FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

わが一体の家族考(180)

零位よりの理解を
人間そのものの革命

先の〝AI化した結婚調正機関〟

“ボタン押したら人工頭脳でポンと出て来る。好きになる前に調べる。キスも握手もない中に、純処女・童貞でいける。一人一人のカードが出来る。それで鑑定したら、一○○%近く一生いける程度のものは出来ると思う。実験しつつ、そういう機関を作ることに、今すぐ自分のこととして踏み入れることよ。”

と提言する山岸巳代蔵の先見の明はたんに現状からの精神革命に留まらず、〝人は自然から産まれた〟とするその〝自然〟に対しても自然概念の変更を迫っていく大胆な知性(考え方)にまで及んでいる。
そのことに今頃になって驚かされる。最近のバイオテクノロジーとコンピューターサイエンスが融合する「クリスパー・キャス・ナイン」(CRISPR−Cas9)というゲノム(遺伝子)編集技術を使って人間の遺伝子を自由に編集できるようになってきたニュースを通して、人間そのものの心身のあり方が根本的に書き換えられようとしている世界の潮流を知らされてからだ。
山岸巳代蔵の理論はちっとも奇想天外・突飛ではなかった!?
ここへ来て全世界の頭脳・科学技術は、ヒトゲノムが解明された事によって、ゲノムを編集することで難病を治し、食糧問題を解決し、〝デザイナーベイビー〟を現実化する方向へと集注している。
あの山岸会趣意の中に盛られた一節、山岸会の目指す理想社会の内容を指し示す

“4 学問と実験を基として体質を改造し、疾病を排除し、外観実質共に優秀なる子孫が生まれ
5 自己の延長である同属子孫の幸福と繁栄を招来せん、との目標を同じくする全世界の人類間に、提携と同属愛の優美な心境を造り
6 物心両面共に他を侵す必要なき、協力社会を指向する。”

世界へと世界の潮流は急接近しているかのようにも見える。
加えて1954(昭和29)年に記された「知的革命私案」では次のような見出しを掲げて、
○人種改良と体質改造を
○百万人のエジソンを
○女性は300人近くの直子を遺す
○体質改造 等々。
愛児に先天的に、生まれながらにして不幸の原因を背負わせてはならないとすることと、頭脳及び体質などの悪性遺伝は子孫に不幸を齎すものであるからと、

“かような重要問題を自然にまかせ、等閑に過ごし、偶然変異の僥倖を期待せず、知性による積極的方策を断行します。”

と自信(?)のほどをのぞかせるのだ。
要するに、優秀な先天的遺伝形質を持って産まれた上に、環境適応変化性や、人為所作によって、人間の幸福条件を完全ならしめるのだというのだ!
参考までに1959(昭和34)年頃、全国指名手配されていた山岸巳代蔵が潜伏先で書き綴っていた「繁殖について」の一文を挙げてみる。

“キリストは無精子繁殖の奇蹟を敢行されたのか、信ずる人は信じている。しかも、女性マリヤが男性キリスト分裂とは、奇蹟の奇蹟たるところ。その事実を知らない者はとやかく論ずる資格もなかろう。
創世紀の事はわからないが、現在までにキリスト以外の人は全部異性細胞核交合による繁殖をしてきたようだ。
即ち、植物が開花して雌雄両性の結合による種実繁殖をしている方式の方の繁殖法を採用している。今一つの繁殖法としては、体の分裂による無異性自家繁殖法が、種族により、動・植物、微生物に行われている。
この方法も人間の繁殖に取り入れられないこともなかろう。体細胞を子宮構造内で養育するだけのことで、この方法によると、一人の人体から異性なしで幾億人かの同性・同形質の人が増殖できる。
甘薯の根茎を適宜の単位に分けて、環境条件を備えれば、同種繁殖が無限大的に出来る。菊・柳・その他も、寸断して挿木繁殖が容易で、ヒトデもバラバラにして海に戻せば、個々に体を構成する。
人間実験では指を切り落した跡へ、生理条件の適切な場合は、爪を具備した新しい指を形成する。
切り落した指も適切に養育すれば、切り口からその残された指に、無い部分の体が新成されて、指一本から一人ずつ同形質の人が出来る理。これは挿木式ではあるが、人間の場合、今の科学技術ではかえっていろいろの障害もあり、実用的には単一細胞増殖法の方が効率が高いと思う。求める男女、憧れの異性が、型に嵌めたように同じ顔して頭して、要求数だけ満たされるわけで、心に染まぬ人と結婚の真似事をし、下手に交配して似ても似つかぬ醜女・愚息を産まねばならぬ心配がない。
優秀な人が突然変異で出現した場合などの用意に、今から、物理科学者の月界旅行の準備と併行して、世界の生物科学者の真摯な研究と実現を期待する。
次は、精子・卵子の結合した受精卵子の他床養育法で、排卵に対し、排卵主、または受卵主の体内で、或いは体外で、受精した卵子を養育、受卵主の体内、または他の子宮構造に着床さして胎生を遂げ、嬰児期まで生育さす方法である。
この方法は、女性が類例少ない優秀な遺伝形質を持っている場合、一個の卵子をも廃棄せないで、劣悪遺伝因子に対して優生交代の目的でするものである。
普通、一人の優秀女子は一代に二百~三百人の直子を出生することが出来る理である。これの結合精子は優生遺伝繁殖学的に精子に伏在する形質遺伝因子の特長を精密に調査し、卵子に最も適合する優秀な交合を行なうもので、優秀精子は無計数的に他の卵子と交合できる理である。”

今日までの因習・道徳・宗教観に捉われがちな非理念観念から見たら、あのナチスドイツにおける優生政策に通じる優性思想として誤解や曲解をされ、危険視・糾弾されるに違いない主張・理論だ。
いつ警察に踏み込まれるか分からない不安な追いつめられた心境からの、とんでもない妄想に過ぎなかったのだろうか。

しかし山岸巳代蔵には、〝鶏の産卵は腹中の消化器にあり、目に見えぬ染色体にあります〟として実際に自ら交配に取り組み、環境適応性や抵抗性の高い交配種「山岸三号種」を作出し、その育雛が質的に広く受け入れられた業績があった。
そこには幾多の形質遺伝因子の組み合わせ所謂〝合性〟についての、30年を超える寡黙裡の地道な実験と観察・研究があった。
時流に乗った場当り的な軽薄なもので絶対ないとするヤマギシズム理念の実践による立証があったのである。

こうしてみてくると、〝幸福〟とか〝健全な心身〟とか〝相合う〟といった言い古された言葉の底知れぬ奥深さに圧倒される思いがしてくる。
もうここまで来ると、今世界で起きていることは〝零位よりの理解を〟といった理解の仕方を俟ってはじめて理解されるべきことなのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する