FC2ブログ

自己への配慮

自分にたいする配慮ということがすべてに優先する。(セネカ)

養鶏サミット開催

8月23日から25日まで春日山実顕地で、ブラジル、オーストラリア、スイス、タイ、韓国、日本と全実顕地が一堂に会しての養鶏サミットが開催された。
ヤマギシズム養鶏が誕生して60年近く経ち、その過程に於いて培ってきた技術や精神を寄って出し合い、ヤマギシズム養鶏の本質を見極めていく中で、次世代の養鶏、実顕地を共に描く機会にしていこうとする趣旨からだ。

参加者は、農業養鶏の時代に直接山岸巳代蔵から指導を受けた世代、養鶏法研鑽を通して社会式養鶏を実施してきた世代、直接養鶏には接していない世代など多岐にわたった。
まさに時と、空間と、熱意の相乗積に満たされた画期的な研鑚会だった。

「餌袋が重くてしんどいから、自動給餌にできないものか?」「否、それはヤマギシ養鶏ではない」として、そこでとどまるのではなく、自分の思っているヤマギシ養鶏にとらわれる事なく、具体的にも学理的にもそれを研鑽できる場がここに誕生したのだ!

しかも今、ブラジル、オーストラリア、韓国等の諸国では、ヤマギシの平飼い卵が広く求められている動きを直に知らされた。
世界の養鶏産業の流れは動物愛護などの観点から、ケージ飼いは禁止、弱い鶏のお尻をつつく「尻つつき」を防ぐためのデビーク(くちばし先端のカット)や強制換羽の禁止の方向へ動いている。必然鶏の品種改良も、デビークしなくても良いおとなしい鶏つくりに向かっているという。

こうした流れの中で、今こそヤマギシ養鶏の出番、チャンス到来だと当初から関わってこられた中西喜一さんや杉本健三さんが熱く語ってくれた。
中西喜一さんは、雛の育て方、飼い方しだいで健康正常な鶏つくりが可能なことを世界に打ち出したい、と。
杉本健三さんは、皆が求めている安くて美味しい質の良い卵を評価してもらえる「一卵革命」こそ実践したい、と。

『山岸会養鶏法』の一節に
「如何に天才でも、自分がその境地におらないと、現実、目のあたり草茫々の破れ世帯を見てからでは、観察が曇るらしいです」

とある。ホント、日本に居て日々目のあたりに空の鶏舎群を見てからでは観察が曇るらしい、とはこのことだった。そんな愉快な発見もあった。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する