FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(177)

知的革命たるゆえん
おむつセンサー

ちなみに現代社会では、〝男らしさ・女らしさ〟についてはどのように受けとられているのだろうか。
たまたまネットで「日本青少年研究所」による日本・米国・韓国・中国の高校生各千人を対象にした〝男らしさ、女らしさに関する高校生の意識調査〟(2004年発表)を見つけた。
総じて男女とも日本の高校生の、男らしさ女らしさに対する意識が薄い傾向が見てとれる。
読売新聞の社説でも、「女は女らしくすべきだ」を肯定した日本の生徒が少なかった事などにもとづき、「教育界で流行している『ジェンダーフリー』思想の影響を見て取ることができる」とし、その社説の最後で「調査結果は、倒錯した論理が広がったときの恐ろしさを示している」と結論づけている。

しかし当の若者達は、ジェンダーという男女の区別を示す社会的・文化的概念にこだわるよりも、むしろ「らしさからの解放」とか「その人の個性を尊重」とかにAIを基にしたグローバル経済社会に適応した自由で快適な感じ方や行動を無意識に感じとっているのだろう。日本には古くから「男は度胸、女は愛嬌」といった男女の〝らしさ〟の妙を伝えることわざも、今や色褪せた死語になりつつある。曰く

○男女の別にとらわれることなく、自分らしく生きるべきだ。
○あなたは、男である前に、女である前に、一人の人間です。
○私が考える理想の社会は、男女の差別も性的マイノリティーに対する偏見も無く、誰もが自分らしく生きる事が出来る社会です。
○自分が着たい服を着て、自分がやりたい髪型にして、自分がしたいメイクをしていいんだよね。
他人が決めた あなたらしい・・・
と言われる姿になろうとしなくていい。
自分が自分でいたい姿でいいんだと思いますね。
○茨城県古河市の平成30年度一行詩「男女の詩(ひとのうた)」最優秀賞作品に、
「男らしさ 女らしさ 重要ですか? 大切なのは自分らしさ」(30代・女性)とあった。

いったい今何が起こっているのだろうか?
本当は男女の〝らしさ〟も〝自分らしさ〟の追求・発揮も同じ質のものなのに、いろんな観念が邪魔してか二つの課題を同時に考える時に複雑になるのだろう。
しかも肝心の〝自分らしさ〟も、〝AIを基にしたグローバル経済社会に適応した〟自分に特化されている。
先の「卵の価値は〝生きる力〟だ」と聴いた場合、素直に「ああそうかな」となるのと、「何も形してたら、売れたらよいやないか」と二つあるようなものだ。
金の要らない楽しい世の中に世界中がなると聞いた時、複雑に考えれば到底不可能だと頭ごなしに否定するようなものだ。
これは何かの考え方を入れて、複雑に考え過ぎているにちがいないのだ。

一事が万事で例えば今、赤ちゃんがおしめを濡らすと音がなって知らす〝おむつセンサー〟がある。
紙おむつにセンサーを付けることで、周囲の温度と湿度の変化を即座に把握。赤ちゃんがおしっこをしたことを、仕事や家事で忙しいパパ、ママに代わってスマホに通知してくれるという。しかもおむつの交換回数、おしっこの回数をクラウド上に記録できるため、赤ちゃんの体調管理を簡単に行えるという。
たしかにおしっこで冷えたおむつが体温を下げたり不衛生になり体調を悪化させる原因にもなる。
なるほど人工知能AIを基にしたグローバル経済社会に見合った〝赤ちゃんに優しい〟開発技術なのだろう。
人と人とが離れ、相反目するタコツボ化した高度専門化社会ならではのスグレモノだ。

しかし一方では、本来赤ちゃんは自分が意識しないのにおしめが汚れた時、不快感でむずかる。
しかもそのことに無識に応じるお母さんがいる! そんな母子の求めるものと応じるものとの全面一致する正常健康な姿も、今や色褪せた光景になっていく!?

おっぱいが足りない時、おしめが汚れた時、眠りが足りない時、素直にむずかれるような感受性(〝情感〟という心情の営み)の涵養策こそ今直ちに着手しなければならない最重大方策ではないだろうか。もちろん大人の私たちに向けての話である。本稿を書き継いでいる意図も、じつはここにあったのだとあらためて思い知らされる。
本質(本来・理念)と現状とを一緒くたに混同してはならない。まず本質(本来・理念)に当たりをつけてから、現状を考えていくのが順序だろう。どちらが先かの後先ちょっとのことで、現象のあらわれがまるで異なるのだ。

山岸巳代蔵は、誰もが欲求する本当にお互いが自分らしく生きる・生きられるには、先の「仰慕←→愛撫」に象徴される二人で一つの謂わば真の夫婦から始まるのだとした。
相合うお互いを生かし合う世界へまず〝ポンと飛び込む〟ところから理想社会実現(=自分らしさ)へと繋がる本筋が見えてくるのだとした。
ここでの〝ポンと先に楽になって、それから考える〟考え方の飛躍・次元の転換に知的革命たるゆえんを見る。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する