FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

 「と」に立つ実践哲叢(43)

〝二つの幸福〟問答

またその年1955(昭和30)八月に山岸さんの母・ちさが亡くなり、会葬者全員に小冊子『二つの幸福』を配ったとされる。
山岸巳代蔵一家とその親族

【写真は左から 四男・千代吉(23) 三男・巳代蔵(28) 二男・新五郎(31) 父・巳之助(58) 母・ちさ(56) 西村しづ 妻・志津子 なお長男・助一(33)は京城(朝鮮)に滞在か? この年[1929(昭和四)年]山岸巳代蔵は山根志津子と結婚】

生前母はよく〝水は冷たい、お湯は熱いから止めるでは何事も出来ないよ〟と独り言を言っては僕をつくってくれたという。そうした母の心を移し行うように、過去幾千年の人類史上「出来ない」と思われた理想社会はどうしたら実現するかを一言で簡明に著したものが『二つの幸福』なのだ。

二つの幸福がある。真の幸福と幸福感だ。どちらも同じ言葉をもつが、根本的に相異なる。何時になっても変らない真の幸福と、不幸に対しての対句としての幸福感である。喜怒哀楽に象徴される一時的の満足感を幸福だと思い込んでいるのは仮の幸福であり、ただ幸福だと思っているのみで、こんなはかないものを幸福感と呼んでいる。
それが今日まで実現しなかった理由としては、諦めと無関心と無知等々が挙げられるが、肝心の幸福の何物かさえも知らず、知ろうともしない、または間違った考え方をしている人が多いからであるとして、

“幸福感と真の幸福の区別が解らないからなのだろう。”
“幸福感を本当の幸福なりと勘違いをしている人が頗る多いのではないか。”

と記されている。
だとしたら永遠に変らぬ〝真の幸福〟っていったいなんだろうか? どうしたら幸福感でない真の幸福が得られるのだろうか? 

ある日の研鑚会のテーマは「何でも二つある」だった。何でも二つあることを知ることの大事さで話が盛りあがった。ほとんどの人生上の苦しみや悩みの原因は、皆一つしか知らないところに帰因するのではないかと。そう言えば幸福にも幸福感と真の幸福の二つあったなあと、ふむふむと頷いている自分がいた。
しかし今振り返ると冷や汗が出るような思いがする。例えばほとんど無自覚に自分の思い考えから見て、幸福感と真の幸福を観念的に区別していたのではないか。自分らの切実に欲求する、永遠に変らぬ真の幸福を掴み得ようとして、知らずして不幸に対しての対句としての幸福感を〝本当の幸福なりと勘違いをしている〟自分に気づかされる。

そもそも不幸とは何か? たしか研鑽資料『ヤマギシズム社会の実態―世界革命実践の書』には〝不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟と記されてはいるが、実際は不幸と思われる現象に出会って心の動揺を感じるばかりの不安定な自分がいたりする。
それでは二つあることを知り、もう一つの不幸と思われる現象が現れないようにするってどんなことなんだろうか。

そうなのだ。まず〝不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟とする、不幸と感じない心境になることが先で、そこから間違った姿をなくしていこうとする、そんな〝理念を生きる〟もう一つが見出されてくる!
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

〝二つの幸福〟問答

ブログを読んでのコメント頂き有り難うございます。
さて、ご指摘の
『そうなのだ。まず〝不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟とする、不幸と感じない心境になることが先で、そこから間違った姿をなくしていこうとする、そんな〝理念を生きる〟もう一つが見出されてくる!』
とする一節ですが、この辺りの表現は自分にとっていちばん大事にしている箇所です。なかでも〝不幸と感じない心境になることが先〟といった表現に自分なりのたくさんの意味を込めています。例えば
○意見のやりとりより、その前の心の一体が先。
○その一体は、自分の考えが正しい、間違いないとしないところから始まる。
として、たんに不幸と感じる・感じない 思う思わないは別として、感の前の世界観に立つことで、一人も不幸と感じる人のない・そんな間違った姿が現れないようにもっていこうとするものです。
yagibooさんが始めに言われていたように、〝不幸そのものがなく、幸福しか存在しない〟という理念に立って、観念でなく事実として出来るそんな生き方を目指しています。
2019.4.20

佐川清和 | URL | 2019-04-20(Sat)08:28 [編集]


そうなのだ。まず〝不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟とする、不幸と感じない心境になることが先で、そこから間違った姿をなくしていこうとする、そんな〝理念を生きる〟もう一つが見出されてくる!

不幸と感じることは間違いなのだろうか
不幸がなくて幸福だけだとしたら
誰が不幸と感じるのだろうか
生まれつき目が見えない人が
その事を不幸と感じるだろうか
いな そこに不幸は存在しないのでは無いだろうか では幸福な状態とは何だろう
とにかく不幸という心境を無くしていくことではないような気がする

yagiboo | URL | 2019-04-19(Fri)17:33 [編集]


不幸と感じることが間違いで、幸福が本当だ〟
と言うことは不幸と感じない見方を身につけるのではなく不幸そのものがなく、幸福しか存在しないといっているように感じるが如何だろうか

yagiboo | URL | 2019-04-19(Fri)17:15 [編集]