FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

鈍愚考(9)

自己欺瞞的な矛盾の解消
ある愛の詩

森崎さんの発言
“わたしが「イェニーさん問題」と呼んできたところのものをそれ自体としてつかみださずに、性の世界を社会への媒介とみなしたからです。”
にあった〝性の世界を社会への媒介とみなした〟の一節にもう少し踏み込んでみる。

人間社会を組織する原則としての自由・平等のテーマは、古くて新しい今現在も続く実践テーマである。例えば一体生活(ヤマギシズム生活実顕地)発足時(1961年)当初から「一体生活をやっていると窮屈、自由がない」といった意見がよく出るが、どのように研鑽していったらよいのかと話題にされてきた。
それくらいまず一番先に出てくるのが、財布一つの一体生活をやっていこうとするとどうしても遠慮せんならんものが出てくるといった〝自由〟のテーマがリアルに迫ってくるのだ。皆と〝共にやる〟ことの楽しみ願望が一転して不自由きわまりない苦しみ現実に反転してしまうのだ!? 
なんで?

〝一体の家族〟を目指すものの結局は従来からの格家族単位に舞い戻ってしまう。理念やあり方は分かっていても、それが生活習慣となって自分の身につくまでの段階で寄った人の我執がそれを崩してきたというのだろうか?
吉本隆明さんが以前体験的にこのあたりを解明してくれたことがある。

“その「一体」(ヤマギシ会の理念―佐川注)というところでかんがえていちばん問題なのは、男女の結びつきの次元というのが共同体の次元と同一化してしまうことです。そこがものすごくきついんじゃないでしょうか。かりにそういう男女がいるとすると、かれらは絶えず共同体の水準におかれようとする力を「一体」という観念から受けているから、男女のあいだに、ささやきとか、声にしなくてもわかるとか、そういう意味の微妙さがなくなっちゃうんじゃないでしょうか。ふたりでいるんだけれども、絶えず脅かされているといいますか、全部公開されているみたいな、そういう心理状態に絶えずさらされていることになる。
もし人間の性愛のなかに、色とか、味とか、匂いとかの比喩でいうべき問題があるとすれば、それが全部、無味・無臭・無色というふうになってしまうような気がするんです。ほんとにそうなることはたぶんありえないから、絶えず解体にさらされるか、または、もし男女の結びつきがひじょうに親密になってくれば、共同体から出ちゃうという衝動をいつでも感じざるをえないみたいな、なにかそういうところでいちばん矛盾にさらされるような気がするんです。”(吉本隆明『対幻想 n個の性をめぐって』1985.1春秋社)

さすが思想家・吉本隆明だなあ、的確に分析されているなあと感心していた時期が自分の中で長く続いた。たしかにそのように考えるとそのような現象が現れ出た。人間は単独では絶対に生きられない社会動物・人間なのだから、個別観的な観方でなく〝共同体の次元〟つまり社会人間からの観方こそ欠かせないとしっかり考えていたのだから。
ところが現象は多くの同志・相棒が血縁の〝家族をやりたい〟といったやむにやまれぬ切迫感にかられてこの間実顕地を去っていった。
今の常識からかけ離れた「一体」理念で日常生活を律すること自体が無謀で間違った行為なのだろうか? 社会人間から〝一体の家族〟へと拡張されていくには、未だ究明されていないどんな要素が自己革命が求められているというのだろう? 
こうした自己欺瞞的な矛盾を解消するにはどうあったらよいのか? 自己問答をくり返した。  
そんなこんなから先(鈍愚考7)で引用された「わが一体の家族考(88)」での一節、

“たしか吉本さんは、例えば「一体」とか「全人真の幸福」といった誰もがそうだと認める理念を前にして〝息苦しさ〟のようなものが伴ってくるとしたら、次元の違うものとしてある集団と個の観念世界をごちゃまぜにして個の〈倫理〉として受け取ってしまうからだと考察された。そしてそこから「個人としての個人」「家族の一員としての個人」「社会的な個人」と分けて考えることで、自己欺瞞に陥りがちな三つが混同される観念の矛盾から解放されるはずだという独自の見解を自分らに托された。こうした吉本さんからの贈り物にこの間ずいぶん救われ励まされてもきた。
しかしここで吉本さんは、〈性〉に関わる家族の次元の領域を人間の観念世界が生み出す三つの次元の一つと見なされている。ところが実際そう見なすだけでは、集団と個の問題が心底解消されたという実感が湧いてこないのだ。ある意味人間の〈性〉の世界を社会の共同性への媒介と見なすだけでは、“無味乾燥・器物の世界に等しく、潤いのない造花の社会”(『ヤマギシズム社会の実態』)が現れてくるだけだ。一般社会の共同性の中へ〈性〉の世界が取り込まれて位置づけられてしまうだけのことへの危惧というか異和だ。
〈性〉の世界という一番肝心な部分が、未解決で残されている。そんな未知で未経験な事柄にいどみ、そこに何か新しいものを刻んだという事実を発見しかつ味わいたいのだ。”

といった文節に続いていったのだ。
みずからの「個別観的な観方でなく〝共同体の次元〟つまり社会人間からの観方こそ欠かせない」とか「三つの次元に分けて考える」としているところに異和感を覚えてきたのだ。
幸いにも二つの心当たりがあった。
一つはこの間ずっと不可解だった〝山岸会事件〟前後の山岸巳代蔵の〝愛情研鑽会〟での言動を「ヤマギシズム恋愛・結婚観」として普遍的にたどってみる試みである。そこから自分なりの実感が伴う〝一体〟の世界が鮮明に現れてこないだろうか。
もう一つは、じぶん自身のヤマギシ会との出会いは本当のところ何であったのかを〝ある愛の詩〟の世界を通して確認していく試みだった。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する