FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

30 山本哲士さんの仕事から学ぶ

「それより医者の要らない身体になろうとするのはどうか。医者の要る間は要る、要らんようになったら要らんのよ。今でも金の要る間は要る、要らんようになったら要らん」
「要らなくてよいものがあるというのは、死んだもの、生かされないものと思うね。今の金が要らんようになったら、何でもタダになる。通貨が要らんようになるが、『それでも通貨を作らんならんか』と言うの」
「『必要なものは必要。要らんものは必要ない』とする考え方よ。そこに自分が狙ってるのは、必要がなくなるのに、それの究明がないために、いつまでも必要としてる無駄をなくしていこうとしているの。科学・究明して、要らないとこへもっていこうとするのを、真の科学とか、研鑽とか言ってるわけやね」(山岸巳代蔵)

昨年11月の豊里実顕地での「会員の集い」でタダ働きによる即ちタダの経済を基盤にした「実顕地資本主義」の可能性について触れた。ヤマギシズム実顕地という仕組み・場でこそ実現できる世界についてである。

「自力でやり出したらよい。助成金をもらってやるのは弱いものや。良い仕事が出来へん。金より手足の四本(資本)は大したものや」から展開する世界についてである。

さて、どこから手がけようかと思案していた矢先、YouTubeで山本哲士さんが「『資本論第三巻』を読む」でマルクスの『資本論』第三巻全五二章を毎回一章づつ読み込んでいく試みを始められているのを知った。

これがじつに面白いのだ。一人で読み始めると五、六行でもう投げ出してしまう書が、山本さんの手引きで読んでいくと何故か知的興奮に満たされるから不思議だ。
出だしから、たとえば医者がいないと病気が治らないといった転倒した今の社会での物象化の現実と全く次元を異にする世界とに分けていく方法的観点が示される。
本質的に「必要なものは必要。要らんものは必要ない」とする根底からの割り切りで、マルクスが生涯をかけて挑んだ「資本」実態を読み込んでいこうというのである。即ち自分のものにして映し行うのだ。
これは私たちの「実顕地資本主義」に通底する研鑚態度ではなかろうかとワクワクしてくるのだ。

私たちの実顕地の入り口に立つ標柱には「金の要らない仲良い楽しい村」と記されている。あまりにも簡単な言葉で表現されているためか、私たち自身が当たり前にしてふだん通りすぎている。そして外に何か青い鳥を求めようとする嫌いがある。そこに秘められてある奥深さ、実態にこそ本当の味わいがあるというのに……。

以前も山本さんから、現在研鑚資料として活用しているアンデルセン童話「みにくいアヒルの子」の読み方を学んだことがある。まだまだ山本さんの一連の仕事から学ぶことがたくさんある。 
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する