、ならない先のもの」即ち「僕の目には今日の形でなく、カレンダーを数枚めくった日本晴れの明るい世界が展開していますね」云々の意味するところ、「日本晴れ」の今あるままでの幸せ、快適さ、容易さ等々に想いを巡らしている。

別の言葉でいえば、もっとも不自由・みじめに映る世界が即もっとも理想的に映る世界についてである。

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する